自転車の飲酒運転事故に罰則はあるのか?

自転車の飲酒運転事故に罰則はあるのか?

「お酒を飲むから自転車」は犯罪行為!

車やバイクに乗るとき、飲酒運転はやってはいけない行為であることは誰もが知っています。しかし、『自転車は特別扱い』と思っている人が多いのではないでしょうか?

今から説明する事実を知れば、それは大きな間違いであることが嫌でも分るでしょう。

ここでは、自転車の飲酒運転について詳しく解説します。

1.自転車でも飲酒運転はNGです!

あなたに質問です。

≪問≫ 近所で飲み会があり、お酒を飲むつもりの時、正しいのはどちらでしょうか?

(1) 近いから原付で行く
(2) 原付は飲酒運転禁止だから自転車で行く

答えは、どちらも×です。
自転車の飲酒運転は、自動車の飲酒運転と何ら変わりのない犯罪行為なのです。

数多くある自転車の交通違反の中で、最も罪が重いのが飲酒運転です。飲酒または酒気帯び運転で事故を起こしてしまうと、自転車であろうと刑事責任が問われます。相手に怪我を負わせた場合は、さらに民事責任(損害賠償責任)も発生します。

「毎日自転車を使っているけれど、何年も無事故だから大丈夫」という方も、他人事ではありません。

あまり知られていない事実ですが、実は、平成19年に「酒気帯び運転」に関する道路交通法が大幅に改定され、自転車運転の交通違反に対する罰則が大幅に厳しくなりました。

2.平成19年の法改正|飲酒運転の罰則が大幅アップ

●酒酔い運転|酒酔い運転の下命・容認

3年以下の懲役または50万円以下の罰金
↓改正
5年以下の懲役または100万円以下の罰金

●酒気帯び運転|酒気帯び運転の下命・容認

1年以下の懲役または30万円以下の罰金
↓改正
3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

この他、飲酒運転を容認・助長することになる以下の行為にも、法律で罰則が定められました。

●車両の提供

酒気を帯びていて飲酒運転をするおそれのある者に車両を提供した場合です。

「おそれのある者」ですので、成人したお子さんに「今日、歓送迎会があるから車貸して」と言われて「いいけど運転するならお前は飲んじゃいけないぞ」と車を貸すと、貸した親も責任を問われます。

●酒類の提供

飲酒運転をするおそれのある者に酒類を提供した場合です。飲酒運転を助長することになるからです。

●同乗

運転者が酒気帯びまたは酒酔いであることを知りながら、その車両に同乗した場合です。犯罪行為だと知りつつ容認したことになるので、責任を問われます。

 

ここで、自転車の飲酒運転に関する法律の抜粋をまとめておきます。
運よく事故を起こさなくても、違反しただけでどれだけ重い刑罰・罰金が科せられるのかを知っておいてください。

道路交通法65条【何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない】
この「車両等」が指すのは「自動車」「バイク」だけでなく「自転車」も含まれています。
自転車は、「歩行者」と一緒という甘え考えでいると大きな罰則をうけることになります。自転車は、「車両」であり自動車と同じ扱いになっているのです。

道路交通法117条【5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する】
酔った状態で自転車を運転すると、懲役刑または罰金刑が科せられます。

自転車の引き続く道路交通法改正・違反取締強化につきましては、以下の記事をご覧ください。

関連記事
自転車事故
自転車の道路交通法改正で違反取締り本格化!【平成27年6月1日版】
1.自転車事故急増で道路交通法法律改正 平成27年6月、急増する自転車事故に対応するために、道路交通法が改正されまし…

3.酒酔い・酒気帯びに該当する行為の具体例

≪問≫ 酒酔い運転・酒気帯び運転に該当しないのはどれでしょうか?

(1) お酒を飲んで自転車を運転したけど、お酒に強いので普段通りに運転できた
(2) アルコール度数の低いチューハイを飲んて自転車をヨロヨロ運転した
(3) ウイスキー・ボンボンを食べて自転車をフラフラ運転した
(4) 奈良漬けを食べて酔っ払い状態で自転車を運転した

答えは、全て酒酔い運転または酒気帯び運転に該当します。

しらふの状態と全く変わらず会話ができ、真っ直ぐ立って歩けるほどお酒に強くても、呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールを保有していれば「酒気帯び運転」に該当します。

また、お菓子だろうと漬物だろうと、「言語態度・歩行能力・直立能力」の3つが正常でない状態で運転したのであれば「酒酔い運転」に該当します。アルコール度数の高低は関係ありません。

4.まとめ

道路交通法が改正されて飲酒運転が厳罰化されてきた背景には、飲酒運転事故の多さが挙げられます。しかしながら、自転車での飲酒運転についてはあまり深刻に考えられていないのが現状です。

「自転車なら大丈夫だろう」という安易な気持ちが一生を台無しにする重大事故につながります。

自転車での交通事故を起こさないように、自転車ユーザーの方はくれぐれも気をつけましょう。

関連記事
自転車事故_被害者_損害賠償
被害者必見!自転車事故の損害賠償額と慰謝料は何故こんなにも高い?
私達の身近な乗り物である自転車。原油高騰や増税で車から自転車に乗り換えた人も最近は増えたようです。しかし、自転車ユー…

google 広告 記事下

この記事が役に立ったらシェアしてください!