高速道路のオービス通知で免停&罰金!?【速度違反と光り方】

高速道路のオービス通知で免停&罰金!?【速度違反に注意】

通常、交通違反については、警察がスピード超過違反車両を見つけて直接取り締まりを行ないます。

しかし、大きな国道や一般道、高速道路等は、警察官が直接、速度違反を取り締まる事が難しいとされています。

そこで、警察官による直接の取り締まりの代わりに登場したのが、自動速度違反取締装置「オービス」です。

レーダー式、ループコイル式、Hシステム、LHシステム、移動式など種類は様々ですが、簡単にいえば『赤色灯が光る機械』のことです(※実は赤だけではなく、白色もあります)。

スピード違反した運転手とその車のナンバープレート『驚くほど綺麗な写真』でしっかり記録します。

この記事では、

  • 『スピード違反でオービスに写真撮影されて赤く光ったら、または白く光ると点数はどうなるか?』
  • 『罰金はどうなるか?』
  • 『何キロオーバーで反応作動するか?』
  • 『免停の通知、出頭命令はいつ来るのか?』
  • 『期間や日数は何日後?』

などの質問について解説していきます。

1.Nシステムとオービス(lhシステム)との違い

まず、速度違反取り締まりのための装置として、Nシステムとオービスがあります。
Nシステムとオービス(lhシステム)は似ているようですが、実は目的が違います。

Nシステムは、犯罪捜査のための機能に特化しており、通過する全車両が自動的に撮影されています。
それに対して、オービス(lhシステム)は、速度違反を取り締まる機能に特化しており、速度を超過しない限り作動しません。

(※最初に申し上げますが、もうすでに、オービスについて「これは誤作動ではないか?」という疑問をお持ちの方は、早いうちに警察署へ申し出ましょう)

2.オービスの設置場所

 (1) 一般道におけるオービスの設置

オービスといえば高速道路というイメージが強いですが、実は一般道でも、レーダー探知機で速度を図り、スピード違反車両を先で待ち伏せして止めるという手法がとられています。

これは、通称「ネズミ捕り」と呼ばれています。

(2) オービスを完全に回避することは不可能

オービスが設置してある道路では、事前にドライバーが、オービスが設置されている事を認識できるよう、「自動速度監視路線 速度おとせ」などの看板が設置されています。

しかし、いつでも看板があるわけではないのが実情です。そのため「注意をして運転していれば事前にオービスを回避し逃げられる!」という考えは甘いのです。

また、オービスの設置場所・位置などがわかる無料アプリがあります。

例えば、「ナビロー」のオービス警告機能は以下のようになっています。
速度取り締まり用のカメラの約1km手前で、アラームで警告してくれるというものです。

「ならば、おすすめのオービスアプリを使えばすべて解決するのでは?」と思う方がいらっしゃると思いますが、そうでもありません。

オービスデータを日々更新して配信している業者は存在していますが、それでも完璧に網羅しているわけではないので注意が必要です。
(アプリやネット情報のおかげで、オービスによる出頭命令回数・呼び出し回数が減っているのは事実です。)

さらには、レーダージャマーという妨害電波発生装置を製造・販売した業者もありましたが、こういった行為は違法のため、実際に装置を販売して逮捕されたケースもあります。販売する側も問題ですが、使用する側にも責任が発生します。

よって、オービスから逃れることを考えるよりも、法定速度を守り安全運転に努めるべきなのです。

3.オービスの光り方

(1) 色は赤い光

オービスは、昼間だと撮影されたどうか気づかない場合もあります。一方、夜間は独特な光り方をするため、気づかないことはないはずです。

時折、白い光であったり、オレンジや青い光でフラッシュする場合もありますが、基本的には強烈に赤く光ります。
近年登場した新型の小型オービスは、白い光と白色のフラッシュが発光・点滅します。またバイクのナンバーを前後から撮影するのもあります。

また、オービスの下を走ると「音が鳴った」「カタンと聞こえた」というドライバーがいますが、実際には音は鳴らないと言われています。

(2) オービスの条件。何キロで光る?

オービスが何キロで光るかということについては、はっきりと公表されていません。

過去の事例から考えると、10キロ程度の速度違反ではあまり反応せず、

  • 一般道では、
    制限速度+30km/h、
  • 高速道路では、
    制限速度+40km/h以上

の速度違反の場合に反応しやすいようです。

4.オービスによる取り締まりの罰金と点数

オービスだけに限らず、速度違反で加点される点数は以下の通りです。

50キロオーバー以上:12点
○ 30キロオーバー(高速道路では40キロ)〜50キロ未満:6点
○ 25キロ〜30キロオーバー(高速道路では40キロ)未満:3点
○ 20キロ以上〜25キロ未満:2点
○ 20キロ未満:1点
(警視庁のHPより引用)

ちなみに、6点以上は一発免停となります。
つまり、オービスが光れば、免停以上になる可能性が高いと考えた方が良いでしょう。

また、過去3年間の行政処分(前科・前歴)の経験が1回でもあると、点数が3点〜4点でも即免停なので注意してください。

関連記事
img_score_penalty_ver1.0
人身事故と物損事故の「罰金と点数」を完璧に知っておく!【2018年度版】
免許は持ち点15点で、交通事故や交通違反を犯すことで減点されていくと考えている方が多いと思います。 しかし、実際は、…

例えば、12点になると免停90日で、短縮講習を受けても1ヶ月程度は免停期間となります(45日の短縮が可能)。

また、一般道で30キロ以上オーバー(高速道路で40キロ以上オーバー)のスピード違反をすると、いわゆる「赤切符」となり、簡易裁判所に呼び出されて高額な罰金罰則を支払わなければなりません(状況によって異なりますが、6~10万円が相場です)。

それ以下の場合は「青切符」となり、反則金の支払いのみで裁判所には呼び出されません。

関連記事
赤切符
刑事処分の赤切符(罰金)と行政処分の青切符(反則金)との違い
交通違反をすると、警察からいわゆる「青切符(青キップ)」または「赤切符(赤キップ)」を切られます。 では、この青と赤…

5.オービス撮影後の通知について

9565b2ce452266de889c579548421cda_s

(1) 通知の期間日数

万が一オービスにスピード違反を撮影されても、すぐに警察から通知がくるわけではありません。また、連絡がくる確率も分かっていません。

「いつ通知が来るか?」「何日後か?」というと、撮影後、数週間から一ヶ月後に警察から通知ハガキが来ます。レンタカーで撮影された場合や、処理が遅れている地域警察の場合はもっと遅くなる可能性もあります。
撮影時に運転者の顔と一緒にナンバープレートも撮影されているので、そこから住所が割り出されます。

ちなみに、取締の対象はあくまで車の所有者ではなく「運転者」ですので、例えば、車を人に貸していて他人が運転していた場合は、オービスに撮影された時の実際の運転者が取締を受ける事になります

(2) 通知書が来ない場合

実際にオービスに撮られたにも関わらず、出頭の呼び出しや通知書が来なかった人もいるようです。

オービスは高性能ではありますが、場合によっては車のナンバープレートが不鮮明であることもあります。そのような場合は、車の所有者の住所を特定することができないため、取締はされません。よって通知書も来ません。

また、オービスはあくまで静止画のため、一枚の写真に複数の車両が写ったりしていると、どの車の速度違反に反応して撮影されたのかが特定出来ない場合もあるようです。このようなケースでも通知書は来ないでしょう。

また、オービスに撮られたと「錯覚」しているケースも少なくありません。太陽光やヘッドライトの光の反射で白く光ったように見え、「オービスに撮られた」と錯覚して、通知を待っていることもあるようです。

6.まとめ

スピード違反は大変危険であり、重大な交通事故の原因ともなります。オービスに撮影されるからという理由だけではなく、運転の際はくれぐれも速度に注意しましょう。また、万が一オービスに撮影され、警察から呼び出しがあったら、必ず出頭命令に従いましょう。

尚、「誤測定ではないか?」という疑問があれば、警察にその旨を伝えてください。

Google Adsense




この記事が役に立ったらシェアしてください!