交通事故被害に遭った上に、当たり屋呼ばわりされた場合の対処法!

当たり屋指摘

皆さんは「当たり屋」という言葉をご存知でしょうか。交通事故において当たり屋とは、自ら車に向かってぶつかっていく人のことで、これによって治療費や慰謝料を加害者側からだまし取ろうとする行為をいいます。

最近では、ドライブレコーダーや防犯カメラの普及によって事故の状況が記録される時代になったので、当たり屋は昔に比べると減ってきたように思いますが、それでもまだ当たり屋による被害は今もなお根強く残っています。そんな当たり屋被害ですが、皆さんは無意識のうちに「当たり屋被害」と聞くと、自分が当たられた側のことを想像していると思いますが、場合によっては自分が本当に被害者なのに当たり屋呼ばわりされるという状況もありうるのです。

そこで今回は、「当たり屋呼ばわりされた場合の対処法」について解説したいと思います。

あなたが当たり屋かどうかは実際問題あまり関係ない!?

こんなことを言ってはあまりいけないかもしれませんが、仮にあなたが真実の被害者だったにも関わらず、加害者から「勝手にぶつかってきたじゃないか」と言って当たり屋だと主張されたとしても、そんなに慌てることはありません。なぜなら、交通事故の損害賠償においては、あなたが当たり屋かどうかはそんなに問題ではありません。

というのも、本当にあなたが当たり屋ではないのであれば、事故後次のポイントをちゃんと抑えておけば、たとえどんなに加害者が疑ってこようが、あなたを当たり屋と断定することはできないのです。

仮にあなたがプロの当たり屋だったとしても、当たり屋だと示す証拠なんて目撃者情報以外ほとんどないのです。つまり、当たり屋を当たり屋と立証すること自体そう簡単なことではないのです。ですから、本当に当たり屋ではないあなたを、当たり屋と疑うことはできても、断定することなんてほぼ不可能なのです。

それよりもこういった争いは、最終的には「過失割合」の話に移行していく可能性が高いと思われます。

そのため、万が一事故現場で当たり屋呼ばわりされたとしても、できる限り冷静になって、次のポイントだけは必ず抑えておきましょう。

ポイント1:怪我が軽くても、必ず警察を呼ぶ。

当たり屋に間違えられる一番の原因は、交通事故の衝撃がそれほどでもないのに、実際に怪我をしたようなケースです。例えば、自転車対車や人対自転車のような事故の場合で、捻挫、骨折、打撲など事故現場であまり血が流れないような軽い接触事故だと加害者側に疑念がわき、その結果当たり屋呼ばわりされる可能性があります。

また、加害者によっては、被害者が当たり屋ではないかと疑っていたとしても、その場では直球で言わず、後日から言ってくる場合もあります。

そのため、このような場合は事故後どんなに怪我が軽かったとしても警察を呼びましょう。警察を呼んで現場確認をして記録を残してもらうことで、後から当たり屋呼ばわりされても、実況見分調書や物件事故報告書などに事故の詳細な状況が記録されますから、仮に疑われたとしても、これらの証拠からあなたが当たり屋であるという疑いははれるでしょう。少なくとも当たり屋だと断定することは難しいのです。

関連記事
交通事故の現場検証!警察官対応で必ず知っておくべき全知識
交通事故被害に遭った!どうすれば現場検証(実況見分)で、警察官に言い負かされずに、自分の主張を正しく伝えることができ…

ポイント2:必ず病院でその日のうちに診察して診断書をもらう。

加害者が当たり屋だと主張してきた場合は、警察の現場検証が終わったら必ず病院で診察を受けましょう。相手が当たり屋と疑っている場合は、事故から病院での診察までの間隔を不自然にあけてしまうと、なおさら疑ってくる可能性があります。

また、間隔があけばあく程事故と怪我との因果関係が立証しにくくなるため、事故後はできる限り迅速に、できる限りその日のうちに病院で交通事故に遭った旨を告げて診察を受けましょう。

ポイント3:示談交渉は必ずプロの交通事故弁護士に任せる。

相手がこちらを当たり屋と疑っているような場合は、当事者同士が直接接触するとろくなことがありません。そのため、こういった場合はあなたが加入している保険会社か交通事故に強い弁護士に依頼をして示談交渉を代行してもらいましょう

もしもあなたが当たり屋と間違われたとしても、決して慌ててはいけません。あなたが当たり屋ではないのであれば、通常の事故と同じように素早く警察を呼んで、その後速やかに病院で診察を受け、そしてあとの交渉は保険会社や弁護士に任せる、この3つの基本的なポイントを漏れなく行なっておけば、何も恐れることはありません。

大事なことは、冷静になることです。逆上してしまうと、かえってあなたにとってはマイナスですので、そんな時こそどうか冷静に対処するよう心がけてください。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!