弁護士法人アルマについて

  • 弁護士法人アルマ 弁護士 三瓶 正
年間200件以上の交通事故相談を受任しています。
それぞれ適切なアドバイスをし、解決へと導いております。初回相談料及び着手金については無料対応しています。

対応分野

  • 人身事故
  • 後遺障害認定
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 初回相談無料
  • 示談交渉
  • 過失割合

費用

相談料(人身傷害に限る)と着手金は無料
メール相談は1往復が無料
報酬金は完全後払い

私たちに依頼するメリット

  • 示談金の増額交渉に強い
  • 様々な事故形態の過失割合交渉を行ってきておりポイントを熟知
  • 後遺障害認定に卓越したノウハウあり
  • 「初回相談料」及び「着手金」については「無料」にて対応
  • 「完全後払い制」

弁護士法人アルマは、群馬県郡山市朝日にある交通事故の被害者支援に注力した法律事務所です。当事務所は郡山市を中心に福島市、いわき市、会津若松市、白河市などを対応エリアとしており、様々な交通事故に関するご相談に対応しております。

当事務所では、交通事故被害者様からのご相談に応じて、加害者側との示談交渉による示談金の増額や、後遺障害認定のサポートによる慰謝料の増額、さらには交通事故の訴訟対応などについて、被害者様の精神的、肉体的、経済的負担を最小限に抑えつつ、最良の結果を導き出せるよう常に全力を尽くします。

もしも交通事故の被害に遭われてお困りの際には、迷わず弁護士法人アルマまでご相談下さい。※事案によっては電話でのご相談が可能でございます。

弁護士法人アルマの4つの特長

1:多数の相談実績と解決実績

交通事故のご相談は、他の法律相談とは違い、非常に多くのケースがあるため、最良の解決を図るためには、対応する弁護士自身の交通事故に関する実務経験が大きく問われます。

そんな中、当事務所は交通事故の被害者サポートに特化しながら、多数の交通事故に関するご相談を受け、さらに受任した案件についてそれぞれ適切な解決へと導いております。これにより、事務所全体で蓄積した過去の実績とノウハウにより、様々な事故形態に適切に対処することが可能です

2:示談金の増額交渉に強い

交通事故が発生した場合、加害者から損害賠償金として慰謝料や治療費などを受け取ることができます。けれども、この際の金額に関する交渉は、加害者または加害者側の保険会社と直接行わなければなりません。

けれども、被害者様は事故後心労や疲労がピークに達しているため、これらの交渉業務を自ら適切に行うことは困難です。また、加害者側は少しでも支払う金額を低くしようと必死ですので、提示された示談金をそのまま相場と思って示談書にサインしてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

そこで当事務所では、被害者様の代理人となって直接介入し、加害者側と示談金について交渉致します。特に次の2点については、当事務所が交渉することで、とても有利に働きます。

その1:慰謝料の増額

交通事故の慰謝料については、算定基準が複数あり(自賠責基準、任意保険基準、裁判基準)、その基準によって金額が大幅に違ってきます。

通常、加害者側はもっとも低い自賠責基準をベースにして慰謝料を算定して提示してきますので、これを適切な主張で退けて最も高く手厚い補償である裁判基準による慰謝料を認めさせることが、慰謝料増額において最も重要です。

当事務所は過去、様々なケースに対応して慰謝料の増額を成功させてきておりますので、どうぞ安心してお任せ下さい。

その2:過失割合の交渉

交通事故の場合はたとえ被害者だったとしても、お互いの車が動いているようなケースでは被害者側にも一定の過失があるとの主張をされるケースがあります。そして被害者側の過失については、その過失に応じて加害者側から受け取ることができる賠償金から差し引かれてしまいます。これを「過失相殺」と言います。

そのため、いくら慰謝料交渉がうまくいっても、過失割合が適切に認定されなければ、結局受け取れる金額は少なくなってしまうのです。

当事務所はこれまで様々な事故形態の過失割合交渉を行ってきており、示談交渉や裁判上争点となりやすいポイントを熟知しております。当事務所にお任せ頂ければ、過失割合についても被害者様の納得のいく形で解決できるよう尽力致します。

3:後遺障害認定に卓越したノウハウあり

事務所が交通事故のサポートにおいて最も得意としているのが「後遺障害認定」です。後遺障害認定によって等級が認定されますと、通常の慰謝料の他に「後遺障害慰謝料」という別枠で、さらに慰謝料を請求することができるとともに、さらにそれに伴って「逸失利益」についても請求が可能です。

つまり、適正な損害賠償金を得るためには、「適切な後遺障害の等級認定」を勝ち取ることが最も重要となるのです。例えば、むち打ちなどでも認定される可能性のある最も低い14級だとしても100〜120万円程度の増額が可能です。

当事務所ではこの後遺障害認定について、次の3つのステップに分けて丁寧にサポート致します。

ステップ1:治療中のサポート

交通事故の後遺障害認定は、認定そのものよりも、そこに至るまでの「過程」がとても重要です。すなわち、事故直後からの通院先の選定(接骨院・整骨院・整形外科)、そして治療方針、検査方法、通院頻度などが、後遺障害認定申請において、非常に重要な証拠となるため、適切な等級認定を受けるためには、理にかなった適切な治療をすることが大切なのです。

そこで当事務所では、交通事故に詳しい医師や関連する他士業者などとも緊密な連携体制を構築しておりますので、事故直後から適切なサポートが可能です。

ステップ2:後遺障害認定申請

後遺障害認定申請をするにあたっては、後遺障害診断書を提出する必要があります。この後遺障害診断書自体は医師に記載してもらうのですが、医師によっては交通事故の患者の対応経験が浅い場合もあり、この後遺障害診断書の書き方のポイントを理解していないケースが多々あります。

そのため当事務所では、状況に応じて病院まで同行し、どのような症状について記載すべきなのかなどについても、医師と打ち合わせをしながら念入りに行います。特に重度の障害である高次脳機能障害などについては、後遺障害診断書も特殊な書式になってきますので、まずは当事務所にご相談の上、適切な後遺障害診断書を作成し申請しましょう。

ステップ3:異議申し立て

すでにご自身や事前認定などで後遺障害認定申請を行った結果、非該当となったり、予想していたよりも低い等級が認定されたとしても、それで諦める必要はありません。

当事務所では一度申請をして上手くいかなかった案件についても、その理由の開示を請求することで、思うような認定に至らなかった理由を分析し、そしてそれを補うための医師の意見書や診断書、検査記録などを再度準備し、異議申し立てを行います。

過去にも、多くのケースで異議申し立てによって、従前よりも高い等級が認定されております。もしも後遺障害認定が上手くいかなくてお困りの場合は、直ぐにでも当事務所までご相談下さい。

被害者様に配慮した安心の料金体系

当事務所では交通事故被害者の方に配慮して、「初回相談料」及び「着手金」については「無料」にて対応しております。なお、継続相談が無料になるかどうかは、当事務所が判断します。その場合も後になって、有料相談になることはありません。事前の受付の際に有料かどうかはお伝えします。

また、弁護士報酬につきましても、「完全後払い制」となっており、加害者側から受け取った示談金の中からお支払いを頂きますので、別途ご用意頂く必要はございません。

弁護士費用特約について

当事務所は弁護士費用特約の利用にも対応しております。ご自身の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されている場合は、300万円まで弁護士費用について保険金が受け取れます。

また、万が一弁護士費用特約に加入していない場合については、遠方の裁判所でも出張日当、交通費は頂きません。できる限り被害者様のご負担を軽減できるよう、最大限の配慮をもって対応させて頂きます。

まずはお早めにご相談ください。

弁護士法人アルマ
事務所詳細
事務所詳細
弁護士三瓶 正 (さんぺい まさし) 福島県弁護士会 No.34042
花田 慎治 (はなだ しんじ) 福島県弁護士会 No.45715
住所〒963-8024 福島県郡山市朝日3-4-14-1F
対応エリア福島県
アクセス

郡山駅より車で16分

電話でのご相談はこちら
050-5267-6318
[電話受付] 平日 9:00~17:30

【24時間受付】メール相談はこちら

電話で相談する
受付時間 平日 9:00~17:30
定休日 なし
対応エリア 福島県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
交通事故に強い弁護士を探す