横断歩道で起きた場合の歩行者と自動車の交通事故過失割合について

群衆・歩く人・横断歩道・東京駅

交通事故に遭ったときには「過失割合」が非常に重要です。被害者の過失割合が高くなると、加害者に請求できる賠償金の金額が、大きく減額されてしまうからです。

過失割合については、事故の状況や現場によって変わってきますが、横断歩道で交通事故が起こった場合、過失割合はどのくらいになるのでしょうか?

今回は、横断歩道上で起こった交通事故の過失割合と、納得できない場合の対処方法について、解説します。

交通事故における、過失割合の重要性

不運にも、交通事故の被害者になってしまったときには、加害者に対し、賠償金の請求をしなければなりません。そのとき、過失割合が非常に重要です。

過失割合とは、事故によって発生した損害に対する事故の当時者双方の責任割合のことです。交通事故が起こったとき、加害者の一方的な過失ということは実は少なく、被害者であっても、一定の過失が認められることが多いです。そこで、被害者と加害者の過失割合を決めます。

そして、被害者に過失割合があると、相手に請求できる賠償金の金額が、その割合分減額されてしまいます。被害者にも事故発生に対する責任がある以上、被害者もそれによって発生した損害を分担すべきだからです。たとえば、被害者の過失割合が1割なら、加害者に請求できる賠償金の金額が、1割減額されてしまいます。

そこで、交通事故に遭ったときには、自分の過失割合をなるべく減らすことが重要です。

横断歩道上では、歩行者は絶対的な保護を受ける

それでは、横断歩道上で交通事故が発生したとき、過失割合はどのようになるのでしょうか?

歩行者は、基本的に車両よりも優先される

横断歩道上での交通事故の当事者は、通常「四輪車や単車、自転車などの車両や軽車両」と「歩行者」です。これらの両当事者を比べると、歩行者が明らかに弱い立場にあります。四輪車や単車などの車両は、早く動くことができますし、事故を避けるための能力も高いです。また、事故によって、大きな損傷を受けることも少ないです。

これに対し、歩行者は、ゆっくりとしか動けませんし、事故を避ける能力が低いです。また、事故によって大けがをしたり死亡したりする可能性も高く、大きな損害を受けます。そこで、基本的な過失割合の考え方として、車両と歩行者の事故では、歩行者の過失割合が小さくなっています。

車両を運転していて歩行者と接触した場合、車両の方に100%に近い過失割合が認められることも多いです。

歩行者に対する絶対的な保護

また、横断歩道上では、歩行者は絶対的な保護を受けます。

車両は、横断歩道を走行するときに、いつでも止まれるように徐行しなければならず、歩行者が横断しているなら、横断歩道の手前で停止して、歩行者による横断を妨害しないようにしなければなりません(道路交通法38条)。

横断歩道を歩いている以上、車両が歩行者に接触したら、ほぼ100%、車両が悪いことになります。そこで、車両を運転しているとき、横断歩道の近くに来たら、特に注意して運転しなければなりません。

ときどき、横断歩道を渡っている歩行者がいても平気で速度を出したまま突っ込んでくる自動車や、歩行者に対してクラクションを鳴らして退かせようとする車両がありますが、あのような行為は非常に危険です。

車両を運転するときには、歩行者優先、特に横断歩道上の歩行者を優先させるべきことは、常に頭に置いておく必要があります。

横断歩道に信号機がある場合

横断歩道上では歩行者が絶対的な保護を受けるとは言っても、横断歩道上に信号機があると、少し状況が異なってくる可能性があります。車両にしても歩行者にしても、信号機による指示を守ることは、基本的な義務です。

そこで、信号機のある横断歩道の場合、信号を無視した方に大きな過失が認められます。車両の方が信号無視をしていたら、車両に大きな過失割合(100%に近くなります)が認められるのは当然ですが、歩行者が信号無視をしていたら、歩行者の方にも大きな過失割合が認められることがあります。

歩行者の中には、「自分は歩行者だから、優先されるはず。自動車がよけてくれるはず」と考えて、平気で赤信号で横断歩道を渡る人がいますが、実はこのような行為は非常に危険なので、絶対に辞めましょう。

また、信号機の色について、赤信号のときに進行してはいけない、ということは有名ですが、黄信号の場合のとらえ方に誤解があることが多いです。黄信号の場合「進んでも良い」と考えている人がいます。しかし、その考え方は、間違いです。

黄信号の場合には、「基本的に、停止線上で停止しなければなりません」。例外的に進行しても良いのは「速度や状況からして、停止線上で安全に停止できないケース」に限られます。そこで、黄信号で進行をすると、基本的に高い過失割合が割り当てられるので、注意しましょう。

横断歩道の近くを歩行していた場合

上記のように、歩行者は、横断歩道を歩いているときには絶対的とも言えるような保護を受けることができますが、それはあくまで「横断歩道上」を歩いていたケースです。「横断歩道外」を歩いていた場合には、その保護を受けることはできません。

歩行者は、横断歩道がある場所では、必ず横断歩道を歩かなければならないという、道路交通法上の義務を負っているのです(道路交通法12条1項)。

そこで、横断歩道がある場所において「ちょっとなら離れていてもいいや」と思って横断歩道の手前の場所や横断歩道を過ぎた場所(車道)を渡ると、とたんに歩行者の過失割合が上がってしまいます。

歩行者にとって、事故現場が「横断歩道上か、それ以外か」ということは、非常に大きなポイントです。横断歩道がある場所では、多少面倒でも、必ず横断歩道のある場所まで行って、横断歩道を歩いて渡りましょう。

信号機のある横断歩道上での過失割合

ここからは、具体的な横断歩道上での交通事故の過失割合を、確認していきましょう。

まずは、信号機のある横断歩道上での交通事故の過失割合をご紹介します。

横断歩道を横断する歩行者と、直進してきた自動車の過失割合

まずは、横断歩道を横断する歩行者と、交差点を直進してきた自動車の交通事故です。この場合、双方の過失割合は、以下の通りとなります。

歩行者の信号の色自動車の信号の色歩行者の過失割合自動車の過失割合
0%100%
10%100%
20%80%
50%50%
70%30%
青信号で渡り初めて、その後に赤になった0%100%
赤信号で渡り始め、その後青になった10%100%
青信号で渡り始め、その後赤になった20%80%
黄信号で渡り始め、その後赤になった30%70%
青信号で渡り始め、その後安全地帯の付近で赤信号になった30%70%

 

黄信号で渡り始め、その後安全地帯の付近で赤信号になった40%60%

5-2.横断歩道を横断する歩行者と、右左折する自動車の過失割合

次に、横断歩道を横断する歩行者と、交差点を右左折してきた自動車のそれぞれの過失割合を見てみましょう。

歩行者の信号の色自動車の信号の色歩行者の過失割合自動車の過失割合
0%100%
30%70%
50%50%
20%80%
30%70%
20%80%
青信号で渡り始め、その後赤になった0%100%
赤信号で渡り始め、その後青になった10%90%

信号機のない横断歩道上での過失割合

次に、信号機の設置されていない交差点における、横断歩行者と自動車の交通事故の過失割合を見てみましょう。この場合、歩行者は道路交通法によって絶対的な保護を受けますから、歩行者の過失割合が0%、自動車の過失割合が100%となります。

自動車が直進してきた場合でも、右左折してきた場合でも、同じです。

横断歩道付近の交通事故の過失割合

信号機の設置してある横断歩道付近の事故の過失割合(自動車が横断歩道通過後に歩行者に接触)

信号機の設置のある横断歩道があるにもかかわらず、横断歩道を歩かずに、その付近の車道を渡った歩行者と、横断歩道を直進して走行してきた自動車が接触した交通事故です。

車両が、横断歩道を渡った後で歩行者と接触したことを前提としています。

この場合の基本の過失割合は、以下の通りとなります。

歩行者の信号の色自動車の信号の色歩行者の過失割合自動車の過失割合
赤で直進5%95%
赤で直進15%85%
赤で直進25%75%
黄で直進50%50%
青で直進70%30%
青で右左折10%90%
青で右左折40%60%
赤で直進15%85%
青で右左折70%30%
黄で右左折30%70%
黄で右左折40%60%
赤で右左折25%75%

7-3.信号機の設置してある横断歩道付近の事故の過失割合(自動車が横断歩道通過前に歩行者に接触)

信号機のある横断歩道があるにもかかわらず、横断歩道を渡らずに付近の車道を渡っていた歩行者と、走行してきた自動車が接触した交通事故です。自動車が、横断歩道を渡る前に歩行者に接触したことを想定しています。

歩行者の信号の色自動車の信号の色歩行者の過失割合自動車の過失割合
10%90%
20%80%
30%70%
50%50%
70%30%

8.過失割合の修正要素

横断歩道における歩行者と自動車の過失割合は上記の通りですが、過失割合は、事故の状況によって、修正されることがあります。

このように、過失割合を修正する事情のことを、過失割合の修正要素と言います。

歩行者と自動車の交通事故の場合、歩行者の過失割合がプラスされる加算要素と、歩行者の過失割合がマイナスされる減算要素があります。

歩行者の加算要素

事故現場が幹線道路

事故現場が幹線道路の場合、歩行者の過失割合が、+5%程度、上がります。幹線道路上では、多くの車が往来するものですから、歩行者の注意義務が高まるからです。

事故が夜間

交通事故が起こったのが夜間であった場合、歩行者の過失割合が+5%程度、上がります。夜間は、自動車はヘッドライトをつけているので、歩行者側からの発見が容易で、歩行者は事故を避けやすいです。反対に、暗がりの中で、歩行者が歩いていることを、自動車側からは見つけにくくなるからです。

歩行者が自動車の直前や直後を横断

歩行者が、自動車の直前や直後を横断すると、危険性が高まるので、歩行者の過失割合が+5%程度、上がります。

歩行者が突然立ち止まる、後退する

歩行者が横断歩道の途中で突然立ち止まったり、後退したりすると、自動車側からはそのような行動を予測しにくいので、危険性が高いです。そこで、歩行者の過失割合が+5%程度、上がります。

歩行者の急な飛び出し、ふらふら歩き

歩行者が急に飛び出したり、横断歩道状をふらふら歩いていたりすると、事故発生の危険が高まりますので、歩行者の過失割合が+5%程度、上がります。

歩行者の減算要素

次に、歩行者側の過失割合を減算する要素を確認しましょう。

事故現場が住宅地、商店街

事故現場が住宅地や商店街の場合、歩行者の往来や急な飛び出しなども多いので、車両はより注意して運転すべきです。そこで、歩行者の過失割合が、-5~10%程度、下がります。

歩行者が児童、高齢者

歩行者が児童や高齢者の場合、歩行者に適切な行動をとることを期待しにくくなるので、自動車の過失割合が上がります。そこで、歩行者の過失割合が-5~10%程度、下がります。

歩行者が幼児、障害者

歩行者が幼児や障害者の場合、歩行者に適切な行動をとることを、より期待しにくくなります。そこで、歩行者の過失割合が-10~20%程度、下がります。

歩行者が集団で歩行、横断

歩行者が集団で歩行していたり横断していたりすると、自動車からは歩行者を発見しやすいですし、事故を避けるべき注意義務が高まります。そこで、歩行者の過失割合が-5~10%程度、下がります。

自動車の著しい過失

自動車に著しいブレーキ・ハンドル操作不適切があった場合や、自動車が著しい前方不注視をしていた場合、時速15キロメートル以上の速度違反をしていた場合、携帯電話の画面を見たり通話をしたりしながら運転していた場合などには、自動車に著しい過失があるとみなされます。その場合、歩行者の過失割合が-5~10%程度、減算されます。

自動車の重過失

自動車が無免許運転や居眠り運転、酩酊状態で酒酔い運転をしていたり薬物を摂取してまともに運転できない状態であったりすると、自動車に重過失があると判断されます。その場合、歩行者の過失割合が-10~20%程度、下がります。

歩車道の区別なし

事故現場が、歩車道の区別のない狭い道路であった場合、自動車側の注意義務が高まりますので、歩の過失割合が-5~10%程度、下がります。

過失割合に不満がある場合の対処方法

被害者は、過失割合に不満を感じることが多い

以上のように、横断歩道上や付近の交通事故には、基本的な過失割合と修正要素があるので、裁判をしたときにはこれらの基準が適用されて、お互いの過失割合が決まります。ところが、被害者が自分で加害者の保険会社と示談交渉をするときには、こうした基準が当然適用されるとは限りません。

むしろ、加害者の保険会社は、被害者が法律に詳しくないのを良いことに、不当に高い過失割合を割り当ててくるので、被害者としては、不満を感じることも多いです。一般的に、「過失割合は警察が決めてくれる」と思われていることもありますが、そういったことはありません。示談交渉するときの過失割合は、相手の保険会社と被害者が話し合って決める必要があります。

まずは、適切な過失割合を相手に提示してみる

相手の保険会社の言っている過失割合に納得できない場合、まずは、正しい過失割合を提示してみることです。この記事に書いてある過失割合は、裁判所が認めている法的な過失割合ですので、これを基準にしても良いですし「別冊判例タイムズ」という法律雑誌によっても正しい過失割合を調べることができます。

相手の保険会社に対し「このような場合の法律的な過失割合は、〇%:〇%になるはずではないですか?」と問いを投げかけましょう。これにより、相手が適用する過失割合を修正してくれたら、適正な過失割合によって賠償金を計算することができて、不当な減額を避けることができます。

弁護士に相談する

被害者が自分で相手の保険会社に適切な過失割合を提示しても、相手が受け入れるとは限りません。「そのようなことを言うなら、示談できません」と言われることもありますし、「このケースは、修正があるのでその場合と違います。」「事故の状況が異なります」などと言われることもあるでしょう。

その場合には、弁護士に相談することをお勧めします。弁護士であれば、ケースごとの適切な過失割合の基準を正しく当てはめることができるからです。

そして、弁護士に示談交渉を依頼しましょう。すると、弁護士がその適切な過失割合によって賠償金を計算して、相手に請求してくれます。このことで、正しく過失相殺が行われて、賠償金の不当な減額を防ぐことができます。

もし、どうしても相手の保険会社が適切な過失割合に了承しない場合には、訴訟を起こして、裁判所に適正な過失割合を認定してもらうことも可能となります。訴訟をすると、裁判所は必ず法的に適正な過失割合の基準を使って賠償金を計算します。しっかりと主張立証を行い、正しい過失割合を割り当ててもらうため、交通事故に強い弁護士を探して、手続を依頼しましょう。

まとめ

今回は、横断歩道上での歩行者と自動車の交通事故における過失割合をご紹介しました。横断歩道上では、歩行者が絶対的な保護を受けますので、横断歩道上の交通事故では、基本的に歩行者の過失割合が0%となります。

ただ、歩行者が信号無視をしていた場合や、横断歩道をそれた車道を渡っていた場合、歩行者にも過失割合が認定されます。また、被害者が自分で示談交渉をすると、相手の保険会社から、高い過失割合を割り当てられてしまうことが多いので、不利です。

横断歩道上で交通事故に遭った場合に、なるべく不利益を小さくするためには、交通事故に強い弁護士に相談をして、示談交渉を依頼するのが一番の対処方法となります。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!