センターラインオーバー正面衝突事故の過失割合と対向車線はみ出し

センターライン

対向車がセンターラインをオーバーしてきたことによって正面衝突してしまった場合,「対向車線をはみ出した相手が100%悪い」「過失割合は10対0に決まっている」と考える人が多いです。

確かに,原則的にはセンターラインをオーバーしてきた車両が100%悪いとされているのですが,実は,被害者側にも過失が認められてしまう場合もあるのです。

どのような場合に,被害者側にも過失が認められてしまうのでしょうか。

ここでは,センターラインオーバーによる正面衝突事故の過失割合について説明します。

原則:過失割合は100対0で,被害者に過失はない

車両が,センターラインなど道路の真ん中を超えて対向車に正面衝突した場合の基本的な過失割合は,

加害者(センターラインオーバー車)対被害者=100対0(10対0)

とされています。

理由は,次のとおりです。

車両は,道路の中央(またはセンターライン)から左側の部分を通行しなければなりません(道路交通法17条4項)。また,原則として,道路の左側に寄って通行しなければなりません(同法18条1項)。

このことは,“信号を守らなければならない”というのと同じくらいに,極めて基本的なルールです。したがって,ルール通りに左側部分を通行していた車両とセンターオーバーしてきた車両が衝突した場合には,センターオーバーした車両に一方的に過失があると考えられているのです。

原則にも例外があります

ただ,この原則にもいくつかの例外があります。「自分はセンターラインを守っていたのに!?」と思われる方も多いかと思いますが,実際に,裁判例では,センターラインをオーバーしていない側の人に過失が認められている例もあるのです。

以下,例外について具体的に説明します。

例外1:センターラインがない道路の場合

まず,道路の状況によっては,100対0の原則が適用されないことがあります。

車両の行き違い自体はできるが,幅が狭く,センターライン(中央線)もないような道路の場合には,幅が広くてセンターラインがある道路の場合と同じようには考えられません。

このような狭い道路で車両と行き違いをする場合には,対向車がセンターラインをオーバーしてくる可能性を十分予測することができるので,対向車に対して相応の注意を払うことが要求されるからです。

対向車がセンターラインをオーバーしてきたとしても,被害者側がよく注意を払っていれば,衝突することを避けられたということもあるかもしれないのです。

そのため,このような道路においては,センターラインをオーバーしてきた車両に一方的に過失があるとは言いづらいので,被害者側にも過失が認められる可能性が高くなります。

例外2:左側通行ができない状況

  • 一方通行路や道路左側の幅が十分にないとき
  • 道路の損壊・工事等のために左側が通行できないとき
  • 勾配の急な曲がり角付近など

このようなときは,道路中央から右側にはみ出して通行することが法律によって認められています(道路交通法17条5項各号)。

そのため,センターオーバーしてきた車両が一方的に悪いとはいえませんので,単純に100対0とはなりません。

この場合には,100対0という原則は適用されず,双方の速度や道路の状況などの具体的な事情に基づいて,個別的に過失割合が判断されます。

このような道路の場合には,対向車が対向車線のセンターオーバーする可能性を考えて,十分に注意をする必要があります。

例外3:被害者にも過失がある場合

センターラインオーバーによる正面衝突事故でも,被害者側に著しい過失や重大な過失があると認められる場合には,過失割合が100対0にならないことがあります。

前方不注意

例えば,被害者側が前方不注意のために対向車がセンターラインオーバーしたことに気付くのに遅れて避難措置をとることができず正面衝突した場合などです。

この場合には,被害者側に10%の過失が認められて,基本の過失割合が90対10に修正されます。

前方不注意の経過時間がさらに長くなると,過失割合は80対20になります。

被害者側にも速度違反

また,加害者が他の車両を追い越すためにセンターラインをオーバーしていたような場合には,被害者側の速度違反によって,被害者側の過失割合がプラスされます。

すなわち,被害者側が15㎞以上の速度違反がある場合には,過失割合が10対90に,30㎞以上の速度違反がある場合には20対80と修正されます。追い越しの場合には,対向車の速度を正確に判断することが難しいためです。

もっとも,このように被害者側に過失が加算される場合でも,加害者側にも速度違反であったり追い越し禁止の場所で追い越しをしたりといった違反があるような場合には,加害者側の過失がさらに増えますので,被害者側の過失はまた0に近づいていきます。

なお,これらの修正要素は,法律実務で一般的に基準とされている判例タイムズ社が出版する『民事交通訴訟における過失相殺等の認定基準』に記載されているものです。

裁判所もこれを基準とすることが多いですが,実際には,個別事情によって,必ずしも上記の数字と全く同じになるとは限りません。

過失割合が100対0の場合,保険会社は示談交渉をしてくれない

センターラインオーバーによる正面衝突事故で過失割合が100対0の場合には,保険会社はあなたの代わりに示談交渉をしてはくれません。

被害者の過失が0の事案では,被害者側の保険会社は相手方に対して一切支払いをしなくてよいので,保険会社が示談交渉をする理由がなくなるからです。

そうなると,被害者が自分1人で相手方保険会社と示談交渉をしなければならなくなります。

しかし,自分で示談交渉すると適正な損害賠償請求が出来なくなる場合もあります。相手方保険会社はプロですので,うまく交渉できないまま不利な条件を飲まされてしまうこともあるのです。

また,示談交渉は,手間やストレスもかかりますので,被害者にとって大変負担にもなります。

そこで,このような場合には,弁護士に示談交渉を依頼することをおすすめします。専門家である弁護士に依頼することで,不利な内容で示談をしてしまうことを避けることができますし,示談交渉を全て弁護士が代理して行ってくれるので,被害者の負担は大幅に軽減されます。

弁護士であれば,うまく交渉がまとまらない場合には,訴訟の提起も行ってくれます。

なお,「弁護士に依頼すると弁護士費用がかかってかえって損にならないのかな?」という心配もあるかと思います。

しかし,もし保険に弁護士費用特約が付いていれば,弁護士費用はかかりません。基本的に無料で弁護士に全てを依頼することができますので,自分の保険を確認し,弁護士特約が付いている場合には是非利用しましょう。

また,弁護士費用特約が付いていなかったとしても,弁護士によっては,契約時には着手金をとらず,事件が終わって相手方から賠償金を得た際に,全ての報酬を,依頼者が得たお金の中から清算してくれることもあります。

ですから,まずは,弁護士に相談して確認してみるのがよいでしょう。

関連記事
img_lawyercost0_ver1.0
弁護士費用特約のメリット、デメリット、注意点と使い方を解説!
交通事故被害者には、弁護士費用特約は非常に重要です。弁護士費用特約とは何か?弁護士費用特約で知っておくべきメリットと…

まとめ

このように,センターラインオーバーによる正面衝突事故の基本的な過失割合は,100対0(10対0)ですが,いくつかの例外もあり,被害者側の過失が指摘されてしまう場合もあります。相手方が主張する過失割合に納得がいかない方は,専門家である弁護士に一度相談してみましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!