河合総合法律事務所について

交通事故直後から迅速かつ丁寧な対応をしています。
怪我の治療方針、通院すべき病院の選定、通院すべき頻度、証拠や書類、などについて丁寧にアドバイスします。被害者の方は怪我の治療に専念することが可能になります。お気軽にご相談ください。

対応分野

  • 人身事故
  • 後遺障害認定
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 初回相談無料
  • 示談交渉
  • 過失割合

費用

初回無料相談
着手金無料(示談交渉に限る)
完全成功報酬制

私たちに依頼するメリット

  • 交通事故直後からの「迅速かつ丁寧な対応」が特徴です。
  • 初回相談料無料。
  • 着手金無料の完全成功報酬。

交通事故案件で弁護士をお探しなら、河合総合法律事務所にお任せ下さい。

交通事故直後からの「迅速かつ丁寧な対応」

河合総合法律事務所は、鹿児島県鹿児島市にある交通事故案件を多く扱う弁護士が運営する法律事務所です。
当事務所の特徴は、なんといっても交通事故直後からの迅速かつ丁寧な対応です。交通事故の問題とは、すなわち相手方当事者に対する損害賠償請求の問題であり、治療費、傷害慰謝料、休業損害、逸失利益、後遺障害慰謝料、などについて適切な金額を算出して請求していくことが非常に重要となります。

「加害者が任意保険に加入しているから、弁護士に相談しなくてもよいのではないか?」と思っていませんか?
確かに、加害者が任意保険に加入している場合は、その任意保険会社と交渉していくことになりますが、保険会社が加入しているからといって、イコール適切な賠償金が支払われるとは限りません。
そもそも保険会社にとっての顧客は「加害者」であり、被害者ではないのです。そのため、保険会社としては被害者を説得して賠償金の総額をできる限り引き下げようとします。

そのため、適切な賠償金を獲得するためには、被害者の味方である弁護士が運営している河合法律事務所にご相談ください。

早めの相談が、「適正な賠償金」に結びつきます

当事務所が交通事故直後からの迅速なサポートを重要視している理由、それは適正な賠償金、示談金を獲得するためです。交通事故の賠償金、示談金は事故直後に確定するわけではなく、交通事故による怪我の治療が終了した後に確定します。
そのため、一般的な法律事務所であれば、交通事故直後に法律相談に行っても、「まだ示談交渉は始められないから、治療が終わったらまた来てください」と案内されることがあります。

しかし、適正な賠償金、示談金を得るためには、実はこの事故直後から治療が終了するまでの期間の対応が非常に重要となるのです。
当事務所は、これまで数多くの交通事故案件の解決に取り組んできているため、この事故直後からのサポートがいかに重要であり、そして適正な賠償金、示談金に結びつくということを熟知しています。

当事務所にご相談いただければ、怪我の治療方針、通院すべき病院の選定、通院すべき頻度の目安、今後必要となる証拠や書類、などについて丁寧にアドバイスするとともに、以降は被害者様の代理人となり、保険会社からの連絡はすべて弁護士が窓口となって対応致しますので、被害者の方は怪我の治療に専念することが可能になります。

気軽に相談しやすい「工夫を凝らした料金プラン」

いくら「早めに相談してください」と言われても法律相談をすることで法律相談料や着手金の負担がるのであれば、どうしても相談自体を躊躇してしまうかと思います。
そこで当事務所は、これらの費用を気にしてご相談を躊躇されることがないよう、以下のような料金プランを採用しております。

1:初回相談料無料

当事務所は交通事故のご相談については、相談料を一切頂いておりません。そのため、相談料を気にする必要は全くございません。
「今後どうしていいのかわからない」
そんな漠然とした不安は、当事務所にご相談いただくことで解消いただけます。まずはお気軽にご相談ください。

2:着手金無料の完全成功報酬

弁護士に案件を正式に依頼する際には、「着手金」が必要になります。ただ着手金は交通事故の事案によっては、数十万円単位と高額になることもあるため、せっかく法律相談をしても着手金の金額をきいて弁護士への依頼を断念される方もたくさんおられることと思います。

そこで当事務所は、経済的な理由で弁護士への依頼を躊躇しなくて済むよう、被害者の方にとって大きな負担となる着手金を、示談交渉に限り「無料」にて対応させていただいております。
なぜそんな料金プランで対応が可能なのかというと、それは相手方と示談交渉を行い、保険会社から最終的に支払われる保険金の中から弁護士費用を充当させる形で処理をしているからなのです。
ですから、当事務所にご依頼頂くことで、被害者様からお手出しで費用をお支払いいただくことはございません。

また、当事務所は「完全成功報酬」を採用しておりますので、万が一当事務所にご依頼をいただいて賠償金、示談金が増額しなければ、報酬は一切頂きません。そのため、当事務所にご依頼頂いたことによって、弁護士費用を差し引いて費用倒れとなるリスクはございません。
すなわち、当事務所では、法律相談をすることによって得をすることはあっても損をすることはないように料金を設定しております。

こんな場合は、すぐに当事務所までご相談ください。

「交通事故に遭い、これから怪我の治療のため入院しなければならない」

交通事故によって骨折などの重傷を負ってしまうと、そのまま入院が必要となってしまうため、法律事務所に自ら行くことは難しくなってしまいます。ただ、退院を待ってからでは対応が後手になってしまい、適正な賠償金、示談金を獲得することができない可能性があります。
そのため、万が一交通事故でそのまま入院することとなった場合は、取り急ぎ当事務所までお電話にてご連絡ください。

当事務所は、さまざまな事情によって法律事務所まで直接来所することが難しい方については、できる限り弁護士自らが診療機関やご自宅まで出張にてご相談させていただきます。
また、時間帯についても基本的には営業時間というものがありますが、必ずしもこの時間帯でなければ対応できないということではございません。事前にご予約いただければ時間外や土日祝日での対応も受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

「保険会社からそろそろ治療費の支払いを打ち切ると言われている」

むち打ち症などで治療をしていると、3~6ヶ月程度を目処に保険会社から治療費の打ち切りを打診され始めます。保険会社はさもそれが当然のように主張しますが、交通事故による治療費は、担当医師が治療の必要性を認める間は加害者側にその負担義務があります。
そのため、万が一、保険会社から一方的に治療費の打ち切りをされそうになったら、大至急当事務所までご相談ください。

「提示された示談金が、妥当な金額かどうかわからない」

治療が一定程度進むと、加害者の保険会社から示談金の提示がなされます。ご自宅などに示談書が郵送されてきたりしますが、これには署名捺印しないことをおすすめします。保険会社の保険金の初回提示額は、適正な賠償金、示談金ではないことが多々あるためです。
そのため、これを知らずに署名捺印して返送してしまうと、それで示談が成立してしまい、それ以降は賠償金、示談金について増額交渉をすることができなくなってしまいます。

保険会社から示談金の提示がされた際、当事務所までご相談いただければ、適正な賠償額、示談金を算出し、示談金の増額に努めます。

「後遺症が残るかも知れないと医師に言われている」

後遺症が残存した場合については、傷害慰謝料のほか100万円以上の「後遺障害慰謝料」を別途加害者に請求できる可能性があります。「後遺症」というと、非常に重症なケースでしか認められないと思われがちですが、実は、むち打ち症や骨折、打撲、捻挫など比較的交通事故の中では軽傷な部類の怪我であっても、残存している症状次第では後遺症として後遺障害慰謝料等が請求できる可能性があります。
そのため、後遺症が残る可能性がある場合は、できる限り早めに当事務所までご相談ください。

河合総合法律事務所は、交通事故被害者様の不安を取り除くとともに、適正な賠償金、示談金を確保するために全力を尽くします。交通事故のご相談に「早すぎる」ということはございません。
万が一交通事故の被害を受けましたら、まずは当事務所までご連絡ください。

河合総合法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士河合 利弘
住所〒890-0072 鹿児島県鹿児島市新栄町27-14
対応エリア鹿児島県
アクセス

南鹿児島駅から車で7分

[現在営業中( 本日9:00~18:00 )]
電話でのご相談はこちら
050-8888-1519
[電話受付] 毎日 9:00~18:00

メールでの相談はこちら

電話する
受付時間 毎日 9:00~18:00
定休日 なし
対応地域 鹿児島県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
交通事故に強い弁護士を探す