車、当て逃げ!犯人特定、保険で必ず知っておくべき対処法とは?

当て逃げ

ドアパンチで当て逃げ!泣き寝入りしないために

当て逃げされた被害者Aさん:レストランで楽しく食事をして、上機嫌で駐車場に戻ってきたところで、大切な愛車のバンパーやドアがへこんでいると、なんとも悲しい気持ちになります。

当て逃げされた被害者Bさん:駐車場で当て逃げ犯にドアパンチされて車へこみました。当て逃げ犯のナンバーは見ましたが、全部は見れませんでした。被害届を出しましたが、捜査してくれるんでしょうか?保険とか修理代はどうすればいのでしょうか?

厳しい現実・・当て逃げの真実を学びましょう。当て逃げ事故の検挙率は、「人身事故であるひき逃げが90%」であるのに対し著しく下がり、犯人がばれない可能性、捕まらない確率が高いと言われます。しかし、これは、本当なのでしょうか?

今回は、

  • 当て逃げされた時に、正しい対処とはなにか?
  • 犯人を特定するにはどうしたらよいのでしょうか?
  • 当て逃げの修理、費用、保険はどうしたらよいのか?

を、分かりやすく解説していきます。

当て逃げが発覚したら警察に110番通報すべき2つの理由

万が一当て逃げの被害に遭いましたら、必ず警察に連絡し現場確認をして、事故を公式に記録してもらいましょう。その理由は2つあります。

理由1:後日、加害者が警察に出頭、名乗り出てくる事があるため。

意外に思うかもしれませんが、事故直後は気が動転していてつい「車を擦った」「ドアパンチして逃げた」な状況になってしまいがちですが、後から良心の呵責にたえられなくなり、捜査せずとも自ら出頭・自首してくる場合があります。

この際、加害者は被害者の連絡先など知りませんから、必ず警察に対して連絡してきます。その時に警察に事故の記録があればあなたにその旨連絡をしてきてくれます。

理由2:事故証明の取得

警察に報告していれば、物損事故でも事故証明が発行されます。

後日、当て逃げした人が見つかり訴訟などにもなる可能性があるので、発行しておきましょう。

駐車場内の事故って、交通事故じゃない?

自宅の敷地内やお店の駐車場などで当て逃げ被害にあった場合、通常の交通事故のように事故証明書が発行されない場合があります。そもそも交通事故とは、車両等の交通による人の死傷やものの損壊を指しており、道路交通法上の「道路」の定義に駐車場や私有地の敷地は含まれていません。

つまり、厳密に言えば駐車場内での事故は「交通事故」ではないのです。

もちろん大型ショッピングモールに存在する駐車場のケースなら事故証明書が発行されることもあります。
ただ、いずれにしても、事故証明書が発行されなかったとしても、警察に届出る事で記録が残りますので、必ず警察には連絡しましょう。

関連記事
駐車場
駐車場内の事故の正しい対処方法と公道上の交通事故との違い
交通事故が起こるとき、必ずしも公道上とは限りません。駐車場内で起こる事故も、意外とたくさんあります。 駐車場で交通事…

当て逃げの被害届では、逮捕は無理?

もしも犯人が見つからない場合、警察へ被害届を出すという方法もありますが、実際はこれによって捜査が本格的に行なわれる事は期待出来ません。怪我をした、人身事故にあったという場合は警察が動く可能性もありますが、車の当て逃げの場合、被害届は告訴と違い、警察側に捜査義務が発生しません。

だからこそ、当て逃げのばれない可能性、捕まらない確率が高いとも言えます。

当て逃げ現場を目撃していた場合

幸か不幸か、当て逃げされた時に車に乗っていたり、たまたま近くにいて目撃していた場合はどうしたらよいのでしょうか。

その1:加害車両のナンバーが写るように携帯電話などで写真を撮る。

当て逃げが発生したときは、50%くらいの確率で加害者が逃げると考えて下さい。万が一逃げられたとしても、ナンバーや車の特徴を画像におさめることができれば、警察を呼んだ後に説明がスムーズにできますし、近隣を警戒中のパトカーが加害車両を確保してくれることもあります。

なお、防犯カメラが設置されているからと油断しないでください。古い施設の防犯カメラは、画像が荒く、ナンバープレートをはっきりと特定できない事もあります。なにより防犯カメラを確認している間に、犯人が遠くへ逃げてしまいます。そのため、もしも加害車両を目撃したら、絶対に自分の携帯の写真や動画で撮影しましょう。

その2:加害者に安全な場所に停車してもらいエンジンを切ってもらう。

まず、加害車両の正面には絶対に立たないで下さい。ぶつけてしまって気持ちが動転している可能性がありますので、加害者車両にひかれる恐れもあり、大変危険です。

話しかける際には、必ず側面から近づき、できる限り冷静を装って話しかけましょう。こちらが逆上して怒るとかえって逃げられますので気をつけましょう。

当て逃げ犯のナンバーを警察に連絡

相手の車のナンバーをすぐに警察へ伝える

当て逃げやひき逃げ、ドアパンチに遭遇した場合は、車のナンバーや車種、色などの特徴は非常に重要な情報となります。また、事故後早い段階であれば、近隣を捜査しているパトカー等が見つけてくれる事もあります。

今回の事例のように、ナンバーすべてを覚えていなくても、十分に効果があります。なぜなら事故直後であれば、出頭しようとしない加害車両もそれなりに破損している可能性が高いため(証拠隠滅の修理を行っている加害者もいますが)、

ある程度の目星がつけられれば出頭せずとも、あとは警察が職務質問などで捕まえてくれるからです。

保険会社へ連絡する

警察への連絡が済んだら、今度はすぐにご自身の保険会社へ連絡して下さい。車両保険に加入していなければ、あまり関係ないケースもありますが、そもそも自身の保険内容を正しく把握していない人が多いため、必ずこの段階で連絡をして下さい。

なお、車両保険に入っていても、契約内容によっては当て逃げ事故が補償の対象外となっている場合もありますので、その点も必ず確認しましょう。

最低限この警察と保険に連絡しておけば、あとから困る事はないでしょう。

修理代は誰が出してくれるの?

犯人が出頭しなければ、当然自己負担で直すしかないでしょう。当て逃げというと、難しく考えがちですが、簡単に言うと、あなたのきれいなシャツに誤ってコーヒーをぶっかけた人が、走ってその場から逃走したのと考え方はほぼ同じなのです。

つまり、犯人が見つからない限り、自腹かもしくはご自身の車両保険で直すしかないのです。ちなみに、ひき逃げの場合は、自賠法72条によって国が損害賠償をしてくれます。

車両保険の請求にはなにが必要?

ご自身の車両保険を使う場合は、主に以下のような書類が必要になります。

  • 保険金請求書
  • 事故証明書
  • 修理の見積書
  • 破損した車の写真
  • 修理費の領収書など

なお、事故証明書は上記に記したように、取得できないケースもありますので、その際はその旨保険会社に伝えましょう。必ず事故証明なければ保険金を請求できないということではありません。

自分の車両保険は使うべき?

ここが最大の悩みどころです。そもそも当て逃げされた自分は一切悪くないわけですから、こんなことを悩む事自体腹が立つところですが、加害者が見つからない以上、なんとかして修理しなければなりません。

ここで問題になるのが、車両保険をつかった場合の等級です。

車両保険を使うと等級が「3つダウン」するため、翌年の保険料に跳ね返ってきます。そのため、長い目で見た場合、10万円程度の修理費で済むのであれば、車両保険を使わず全額自腹で修理するほうが良い場合もあります。このあたりは保険会社の担当者とよく相談してから決める方が良いでしょう。

当て逃げを弁護士相談する時の注意

自身の保険で弁護士特約に入っているようでしたら、弁護士費用特約を使って弁護士相談、解決することがあります。

弁護士特約が入っていないような場合、物損事故の損害額がさほど大きくない場合、むしろ弁護士費用が高く付いて費用倒れになる確率が高くなります。

当て逃げのような物損事故の場合、弁護士費用特約が加入している場合なら、相談して解決をはかることも、一つの方法だと覚えておきましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!