追突事故と病院の基本について|医者が信頼できないときの対処方法

追突事故と病院
  • 追突事故に遭ってけがをしたから「病院」に行きたいけれど、どこの病院に行っていいかわからない
  • 病院の治療費は誰が払うの?窓口で立て替えたら保険会社は後で返してくれる?
  • 健康保険は使えるの?使えないの?
  • 病院や医師の対応に不満がある…勝手に転院してもいい?
  • 痛くもないのに病院に行っていいの?わざとらしいと思われないのか?
  • 追突事故後、しばらくしてから痛くなってきた。どうしたらいい?

追突事故に遭うと「病院」や「治療」の関係でお悩みを抱える方がとてもたくさんおられます。被害者にとって通院治療や医療費、医師との信頼関係などは非常に重要ですので、これを機会に正しい知識をもっておきましょう。

今回は追突事故と病院について、解説していきます。

 追突事故と病院の基本について

まずは追突事故後の通院についての基本事項を確認していきましょう。

何科に行けばいいのか?

追突事故後、「何科」を受診すれば良いか迷われる方がおられます。
受診科は受傷部位や内容によって異なりますが、多くは「整形外科」です。整形外科では骨折や捻挫、むちうちなどの治療を受けられます。

ただしすべてのケースで整形外科が適切という意味ではありません。脳や脊髄の障害であれば脳神経外科、目なら眼科、耳や鼻の症状なら耳鼻科など、けがの内容に応じた診療科を選ぶ必要があります。

自分でわからない場合、とりあえず「ここではないか」と思われる科を受診すると、検査をしてもらって間違っていれば適切な科を紹介してもらえます。わからなければとりあえず整形外科でも良いので、まずは病院を受診することが大切です。

関連記事
交通事故後はすぐ病院へ!怪我の種類と治療の受け方を分かりやすく解説
この記事では、交通事故で負った怪我の種類や症状ごとに病院の何科で受診すべきか、交通事故にまつわる病院での受診の仕方や…

治療費は誰が払う?

追突事故の被害者にかかった治療費は加害者や加害者の保険会社が負担します。事故後当面の間、保険会社が治療費を病院へ直接払いするケースが多数です。

ただし追突事故直後に病院に行くときにはまだ保険会社で準備ができていないので、被害者が立て替える必要があるでしょう。それについては後に相手の保険会社へ請求できます。

また治療途中で治療費を打ち切られたり、何らかの事情で当初から相手の保険会社が治療費を支払わなかったりして被害者が立て替えた場合にも、後に相手の保険会社へ請求できます。

関連記事
交通事故後すぐ病院へ!治療の受け方と治療費の支払い方法を解説
交通事故の治療費の支払い方法と注意点をわかりやすく解説
交通事故での治療費の支払いに不安を感じていませんか?交通事故の被害に遭ったときの治療費の支払いにおける重要なポイント…

健康保険を使える?

追突事故の治療にも健康保険を使えます。ただ、相手の保険会社が病院へ治療費を直接払うならわざわざ健康保険を適用する必要はありません。相手の保険を使えば100%相手が支払ってくれますが、健康保険の場合には3割の自己負担が発生するからです。

通院が長びいて相手が治療費支払いを打ち切った場合などには自分の健康保険に切り替えて通院を継続すると良いでしょう。

関連記事
健康保険って交通事故にも使えるの?
交通事故で健康保険を使うデメリットと使用すべきケース
交通事故で健康保険を使うことはメリット、デメリットの両面があり、使うべきではないケース、使うべきケースがあるのです。…

いつまで通院していい?

追突事故後、しばらくの間は相手の保険会社が通院費用を負担するので被害者が窓口で支払いをする必要はありません。ただし、通院期間が長引いてくると保険会社が治療費の支払いを打ちきるケースが多数です。

打ち切りまでの期間は被害者の受傷内容や程度、保険会社によって異なります。追突でよくある「むちうち」のケースでは3か月程度の通院で治療費が打ち切られるケースが比較的多くなっています。その場合でも診断書を示して通院の必要性を説明すれば治療費支払いを延長してもらえる可能性があります。

また実際に治療費を打ち切られた場合、治療を勝手に終了すべきではありません。医師が「症状固定」「完治」と判断するまで健康保険を適用して通院を継続しましょう。

関連記事
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
この記事では、保険会社が治療費打ち切りを打診するケースや、その理由、被害者がとるべき対処法を紹介します。打ち切りの連…

医師や病院の対応がおかしいと感じる場合の対処方法

追突事故でむちうちなどになって通院していると、医師や病院の対応に納得できないケースがあるものです。そんなとき、どうすれば良いのでしょうか?

痛いのに聞いてもらえない場合

追突事故でむちうちになり、首や肩、背中などが痛い。でも「検査」をしても「異常なし」と診断されたり「痛みは事故のせいでは無い」と言われたりして納得できない被害者の方がおられます。

むちうちでは、レントゲンやMRIなどの撮影をしても何も異常が見つからないのは通常のことです。神経の損傷はレントゲンやMRIなどには写らないからです。

画像検査によって異常を感知できない場合には、「ジャクソンテスト」や「筋反射テスト」などの「神経学的検査」により、むちうちの症状を証明できるケースがあります。もしも医師がそういった検査のことを知らない、あるいはしてもらえない場合には、転院も検討した方が良いでしょう。

「痛みは事故と無関係」と言われる場合、いくつか理由が考えられます。

おそらくは加齢による症状や既往症(事故前からの持病)と考えられている可能性が高いです。確かに加齢や持病によって症状が出てくるケースもありますが、もともと発生していなかった痛みが事故によって顕在化した場合には加害者の責任を問える可能性があります。諦めずに弁護士に相談してアドバイスを求めてみましょう。

痛みを訴えても医師が素っ気ない

医師の対応があまりに素っ気ないので、「本当に聞いてもらえているの?」と不安を感じる方もおられます。

確かに不安や不信感を覚えるかも知れませんが、医師には「治療を行うのが仕事」であり「患者に寄り添うのは仕事ではない」と考えている方が少なからず存在します。親身にならなくても治療さえすれば医師としての義務は果たしているので違法ではありません。また「親身になってくれなくてもきちんと治してもらえれば良い」という患者さんもおられます。

どうしても医師の対応に納得できない場合、もっと相性の良い医師のいる病院に転院するのが良いでしょう。

無断で転院してもいい?

今通院している病院に不満があり、転院したいケースがあります。

基本的にどこの病院に通うのも被害者の自由なので、今の病院が気に入らないなら転院をしてもかまいません。

転院する場合、保険会社から病院の治療費を出してもらうため連絡を入れる必要があります。転院したい理由について根掘り葉掘り聞かれることはありませんし、理由によって転院を認めないということも通常はありません。「今の病院に不満がある」とだけ簡潔に伝えると良いでしょう。

転院が度重なると問題がある

ただしあまり頻繁に転院していると、病院ではなく被害者側に問題があると評価されるおそれがあるので、転院は1回か2回までにしておく方が無難です。
転院が度重なると以下のようなリスクが発生します。

  • 被害者に問題があると思われる
    短期間に転院を繰り返すと被害者側の対応に問題があると思われて治療費や休業損害、慰謝料の計算の際に不利になるおそれがあります。
  • 治療経過がわかりにくくなる
    複数の医師がつぎはぎでカルテを作ることになるので治療経過に連続性を保てず、事故後の治療経緯がわかりにくくなります。
  • 良い医師に巡り会えない場合、不利な証拠が蓄積される
    転院先の医師が良い医師とは限りません。不運にも何度も悪い医師にあたってしまったら、あなたにとって不利益な診断記録が蓄積されて、あたかもそちらが真実かのように思われてしまいます。

転院先を探すときには「良い病院」に移ることが必須です。適当に思いつきで転院せず、きちんと病院や医師の情報を調べてしっかり話を聞き、本当に信頼できると確信してから転院しましょう。

関連記事
交通事故の転院
交通事故で転院する際のメリットとデメリットについて解説!
交通事故後の通院先を転院することはできるのでしょうか?交通事故の治療先の病院を転院する際のメリットとデメリットについ…

追突事故後、特に症状を感じない時/後から痛くなってきた時

痛くないのに念のために病院に行って良い?

追突事故に遭うと、痛くなくても「念のため病院へ行くと良い」と言われるケースがあります。しかし「痛くもないのに病院に行くのは気が引ける」という方もおられるでしょう。

結論的に、痛くなくても病院に行ってかまいません。むしろ病院で検査を受けると、自分では気づいていなくても脳障害やむちうちなどの症状が発覚するケースもあるので、無自覚でも念のため一度は通院しておくべきです。

何もなかったらその後安心して生活できますし、誰にも迷惑をかけることはありません。

病院に行ったことで「詐欺」などと言われるおそれもないので、安心して早めに病院を受診してください。

後から痛くなったらどうしたらいい?

追突事故に遭うと、その場では痛みがなくても後から痛くなるケースがよくあります。

その場合にも病院に行って良いのか、相手の保険会社から費用を出してもらえるのか不安に感じますよね?

痛みが出てきたら、とにかく早めに病院に行くべきです。異常があるなら治療が必要です。

治療費は保険会社が出します。ただし物損事故扱いになっている場合、早めに警察で人身事故への切り替え申請をする必要があります。医師に診断書を書いてもらって警察に持参すれば切り替えをしてもらえます。

事故後あまりに時間が経つと警察では人身事故に切り替えてもらえないケースがありますが、その場合でも保険会社に「人身事故証明書入手不能理由書」という書類を出せば人身事故扱いされて治療費を出してもらえます。

痛くなったのに病院に行かないと、痛みを抱えて何の補償も受けられず「泣き寝入り」になってしまうリスクが高まります。我慢せずにすぐに病院に行って検査を受け、警察や保険会社で手続きを進めてください。

関連記事
交通事故後、後から首の痛み
後遺症か!?追突・交通事故後から首の痛み!(頭痛・腰痛・むち打ち症)
交通事故の場合、その場では特に外傷もなく症状が出ないことがあります。後遺症の原因となる可能性がある傷害の種類や、自覚…

追突事故で困ったときには弁護士に相談

追突事故後、病院や治療費絡みで対応に迷ったときには弁護士に相談すると適切な対処方法を教えてもらえます。特に保険会社ともめてしまったときや治療費を打ち切られたときなどには強い味方になってくれるでしょう。

まずは交通事故に積極的に取り組んでいる弁護士に対応を相談してみてください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す