山梨県の交通事故に強い弁護士


全部で3件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

    ベリーベスト法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 着手金無料
    • 後払いOK
    • 駅から徒歩3分

    全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。

    • 全国対応の法律事務所
    • 交通事故に専門特化した独自のチームを組織
    • 交通事故に特化した医学的な知識
    • 初回相談料無料、着手金無料
    • 弁護士報酬は後払い
    • 弁護士費用特約の利用も可能
    〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7
    MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)

    東京メトロ南北線 [六本木一丁目]2番出口より徒歩3分

    全国
    [電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
    電話でのご相談はこちら
    050-3759-2099
    [電話受付] 平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人ALG&Associates

    弁護士法人ALG&Associates

    弁護士詳細情報はこちら
    土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 着手金無料
    • 後払いOK
    • 成功報酬制

    保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。

    • 全国9拠点を構え、弁護士約70名、スタッフ約160名の迅速なバックアップ体制
    • 累計相談件数は40,887件(H19年7月~H30年6月末時点の実績)
    • 増額しなかった場合「成功報酬」は頂きません(※諸経費2万円(税別)が別途かかります)
    • 対応エリアは、日本国内すべてが対象
    〒163-1128 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
    (東京でのご相談は東京オフィスにて対応しております)

    東京メトロ丸ノ内線『西新宿駅』2番出口より徒歩7分
    東京メトロ丸ノ内線『中野坂上駅』1番出口より徒歩10分
    都営地下鉄大江戸線『都庁前駅』A5出口より徒歩10分
    都営地下鉄大江戸線『西新宿五丁目駅』A1出口より徒歩10分
    各線『新宿駅』より 徒歩15分

    全国
    [電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
    電話でのご相談はこちら
    050-3542-6232
    [電話受付] 平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 泉総合法律事務所

    泉総合法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    着手金も無料、成功報酬は示談金額獲得後の完全後払い制。24時間体制・土日祝対応!
    • 土日祝日対応可
    • 夜間対応可
    • 初回相談無料
    • 着手金無料
    • 後払いOK
    • 駅から徒歩3分

    関東最大級の36拠点を展開しており、全国から交通事故のご相談を無料で受け付け。「示談金無料査定サービス」を是非ともご利用ください!

    • 関東最大級35拠点以上多拠点に展開
    • 全国対応
    • お電話は専用のダイヤルから24時間体制
    • 示談金無料査定サービスあり
    • 事故直後からでも対応可能
    • 慰謝料増額に重要な「後遺障害認定」に強い
    • 相談料・着手金0円
    • 完全成功報酬制
    〒105-0004  東京都港区新橋1-7-1 近鉄銀座中央通りビル5階

    JR新橋駅 銀座口より徒歩3分

    全国
    [電話受付]平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~19:00
    電話でのご相談はこちら
    050-3759-2098
    [電話受付] 平日 9:00~22:00 土日祝 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全3件中 1-3件

山梨県は日本のほぼ中央に位置し、南には富士山、北には八ヶ岳、西には明石山脈、東には奥秩父山地と、山々に囲まれた盆地であり、釜無川、笛吹川、富士川などの大きな川も流れる自然豊かな地です。

富士五湖や忍野八海、昇仙峡や鳴沢氷穴などの、美しい景観にも恵まれています。

人口は、約83万人で(2016年10月1日現在)、47都道府県中41番目に人口が多い地域ですが、平成28年における交通事故の死者数は全国で43番目に多い、つまり全国ベスト5という少なさで、人口と交通事故の多さは比例するとはいえ、交通事故の少ない都道府県であると言えます。

しかし、このベスト5という結果を維持し、さらに死者数を減らすべく、交通事故対策により一層励んでいくことが望ましいでしょう。

山梨県の道路事情

山梨県で最も交通事故が発生しやすいのは、甲府市です。
その他には、韮崎市、笛吹市、南アルプス市、山梨市などでも多発しています。
以下の5つの地点は、その中でも特に交通事故が発生しやすい交差点として地元の人にも知られています。

【鰍沢北部団地北交差点】

南巨摩郡富士川町青柳町にある、市道同士が交わる四差路交差点です。
以前は信号のない交差点でしたが、道路工事により道幅が広くなり、信号機も設置されたため、見通しの良いこの交差点では、スピードを出している車が多く、追突事故が多発しています。

【中小河原交差点】

国道20号線甲府バイパスと県道29号線とが交わる、甲府市中小河原1丁目にある四差路交差点です。
周辺には、コジマ×ビックカメラ甲府バイパス店やニトリ甲府店などの人気商業施設が立ち並び、交通量が非常に多いです。
そのため、追突事故が多発している他、出会い頭の事故も発生しやすい交差点です。

【貢川交番南交差点】

甲府市上石田一丁目にある、国道52号線と県道5号線と県道7号線とが交わる四差路交差点です。
交通量が多く、付近には小学校や高校があるため、通学中の学生の姿も目立ちます。
それゆえ、左折時に歩行者を巻き込んでしまう事故が多発しており、追突事故も多く見られる交差点です。

【甲府昭和高等学校入口交差点】

国道20号線甲府バイパスと市道とが交わる、中巨摩郡昭和町西条にある四差路交差点です。
名前の通り、付近には甲府昭和高等学校があり、学生も多く通行しています。
また、飲食店も立ち並び、車通りも多いのにもかかわらず、見通しの良い交差点であるためスピードを出している車が多く、不注意による追突事故が頻発しています。

【甲斐市竜王80番地先丁字路交差点】

甲斐市竜王にある、国道20号線と市道とが交わる三差路交差点です。
信号機が設置されておらず、国道20号線に対し、市道が合流するような形の交差点であるため、国道の車の流れに気を取られ、前方への注意が疎かとなってしまうことが原因の追突事故が多発しています。

山梨県の交通事故件数及び状況

平成27年の一年間における山梨県の交通事故状況は以下の通りです。
交通事故死者数:33名
交通事故件数:4621件

【事故の特徴】

山梨県における交通事故による死者数は、平成27年は33名、平成28年は35名と、他の都道府県と比べて非常に少ない方です。
しかし、平成27年の死者数33名のうち、なんと11名もが、県外に在住している人々だったという、見過ごすことの出来ないデータが出ています。

これは、山梨県が日本有数の観光地であり、日本一の高さを誇る富士山を筆頭とした、大自然を感じることの出来るスポットや、富士急ハイランドといった若者に人気のアミューズメントパークも充実しており、県外から車で訪れる観光客が非常に多いせいであると考えられます。

観光客で賑わっているのは大変素晴らしいことですが、これ以上県外の犠牲者を増やさないための対策が必要でしょう。
また、山梨県では飲酒運転による交通事故件数が多いという特徴があり、平成27年の山梨県の調査によると、人口10万人当たりの飲酒事故件数は、全国ワースト2位という残念な結果となりました。

飲酒運転を減らしていくことが交通事故減少への大きな課題となるでしょう。

山梨県の2017年の交通事故情報

2017年4月6日、山梨県甲州市の県道で、82歳の女性が運転する軽乗用車が、自転車乗車中の10歳の男の子をはねるという事故が発生しました。
男の子は幸いにも命に別状はありませんでしたが、重傷を負いました。

このように、山梨県でも、他の都道府県同様、高齢者ドライバーの運転が原因の交通事故が増加しています。
高齢者ドライバーは自分の判断能力や危険予知能力が低下していることを認識して運転しましょう。

免許返納に踏み切る決断も必要です。

また、2017年5月9日には、山梨県韮崎市本町の国道20号線で、トラックに軽乗用車と普通乗用車が追突する、3台の車が絡む事故がありました。
原因は、3台のうち一番後方を走っていた普通乗用車が前を走る軽乗用車に追突、そして軽乗用車がトラックに衝突したためであるということです。
普通乗用車は、かなりのスピードを出して軽乗用車に衝突したのではないかと見られており、軽乗用車を運転していた32歳の男性が亡くなっています。

普通乗用車の運転者の著しい前方不注意もあったのではないかということです。
ちょっとした不注意でも大事故につながるのが車の恐ろしいところです。
運転する際はいつでも細心の注意を払ってハンドルを握りましょう。

山梨県弁護士会の概要

弁護士会の名称:山梨県弁護士会
登録弁護士数:118名(2016年10月1日現在)

山梨県弁護士会の所在地は山梨県甲府市中央1丁目8番7号です。

山梨県の(無料)交通事故相談所

山梨県では以下の場所で交通事故の相談を行っています。

山梨県県民相談センター

甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
055-223-1366

甲府市交通事故相談室

甲府市丸の内1丁目18番1号
055-237-5443

交通安全協会の相談窓口

南アルプス市下高砂847 山梨県交通安全活動推進センター(一財)山梨県交通安全協会事務局
055-280-5550
055-280-5551

日弁連交通事故相談センター

山梨相談所

甲府市中央1-8-7 山梨県弁護士会館内
055-235-7202

山梨県の交通事故相談のメリット

交通事故に遭ってしまった場合、心身が受けるダメージは計り知れません。

ゆっくり療養して怪我などを早く治し、いままでの日常を取り戻したいものですが、事故後は相手方の保険会社との交渉などで忙しく、療養するどころかストレスが溜まっていくケースが多いといいます。

弁護士に依頼すれば、保険会社との交渉は代理で行ってくれるので、心理的負担がかなり軽減され、治療に専念出来ることでしょう。
早期解決も望めますので、交通事故の嫌な記憶から解放されて平穏な日々を取り戻すことが出来ます。

山梨県での交通事故なら、地域に根ざして活動している、地元山梨の交通事故事情に強い弁護士に依頼するのが一番です。
初回の相談は無料で受け付けている弁護士も多いので、まずは相談だけでもしてみることをお勧めします。

山梨県では「山梨ルール」に注意

山梨県には独自の危険な交通ルールがあるのをご存知でしょうか?
それは、交差点では右折車が優先というルールです。

勿論、これは交通マナー違反であり、本来は直進車が優先なのですが、山梨県ではなぜか直進車がいるにも関わらず右折しようとしたり、スピードを落とさずに無理矢理右折しようとする車が多く、この県内独自の右折優先ルールのことを「山梨ルール」と呼んでいます。

山梨ルールに、県外からやってきたドライバーは戸惑うことが多く、交通事故の大きな一因となっています。

山梨ルールは交通マナー違反です。

県民ひとりひとりが、マナー違反のルールであることを認識し、山梨ルールを無くしていくよう努力しましょう。
また、他県からやってくるドライバーは、山梨県には右折車が優先される「山梨ルール」というものがあるということを念頭に置き、注意して運転しましょう。

山梨県の交通事故に強い弁護士が対応する市町村

甲府市・富士吉田市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・北杜市・甲斐市・笛吹市・上野原市・甲州市・中央市・市川三郷町・早川町・身延町・南部町・富士川町・昭和町・道志村・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町・小菅村・丹波山村

他の都道府県から探す