結婚で更新!免許証の本籍と名義(名前・苗字)住所変更を必ずやろう!

必要書類ゲットして、苗字変更・名前変更しよう!

以前「結婚式のやることリスト」というものを作ってハガキで送ってくれた方がいました。プロポーズされたらすること・結婚式までにすること・というのは色々ありますよ(妻に超急かされます・・・)

しかし今回はとりあえずそれは置いといて、今回は結婚までの段取りではなく「結婚したらやること」の1つ、免許証の名義変更つまり苗字変更や本籍変更などについてです!。

既存の運転免許証の内容に住所変更が生じる事になりますが、いつ、どこで、どのような手続をすれば良いのでしょうか?

免許証の名義変更の期限はあるのか?土日でもよいのか?祝日などの休日もOKか?日曜日は休みなのか?場所は警察署?運転免許センターか?特に免許書き換えの費用や料金、場所、持ち物、必要書類・ハガキ、必要なもの、どれくらいの受講時間がかかるのか?

みなさんの関心事です。今回はとりあえず住所変更、名前変更・氏名変更のポイントだけおさらいします。

印鑑・はんこ変更のうっかり忘れ【注意!】

結婚したら苗字が変更されます。ですので、免許書どうこうの前に、銀行や健康保険、パスポートなどで使用しますので印鑑はしっかりと苗字変更してゲットしておきましょう

免許証の住所変更の期限・罰則はあるの?【※超注意!】

あまりお気づきでない人も多いので、この際はっきりと申し上げておきます。

住所変更、本籍変更、苗字変更手続をしないと、「道路交通法94条違反」となり、「2万円以下の罰金又は科料」となります。

つまり、免許証の記載事項に変更が生じた場合、その変更手続は義務化されているのです。ちなみに、住所変更・本籍変更・名前変更の期限については道路交通法に明記されていませんが、「速やかに」との記載がある以上、出来る限り早く手続をすべきでしょう。

小さなことですので結婚後ついうっかり忘れる方が多いです。

また住所変更しないと、なにか不都合があるの?という質問も出てくると思います。すぐに変更しなかったからと言って、直ちに罰金になるという訳ではありませんが、次のような問題の発生が予想されます。

免許更新のハガキが来ない?届かない!本籍変更しないデメリット

以下がデメリットです。

○ 住所変更を放置すると、免許更新のハガキが来ないし届かないし、免許更新手続を忘れてしまう可能性がある。
○ 現住所を証明する身分証明書が必要な際に、運転免許証が使えない。

最近ではちょっとした契約でも本人確認のため運転免許証の提示を要求される事が多いので、氏名変更・住所変更・本籍変更が生じたらすぐに手続をする事をお勧めします。

免許更新は警察署で手続きしよう

また、どこで手続をするの?というご質問ですが、変更手続は、最寄りの警察署、運転免許センターで行ないます。

住所変更の場合は、引っ越し先を管轄する警察署や運転免許センターとなります。自治体によっては、交番や駐在所でも受付している場合がありますので、予めご自身でご確認下さい。

住所変更・本籍変更に必要なもの、必要書類と料金

何を持って行けばいいのか。記載事項の変更手続には以下のものが必要となります。あとは、手続場所に設置されている「運転免許証記載事項変更届」に記載して一緒に提出します。

・ 運転免許証
・ 住民票原本
・ 認印
・ 顔写真(自治体による)

また費用・手数料はかかるの?かというご質問ですが、費用はかかりません。すべて無料です。なお自治体によっては、委任状などを利用する事で代理人による手続も可能な場合があります。これで苗字変更・名義変更が完成します

いつ?土日?日曜日?平日のみ?

いつ行けばいいの?これも場所によって異なります。基本的には平日の昼間だけですが、一部の窓口では日曜日でも土日でも取扱いがありますので、仕事で忙しい方でも手続が出来るよう配慮されています。詳しくは「免許証 名義変更 お住まいの地名」という風にグーグルで検索してみてください。免許更新ができるところが羅列されます。

またついでに免許の点数を確認したい方は以下の記事をお読み下さい。

関連記事
車の免許の違反点数!確認方法と点数リセットして人生回復する裏ワザ
初心者が車の免許を取得しました。免許証とりたての最初は丁寧な運転を心がけるものでありますが、うっかりミスで、交通違反…

Google Adsense




この記事が役に立ったらシェアしてください!