交通事故に強い弁護士に相談する前に必ず知るべき評判と口コミ

img_accidentlawyers_reputation_ver2.0

弁護士は日本に3万人以上もいますから、その中から交通事故に強くて評判の良い弁護士を見つける事は簡単ではありません。

例えば、ネットの弁護士事務所ランキングやGoogleMapの口コミなどを見れば、弁護士事務所の評判の良いことも悪いことも様々な意見が多数書き込まれています。

星が1つしかついてない、「最悪、二度と頼まない」といった過激な意見も少なくありません。

しかし、こういった書き込みは本当に信頼できるものなのでしょうか?

  • どういう基準で弁護士を選べばよいのか?
  • 良い弁護士と悪い弁護士の特徴は何か?
  • 自分の場合、どういう弁護士に依頼した方がいい?

上記のような様々な疑問が湧いてくるかと思います。

そこで今回は、交通事故問題で口コミの良い弁護士、また悪い弁護士の特徴と、見落としがちなことについてまとめました。これを読んで、実際に慰謝料などについて弁護士に相談する前に、後悔しない有能な弁護士探しを始めましょう。

評判が良い交通事故に強い弁護士とは?

そもそも「交通事故に強い弁護士」はどのような基準で探すのが良いでしょうか。

各ケースについて順番に確認していきましょう。

「実績数」の大切さ

「交通事故に強い弁護士」を探したい場合、まず公式HPや法律関係のポータルサイトなどで、その弁護士の「交通事故実績」が豊富かどうかを確認するかと思います。

実際、ホームページに取扱実績を載せている弁護士も多く、交通事故問題を専門的に多く取り扱っている弁護士は「相談件数」「解決件数」などを明確に「数字」で掲載していることがあります。

相談件数が多い事務所はもちろん自然に解決件数も多くなります。しかし実は相談だけで終わった場合、実際にその事件を取り扱ったとは言えないはずです。

つまり「相談件数」しか書いていない事務所がありますが、むしろ重要な数字は「解決件数」です。

ホームページに、解決件数がのっていなくても、豊富な解決事例が掲載されていれば、安心できると言えます。

これは病院選びに似ていて、自分の受ける治療内容と、その手術実績数を多い病院を選ぶのと似ており、慰謝料増額について解決件数を確認することによって、多くの事件解決にもとづいた経験やノウハウが蓄積されていることがわかります。

お客様の声と解決事例の見方

弁護士のホームページには、「解決事例」「お客様の声」が掲載されていることがあります。

たとえば、以下のようなものです。

「当初は保険会社から200万円の示談金を提示されていたが、弁護士に示談交渉を依頼したら過失割合が下がって示談金が400万円になった」

「弁護士に後遺障害の等級認定手続きを依頼したら、むち打ちでも12級の認定を受けることができて500万円の示談金を受け取ることができた」

など、具体的な事例が載っている事務所のほうが、実際的に依頼者がどのような利益を得られるのかが非常にイメージしやすくなります。

また「依頼者の手書きの文書」でお客様の声がそのまま掲載されていることもあり、このようなものはより信用性が高いと言えます。

また解決事例で記載された損害賠償金の金額が、一般的な「交通事故の慰謝料相場」と比べて多いのか少ないのかなどの確認もできて、参考になりやすいです。

※なお、ご自分の「交通事故の慰謝料相場」を知らべたい方は、慰謝料相場シミュレータをご利用にください。

関連記事
calc_317x207
交通事故の慰謝料相場シミュレーション
本当の慰謝料はいくら?通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、弁護士基準の慰謝料相場を知ることができます。 むち打ちの…

医師との連携関係について

交通事故に強い弁護士を探す場合、その弁護士が医師と連携しているかどうかも大切です。

交通事故では、特に後遺障害が残ったとき、医師の力や医学的な知識が必要になります。

医師によって後遺障害診断書を作成してもらう必要がありますし、難しい症状の場合は特に医師の交通事故に対する理解が非常に重要になってきます。

ただ、医師の中には交通事故事件に消極的な人もありますし、後遺障害の症状に詳しくない人もいるので、どのような医師でも良いということにはなりません。

今かかっている医師があまり交通事故に強くない場合、他の医師によるセカンドオピニオンが必要になって、結果的に転院をする必要が発生することも多いです。

有能な弁護士=交通事故専門弁護士とは限らない

弁護士の取り扱い分野にはさまざまなものがあり、実はすべての有能な弁護士が、交通事故に積極的に取り組んでいるわけではありません。

交通事故が得意ではない人もいますし、取扱があってもさほど多くない人もいます。

たとえば下記の項目にあてはまる弁護士などは、特に得意な場合が多いです。

  • 交通事故事件委員会に長年所属
  • 弁護士会の交通事故ADRの担当員
  • 簡易裁判所の調停委員を務めていた
  • 弁護士会で、委員や担当員を歴任して、活動していた
  • 交通事故関係の本の執筆歴がある
  • 交通事故の最新判例について詳しい

以上のような特徴や実績があると、物事を広い視野で見ることができますし、他のたくさんの事例などとも照らし合わせてそのケースに応じた最適な解決方法を導き出してくれることが多くおすすめと言えます。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら

評判・口コミと対応が悪い交通事故弁護士とは?

交通事故に強い弁護士とは逆に、交通事故に弱い弁護士事務所も実際は存在します。

それでは、弱い弁護士事務所とはどのような事務所だと言えるのでしょう?(もちろん大阪や横浜、名古屋、東京など大都市圏だけではなく、地方の法律事務所も同様で、場所に限らずあてはまることです)

楽をしようとする弁護士

交通事故の示談交渉は、担当する弁護士によって勝ち取る事のできる最終的な示談金の額に差が生じて来ることは意外と知られていません。

この主な要因は、弁護士の力不足というよりも、努力不足である場合が多いです。

交通事故はその他の損害賠償事件と違い、弁護士が介入するだけで一定の慰謝料などの増額はみこみやすいです。

たとえば、手間ひまかけて事故現場を見に行ったりして証拠集めをして過失割合を争ったりしなくとも、しっかりしていれば、ある程度の増額結果が出るのです。

しかし過失割合に争いがあるような交通事故の場合など、

  • 「事故現場を見に行かない」
  • 「示談金をある程度妥協するよう被害者に促す」

など、これらの行動は、楽をしようとする手抜き弁護士によくあるパターンといえます。

話をしすぎる弁護士、話を聞かない弁護士

もちろん話し好きな弁護士の評判が悪い、おすすめではないというわけではありません。

ただ、弁護士の評判は、どれだけ弁が立つかではなく、どれだけ被害者の話を親身になって「聞いたか」が一番重要ではないでしょうか?

交通事故に強い弁護士は年間複数件の交通事故案件を受任しますから、慣れている弁護士は、一つ一つを機械的に処理しようとする場合もあります。

そういった弁護士にとっては、いわば同じ事の繰り返しなので、時間をかけて被害者の話を聞くことに意味を感じるという意識が欠落してしまったケースもあります。

ちょっとだけ概要を聞くと、あとは自分の経験をもとに解説をする感じになりますが、まず被害者の話を「時間をかけて聞く」姿勢があるかないかで、その弁護士の人間性を見極めることが大事でしょう。

コミュニケーションでは、「話す」ことよりも「聞く」ということが難しくて大切なのです。

上から目線の弁護士

有能な弁護士事務所は市民の広場のような役目を果たします。

ですが実際に事務所に行って、弁護士に質問をすると、嫌そうな顔をしたり、上から目線でまるで教えてあげているかの如く、きつい言い方をしてくる場合があります。

さらに酷いケースは、そもそも説明すらしてくれず、「あとはこっちに任せておけばいいから」といった感じであしらう場合もあります。

評判のいい弁護士ほど、素人であっても、ホワイトボードなどを用いて具体例を示し、丁寧に説明してくれる傾向にあります。

逆に、評判が悪い弁護士は、交通事故の被害者が話そうとする機会を奪ってしまったりします。

依頼するよう心理的圧力をかける弁護士

最近ではインターネットのランキングや口コミを利用して、弁護士を探す人が増えました。

そのため、弁護士の間でも依頼人の争奪戦が繰り広げられています(※当サイトでも全国の有能な「交通事故 弁護士」を多数掲載しております)。

しかし交通事故の被害者が、複数の法律事務所の無料相談を利用して、いわゆる「はしご」をするケースが増えているのです。そして、自分にとって一番しっくりきた弁護士にあとから正式に依頼するケースも増えてきています。

そのため、弁護士側からすると無料相談の後に、ほかの弁護士に顧客をとられないようにするために、暗に心理的圧力をかけてくるわけです。

ですから逆に「じっくり考えてから、依頼するかどうか決めて下さい」と親切に対応してくれる弁護士こそ、評判の良い実力のある弁護士と言えるのではないでしょうか。

誇大広告している弁護士

交通事故の場合は、学歴よりも見るべき部分は、弁護士の「モラル」「誠実さ」「コミュニケーション」です。

交通事故を専門に扱っている弁護士の中には、過剰な広告表現をしているケースもあります。

例えば「当事務所に依頼すれば、慰謝料や示談金が間違いなく倍増します」「今だけ無料キャンペーン」(実態はずっと無料)といった表現がこれに該当します。

そもそも弁護士が広告する場合は、日弁連の広告規定を守らなければならない決まりがあります。

知っておくべき弁護士職務基本規定

実は「弁護士職務基本規定」という規定が存在し、これに以下のように規定されている箇所があります。

  • 「弁護士は、広告または宣伝をするときは、虚偽または誤導にわたる情報を提供してはならない。」
  • 「弁護士は品位を損なう広告をしてはならない」

確かに、交通事故の慰謝料や示談金は、弁護士に依頼すると、実際にかなり高い確率で増額します。しない場合のほうが少ないと言えます。

しかし「絶対」ではありません。必ずしも倍増すると言ってしまうと誇大広告になってしまいます。

弁護士会の規定に従っていない場合、評判の良い弁護士とは言えないでしょう。

広告ばかりに力をいれて、依頼後、被害者の悩みや相談に寄り添えない、相談に随時応じてくれない、コミュニケーションがとれないとなったら、自然と評判も落としてしまいます。

■参考(外部サイト、日弁連)
弁護士の業務広告に関する規定

安心できる評判の良い弁護士の選び方

以上のように、ランキングの高い有能な評判のいい弁護士も悪い弁護士も「人」です。完璧な弁護士はいません。

一般の方からすれば、出来る限り、悩みを聞いてくれて、要望に対して成果を上げてくれる、交通事故専門弁護士に依頼したいと思うでしょう。

では、安心できる弁護士はどうやって見分ければ良いのでしょうか。

電話の対応を確認する

これは法律事務所に限ったことではありませんが、ホームページを見て電話をしたところ、電話に出た人の対応に「冷たさ」や「雑さ」などを感じたらそこですでに黄色信号と考えましょう。

とくに、弁護士個人が営んでいる個人事務所の場合は、弁護士本人が電話に出る事もあります。

電話での問い合わせが少ない法律事務所は、電話対応になれていないため、長い間保留で待たされたり、分かる人がいないと言って折り返しにされるケースも少なくありません。

交通事故は、怪我の回復、生活への復帰など心理的に負担が多いプロセスの中、加害者と示談交渉をしないとなりません。

重要なのは、唯一の専門的な味方と、コミュニケーションをスムーズにとれることです。

きちんとしている評判の良い法律事務所の場合は、交通事故の被害者から電話の問い合わせが入ると、対応するフローがきちんとできているため、スムーズに受付してもらうことができるはずです。

懲戒処分情報を確認する

少し専門的ですが「懲戒処分の情報」を確認するという手もあります。

過去に、戒告、業務停止、退会命令、除名を受けた弁護士については「弁護士懲戒処分検索センター」のホームページで確認することができます。

ただし、ここに載っていたからといって必ずしも悪徳弁護士というわけではないので注意してください。

懲戒されたからといって悪いとは限らない

たとえば、懲戒請求者の方が無理なことを言って懲戒になることもあります。

また、良かれと思って、依頼者のために努力した結果、懲戒になってしまった場合もあるからです。あくまで「懲戒内容」をみて判断する必要があります。

これはネット上の口コミや評判よりも実際的で参考になります。依有能な交通事故専門弁護士を探す際の判断材料としてください。

弁護士事務所で直接あって話してみる

ネットの評判は、どこまで行っても、あくまで広告と変わらない場合が多いです。

ホームページも、弁護士事務所は嘘は書けませんので、ある程度信頼ができる情報ですが、ランキングや数字などにごまかされることが多々あります。

相談件数〇〇〇〇件!といわれても、正直、それが多いのか、少ないのか?もわからないのです。(当然、わざわざ載せているので、多いのでしょうが)

「やはり、ここだ!」と思った事務所は、弁護士事務所にいって、直接弁護士に無料相談してから弁護士に依頼したほうがいいといえます。

弁護士事務所は市民の広場のようなもので、しっかり丁寧にお互い話しあえば、口コミ、評判が正しいか?どうかを肌で感じることができるものです。

この弁護士なら安心して頼めそうだ!と思えるまで、いくつかの事務所をまわってみるのもよいでしょう。

市民の広場たる弁護士事務所は、初回無料で相談を受け付ける事務所がほとんどです。この相談無料を大いに活用して、評判や口コミだけではなく、自分の目で確かめることをお勧めします。

地方で、交通事故専門の弁護士事務所が近くにない場合

東京や埼玉、神奈川(横浜)、兵庫(神戸)、大阪などは多くの交通事故に強い弁護士事務所が存在します。

しかし、地方の場合はネットのランキングや口コミを見ても、交通事故専門をうたっている事務所がなかなか見当たらない場合があります。

その場合は「全国対応」の事務所をおすすめします。支店数も多く、実践的な解決ノウハウを活かす事が可能です。当サイトでも全国対応の事務所を掲載しているので、後ほどご参考ください。

■参考ページ(全国対応している事務所の例)
ベリーベスト法律事務所【全国対応】
泉総合法律事務所【全国対応】
弁護士法人ALG&Associates 【全国対応】
弁護士法人・響【全国対応】

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!
知っている人だけが得をする!交通事故に強い弁護士の選び方とは? »