T字路での事故!過失割合に納得がいかない時は弁護士へ相談

T字路の事故

「T字路で出会いがしらの交通事故にあってしまった。」

事故の相手に支払わなければいけない損害賠償額や、自己負担分となる額は、事故の過失割合を元に算定されます。

事故にあった方にとって一番気になるのは、「過失割合はどうなるのか」ということではないでしょうか。

この記事では、T字路で起きた車同士、バイクvs自動車の交通事故の過失割合の基本と、保険会社が提示してきた過失割合になっとくできないときの対策について説明します。

T字路での交通事故とは

T字路とは

T字路とは、アルファベットの「T」のような形をした交差点のことをいい、「丁字路(ていじろ)」といわれることもあります。道路交通法では、十字路と同様に交差点の一種として規定されています。

T字路の交通事故の過失割合は、基本的に十字路での事故と同じ考え方で算出されます。つまり、まず道幅や一時停止の有無といった道路状況から基本過失割合を求め、一方の当事者の過失や義務違反がある場合には修正要素として基本過失割合に加算します。

 T字路の交通事故の種類

T字路の交通事故には、2つの種類があります。一つは、直進路を直進しようとした車、バイクと、突き当たり路を右折または左折しようとした車、バイクが衝突するパターンです。もう一つは、直進路から突き当たり路に右折しようとした車、バイクと、突き当たり路から直進路に右折しようとした車、バイクが衝突するパターンです。

この記事では、これら2つの事故類型の過失割合について解説します。

T字路の交通事故の過失割合①-直進車と右左折車の場合

 基本的な考え方

T字路と十字路には大きな違いがあります。それは、突き当たり路、つまりT字の縦棒から交差点に進入する車は、必ず右折か左折をするという点です。直進すれば突き当たりにぶつかってしまいますので当然のことです。

道路交通法では、右左折をするときは徐行をすることが義務付けられていますので、突き当たり路を走行してきた車は必ず徐行して交差点に進入しなければいけません。

また、T字路では一般的に直進路、つまりT字の横棒の道路の方が交通量が多いことが多いです。

そのため、もしあなたが直進路を直進していたとしたら、「突き当たり路から来る車は徐行して交差点に進入してくるだろう」という期待を抱くことでしょう。あなたが走行している直進路が脇道より明らかに広かったり、脇道の方に一時停止の標識があったらなおさらです。過失割合の相場は、そのような期待を保護する形で決められています。

つまり、T字路の交通事故は、突き当たり路から侵入してくる車の方に大きな過失が認定されます。

そのため、この記事では直進路を走行してきた車を「被害者」、突き当り路を走行してきた車を「突き当たり車」と呼びます。 

同じ道路幅(同幅員)の場合

まず、直進路を直進しようとした車(直進車)と、突き当たり路を右折または左折しようとした車(右左折車)が衝突するパターンについて説明します。

すでに説明したとおり、右左折車には徐行義務があるため、T字路の交通事故では突き当たり路から右左折してくる車の方に大きな過失が認定されます。そこで、同じ道路幅(同幅員)の場合、基本過失割合は被害者が30%、加害者が70%となります。

 直進路の道路幅(幅員)が明らかに広い場合

被害者が走行している道路の幅が、被害者側の道路よりも明らかに広い場合はどうでしょうか。

この場合、被害者側のドライバーが抱いている「相手は徐行してくるだろう」という期待はより大きくなります。

そのため、加害者により大きな過失が認められ、過失割合は被害者が20%、加害者が80%となります。

「道路の幅が明らかに広い」といえるためには、実務上、広い道路の幅が狭い道路の幅の1.5倍以上あることが目安とされています。

 突き当たり路に一時停止の標識がある場合

一時停止の道路標識がある場合には、停止線の直前で止まり、目の前の道路を通行する車の進行を妨害してはいけないとされています。加害者がこの義務を怠ってT字路に進入して事故が起きたときは、過失がより大きく認定され、被害者が15%、加害者は85%となります。

 直進路が優先道路の場合

最後に、直進路が優先道路の場合です。この場合は、被害者の過失が10%、加害者の過失が90%とされます。

T字路の交通事故の過失割合②-右折車同士の場合

基本的な考え方

続いて、直進路を走行してきた車と突き当たり路を走行してきた車がどちらも右折しようとして衝突した場合の過失割合について説明します。

この場合の過失割合は、「左方優先の原則」を基本として算出されます。左方優先の原則とは、自分の左側から来た車を先に通行させる義務のことをいい、道路交通法で定められています。

T字路の右折車同士の場合には、直進路を走行してきた車が「左側」ですので、優先権があります。そこで、突き当たり路を走行してきた車が左方優先の原則を怠ったものとして大きな過失が認められます。

 同幅員の場合

同幅員の場合の場合の基本過失割合は、被害者が40%、加害者が60%となります。

以下、直進路と突き当り路の道路幅、一時停止の有無、優先道路かどうかによる過失割合の考え方は、直進車と右左折車の事故の場合と同様です。被害者が走行している道路が、被害者側の道路よりどれだけ優先するかによって過失割合が決まります。

 直進路の幅員が明らかに広い場合

直進車が走行している道路の幅が、突き当たり路よりの幅よりも明らかに広い場合の基本過失割合は、被害者が30%、加害者が70%となります。

 突き当たり路に一時停止の標識がある場合

突き当たり路から右折しようとする車の側に一時停止の道路標識がある場合の基本過失割合は、被害者が25%、加害者が75%となります。

 直進路が優先道路の場合

直進路が優先道路の場合の基本過失割合は、被害者が20%、加害者が80%となります。

T字路の交通事故の過失割合に納得できない場合

 過失割合は変えられる?

交通事故にあってしばらくすると、保険会社から過失割合の提示を受けます。

  • 「自分が被害者だと思っていたのに、相手よりも大きな過失が認められた。」
  • 「相手が100%悪いと思っていたのに、自分にも過失が認められた。」

このような場合はどうすればよいのでしょうか。

 基本過失割合を争う

一つの方法は、基本過失割合を争う方法です。

たとえば、同じ道路幅のT字路で直進車と右折車が衝突した場合の基本過失割合は直進車が30%、右左折車が70%ですが、右折車同士の場合は、40%と60%となります。

自分が右折車だった場合、相手が直進ではなく右折しようとしていたことを立証できれば、基本過失割合は70%と60%となり、過失割合が軽減することになります。

「なんだ、たったの10%か」と思うかもしれません。しかし、過失割合は当事者双方の修理費の負担割合を決めるものですので、10%の違いは数十万円もの違いになります。

 修正要素を主張する

もう一つの有効な手段は、修正要素を主張することです。

ここまで、T字路での交通事故の基本過失割合について説明してきました。しかし、実際の過失割合は、基本過失割合に修正要素を加えて算出されます。

たとえば、突き当たり車が明らかに先に交差点に進入していた場合です。このとき、直進路を走行してきた車がすぐにブレーキを踏めば衝突を回避できた可能性があるため、直進路を走行してきた車に10%の過失が加算されます。

突き当たり路に一時停止の標識がある場合の基本過失割合は、一時停止を行わずに交差点に進入したときのことを想定していました。そこで、一時停止をしてから交差点に進入して直進車と衝突した場合には、右左折車の過失は軽減されることになります。

また、一方の当事者に「著しい過失」があるときには10%、「重過失」があるときには20%が修正要素として加算されます。著しい過失とは酒気帯び運転や、スマートフォンを操作しながら運転していたような場合をいい、重過失とは酒酔い運転など、著しい過失を上回るような重大な過失をいいます。

このような修正要素を立証するような証拠を提出することで、過失割合を変えられることがあります。

「相手はあんなに危険な運転をしてきたのだから、自分が悪いとされるのは納得がいかない」と思っているとしたら、相手の運転が修正要素に該当するか確認してみましょう。

 法律的に争うことが重要

基本過失割合を争ったり、修正要素を主張するためには、客観的な証拠を提出することが必要です。しかも、交渉の相手となる保険会社は交通事故のプロですので、極めて論理的に過失割合の正当性を説明してくるでしょう。いくら「相手の方が悪い」と感情的に訴えても、覆すのは難しいばかりか、かえって逆効果となりかねません。

そこで、T字路の交通事故で過失割合に納得がいかないときには、交通事故に強い弁護士に依頼することをお勧めいたします。弁護士であれば過失割合を小さくするための証拠を集め、法律的な根拠に基づいて相手方の保険会社と示談交渉を行い、過失割合の変更を実現できる可能性があります。

まとめ

T字路の交通事故の特徴は、実際の道路状況や当事者の進行などによって過失割合が細かく類型化されていることです。そのため、過失割合について説明されても、なかなか納得がいかないことが多いかもしれません。

弁護士に依頼することで、状況によっては、過失割合を変更することができるかもしれません。

交通事故で怪我を負ったり、後遺症を負った場合には、弁護士に依頼することで相手から支払われる慰謝料が驚くほど増額することもあります。

「交通事故で弁護士なんて大げさではないか」と思う必要はありません。

また、「弁護士費用は高額ではないか?」という心配もあるかもしれません。その場合は、費用倒れになると法律事務所は教えてくれますし、弁護士費用特約に加入していれば、自己負担0円で弁護士に依頼することが可能です。

過失割合に不満がある場合には、交通事故に詳しい弁護士に一度相談をしましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!