弁護士法人茨木太陽・福岡支所 福岡太陽法律事務所について

  • 福岡太陽法律事務所
交通事故の「被害者サポート専門」の事務所です。
医学的な知識も求められる「後遺障害認定」に多くの実績があることから、県内のみならず、隣接他県からも度々ご依頼を頂いております。

対応分野

  • 人身事故
  • 後遺障害認定
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 初回相談無料
  • 示談交渉
  • 過失割合

費用

初回無料相談
着手金無料
完全成功報酬制
法テラス利用可

私たちに依頼するメリット

  • 「被害者サポート専門」の法律事務所
  • 医学的な知識も求められる「後遺障害認定」に多くの実績あり
  • 適切な治療と検査に関するアドバイス
  • 後遺障害認定のための証拠収集のサポート
  • 専門医との連携によるセカンドオピニオン
  • 協力医師による画像診断

福岡太陽法律事務所は、福岡県福岡市にある交通事故の「被害者サポート専門」の法律事務所です。

当法人は、福岡市以外にも大阪府茨木市と大阪府堺市、京都府京都市にも支店があり、それぞれの地域に密着して交通事故の被害に遭われた方の救済に全力を尽くしております。
また、当法人は交通事故の被害者サポートの中でも、医学的な知識も求められる「後遺障害認定」に多くの実績があることから、府内、県内のみならず、隣接他県からも度々ご依頼を頂いております。

交通事故の後遺障害認定は、被害者の方が受け取る賠償金の金額に多大な影響がある最重要ポイントです。また、痛みが続くことや今後の治療について被害者の方が最も思い悩まれる部分です。
不安を抱えておられる方は、ぜひお早めに当法人までご相談下さい。

交通事故の被害者サポートで「後遺障害認定」が重要視されるわけとは?

交通事故の被害者支援においては、後遺障害認定がとても重要視されます。なぜなら、交通事故で残った後遺症は、「後遺障害」に認定されるかどうか、また、認定されたとして何級の「等級」が認定されるのかによって、慰謝料に100万円以上の差が生じてくるからです。

つまり、加害者から適切な賠償を受けるためには、必ず「適切な等級」に認定されることが重要なのです。

後遺障害に認定されると「慰謝料」が大幅に増額できる理由

後遺障害認定によって等級が認定されると、入通院慰謝料の他に、後遺障害固有の慰謝料である「後遺障害慰謝料」を別途請求することが可能になります。

その金額は大きく、むち打ちなどでも度々認定されることがある、最も低い第14級でおよそ110万円が裁判基準で相場と言われています。
高い等級になると1000万円も超えてくるため、後遺障害に認定されると慰謝料が大幅に増額できるのです。

後遺障害認定を当法人に依頼するメリット

後遺障害認定は、後遺障害診断書など決められている所定の書類を揃えて自賠責調査事務所に提出するだけでも、申請自体は可能です。
ただ、申請したからといって、それで必ずしも適切な等級に認定されるとは限りません。むしろ、それだけでは認定されない可能性の方が高いかもしれません。

そこで当法人では、次の点をサポートしております。

1:適切な治療と検査に関するアドバイス

交通事故による後遺障害認定は、事故後どのような治療や検査を受けてきたのかによって、認定結果に違いが出てくる場合があります。
例えば、交通事故後、医師による適切な診察を受けずに、医師の指示なく、マッサージなどの医師の指示なく対処療法的な治療のみを行ってきた場合、認定されない可能性があります。

そこで当法人では、事故後早い段階でご相談頂くことで、怪我や症状に応じた適切な受診先や検査項目などについてアドバイス致します。

2:後遺障害診断書の書き方を指導します

後遺障害が認定されるかどうかは、医師が作成する後遺障害診断書の内容が重要です。実は後遺障害認定には、その症状ごとにポイントとなる後遺障害診断書の書き方のようなものがあり、それをしっかり押さえていないと実際に認定される症状であっても認定されない可能性があります。

そこで当法人ではこれまでの経験を活かし、医師の診察時の意外な見落とし箇所がないかを丁寧にチェックし、必要に応じて検査の打診をします。
そして、被害者の方と病院まで同行し、後遺障害診断書の書き方について弁護士が直接医師と相談します。これによって後遺障害認定率は格段にアップします。

3:後遺障害認定のための証拠収集のサポート

後遺障害認定は、被害者自身が審査する自賠責調査事務所に対して直接痛みなどを訴えることはできません。
そのため、自分の痛みをわかってもらいたければ、それに必要な「証拠」を提出する必要があります。ただ、証拠といっても、後からでは揃えられるものに限りがあるため、事故後はできる限りお早めにご相談頂ければ、事前にどのようなものを取得、保管しておくべきか丁寧にアドバイスします。

例えばむち打ちの場合であれば、整形外科への通院回数や通院中の経過、レントゲンやCT、MRIなどによる画像検査の結果、初診から現在までのカルテ、主治医による意見書などが重要な証拠となってきます。

加えて、被害者ご本人から医師へは症状を全て伝え、痛みが続く場合は痛みがあることを伝え続けることが大切です。ある日は痛みがあり、ある日にはない、ということでは医師も症状を書いてくれません。
「よくなりましたか?」と聞かれれば「よくなって来ました。」と答えたくなるのが人情ですが、もし痛みが続いているようであれば、「●●の時には痛みがあります」などときちんと伝えてください。

4:専門医との連携によるセカンドオピニオン

後遺障害認定は、医学的知識と法律知識という2つの異なる高度な知識が要求されるため、後遺障害認定経験が少ない弁護士に依頼しているような場合ですと、実際は認定要件を満たしているにもかかわらず、非該当となってしまうケースも少なくありません。

ですがご安心下さい。当法人は、真の被害者救済のために、一度非該当となってしまった方のセカンドオピニオンについても対応しております。
当法人は、定期的に開催している交通事故相談会にも参加して頂いている「画像診断専門医」とも連携し、一度は認定されなかったような事案につきましても、再度理由を検証し、異議申し立てによって適切な等級が認定されるよう尽力致します。

5:協力医師による画像診断

当法人は、月一回交通事故無料相談会を行っております。

特に茨木事務所では、定期的に放射線科の協力医師が参加し、お持ちいただいた画像(レントゲンやCT、MRI)をその場で医師と弁護士が確認しながら相談を行います。
支所からのスカイプでの相談も可能です。完全予約制のため、空き状況はお問い合わせください。

【こんな場合は、迷わず当法人にまでご相談下さい】

・事故後、どこでどのような治療を受けていけば良いのか事前に相談したい
・保険会社から一方的に治療費の打ち切りについて宣告された
・被害者請求で申請したいけれど、やり方がわからない
・示談金の提示額が適正かどうか専門家に見てもらいたい
・後遺障害認定の認定結果に納得ができない
・他の法律事務所で対応が難しいと断られた
(高次脳機能障害、死亡事故、自転車事故、物損事故など)

【弁護士費用について】

着手金原則無料(事案によって異なります)
弁護士費用・裁判外での解決 賠償金の10%〜
・裁判による解決 賠償金の15%〜
・増額した経済的利益の20%〜
その他実費郵便切手代・コピー代・訴訟印紙・交通費等、事件にかかった費用

※上記は税別です。
※上記の弁護士費用等に関する規定は、ご覧頂く皆様の参考になるよう標準的な額を示したものであって、パーセンテージは絶対的な基準ではありません。

また、当法人は弁護士費用特約の利用も可能です。
ご自身の保険をご確認の上、弁護士費用特約が付帯されていれば、弁護士費用について300万円まで保険金が適用できますので、費用のことは気にせず安心してご相談下さい。

弁護士法人茨木太陽・福岡支所 福岡太陽法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士代表弁護士 黒田 悦男 (くろだ えつお) 大阪弁護士会 No.26827
内堀 逸郎 (うちほり いつろう) 福岡県弁護士会 No.50597
住所〒 814-0002 福岡県福岡市早良区西新4-9-28 グランド柴田ビル2階
対応エリア福岡県
アクセス

地下鉄西新駅から徒歩2分

本店・支店案内
本店・支店案内
電話でのご相談はこちら
050-3542-8024
[電話受付] 平日  9:30~18:00

メールでの相談はこちら

電話する
受付時間 平日  9:30~18:00
定休日 土日祝
対応地域 福岡県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
交通事故に強い弁護士を探す