ハザード点灯して路上駐車中に追突事故被害の過失割合は?

駐停車禁止といわれる場所で駐車中、後ろから追突されて、むち打ち症になってしまいました。加害者に慰謝料など損害賠償請求をしたところ

「そっちこそ駐車禁止場所に車を停めていたんだから、そちらにも過失があるはずだ」
と言い出しています。この場合、私にも過失割合がつくことになるのでしょうか?

駐停車禁止場所ってそもそもどこのこと?

駐停車禁止場所とは、具体的に言うと次のような場所が該当します。

1:駐停車禁止の標識が設置されている場所
2:坂の頂上付近・こう配の急な坂
3:トンネルの中
4:バス・路面電車の停留場の標示板から10メートル以内の場所(バス・路面電車の運行時間中に限る)
5:交差点とその端から5メートル以内の場所
6:道路の曲がり角から5メートル以内の場所
7:横断歩道・自転車横断帯とその端から前後5メートル以内の場所
8:踏切とその端から前後10メートル以内の場所
9:安全地帯の左側とその前後10メートル以内の場所

そもそも、なぜ駐車禁止なのかというと、場所によってさまざまな理由はあると思いますが、共通して言えることは「車を駐車することで何らかの支障がある場所」ということです。

そんな場所に駐車していて追突されたのであれば、被害者にも一定の過失が認められる場合があります。

問題は、駐車違反より事故との因果関係

駐車違反そのものは、交通事故の慰謝料や示談交渉とは別に扱われますので、被害者が駐車違反だったからイコール被害者に過失がある、と単純に認定されるわけではありません。駐車違反は、被害者に過失がつく可能性の中の一要素に過ぎません。ポイントなのは、駐車違反と追突事故との因果関係です。

例えば夜間に、駐停車禁止場所である坂道の頂上付近に車を停車させて、ハザードを消した状態で仮眠をとっていたとします。ただでさえ坂道の頂上付近は後続車からの見通しが悪いにも関わらず、視界の悪い夜間にハザードも点灯させずに仮眠をとっていたとすれば、それはある意味自殺行為とも言えます。

反対に、駐車禁止場所だったとしても、真っ昼間で視界もよく、さらにハザードを出して合図を出し、また道幅も広く見通しの良い直線道路に停車中に追突されたとすれば、いくら駐車禁止場所とはいえ、後続車が前方を注視して運転していれば、交通事故は発生しないはずです。ですから、そのような場合にはたとえ駐車禁止場所だとしても被害者に過失がつかない可能性の方が高いでしょう。

過失が認められやすいケース

車を駐停車していて後ろから追突された場合は、追突した加害者側の100%の過失となるのが通常です。なぜなら、「加害者が前方不注意だったから追突事故が発生した」という因果関係があるからです。例えば、駐車場に車を停めていて後ろから追突された場合に「なんでそんな場所に車を停めているんだ」とはならないですよね。

けれども、駐停車禁止場所のような、本来なら車を止めてはならない場所に停めているような場合は、そこに車があったことが交通事故発生原因の一因として認定される可能性が出てきます。

逆に言うと、たとえ駐車違反ではなかったとしても、実際に駐車していた場所が交通事故発生の大きな原因と考えられるような場合は、被害者に過失が認定される可能性があるということです。

この場合は、交通事故のケースに依存しますから、交通事故に強い弁護士相談してみましょう。

関連記事
img_to_get_kashistu0_ver1.0
追突事故の被害者が過失割合10対0を勝ち取る方法とは
自動車同士の事故類型で一番多いのが、追突事故です。追突事故被害に遭った場合、被害者は基本過失0となります。 しかし、…

路上駐車中、ハザードランプ灯火義務はある?

道路を走行していて、突然電話がかかってきたり、ちょっと休憩したい場合などに道路の路肩に寄せて路駐する事ってありますよね。例えば夜間にウィンカーやハザードランプを消して路駐していたところ、前方不注意の車が追突してきましたとしましょう。

停車中の追突事故ですから、基本過失割合は100:0だと思いますが、加害者が私のハザードランプの無灯火を理由に一定の過失相殺を主張してきたらあなたはどうしますか?ハザードランプの無灯火で慰謝料が減ってしまうのでしょうか。

また、そもそもハザードランプって義務化されているのでしょうか?

ハザードランプを点灯させるのはなぜ?

ハザードランプは「非常点滅灯」とも言われ、主に次のような状況下において使用します。

・渋滞の最後尾になった場合。
・大型トラックなどがバックする場合。
・車の駐停車中。

何のためにハザードランプを点灯させるかというと、後続の車に渋滞の存在を知らせたり、車がバックすることを知らせるため、つまり「危険を知らせるため」に点灯させます

ですから、そもそも法的な義務であるかどうかの前に、後続車両に異常を知らせる必要があるときは、ハザードランプを点灯させる必要があるのです。

夜間はライトの点灯義務がある

道路交通法第52条には、次のような規定があります。

車両等は、夜間道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。

また道路交通法施行令にはこうも書いてあります。

夜間、道路 の幅員が5.5メートル以上の道路に停車し、又は駐車しているときは、車両の保安基準に関する規定により設けられる非常点滅表示灯又は尾灯をつけなければならない。

夜間は視界が悪いため、道路を走行中か駐停車中かに関わらず、後続車に対してそこに車があることを警告するために、ハザードランプなどを点灯させなければなりません。

左ウィンカーではだめなの?

路駐するときは車を左に寄せなければならないので、車の進路変更ということで左ウィンカーを出します。ただ、それは進路を左にとることを後続車両に伝えるためであり、駐車を知らせるためではありません。

もしも停車中も左ウィンカーだと、右側のランプは点灯しないため角度によっては後続車から見えにくい可能性もあります。特に、追突事故の過失割合を争うような場合を想定すると、「路駐した被害者が、危険を回避するために最善を尽くしているか」がポイントとなりますので、やはり左ウィンカーではなくハザードランプを点灯させるべきでしょう。

路駐でハザードランプを点灯していないと、追突事故でも過失はつくの?

結論から言うと、被害者側に10〜20%程度の過失がつく可能性があります。ただ、どんなときでも過失がつくわけではなく、被害者がハザードランプを点灯させなかったことが追突事故を誘発したような場合だけです。

例えば、夜間であっても見通しがよく該当もあってたとえハザードランプが無灯火でも十分後続車から確認できるような場合は、加害者の前方不注意が追突事故の原因ですから、過失はつかない可能性があります。

ですから、ハザードランプ無灯火=過失とまではなりませんが、少なくとも夜間に車を路駐する場合は、周りを走行するドライバーから自分の車が容易に認識できるようライトを点灯させましょう。

過失を主張されたら、交通事故に強い弁護士に相談を

このように、駐車違反による過失割合の争いは、一概に線引きして考える事が難しいため、被害者の対処の仕方次第で過失割合や慰謝料の金額が大きく変動する可能性があります。そのため、万が一加害者からこちらの過失割合に関する主張がされた場合は、できる限りお早めに交通事故に強い弁護士に相談しましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!