つくば中央法律事務所について

交通事故にあわれた方、お気軽に当事務所までご相談ください。
これまでも茨城県を中心に、「人身事故および物損事故の示談交渉」「むちうち、骨折などの後遺障害認定」「慰謝料増額交渉」などについて対応しております。 交通事故については多くの実績と経験がございますので、お困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。

対応分野

  • 人身事故
  • 後遺障害認定
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 初回相談無料
  • 示談交渉
  • 過失割合

私たちに依頼するメリット

  • 「慰謝料増額」に実績のあり
  • 経験からくる交渉力
  • 治療段階からの適切なサポート
  • 後遺障害診断書作成のサポート

交通事故にあわれた方、お気軽に当事務所までご相談ください。お力になります。その他の法律相談も承ります。

つくば中央法律事務所は、茨城県つくば市にある「交通事故に強い」法律事務所です。
これまでも茨城県を中心に、「人身事故および物損事故の示談交渉」「むちうち、骨折などの後遺障害認定」「慰謝料増額交渉」などについて対応しております。
交通事故については多くの実績と経験がございますので、お困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。

つくば中央法律事務所は、「慰謝料増額」に実績のある法律事務所です。

交通事故の被害に遭われますと、その被害者は加害者に対して損害賠償請求をすることができますが、その金額については加害者側と交渉して最終的な金額が決まります。

そのため、「誰が」示談交渉をするのかによって、慰謝料などの示談金に大きな差が生じることとなるのです。つくば中央法律事務所は、この際の慰謝料増額交渉について卓越したノウハウを持っておりますので、当事務所にご依頼いただければ、かなりの確率で慰謝料増額を実現することができます。

つくば中央法律事務所が慰謝料増額できるそのワケ1:最も高い慰謝料算定基準を採用

実は慰謝料の算定基準は完全に統一されているわけではなく、次の3つの基準が現実的に存在しています。

1:自賠責基準

自賠責保険における慰謝料を算定する際の基準で、一日あたり4,200円で算定します。自賠責保険はもともと人身事故被害者の最低限の救済を担保するための保険ですので、慰謝料相場から考えると一番低い算定基準といえます。

2:任意保険基準

自動車保険の任意保険を扱う会社が独自に構築している基準で、一般には公開されていません。つくば中央法律事務所がこれまでに行った示談交渉の経験上、任意保険会社が提示してくる慰謝料の額からすると、先ほどの自賠責基準とほとんど変わらない基準と考えられます。つまり、慰謝料相場からすると低い金額を保険会社から提示されるということなのです。

3:裁判基準(つくば中央法律事務所採用基準)

人身事故による慰謝料の算定基準で、最も高い基準がこの裁判基準です。裁判基準とは、過去の人身事故裁判上において認められてきた慰謝料金額を基準に作られた算定基準で、最も高い慰謝料算定の基準です。つくば中央法律事務所は、この裁判基準を用いて慰謝料増額の交渉を行います。

つくば中央法律事務所が慰謝料増額できるそのワケ2:経験からくる交渉力

示談交渉において最も重要なことは、どの慰謝料算定基準を用いるか、ではなく、その慰謝算定基準を「誰が」用いるか、という点です

仮に裁判基準を用いて慰謝料を計算するだけであれば、ネットなどで調べれば被害者自身でもできなくはありません。ただ、裁判基準を用いて慰謝料を算定できるからといって、必ずその慰謝料を相手方に認めさせることができるというというわけではありません。

慰謝料増額のために必要なことは「経験からくる交渉力」と「相手に与えるプレッシャー」です。示談交渉は、ただ慰謝料額を提示しただけではなんの意味もありません。なぜその慰謝料額が妥当なのか、法的に論じる交渉力が必要不可欠なのです。そして、それに応じなければすぐに裁判沙汰になると思わせるために、弁護士が窓口となってプレッシャーを与えながら直接交渉することで、かなりの確率で慰謝料増額が可能になります。つくば中央法律事務所は、この慰謝料増額の交渉について豊富な経験とノウハウがあります。

つくば中央法律事務所が慰謝料増額できるそのワケ3:後遺障害認定に強い

人身事故における慰謝料には、2つの種類があります。

1:入通院慰謝料(傷害慰謝料)

人身事故が原因で怪我を負った場合に、病院に入通院することに対する精神的苦痛を慰謝する意味で支払われる慰謝料をいいます。これは怪我の治療費とは別で請求することが可能です。

2:後遺障害慰謝料

交通事故によって怪我を負い、治療を続けた結果、症状固定時にこれ以上治療を継続しても回復が困難とされた症状については、後遺障害認定を受けることで先ほどの入通院慰謝料とは別枠で後遺障害慰謝料を請求することが可能です。

実はこの後遺障害慰謝料、慰謝料全体の中でも非常に大きな割合を占める高額な慰謝料のため、人身事故の示談交渉においては非常に重要となるポイントなのです

つくば中央法律事務所では、この慰謝料増額のために必要な後遺障害認定について強力にサポート致します。

人身事故で次のような怪我を負った場合は、事故後お早めにつくば中央法律事務所までご相談ください。

人身事故でよくある傷害その1:むちうち

人身事故でむちうちを発症するケースは非常に多く、特に追突事故などの場合は骨と骨の間の椎間板が圧迫されるため、むちうちを発症しやすい傾向にあります。むち打ち症の主な症状は神経症状であり、この神経症状が後遺障害に該当する可能性があります。
ただし、むちうちにはさまざまな程度があり、後遺障害に認定されるむちうちは、そのうちのほんの一部に過ぎません。つくば中央法律事務所はこのむちうちの後遺障害認定に強い能力を発揮します。

むちうちの後遺障害認定のポイント1:治療段階からの適切なサポート

人身事故によるむちうちは、事故後すぐに症状が発症しない場合もあります。ただ、病院での診察が遅れると、人身事故との因果関係を争われる可能性が懸念されます。また、接骨院や整骨院に通っても場合によっては治療と認められなかったり、後遺障害認定の際の診断内容の妥当性に悪い影響を与える危険性があります。法律事務所によっては、事故による怪我の治療が終わった症状固定後に相談に来るよう誘導するところもあるようですが、つくば中央法律事務所はむちうちの治療の段階から通院先や治療方法などについて適切にアドバイスすることで、後遺障害に認定される確率をより高めます。

むちうちの後遺障害認定のポイント2:後遺障害診断書作成のサポート

後遺障害認定は、被害者自らが口頭で症状の説明を審査員にする機会は与えられず、すべて「書類審査」によって後遺障害が認定されます。つまり後遺障害認定は、提出する書類の精度次第で結果が大きく変わってくるのです。当事務所では、後遺障害認定において最も重要な書類である後遺障害診断書のポイントについて丁寧にアドバイスするとともに、必要に応じて病院等にも同行し主治医と打ち合わせを行います。

人身事故でよくある傷害その2:骨折

むちうち以外でよくある傷害に骨折があります。人身事故で強い衝撃を受けると、その影響で骨折してしまうことは少なくありません。ちなみに、骨折それ自体は後遺障害ではありません。そもそも骨折は治療によって治すことができるため、本来は後遺障害にはあてはまりません。

骨折の場合にポイントとなるのは、骨折の治療過程において骨の不整癒合が発生し、その結果関節の可動域などに影響が出たような場合は後遺障害に認定される可能性があります。骨折による後遺障害認定は、その治療過程なども診断書で細かく確認されます。そのため、適切な等級認定を目指す場合は、後遺障害認定に強いつくば中央法律事務所までご相談ください。

このようにつくば中央法律事務所は、交通事故に関する慰謝料増額を中心にそれを取り巻くさまざまな手続きや交渉ごとについて迅速かつ的確に対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

つくば中央法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士堀越 智也 (ほりこし ともや) 茨城県弁護士会 No.39828
住所〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1-10-1 つくばセンタービル1F
対応エリア茨城県
アクセス

つくばエクスプレスつくば駅 徒歩3分

電話での受付はこちら
050-5267-6336
[電話受付] 平日 8:30~17:30

【24時間受付】メール相談はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 8:30~17:30
定休日 土日祝
対応エリア 茨城県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
交通事故に強い弁護士を探す