他人・友人の車で事故!保険や車、ぶつけた修理代はどうなるの!?

この記事は5分で読めます

借りた車で事故、友達は激怒!

交通事故加害者Aさん:

超ショックです!友人の車で事故りました。単に車をぶつけただけでなく”人身事故”なのですが、保険や修理代は私が払うのでしょうか?友人が払うのでしょうか?

友人の保険から修理代・慰謝料を払うのなら、私も補填したほうがいいのでしょうか?(いくらくらい友達に渡すのが妥当でしょうか?相場は?)

減点されるのは私であって、友達ではないですよね?友達が免停されるケースはないですよね?また注意すべきことなどあったら教えて下さい

このような他人の車で事故を起こした方からご相談がありました。

人から借りた車で事故を起こすと、友人関係は破綻するでしょうか?

今回のように、友人から車を借りてドライブへ出かける事は決して珍しい事ではありません。ですが、万が一このドライブの最中に不幸にも車をぶつけた事故・・・友達の車で事故を起こしてしまうと、誰がその損害を賠償しなければならないのでしょうか。

ズバリ、責任を負う人と負う範囲は次のようになります。

他人の車にぶつけた場合の責任と点数

当然の事ながら、友達の車で事故を起こした当事者であるドライバーは被害者に対して全面的に責任を負います。この責任の及ぶ範囲は、人身事故、物損事故に関わらず相手方が負った損害全てに対して賠償する責任、示談金や修理代を払う責任を負います。

なにせ、ぶつけたのは友達の車で事故ったドライバーなのですから。

今回の車を借りた相談者は、車を貸した友達が支払い、その補填をするというような認識のようですが、この考えは全くもって甘い!と言わざるを得ません。事故を起こした以上、自分は加害者であり、その損害を賠償する責任があります。

※なお、減点についてですが、これはあくまでドライバー本人に対して行なわれます。運転もしていない所有者が減点される事はありません。従って免停も免許取り消しも違反者講習、免停講習も何もありません(さすがに減点されたらショックを受けますね)

次に、所有者に責任があるのか?ないのかを見ていきます

貸した車の所有者に責任が振りかかる!

残念な事に、車を貸した友達も責任を免れる事は出来ません。これは何となく知っている人も多いと思いますが、ではなぜ貸した友達も責任を取らなければならないのでしょうか。

これは簡単に言うと、自賠法に「運行供用者責任」というものが規定されているからです。これによって、自動車の所有者にも事故の責任を負わせて被害者の救済を図ろうとしているのです。

【ここがポイント】
但し、運行供用者責任が及ぶ範囲は、「身体に対する損害」に対してのみです。いわゆる自賠責保険が適用されるような範囲についてのみ賠償責任が発生します。

※ですから、物損事故のような場合は、被害者に対して責任を負うのは友達の車で事故ったドライバー本人のみとなります←ここは重要です。

他人が、車をぶつけた場合の保険と修理代

(1) 実務上の解決方法は?

通常、こう言った事故が発生した場合、損害の補填方法としては以下のようなパターンがあります。

①自賠責保険を適用させる。

人身被害に対しては自賠責保険が適用出来ますので、これで人に対する最低限の賠償、修理代の支払い、慰謝料の捻出が可能です。

②車の所有者である友人の任意保険を適用させる。

所有者が加入している保険内容によっては、他人に車を貸した場合でも、保険金、修理代が支払われます。自動車保険には「運転者の範囲」という項目があり、通常、運転者の範囲を本人や配偶者等に限定する事で、保険料はぐっと安くなります。この範囲が、家族全体や友人などにも及ぶような内容で契約している場合については、保険を利用する事が可能です。

③車をぶつけたドライバーが加入している保険を適用させる。

ぶつけたドライバー自身も自分の車を所有しているような場合は、ドライバー自身が加入している任意保険の内容によっては、他人から借りた車で事故を起こしても修理代、保険金が支払われます。また、最近では運転する一日のみ保険に加入するというようなドライバー保険などもあり、こう言った保険に加入している場合もそこから、ぶつけた時に保険金が支払われます。

通常は、ドライバーが適用可能な保険に加入している場合は、それを適用させる形となり、なければ車の所有者の任意保険を適用させていくという流れになりますが、一概には言えません。

万が一、保険でまかないきれない損害が発生した場合は、ドライバーと所有者が連帯して賠償責任を負う事になります。

友人が他人の車にぶつけた場合の「運行供用者責任」

しかし、いくら被害者救済とは言え、車に乗ってもいない所有者に損害賠償責任を負わせるのはあまりにもコクな面があるし、ショックです。そのため、車の所有者には以下のような権利や免責になる場合が認められています。

(1) 車をぶつけたドライバーに対して求償出来る

もしも車の所有者が損害の全額について被害者に対して賠償した場合、所有者は事故った友人ドライバーに対して、その賠償した金額を「求償」する事が出来ます

運行供用者責任は、あくまで被害者のためにあるものですので、被害者に賠償してしまえば所有者は車をぶつけたドライバーの責任を追及し、

「お前の運転のせいで損害賠償させられたんだから、お前はオレが支払った賠償金を、オレに賠償しろ」

と言えるのです。

(2) 長期的に貸している場合、運行供用者責任免除の可能性

運行供用者が認められるのは、あくまで所有者の運行支配が可能な場合ですので、例えば長期間にわたって車を貸し出していて

事実上運行を支配し得る状態でなかった場合は、損害賠償責任を免れるケースがあります

例えば、貸したつもりがそのまま「借りパク」のような状態になってしまい、それが長期間継続している間に事故が発生した場合、判例では運行供用者責任を否定しています。

友人関係を破綻させないために

ここまでお読み頂ければお分かり頂けたかと思いますが、人の車を借りて事故を起こすと、非常に「やっかい」な事になります。

借りた車で事故を起こさないよう注意しましょう

最後に簡単にまとめると、善意で貸してくれた友人に多大なる迷惑をかけるばかりか、後から求償される可能性もあるため、人間関係は破綻に追い込まれ友人が他人になるでしょう。

このようなショックな事態を避けるには、車を貸す前に、万が一事故を起こした場合に、誰の、どの保険が適用可能なのか、予めしっかりと確認し、出来るだけ借りる側にもドライバー保険に加入してもらいましょう。

Google Adsense




この記事が役に立ったらシェアしてください!