弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 岸和田オフィスについて

精神的な面だけでなく、経済的な面でもできるだけご負担を減らし、事故被害者の方に最後まで寄り添う対応をいたします。
交通事故案件について、着手金無料、完全成功報酬制を採っています。さらに、弁護士費用は、後払いも可能です。事案ごとに最良の方針をスピーディーにご提案いたしますので、現在治療中の方もご相談ください。

対応分野

  • 人身事故
  • 慰謝料
  • 示談交渉
  • 後遺障害認定
  • 損害賠償
  • 死亡事故
  • 過失割合
  • 訴訟問題
  • 物損事故
  • 自転車事故

費用

初回相談無料・着手金無料・成功報酬制・示談金無料査定・弁護士費用特約可・後払い可

私たちに依頼するメリット

  • グーグル口コミ評価4.4以上の確かな信頼
  • 年間100件以上の相談実績
  • 損害保険会社側での経験がある弁護士も在籍

法律事務所ロイヤーズ・ハイの特徴・強み

法律事務所ロイヤーズ・ハイは、2023年6月現在Googleでの口コミが4.4を誇ります。

大阪の「難波」「堺」、加えて兵庫県の「神戸」にオフィスを置き、「岸和田」オフィスは法律事務所ロイヤーズ・ハイにとって4つ目のオフィスとなります。

大阪をはじめとして関西地域に密着し、開設当初から交通事故案件には注力してきた弁護士事務所です。
岸和田オフィスの弁護士・藤守は岸和田市の出身であるため、特にご相談者様やご依頼者様に寄り添った対応ができると自負しております。

交通事故について年間の相談件数は100件以上

当事務所では、交通事故についての年間のご相談件数が100件以上となっています。
慰謝料、過失割合から、休業損害、後遺障害等級認定まで様々なご相談を承っております。

これだけの数のご相談をいただける理由としては、以下3つのポイントを挙げることができます。

  • 法律相談は何度でも無料
  • 来所不要で、お電話でのご相談・ご依頼が可能
  • 土日祝日でもご相談が可能

もちろん、来所でのご相談も可能です。女性スタッフも在籍しているため、「男性を話すのは苦手」「女性相手の方が込み入った話まで相談しやすい」という方も安心です。
ご相談しやすい環境を整えてお待ちしておりますので、安心してご来所ください。

損害保険会社側の代理をしていた弁護士が在籍

不幸にして交通事故に遭遇してしまった方は、通常、相手方の保険会社と損害賠償(医療費・慰謝料など)について示談交渉を行います。
しかし、保険会社はあくまで自社の利益を追求する営利企業です。そのため、治療の途中であっても治療費を打ち切ろうとしたり、損害賠償額を低く抑えようとしたりなど、被害者の利益より自社の利益を優先します。

当事務所には、損保会社側の代理人として働いた経験を持つ弁護士が在籍しており、保険会社の裏も表も知り尽くしています。
保険会社がどのように被害者を示談で首肯させるのか、彼らの主張のどこを突けばいいのかなど、保険会社側で働いたからこそ分かることがあります。

それらの知見を共有することで、交通事故の示談交渉でいくつもの成果を上げてきました。

交通事故案件に関する取り組みと解決実績

保険会社が提示する慰謝料額から交渉により金額をアップ

交通事故の際に保険会社が被害者側に提示してくる慰謝料は、保険会社独自の基準に基づいて算定した金額となり、裁判所で基準となる慰謝料額より低額です。

これに対して、弁護士が示談に介入すると、裁判所で使用される慰謝料額の基準(裁判基準)で保険会社と交渉します。弁護士の介入により保険会社から受け取れる慰謝料額が改められ、賠償金をアップできるという結果に繋がる可能性が高くなるのです。

保険会社に治療費打ち切りを打診されても諦めない

もし、治療途中に保険会社から治療費打ち切りを打診されても、諦める必要はありません。

保険会社に治療費打ち切りを打診された場合には、ぜひ当事務所の弁護士に一度ご相談ください。
実際、当事務所には、次のような解決事例があります。

【解決事例1】120万円→200万円に増額
被害者(40代女性)

ご依頼者様は、保険会社から治療費打ち切りを打診されてお悩みになった末に当事務所にご相談いただきました。
当事務所で保険会社への対応をアドバイスさせていただいたところ、ご依頼者様はその後6ヶ月間通院することができました。

加えて、当事務所で保険会社との交渉を重ねたところ、「裁判所基準」での慰謝料・休業損害を認めてもらい、当初保険会社の「任意保険基準」で120万円だった保険金が200万円となり、80万円ほどの増額を勝ち取ることができました。

このように当事務所では、保険会社から治療費打ち切りを打診された被害者の方のために治療期間の延長交渉を積極的に行っています。
治療費の打ち切りを打診されお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

後遺障害等級認定の経験・実績が豊富

交通事故に遭い、後遺症が残ってしまうことも少なくありません。しかし交通事故では、後遺症が残っていても「後遺障害等級」の認定を受けなければ、後遺症についての慰謝料や逸失利益を勝ち取ることはできません。1つ等級が異なるだけで数百万円以上の違いが出てしまいます。

後遺障害等級が認定されるためには、事故と後遺症との間に因果関係があり、症状が医学的に認められていることが必要となります。
しかし、後遺障害の認定では、事故と後遺症との因果関係を証明することが難しいケースもあります。

適正な後遺障害等級の認定を受けるためには、後遺障害認定の申請のために作成する「後遺障害診断書」の充実や、日々の診察や画像検査。医学的検査などにより、医師が症状を客観的に捉えることができたことを証明する他覚所見の提出が必要になります。

特に、自動車事故で多く見られるむち打ち症や追突事故で見られる椎間板ヘルニアでは、CT、MRIなどの画像診断が重要になります。

当事務所は、このような後遺障害等級認定の経験・実績も豊富です。

【解決事例2】150万円→350万円に増額
被害者(30代女性)後遺障害等級:14級

ご相談いただいたのは治療が終了し、後遺障害等級の申請を迷っていらっしゃるときでした。当事務所では「被害者請求※」という方法で適切な資料を収集し申請したところ、14級の認定が下りました。

結果として、150万円という保険会社からの提示額から、14級の後遺障害慰謝料、逸失利益を含め350万円の賠償額を獲得し、当初から200万円以上の増額となりました。

【解決事例3】650万円→950万円に増額
被害者(30代男性)後遺障害等級:12級

ご依頼者様は、事故であごを負傷して食べ物を咀嚼し難い状態となりましたが、保険会社の血の通わない対応にご立腹になりご相談をいただきました。当事務所で適切な資料を揃え、後遺障害を「被害者請求」という方法で申請したところ、12級という認定をもらうことができました。

当事務所ではこれを受けて、後遺障害慰謝料と逸失利益含め保険会社と交渉し、保険会社の提示額650万円に対して治療費を合わせて950万円の保険金を獲得し、300万円ほどの増額に成功しました。

これら解決事例は、当事務所がご依頼いただいた後遺障害認定事案のごく一部です。

後遺障害等級が認定されなかった場合や、認められた等級に不満がある場合には異議申立ても可能です。
もし、大阪近郊で後遺障害等級認定についてお悩みの方が依頼いらっしゃいましたら、ぜひご相談ください。

※被害者請求:何らかの理由で加害者の方から賠償を受けることができない場合、加害者が加入している自賠責保険会社へ、被害者が直接、損害賠償金を自賠責保険に請求する方法。被害者にとっては手間がかかりますが、弁護士に依頼すれば、書類収集から申請まで代理してもらうことができます。

法律事務所ロイヤーズ・ハイの弁護士費用

弁護士費用の後払いが可能

当事務所では、弁護士費用の後払いが可能となっており、着手金も無料※です。
もちろん、ご相談も無料となっているため、初期費用が不要です。

示談交渉や裁判終了後、交通事故の賠償金を受け取った後にお支払いいただく形になるので、ご依頼者様の負担を最大限抑えることができます。

弁護士報酬 22万円(税込み)+ 回収額の11%

※訴訟に移行の場合は、裁判所に提出する収入印紙や予納郵券として数千円が必要となり、追加着手金がかかる場合があります。
また、遠方からのご依頼の場合、日当が発生する場合があります(日当の目安:33,000円程度)。

弁護士費用特約の利用が可能

弁護士費用特約が付いた自動車保険に加入されている場合には、限度額まで弁護士費用は保険会社の負担となります。

限度額は多くの場合300万円までとされており、ほとんどの交通事故では、被害者の方に弁護士費用をご負担いただく必要がありません。

岸和田オフィスから最後に

交通事故被害者の方がご自分で示談交渉を進めると、保険会社に言われるがままとなり、慰謝料・治療費も納得できる額には程遠いまま示談書にサインをするという結果になってしまう傾向があります。

しかし、弁護士に依頼すると、煩雑な保険会社との交渉も弁護士に一任することができます。
大阪府近郊で交通事故の被害に遭われた方は、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

法律事務所ロイヤーズ・ハイ 岸和田オフィスにご依頼いただければ、保険会社側で交通事件案件を対応していた経験豊富な弁護士も在籍しているため、お力になれることがきっとあるはずです。

弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 岸和田オフィス
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 藤守 真之 (ふじもり まさゆき) 大阪弁護士会 No.41599
住所 〒596-0054 大阪府岸和田市宮元町27-1 泉州ビル2階
対応エリア 大阪府
アクセス

南海本線岸和田駅から徒歩6分

本店・支店案内
本店・支店案内
現在営業中(本日8:30~19:00) ]
電話での受付はこちら
050-5448-2784
[電話受付] 毎日 8:30~19:00

【24時間】メールでの受付はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 毎日 8:30~19:00
定休日 なし
対応エリア 大阪府
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前のご予約で営業時間外・定休日でも対応可能な事務所があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。

交通事故に関するよくある質問

交通事故は弁護士依頼で賠償金が増額されるって本当?

保険会社との交渉に弁護士が介入すると、賠償額が増額されることが多いのは事実です。

被害者ご自身が保険会社と損害賠償について交渉すると、多くの場合、保険会社は自社の支払い基準(任意保険基準)を基に賠償額を提示します。

一方で、弁護士は訴訟を見据えて「任意保険基準」より高額で、裁判でも用いられる「裁判所基準」を基に保険会社との交渉にあたります。

保険会社も営利企業のため、多くの処理をできるだけ早くしなければならず、訴訟になることを嫌います。
結果として、弁護士が提示する裁判所基準で和解が成立するのです。

保険会社から症状固定してほしいと連絡が来たらどうすればいい?

交通事故後の治療中、保険会社から「そろそろ症状固定なので、治療費の打ち切りをします」などと打診されることは少なからずあります。

しかし、症状固定かどうかを決めるのはあくまで主治医です。主治医が患者である被害者と相談のうえ決定するため、保険会社に決定権はありません。

とは言え、保険会社からの治療費打ち切りの打診を無視してはいけません。放置していると、保険会社が本当に治療費を打ち切ってしまう可能性が大きいです。

保険会社から治療費打ち切りの連絡が来た場合には、交通事故に強い弁護士にご相談ください。

弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 岸和田オフィスの口コミ・評判

  • お客様の声(40代男性・会社員)

    質問に対する回答や進捗情報の確認など、細部まで説明していただけたので気兼ねなく相談ができました。

  • お客様の声(40代女性・主婦)

    弁護士さんに初めて相談、依頼しましたが、とても満足のいく結果になりました。ありがとうございました。事務局の方には色々と相談に乗って頂き、とても心強かったです。

  • お客様の声(40代女性・兼業主婦)

    初めてお電話させていただいた時からとても親切に対応して下さり、私にもわかりやすい説明をしていただきました。ご連絡の時間も仕事に支障がない時間を選んで下さりとても助かりました。全てにおいて感謝しかありません。ありがとうございました。

岸和田市の弁護士事務所

岸和田市の近くの弁護士事務所

  • 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ集合写真
    〒590-0075 大阪府堺市堺区南花田口町2-3-20 三共堺東ビル8階
    精神的な面だけでなく、経済的な面でもできるだけご負担を減らし、事故被害者の方に最後まで寄り添う対応をいたします。
  • 〒590-0075 大阪府堺市堺区南花田口町2丁3番20号 三共堺東ビル2階
    土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!
  • 〒590-0076 大阪府堺市堺区北瓦町一丁3番17号 堺東センタービル204
    弁護士経験20年以上

    交通事故に特化した事務所で、交通事故事件が依頼数の約7割を占めます。