士道法律事務所について

年間およそ200件もの交通事故に関するご相談を頂いており、多くの事案を経験しております。
むち打ち、打撲、捻挫などの比較的軽症の事案から、交通死亡事故などの重大事故まで、あらゆる事故態様に対応することが可能な弁護士事務所です。法律相談は無料です。

対応分野

  • 人身事故
  • 後遺障害認定
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 初回相談無料
  • 示談交渉
  • 過失割合

私たちに依頼するメリット

  • 加害者から受け取れる示談金、賠償金、慰謝料の額に大きな違いが出る
  • むち打ち、打撲、捻挫などの比較的軽症の事案から、交通死亡事故などの重大事故まで実績ある弁護士事務所
  • 法律相談は無料の弁護士事務所

解決事例

士道法律事務所は、大阪府大阪市北区西天満にある交通事故の示談交渉と慰謝料の増額に強い法律事務所です。大阪市内を中心に、大阪府全域、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、岡山県、広島県など関西地方の都道府県からの交通事故のご相談に力を入れております。(現在、最も遠い場所で福岡県の交通事故事件を受任しております)

交通事故の被害に遭われますと、その後の補償や損害賠償の問題は加害者側と交渉をして決めていかなければなりません。この時の交渉次第で、加害者から受け取れる示談金、賠償金、慰謝料の額に大きな違いが出てきます。

当事務所は、年間およそ200件のご相談を頂いて多種多様な事案を経験しており、むち打ち、打撲、捻挫などの比較的軽症の事案から、交通死亡事故などの重大事故まで、あらゆる事故態様に対応することが可能です。

当事務所は事故直後から積極的にサポートを行っており、法律相談は無料となっております。まずはお気軽にご相談下さい。

示談金を増額した多くの実績がございます

当事務所の交通事故における強みはズバリ「交渉力」です。交通事故の示談金や慰謝料は、担当する弁護士の力量に大きく左右されるといっても過言ではありません。経験豊富な弁護士が交渉することで、慰謝料が数十万円~数百万円増額することも決して珍しくはありません。

示談交渉における主なポイントは次の3つです。

1:示談金の内訳

交通事故の被害にあった際に加害者側に請求できる項目には、非常に多くのものがあります。

・慰謝料
・治療費
・休業損害
・後遺障害慰謝料
・逸失利益
・死亡慰謝料

このようにたくさんの項目がありますが、当初加害者側から提示される示談金の中には、これらの項目が全て含まれていなかったり、含まれていたとしてもその金額が適切でなかったりするケースが多々あります。一度合意書にサインしてしまうと後からその内容を覆すことはできませんので、事前に示談金の内訳や内容を理解した上で各項目を検討しておく必要があります。

当事務所では、被害者の方が納得のいく金額が受け取れるよう、これら一つ一つの項目をチェックし、考えうる最も高い金額を勝ち取るために加害者側と交渉致します。

2:適正な基準を用いた慰謝料増額交渉

慰謝料とは、交通事故によって怪我を負ったことによる精神的苦痛に対する損害賠償のことです。慰謝料については、一定の算定基準があるのですが、はその基準が弁護士と保険会社とで違うのです。

保険会社が運用している慰謝料算定基準は公には公表されていませんが、過去の経験からすると、被害者に対する「最低限」の補償を規定する「自賠責基準」とほぼ同じ基準によって算定されています。

これに対し当事務所は、過去の交通事故裁判によって認められてきた慰謝料をもとに作られている「裁判基準」という最も高い基準によって算定しております。ここで重要なのは、「なぜ裁判基準で慰謝料を算定するのか」ということを加害者側に納得させることで、弁護士の腕の見せ所と言えます。

当事務所は裁判基準による最も高い慰謝料額を過去何度も加害者側に認めさせてきており、その交渉力には自信がございます。

例えば、交通事故で骨折して2ヶ月間通院したというケースでは、通常、加害者側の保険会社から提示される慰謝料は25万円程度ですが、裁判基準によって算定して交渉すれば、50万円程度まで増額できる可能性があります。

このように、弁護士に示談交渉をご依頼頂くことで慰謝料が2倍以上変わってくることも決して少なくありません。

事故直後のご相談はもちろん、保険会社から提示された慰謝料に納得できないといった場合でも、お気軽に当事務所までご相談下さい。

【当事務所の過去の実績】
半年程度の通院で後遺障害等級認定なしというごく一般的な事案において、加害者側と直接交渉し、複数のケースで50万円程度の慰謝料増額に成功しています。

3:後遺障害認定による慰謝料増額交渉

交通事故に遭って一定の後遺症(後遺障害)が残った場合、所定の申請手続を行うことで「後遺障害認定」というものがなされることがあります。

この認定がなされると、通常の慰謝料(入通院慰謝料)に加えて、「後遺障害慰謝料」という慰謝料を加害者に対して請求することが可能になります。

実はこの後遺障害慰謝料、その金額がとても高額なのです。

例えば、追突事故のむち打ち程度の症状でも認定される可能性がある14級の場合、後遺障害慰謝料単体で、基準額が110万円となっています。当事務所では、後遺障害の等級認定が相当と見込まれる事案で後遺障害の認定申請を行っており、次のような高い等級の認定も勝ち取って高額な後遺障害慰謝料を獲得してきました。

【当事務所の過去の実績】
1:びまん性脳損傷が問題となった事案で、後遺障害別表第一第1級1号の認定を受けることに成功しました(後遺障害慰謝料:2800万円)。
2:高次脳機能障害が問題となった事案で、後遺障害別表第一第2級1号の認定を受けることに成功しました(後遺障害慰謝料:2370万円)。

士道法律事務所は事故直後からサポートに入ります。

当事務所が交通事故のご相談でもう一つ大切にしていること、それは交通事故被害者の立場に立った事故直後からの丁寧なサポートです。

法律事務所によっては、治療終了(症状固定)後の相談しか受け付けないというところもあります。

しかし、症状をドクターにどのように説明するか、どのような治療をしてもらうか、整骨院に並行して通う場合には何に気を付けるべきか、といったことを知らずに適当に治療を受けていると、治療費の一部を払ってもらえない、慰謝料が大きく減額される、といった事態に陥ることがあります。

何より、多くの交通事故被害者はこれからのことに不安を抱えており、なるべく早い段階で交通事故被害者の相談を受けて支えになるのが弁護士の役目の一つでもあると考えています。そのため、当事務所では、交通事故被害者の立場に立った事故直後からの丁寧なサポートを心がけております。

また、当事務所は「総合病院の顧問弁護士」も務めており、例えば、治療における高度な医療上の問題が争点となるような事案で医師の専門的所見が必要となった場合にも対応できるような態勢を整えております。

士道法律事務所では、弁護士が被害者の方が抱えている不安や要望をじっくり伺い、示談金の増額のみならず、あらゆる面で満足していただける事件解決を目指しています。

また、当事務所では、経済的理由等で弁護士への相談を断念して泣き寝入りしてしまう交通事故被害者を一人でもなくすため、「無料法律相談」、「着手金無料プランのご用意」、「重傷で入院中の方への出張法律相談」といった対応を取っております。

交通事故の示談交渉の成否や内容は、適切な初期対応で大きく変わってまいりますので、交通事故に遭われた方はなるべくお早めに士道法律事務所にご相談下さい。

士道法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士飯島 充士 (いいじま あつし) 大阪弁護士会 No.43805
住所〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4丁目7−1 北ビル1号館 201
対応エリア大阪府、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県
アクセス

JR大阪駅 御堂筋口または御堂筋南口より徒歩15分
地下鉄谷町線 東梅田駅 2番、4番、6番、7番出口より徒歩10分
京阪電鉄・地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 1番出口より徒歩10分
(※北ビルの駐車場が利用可能 サービスチケットあり)

電話でのご相談はこちら
050-5267-6288
[電話受付] 平日 9:30~18:00

【24時間受付】メール相談はこちら

電話で相談する
受付時間 平日 9:30~18:00
定休日 土日祝
対応エリア 大阪府、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
交通事故に強い弁護士を探す