自動車税の金額は月割りになる?還付金の計算についても紹介

★ お気に入りに追加

「自動車税って結局いくら支払うものなのかわからない!」なんて人も多いはず。

なぜなら、自動車税は車の用途区分や種類によって支払う金額が異なります。プリウスなどの車種によって異なる場合もありますし、個人の所有者と営業用のトラックや貨物でも異なります。

さらに新しく登録した車は月割りで自動車税を支払うので金額も様々です。また13年経過した車には重課の問題もあります。

この記事では、そんな自動車税に関するお悩みを解決していきます。

簡単に読めて、月割りの意味や還付金がいつ返金されるか、またその計算や実際に払う金額などがわかるようになるのでご一読ください。

自動車税ってそもそもどんなもの?金額はどのように決められているの?

自動車税は、聞いたことがあってもそもそもどんなものか知らない方も多いですよね。
算出方法などについても、理解しておきましょう。

自動車税は毎年4月1日時点で車を所有している人に課される税金

自動車税は、毎年4月1日時点で車を所有している人に課される税金です。毎年納付書が送付され、5月末日までに支払う必要があることはご存知だと思います。

コンビニでも支払えるので、手間は掛かりませんが、自動車税は、都道府県に支払っているため厳しく管理されています。

そのため、払っていないと延滞金が発生してしまうので、気をつけましょう。

関連記事
自動車税を払い忘れたら|納付期限と知っておくべきその後の流れ
自動車税を払い忘れた!!その後どのように支払えばいいの? 今持ってる納税通知書でも支払えるの? 自動車税を払い忘れた…[続きを読む]
関連記事
自動車税の滞納を甘く見ると危険!差し押さえと延滞金のための全知識
自動車を所有していると、年に1回必ず支払わなければいけないのが自動車税です。 自動車税の税額は排気量によって1万円か…[続きを読む]

自動車税の金額は車の用途や排気量で決まる

自動車税の金額は、車の用途や排気量で決まっています。

用途とは、以下の2種類のことです。

自家用車か営業用か

・自家用
・営業用

ナンバープレートの色を見ると、上記の区別がしやすいですね。

自家用:白色・黄色
営業用:緑色・黒色

です。

一般的に自家用より営業用の車の方が、自動車税は安く設定されています。

例えば、

自家用の総排気量1リットル以下:29,500円
営業用の総排気量1リットル以下:7,500円

と大きく異なりますね。

排気量

排気量でも金額が変わります。

コンパクトカーなどの排気量が小さめの車は自動車税が安いです。
反対に、スポーツカーなどの排気量が大きい車の自動車税は高額になります。

例えば、

総排気量1リットル以下の場合:29,500円
総排気量6リットル超の場合:111,000円

です。

自動車税の月割り計算ってどういうこと?軽自動車の場合はどうなる?

自動車税の月割りという言葉だけは、何となく聞いたことがありますよね。

ただ正確な意味を知らない方のために、簡単に説明します。

なお、軽自動車は厳密に言うと税金の種類が異なることについても解説します。

自動車税は月割りが適用され、購入した月次第で支払う金額が変わる

自動車税は、車を購入した月によって月割りが適用されます。

自動車税は4月1日時点で車を持っている人に掛かる税金です。

4月1日に車を保有している人は12ヶ月分払いますが、それ以降に車を保有し始めた人は減額されます。

例えば実際に、排気量1000cc〜1500cc以下の場合を見てましょう。

金額
4月31600円
5月28700円
6月25800円
7月23000円
8月20100円
9月17200円
10月14300円
11月11500円
12月8600円
1月5700円
2月2800円
3月-

4月以降、月割りで金額が安くなっているのがわかりますね。

軽自動車はいつ購入しても、4月1日時点の保有で10,800円が必要

軽自動車にも自動車税にあたる、軽自動車税があります。
名前だけでなく、月割りがないということも異なるところです。

4月1日の時点で保有していたら10,800円の年額が掛かります。

4月2日以降の早い時期に軽自動車を購入すれば、翌年からの支払いです。

知っておくと軽自動車税を抑えられるので、覚えておくとよいですね。

自動車税が還付されるのはいつ?売却時の還付はあるのか?

自動車税の還付という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

還付とは返金されるということです。自動車税が返ってくることがあるのであれば、知っておきたいですよね。

自動車税が還付されるときのことについて、確認しておきましょう。

廃車してから2〜3ヶ月で還付案内が届く

自動車の登録を抹消すると、廃車してから2〜3ヶ月後に還付案内が届きます。

・還付案内
・印鑑
・身分証明書

を持って金融機関の窓口に行くと、還付金を受け取り返金完了です。

還付の期限は1年と決まっているので、忘れずに手続きをしましょう。

また、還付金の計算式は以下のとおりです。

・1年分の自動車税額÷12ヶ月×廃車翌月〜3月までの月数

例えば、年税額34,500円の車を9月に廃車にした場合、還付される金額は、

34,500÷12ヶ月×6ヶ月=17,250円

となります。

注意点:車の売却や名義変更だけでは、自動車税は還付されない

上記のように車を廃車にすれば、自動車税は還付されます。

しかし、売却するだけでは還付、返金の対象にはなりません

あくまで廃車にするときだけで、名義が変更されるだけでは不十分なのです。

中古車買取店では、還付される金額を査定額に上乗せしてくれることもあります。

車を売却する際には、交渉してみるとお得になる可能性がありますよ。

自動車税が重課される場合とは?月割り計算の金額も紹介

自動車税は、用途や排気量によって異なるということをお伝えしました。
しかし、それ以外にも「車の使用年数が長くなりすぎる」と自動車税は重課されてしまいます。

当てはまる場合は買い替えを検討してもよいかもしれないので、確認しておきましょう。

11年経過したディーゼル車と、13年経過した普通車は自動車税が重課される

・11年経過したディーゼル車
・13年経過した普通車

は自動車税が重課されます。

支払う自動車税は、おおよそ以下のように増えてしまいます。

バスやトラック:約10%の重課
その他の自家用車:約15%の重課

バスやトラックは10年以上の長い期間にわたって使われるのが一般的です。
そのため、自家用車よりは重課が軽くなっています。

具体例:13年経過した1,800ccの普通車の月割り自動車税額

例えばプリウスのような1800ccの車の場合を例にとります。

・13年未満の1,800ccの普通車の年税額:39,500円(*ただし2019年10月以降に登録する場合は、36,000円)

・13年以上経過した1,800ccの普通車の年税額:45,400円

という風に重課されます。その場合の月割りの金額は下記の表のとおりです。

金額
4月41600円
5月37800円
6月34000円
7月30200円
8月26400円
9月22700円
10月18900円
11月15100円
12月11300円
1月7500円
2月3700円
3月-

トラックの自動車税の月割り金額を紹介

トラックにも自動車税は掛かります。一般的な自家用2tトラックの月割り金額を確認しておきましょう。

金額
4月10500円
5月9500円
6月8600円
7月7600円
8月6700円
9月5700円
10月4700円
11月3800円
12月2800円
1月1900円
2月900円
3月-

トラックの場合、「重量税」等は高額ですが、自動車税は乗用車よりも安く済みまし、営業用であれば、さらに安くなりますよ。

まとめ 自分が納付する自動車税額を知っておこう

いかがでしたでしょうか?
今回は自動車税の月割りについて紹介しました。

支払う自動車税については、正しい金額を把握して払えるようにしておきましょう。

また、廃車にして還付を受ける場合は、期限内に手続きをしてくださいね。

Adsense 関連コンテンツ

この記事が役に立ったらシェアしてください!