交通事故による肋骨骨折と後遺障害と慰謝料

横断歩道を歩行中に人身事故に遭うと、体が地面に激しく叩き付けられるため、その衝撃で肋骨を骨折したり損傷する事があります。

エアバックに胸部を打ち付けるという状況も比較的多いです。

そのような肋骨(あばらの骨)を損傷した場合、後遺障害認定や損害賠償請求はどのようになるのでしょうか。

交通事故であばら・肋骨を損傷するとどんな症状?

交通事故によって肋骨を損傷すると、もっとも苦しい症状の一つは、

  • 咳やくしゃみの反動
  • かがんだ時、起き上がった時の反動

などです。ちょっとした反動でも胸に痛みが走る可能性があります。

また、胸部打撲だと勘違いしてしまう場合もありますから気をつけてください。万が一その部位から、内出血が出ていれば骨折している可能性があります。場合によっては大きく腫れてくる事、内臓への損傷などもあります。

肋骨の骨折は、実際にレントゲンやX線などで確認しないとはっきりとは分からないため、事故後胸部に痛みを感じたら、まずは病院で精密検査をしてもらいましょう。

肋骨を骨折した場合の治療法について

肋骨を骨折した場合の治療法は、「保存療法」が中心となります。

この際には「バストバンド」と呼ばれる胸部固定用のサポーターを使用することになります。

これは、胸部から胴体にかけて保護するサポーターで、コルセットのように圧力を加えて肋骨の位置を固定します。

また、骨折による痛みが激しい場合については、鎮静剤内服薬などを処方されるケースもあります。

肋骨・肋軟骨骨折の後遺障害認定

肋骨は肋硬骨と肋軟骨(ろくなんこつ)からなる左右12対の骨で、これによって内臓を保護しています。

注意すべきことは、肋骨の骨折はそれ自体では後遺障害に認定されません。

肋骨の骨折が原因で、

  • 肋骨が変形した場合

については、一定の等級が認定される可能性があります。

変形により、12級5号が認定される場合

12級5号は「鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの」と定義されています。

具体的には、裸になった際に肋骨の変形が明らかな場合は、12級(後遺障害慰謝料相場:290万円)が認定される可能性があります。。

変形により、14級が認定される場合

裸になった際に変形が明らかではなくても、痛みなどの症状が残っている場合については14級(後遺障害慰謝料相場:110万円)が認定される可能性があります。

併合もあり。交通事故で肋骨を骨折した具体的事例から学ぶ

交通事故で肋骨を骨折するケースというのは、非常に強い衝撃を伴う事故であることが多いため、肋骨骨折以外にも内臓関係に損傷が起きている可能性があります。

そのため、後遺障害認定においても併合によって等級が認定される事も必然的に多くなります。

「横浜地判平成11年11月15日」の事例では、24歳男子大学生の被害者が、左多発肋骨骨折の重傷を負い、肋骨の7本を骨折しそのうちの2本が陥没変形したまま癒合してしまい、その結果、被害者の運動機能に影響を与えることとなりました。

また、この事故では肋骨骨折の他に、脾破裂も併発しており脾臓摘出となっています。

後遺障害認定においては、肋骨変形により12級5号、脾臓摘出により8級2号、結果併合7級が認定されました。

逸失利益と労働能力喪失率とは?

上記の事例で、争点となったのは、労働能力喪失率です。

後遺障害が残ってしまって、仕事をする際の労働能力が喪失してしまった場合、高額の逸失利益が請求できます。

逸失利益は労働能力喪失率が大きければ大きいほど高額となります。

自賠責の基準では7級は、労働能力喪失率56%が相当としますが、肋骨変形や脾臓摘出は「労働能力に与える影響が少ない」と判断される事が多く、当該事例においても被害者がスポーツインストラクターを目指していたという事情が考慮されましたが、それでも25%に制限されてしまいました。

肋骨骨折、肋骨変形の損害賠償におけるポイント

肋骨骨折に関する裁判例は決して多くはありませんが、それらの争点を分析すると、肋骨骨折、肋骨変形による損害賠償請求においては、以下の2点が慰謝料や逸失利益の増額のために非常に重要なポイントとなると思われます。

  1. 肋骨変形が本人の運動機能に実質的な影響を与えているか。そしてそれが仕事にどのように影響しているか。
  2. 肋骨変形によって生活面、仕事面で実際にどのような支障が発生しているのか。

この辺りを後遺障害に強い医師と、交通事故に強い弁護士と入念に打ち合わせしながら戦略的に交渉する必要があります。

当サイトにも、交通事故に強い弁護士を全国の中から厳選しております。あばら周辺の内臓の怪我、また肋骨骨折や肋骨の変形などでお悩みの方は、後遺障害認定に強い弁護士にぜひご相談ください。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!