自転車の道路交通法改正で違反取締り本格化!【平成27年6月1日版】

自転車事故

1.自転車事故急増で道路交通法法律改正

平成27年6月、急増する自転車事故に対応するために、道路交通法が改正されました。

同年6月1日以降のtwitter投稿を調べてみると、

「停止線を越えて(停止線オーバー)自転車を停めていたら、信号無視で捕まった」
「赤信号で止まっている時に携帯を見ただけで捕まった」
「自転車に乗りながら音楽聞いていたら捕まった」

などの報告が続々と呟かれました。

twitterで「自転車」と検索すると、「捕まった」「傘」などで、関連検索が出てきます。雨の日の「傘さし運転」を一斉に指導することもあるようです。

2.重大違反者は講習&受講料徴収

今回の道交法の改正ポイントは、以下になります。

自転車乗車中に信号無視等の危険な違反行為(14類型)をして3年以内に違反切符による取締り、または、交通事故を2回以上繰り返して行った自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません

つまり、平成27年6月1日より、「信号無視」「一時不停止」「傘さし運転」といった危険運転をした自転車の運転手には、安全運転をしてもらうための講習を受講することが義務付けられました。
(危険な違反行為(14類型)については後ほど解説します。)

子供でも、14歳以上の場合は対象になります。従って、未成年だから大丈夫というわけではないのがポイントです。

(1) 自転車安全講習の概要

講習時間 :3 時間
講習手数料(標準額):5,700円(都道府県条例で別途定められる)

講習のポイント

  1. 運転者としての資質の向上に関すること、
    自転車の運転について必要な適性
    並びに
    道路交通の現状および交通事故の実態
    その他の自転車の運転について、必要な知識について行うこと。
  2. あらかじめ講習計画を作成し、
    これに基づいて行い、かつ、
    その方法は、教本、視聴覚教材等必要な教材を用いて行うこと。
  3. 自転車の運転について必要な適性に関する
    調査に基づく個別的指導を含むものであること

【参考URL】警視庁HP 自転車運転者講習制度

(2) 自転車安全運転講習を受けないときの罰金額

受講命令に従わなかった場合、5万円以下の罰金が科されます。

これは決して少額ではないですし、罰金額でよい自転車も買えてしまいます。罰金も前科になりますから、軽く見ない方が良いでしょう。

3.自転車の14の危険な違反行為

jitensha

さて、自転車講習の対象となる違反行為には、以下の14の危険な違反行為が存在します。

  • 信号無視
  • 通行禁止違反
  • 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  • 通行区分違反
  • 路側帯通行路の歩行者の通行妨害
  • 遮断踏切立ち入り
  • 交差点安全進行義務違反等
  • 交差点優先車妨害等
  • 環状交差点安全進行義務違反等
  • 指定場所一時不停止等
  • 歩道通行時の通行方法違反
  • 制御装置(ブレーキ)不良自転車運転
  • 酒酔い運転
  • 安全運転義務違反

①信号無視【道交法第7条】

自転車だとやってしまいがちな赤信号への進入はアウトです。

②通行禁止違反【第8条第1項】

一方通行路の逆走はしてはいけません(自転車を除くとある場合は別)。

③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【第9条】

歩行者専用の歩道は徐行しないといけません。

④通行区分違反【第17条第1項、第4項または第6項】

自転車は道路の左側を走らなければなりません。ルールは自動車と一緒です。

⑤路側帯通行時の歩行者の通行妨害【第17条の2第2項】

歩道がない路側帯を走るときには、歩行者の邪魔をしないようにしましょう。

歩行者に邪魔になるような、2台の自転車が並んで走る並走」は厳禁です。

⑥遮断踏切立ち入り【第33条第2項】

遮断機が降りているのに横切ってはいけません。

⑦交差点安全進行義務違反等【第36条】

交差点では、周囲の車や歩行者に注意して交差点を通過しましょう。
周囲を確認せず、スピードを落とさず交差点に入る危険な運転は禁止です。

⑧交差点優先車妨害等【第37条】

道路標識を確認し、優先道路を走る車両を優先しましょう。

⑨環状交差点安全進行義務違反等【第37条の2】

道路が円形になった環状交差点では、周囲の車や歩行者に注意をして運転しましょう。

⑩指定場所一時不停止等【第43条】

「止まれ」と書いてある標識の交差点では、一旦止まって地面に足をつけましょう。左右の安全を確認する必要があります。
都心では、「止まれ」の一時停止区域が結構ありますので、注意が必要です。

⑪歩道通行時の通行方法違反【第63条の4第2項】

歩道は歩行者優先です。自転車は車道を走りましょう。

⑫制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【第63条の9第1項】

ブレーキがない自転車は捕まります。
また、ブレーキの効きが悪い自転車は整備をする必要があります。

⑬酒酔い運転【第65条第1項】

自動車同様、酒を飲んだ運転は禁止になります。
飲み会に自転車で行くのは厳禁です。電車か徒歩で宴会へと向かいましょう。

関連記事
自転車の飲酒運転事故に罰則はあるのか?
自転車の飲酒運転事故に罰則はあるのか?
「お酒を飲むから自転車」は犯罪行為! 車やバイクに乗るとき、飲酒運転はやってはいけない行為であることは誰もが知ってい…

⑭安全運転義務違反【第70条】

携帯電話・スマホ(iphone等)・ipodで、イヤホンを耳につけて音楽を聞きながら自転車を運転するのはNGです。

それ以外にも、「電話しながら」「傘をさしながら」といった「ながら運転」は、基本的に安全運転義務違反になります。

「傘さし運転」は前方の確認を怠りがちなので、雨の日等はカッパやレインコートを着て運転しましょう。
携帯でメール打ちながら、スマホで地図を確認しながらの運転は、非常に危険です。

彼女を後ろの荷台にのせて運転する、カップルがよく行いがちな”二人乗り”ももちろんアウトです。

また、夜間の無灯火運転も危ないので、こちらも絶対にやめましょう。

4.自転車運転には個人賠償責任保険加入が必須

自転車を運転する場合、今後は「個人賠償責任保険」に入っておいた方が安全でしょう。特に、お子さんは加入すべきです。

交通事故弁護士相談Cafeには、「子供がご老人に自転車で接触してしまった」、「高級車に自転車をぶつけてしまった」という弁護士相談が後を絶ちません。

個人賠償責任保険は、単独では加入できないため、火災保険や自動車保険、共済や損害保険、自転車保険などの特約で加入することになります。

最近は、自転車保険加入を小学校等にも案内したり、家族で加入したりするケースが増えてきています。もしも事故に遭った場合、「相手側への治療費や物損事故の補償」だけで十分という方には、個人賠償責任保険をおすすめします。

関連記事
自転車保険
自転車保険の概要&必要性を解説!自転車事故の賠償金が1億円?
自転車の交通事故が急増中。自転車保険の加入が義務化? ここ数年、自転車事故のニュースを聞くことが多くなりました。各自…

Google Adsense




この記事が役に立ったらシェアしてください!