自動車教習所の路上教習中に事故!責任は誰が負うのか?

自動車教習所の路上教習中に事故!責任は誰が負うのか?
先週、自動車教習所の教習で仮免許による路上教習を受けていたところ、運転に不慣れな私は信号待ちで停車していた車に追突してしまいました。同乗していた教習所の教官も、突然の事で助手席のブレーキを踏んで止める事が出来ませんでした。
被害者の車は大きく損傷し、骨折等の怪我を負わせてしまいました。
私としては、まだ正式な免許を受けたドライバーではないので、教官が責任を取るべきではと思うのですが、私も何らかの責任を負いますか?

運転免許を取得するために必ず通わなければならないところ、それが教習所です。教習所では一定の教習を終えると仮免許が取得でき、教習所の外の一般道や高速道路を運転しての教習が始まります。

自動車教習中の事故は本来あってはならない事ですが、運転に不慣れな初心者が運転しているわけですから、事故が発生する可能性は高いのかもしれません。

では、万が一自動車教習中に誤って事故を起こした場合、その責任は誰が負うのでしょうか。

1.仮免許といえども「車を運転していた本人」が責任を負う

意外かもしれませんが、路上教習中に事故を起こした場合は、同乗している教官ではなく運転している本人がまず責任を負うことになります。

そもそも仮免許とは、「運転免許の仮のもの」という意味ではなく、道路交通法87条において正式に定められている「免許」の一つなのです。

同法によると、仮免許とは、助手席に免許取得後3年以上経過している者や二種免許を所持している者等の同乗が義務づけられてはいるものの、「自動車を練習のため又は試験等において運転する事が出来る」立派な免許なのです。

ですから、仮免許だからといって、事故を起こした場合の責任を免除したり同乗者が負うというような規定はないのです。

この場合、たとえ仮免許で教習中の事故であったとしても、損害賠償責任は運転者である「あなた自身」が負わなければなりません。

2.同乗していた教官の責任

交通事故それ自体の責任は、前述した通り運転していたあなた自身の責任となります。

一方、教官は、自動車教習所の職員である同乗者として、あなたの運転に細心の注意を払い指導監督しなければならなかったはずです。これは、教官が生徒であるあなたに対して負っている責任です。

もしもこの責任が果たされていないのであれば、それは「債務不履行」となり、あなたが教官や教習所に対して債務不履行に基づく損害賠償請求が可能になります。
ただし、教官がよそ見をしていたり、居眠りをしていたなどのあきらかな落ち度がないと、認められない可能性もあります。

覚えておくべきことは、仮免許だからといって甘えは一切許されないという事です。

ハンドルを握って公道を運転する以上は、たとえ仮免許だったとしても通常の運転免許と同様に事故の責任を負う事になりますので、運転には細心の注意を払いましょう。

google 広告 記事下

この記事が役に立ったらシェアしてください!