宇都宮東法律事務所について

  • 宇都宮東法律事務所
  • 宇都宮東法律事務所
  • 宇都宮東法律事務所
  • 宇都宮東法律事務所
「被害者様の心に寄り添う」ことを大切に考えています。
相談料は「初回無料」。着手金がなくても被害者様が弁護士に依頼できるよう「着手金無料」。また、その他の報酬等につきましても別途ご相談により「後払い」にも対応しています。

対応分野

  • 人身事故
  • 後遺障害認定
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 初回相談無料
  • 示談交渉
  • 過失割合

私たちに依頼するメリット

  • 相談料は初回無料にて対応。
  • 着手金無料、後払いも相談可能。
  • 夜間や土日にも可能な限り対応。
  • ご相談者様の心に寄り添うことを大切に考えます。
  • 「示談金の無料診断」を実施。
  • 後遺障害認定が得意。

宇都宮東法律事務所の特徴をご紹介します。

その1:相談料は初回無料にて対応

弁護士に法律相談をするとなると、

「いくら相談料がかかるんだろう」
「本当に弁護士に相談するほどのことなのだろうか」

などのことを考えてしまい、弁護士へのご相談を躊躇されておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当事務所は、交通事故の被害に遭われてお困りの方を一人でも多く救済したいとの想いから、相談料は「初回無料」にて対応させていただいております。

そのため、当事務所に交通事故についてご相談いただくことに対して、一切デメリットはございません。

もちろん、無料相談をご利用いただいた上ですぐに依頼するかどうかをご決断する必要もございません。むしろじっくり検討していただき、その上でご判断いただくことをおすすめしております。
無料相談を利用したからといって、必ず正式に依頼しなければならないということはけっしてございませんので、どうぞお気軽にご相談ください。

その2:着手金無料、後払いも相談可能

交通事故の示談交渉や裁判手続を弁護士に対して正式に依頼する場合、通常は着手金が必要となります。
そのため、この費用負担を懸念して弁護士へのご依頼を諦めてしまう方も多くいらっしゃると思います。そこで当事務所は、着手金がなくても被害者様が弁護士に依頼できるよう「着手金無料」にて対応しております。また、その他の報酬等につきましても別途ご相談により、加害者側の保険会社から保険金が支払われたあとにお支払いいただく「後払い」にも対応いたします。

なお、被害者様が弁護士費用特約付きの自動車保険にご加入されておられる場合は、これらの費用が保険金で支払われますので限度額までは自己負担なく当事務所にご依頼いただくことが可能です。
まずはご自身の自動車保険の内容をご確認の上、当事務所までお問い合わせください。

その3:夜間や土日にも可能な限り対応

物損事故や軽い人身事故の場合は、交通事故後もいつも通りお仕事をされておられる方が多いかと思います。そうなると、平日お仕事をされておられる方は、法律事務所に足を運ぶ時間を確保するために別途有給休暇を使うことになってしまい、これもまた大きな負担となってしまいます。そこで当事務所は、平日お仕事でお忙しい方にもご利用いただけるよう、お仕事が終わられたあとの「夜間の時間帯」やお休みの日である「土日のご相談」についても事前にご予約いただくことで対応させていただいております。

「弁護士に相談する時間がない」

そんな場合は、できる限り弁護士側が皆様にお時間を合わせますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

その4:ご相談者様の心に寄り添う法律事務所

当事務所は、熱意あふれる男女2名の弁護士によって運営しております。いずれの弁護士も交通事故の示談交渉や訴訟を得意としており、事案に応じて2名の弁護士が連携して対応いたします。

法律事務所によっては交通事故案件については、マニュアルに則って機械的に対応するケースも多く、結果的に解決したとしてもその間ご相談者様は不安を抱えたままお待ちいただくことになってしまいます。その点当事務所は、「被害者様の心に寄り添う」ことを大切に考え、一人一人のご相談者様と真摯に向き合い、苦しい旨の内をしっかりと時間をかけてお伺いするよう心がけております。

示談金を増額することが弁護士の役割ではありません。ご相談者様のお悩みをしっかりと聞いて差し上げる事で、不安を安心に変えることこそが、交通事故の法律相談において本当に重要なことであると考えております。

その5:「示談金の無料診断」を実施

「保険会社から提示された示談金が、高いのか安いのかわからない」

ご自身が窓口となって示談交渉を進めていると、最終的には加害者側の保険会社から提示された示談金で合意するかどうかの決断を迫られることになります。ただ、示談金と一言でいいましても、その内訳は以下のように多岐にわたります。

・治療費
慰謝料
・後遺障害慰謝料
・休業損害
・逸失利益
・車両修理費
・死亡慰謝料

これらの項目一つ一つの提示額が妥当であるのかを一般の方である被害者自身が判断することは、ほぼ不可能と言えます。また安易に妥協して示談書に署名押印してしまうと、あとからその内容を覆せなくなってしまうため注意が必要です。

そこで当事務所は、保険会社から示談金が提示されている方を対象に「示談金の無料診断」を実施しております。保険会社から提示されている示談案をお持ちいただければ、その金額がご相談者様にとって法的に妥当であるかどうかを無料で診断させていただきます。

なお、保険会社から最初に提示される示談金は、ほぼ間違いなく「低い金額」と思って間違いありません。当事務所で示談金の無料診断を実施後、示談金が低いことが分かりましたら、ご相談者様に代わって当事務所の弁護士が保険会社に対して示談金を増額するよう交渉いたします。

その6:弁護士費用特約にも対応

追突事故など被害者側に一切の過失がない交通事故を俗に「もらい事故」といいます。

もらい事故の場合は、被害者の保険会社が示談交渉を代行することができないため、被害者自身が加害者側の保険会社と直接示談交渉をしなければなりません。このようなケースでは、加害者側の保険会社が一方的な主張で被害者にとって不利な理屈を主張してくることがあり、これが被害者にとって大きなストレスとなります。また、提示される示談金もかなり低い水準であることが多いため、安易に示談交渉に応じてしまうとあとから取り返しがつかなくなってしまいます。

そんな時は、もう一度ご自身の自動車保険の内容を今一度ご確認ください。最近の自動車保険には「弁護士費用特約」を付帯することができるため、もしもこの特約が付帯されている保険に加入されている場合は、このようなもらい事故の示談交渉を保険金を利用して弁護士に依頼することが可能です。

弁護士費用特約は、保険会社から紹介された弁護士でしか使えないと誤った情報が流れていますが、実際は保険会社の事前の同意さえ得られれば、被害者様が自由に弁護士を選んで依頼することが可能です。当事務所においても、弁護士費用特約の利用に対応しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

その7:後遺障害認定が得意

治療後も一定の症状が残った場合は、後遺障害認定を申請することで後遺障害に認定される可能性があります。後遺障害は第1級から第14級まであり、各等級に応じた後遺障害慰謝料が通常の慰謝料とは別枠で加害者に対して請求することができるようになります。

仮に一番低い後遺障害第14級に認定され当事務所によって示談交渉をした場合、通常の慰謝料のほかにおよそ100万円の後遺障害慰謝料を受け取れる可能性があります。第14級は追突事故などに多いむち打ち症でも認定される可能性があるため、症状がそこまで重篤な場合でなくとも適切な治療や検査を受けることで後遺障害認定を受けられる可能性があります。

また、当事務所はむち打ち症などの低い等級の認定だけではなく、高次脳機能障害などの重症障害案件にも強く、適切な後遺障害診断書を主治医とも連携しながら作成することが可能です。

なお、一度後遺障害申請をして非該当となってしまわれた場合でも、再度当事務所にご相談いただければ、認定されなかった理由を分析して対策を考えてから異議申し立てをすることで、認定を勝ち取れるケースもあります。後遺障害認定は、適切な示談金を受け取るためにも非常に大切な手続きですので、必ず当事務所までご相談ください。

当事務所は、交通事故のサポートにおいて、示談金の増額などお金に関する問題だけではなく、被害者様の心のケアも大切に考え誠心誠意対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

所属弁護士

 

伊藤一星先生

伊藤一星

関口久美子先生

関口久美子

宇都宮東法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士伊藤 一星 (いとう いっせい) 栃木県弁護士会 No.49525
住所〒321-0935 栃木県宇都宮市城東1-3-20
対応エリア栃木県
アクセス

JR宇都宮駅より車で10分

電話でのご相談はこちら
050-5267-6331
[電話受付] 平日 9:00~21:00

【24時間受付】メール相談はこちら

電話で相談する
受付時間 平日 9:00~21:00
定休日 土日祝
対応エリア 栃木県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
交通事故に強い弁護士を探す