後方不注意の接触事故!保険会社が提示した過失割合8対2は正しい?

young woman driver turning back.

コンビニの駐車場に車をとめていたところ、他の車がバックしてきて追突されてしまったとします。こういった事故を逆突事故といい、駐車場での事故の半数以上はこの逆突事故であるといわれています。

こういった場合、事故の原因でまず考えられるのは、相手の後方不注意です。あなたは当然過失割合を0:10で相手が悪いと考えていましたが、相手の保険会社は過失割合を8対2と提示して損害賠償金の示談を持ちかけてきました。多くの方は、自分のほうに過失があるということ自体寝耳に水ですので、そういった過失割合に納得出来ない、と思われると思います。そこで、こういった相手方ドライバーの後方不注意による交通事故の過失割合について説明します。

駐車場でバックして来た自動車の後方不注意で接触事故に

まず、今回取り上げる後方注意事故の事例をもう少し具体的にみてみましょう。

コンビニの駐車場での事例です。コンビニ店舗の前に駐車スペースが並んでいて、あなたはそこに車をとめていました。すると、突然、駐車スペースにとめていたほかの車がハンドルを右に切りながらバックしてきたため、あなたの車の右前バンパーに相手の車の左前バンパーがぶつかってしまいました。

相手の保険会社が提示した過失割合8対2に納得出来ない

あなたは、当然過失割合が先方10であなたは0という結論で損害賠償金が支払われるものと思っていましたが、後日、相手の保険会社から連絡があり、相手は接触前に一時停止していたと主張して来ました。その上で、あなたにも前方不注意があったために事故がおきたとして、過失割合8対2を提示して来ました。

しかし、幸いにもコンビニの監視モニターに、接触時の映像記録が残っていて、相手が一時停止していまかったことは警察にも確認をしてもらっています。あなたは、このような状況にもかかわらず一時停車したと嘘を付かれたことに憤慨しました。しかし、相手の保険会社は、過失割合8対2であるとして、壊れたバンパーの修理代の8割のみを支払うという提案を変更してくれません。あなたはとても困ってしまいました。

停車している自動車への接触事故は過失割合10対0

交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。道路交通法上、故意または過失により相手の財産、身体、生命を侵害してしまった加害者は、被害者にそれについて損害賠償をする責任を負います。ところが、自動車の追突などの交通事故は、加害者ドライバーと被害者ドライバー双方になんらかの落ち度があって発生することが多く、そういった場合、加害者ドライバーが被害者ドライバーの過失部分については賠償責任を免れることができるように、この過失割合という概念を使って、双方に責任を分担するのです。

故意とはわざとという意味で、わざと交通事故を起こす人は、加害者個人に恨みをいだいての行動のような特殊な事情をのぞき、まずいないと思います。

このように、当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者同士が話合い、お互いが自分の会社の契約者である当事者から状況を聞き、警察が事故直後に作成した実況見分調書などを参考にして、当時の過失割合を推測のうえ、決定します。

過失とは、通常の人の注意を欠き、結果回避可能性に基づく結果回避義務に違反したといわれる状態と考えられています。結果回避可能性は、事故という結果が、通常の人の感覚で普通に予測できることをいいます。

前述のコンビニの駐車スペースでの事故を例にとると、相手はバックをしたときに、バックミラーを見たり、後ろを振り返ったりしていれば、このままバックすれば停車中のあなたの車にぶつかるという予想ができたはずなのか、そして、確認をしながらゆっくりバックをしたり、ハンドルを切ったりしていればこの逆突事故を回避できたのかという点から、過失があったのかを判断します。

このあてはめは、被害者であるあなたについても同様に行われます。仮に、相手が窓を開けていてバックの前にかなり時間的猶予があり、クラクションをならしたり、後方によけたりすれば、事故が防げることが予測できたにもかかわらず、あえて何もせずにぶつけさせたとすると、あなたにも過失があったと判断されます。

しかしながら、停車している自動車への接触事故は、裁判で争った場合、過失割合10対0と判断されることがほとんどです。被害者は動いていないので、加害者はよけて運転すればよいだけですので、このように判断されるのです。例外的に、被害者の車が、道路交通法上の停車禁止域に停車中だった場合などは、過失割合が9対1に修正されるようなケースもあります。

しかし、コンビニの駐車場は明らかに停車禁止地域ではないので、ここで停車していたあなたの自動車に相手が後方不注意で接触事故を起こしたことが事実である場合、過失割合は10対0で認められるべきです。

したがって、保険会社が主張している過失割合2:8は失当な主張であり、あなたは正々堂々と全額のバンパー修理費用を用いることができます。過失割合は実務上保険会社が決定しますが、判例ででている0:10の過失割合を理由なく修正される根拠はないですので、保険会社にその旨を説明しましょう。

過失割合を10対0にするには弁護士に相談する

今回の事例の場合、保険会社は、明らかに相手の過失であるにもかかわらず、相手の主張どおりに8:2の過失割合を強硬に提案してきたのでしょうか。考えられる理由としては、保険会社も営利企業であるため、公正の理念よりも自社の利益を追求してしまうことがあります。

保険会社は相手の代理人ですので、契約者の過失割合が少なくなればなるほど、自社が支払わなければならない保険金が安くなるので、どうしても自社の契約者に有利なように交渉をするようになります。

保険会社の支払いを少なくさせる為に、被害者にも前方不注意があると主張して、相手の過失割合を高目に提示してくることもあります。また、保険会社の担当者も人間ですので、経験値もさまざまです。保険会社が提案してくる過失割合が必ず正しいと考える必要はないでしょう。

このように、保険会社の提案に疑問を抱いた場合、自分で保険会社と交渉する、自分の保険会社を通じて交渉するという方法もありますが、ひとつの選択肢として、交通事故に強い弁護士に相談し、示談交渉を依頼するということもできます。

弁護士に相談するメリットとして、交通事故案件に強い弁護士は、たくさんの示談交渉や裁判を闘う中で、過失割合についてのナレッジや交渉スキルを持っているので、保険会社との示談交渉がこちらに有利に運ぶ可能性が高いのです。弁護士に相談するデメリットとして、弁護士費用がご心配な方もいらっしゃると思いますが、いまの保険には弁護士特約といってこういった場合の弁護士報酬をカバーする特約が付帯されていることが多いです。一度ご加入の保険証券を確認してみてください。

まとめ

後方不注意の相手との接触事故で、保険会社が提示して来た過失割合に納得出来ない場合は、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中( 本日9:30~21:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!