交通事故で保険会社から連絡がない、遅い!対応が悪い時の対処法とは

保険会社への怒り

交通事故被害者は、事故による怪我にそれに伴う治療、仕事の影響などで多くの時間と体力を失うことになります。

しかも、それだけにとどまらず、

  • 加害者側の保険会社の高圧的な態度に納得がいかない
  • 保険会社から治療打ち切りが突然言われた
  • 保険会社とのやり取りに疲れた

といった、悩み相談を受ける機会は決して少なくありません。

今回は、加害者側の保険会社の態度に納得がいかない方向けに解説致します。

交通事故被害者が2度泣く理由とは

交通事故の被害者は、1度目は怪我や後遺症で苦しみ、2度目は不当な慰謝料額や保険会社・加害者の不誠実な態度、高圧的な態度でもう一度泣きを見るという意味です

保険会社は営利団体である以上、少しでも慰謝料を低く抑えたがるのです(出金を減らす)。保険会社は交渉のプロですから、被害者が直接保険会社の担当者と交渉をしてもやはり「泣きを見る」可能性が高いのです。

交通事故には、物損事故と人身事故。人身事故にも、交通死亡事故、追突事故、接触事故と多岐のパターンに分かれており、過失割合、過失相殺、むち打ちの治療継続方法、治療費の方法、治療打ち切り、症状固定、後遺障害、示談金の相場など、わからない仕組みが多いのが現状です。保険会社の担当者は、専門知識をいかして、自分たちのペースで進めようとしてきます。

その時、自分たちのペースにならない時、時として、威圧的になったり、高圧的に感じることがあります。

保険会社との示談のやり取りは大変

交通事故の示談交渉に関する知識は、今やさまざまなサイトで論じられていますが、実際のところ現実はどうなのでしょうか。

慰謝料の増額、後遺障害認定、休業損害や逸失利益の立証など、さまざまなテーマがありますが、そもそも示談交渉にはこれら法的なことだけではなく、もっと根本的な問題が潜んでいるのです。
そこで今回は、保険会社に2度泣かされないために、教科書通りにはなかなか上手くいかない示談交渉のトラブル事例とその対処法について解説したいと思います。

任意保険会社の態度に納得がいかない

自分自身が交通事故の被害者となると、示談交渉の窓口となるのは加害者が加入していた任意保険会社の担当者です。

最近の保険会社はしっかりと教育されてきていますので、大手自動車保険会社であれば、そんなにひどい対応は受けないと思いますが、一部の保険会社では非常に厳しい対応をされることもあります。

そもそも任意保険会社は、被害者に対して手厚い保険金を支払おうとは思っていません。できる限り保険金を安く抑えることだけを考えていると言っても過言ではありません。そのため、被害者を説得するためにあの手この手でせめてきます。

関連記事
img_insurance_pay_ver2.0
保険会社が低額の慰謝料を提示してくる本当の理由と本音
示談金は加害者が払うわけではありません。最低限の補償は「自賠責」、そしてそれ以外の補償はすべて加害者の「保険会社」が…

威圧的・高圧的に話す

治療を継続したいのに、「そろそろ5カ月たちますので、症状固定の時期になります」と、一方的に連絡してくることもあります。こちらが被害者であるにもかかわらず、一方的であり、威圧的、高圧的に感じる時もあります。

専門用語で圧倒する

交通事故の被害者のほとんどは、交通事故については素人同然です。それを分かっているはずなのに、やたらと専門用語ばかりを並べて被害者に反論の余地を与えないという戦法です。また、相手のペースにあわせられないため、保険会社として意見をはっきり伝えてくることもあります。

被害者はただでさえ、交通事故で怪我を負って精神的にも肉体的にも苦しんでいるのに、そこへ持ってきて過失相殺だの逸失利益だの後遺障害非該当だの言われても、被害者からすれば全く意味が分かりません。

専門用語を並べ立てた上「当然ご存知であると思いますが・・・」という常套句を入れます。「そんなことも知らないと思われると恥ずかしい」という思いを抱かせ、日本人の羞恥心を攻めてきます。

関連記事
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
むち打ちの場合、3ヶ月以上治療していると、保険会社から治療費を打ち切られることがあります。この記事では、保険会社が治…

ですので、保険会社の対応に納得がいかない時は、次の対応をしましょう。

会話をICレコーダー、スマホ等で録音しておく

最近のスマホは、アプリなどで通話を自動的に録音することができるため、これを利用してできる限り会話を録音しておきましょう。

会話って勝手に録音していいの?

「よく会話を勝手に録音するのはまずいのでは?」と聞かれることがありますが、確かにむやみやたらと人との会話を相手に断りもなく録音する事はよくありませんし、そのようにして入手した音声データは証拠として使えないと言われる場合もあります。ただし、実務上は今回のケースのように、すでに相手との信頼関係が損なわれている状態であれば話は別です。

会話の録音データは、裁判上その証拠能力を問われることもないわけではないですが、保険会社のひどい対応があるのであれば、会話を録音しておく事で裁判上十分証拠として提出することも可能です。

また、このような担当者に運悪くあたってしまった場合は、できる限り早めに交通事故に強い弁護士に相談して、示談交渉をバトンタッチしましょう。会話を録音しておけば、交通事故に強い弁護士にもスムーズに引き継ぐことができます。

そんぽADRセンターへ連絡

保険会社の対応に不満がある場合、こちらに苦情やクレームを伝えることができます。原則として、無料で相談を受け付けてくれるので、相手側の保険会社の対応が目に余るようでしたら、一度相談してみるのもよいでしょう。

外部リンク(金融庁サイト):そんぽADR

金融庁へ連絡

監督官庁である金融庁にクレームを伝えることは、損害保険会社の態度が変わることがあります。許認可事業ですから、被害者ができる対処法としてはよい方法です。

外部リンク(金融庁サイト):金融機関等の相談窓口一覧

被害者が絶対にやってはいけないこと

加害者の任意保険会社の担当者が、威圧的高圧的な態度をとったり、心ない対応をしてきたとしても、絶対に被害者自身が怒って怒鳴ったりしてはいけません。被害者側の示談交渉の最終目的は、「考えうる最も高い示談金を受け取る事」であり、怒鳴り散らすことではないはずです。そしてそれを実現するためには、絶対にかんしゃくを起こしてはならないのです。

なぜなら、あなた自身が「ひどい対応」と感じていても、実は交通事故後の実務としてはそれが一般的だという場合も往々にしてあるからです。被害者の心理としては、突然事故を起こされて、強い憤りを感じています。つまり「謝ってもらって当然」という心理状態にあります。

けれども、示談交渉やましてや訴訟などになる事が想定される場合は、保険会社側としてはむやみやたらと謝罪すると、過失を認めたととられかねませんので、被害者が思っている程保険会社側から大切には扱われません。

この温度差が「保険会社の対応が悪い」と感じてしまう原因でもあるのです。

実はこれは保険会社の仕事として間違っているとも言えないのです。保険会社は、ある意味保険契約者である加害者を守ろうとしているだけなのです。

ですから、交通事故の示談交渉とは「大きなストレスがともなう」ということが大前提なのです。そのため、先に怒ったりキレたりした方が交渉上は負けなのです。いかに最後まで冷静でいられるかが、示談交渉の成功か失敗かの分かれ道なのです。

ゴネたり怒りすぎると弁護士が出てくる事も

保険会社の担当者の対応が気に入らない場合、つい「担当者を変えろ」とか「上司出せ」なんて口走ってしまいますよね。実は、あまりそう言った事をやりすぎると、保険会社側も態度を変えてきます。話し合いにならない相手に対しては、保険会社側が顧問弁護士を窓口にしてくる場合があります。

そうなると、示談交渉は大変難しくなります。保険会社の担当者レベルであれば、適切に主張することで一定の譲歩などを導き出すことも可能ですが、百戦錬磨の顧問弁護士に窓口がかわってしまうと、簡単には譲歩や妥協をしないため、被害者にとっては不利になると言わざるを得ません。「ゴネ倒せば何とかなる」と考えている人は、全くその逆ですので注意しましょう。ゴネると交渉は全く別なのです。

保険会社からの電話が遅い・無い場合

対応が遅い保険会社の場合は、保険会社からいっこうに連絡が来ない事もあります。では、加害者側の保険会社からの連絡がない場合や遅い場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

【ポイント1:こちらから連絡する】
交通事故の被害者としてこちらから連絡するのは納得できない部分もあるかもしれませんが、保険会社に早く対応してもらうためには、こちらからプレッシャーをかけることも必要になります
事故後何日も経過して連絡がない場合は、予め連絡先を聞いておいてこちらから連絡を入れましょう。

【ポイント2:時間がかかっている理由を聞く】
保険会社の対応が遅いと感じた場合は、必ずどこで手続きがストップしているのかを必ず確認しましょう。

場合によっては保険会社の担当者が忘れていることだってあるかもしれません。人が対応している以上、可能性はゼロではありませんので、対応が遅いと感じたら積極的にこちらからせかすようにすると、担当者の意識も高くなるでしょう。

また、交通事故における保険会社と被害者との間では、トラブルが起きやすいので、冷静さを持って対応が必要です。

保険金の請求はできる限り「被害者請求」で

自賠責保険への請求を加害者側の保険会社経由で行なう「加害者請求」(事前認定)にしてしまうと、手続きの流れはすべて保険会社側で管理されてしまうため、状況が見えにくく、また時間もかかるため被害者がイライラすることもしばしばあります。

また、後遺障害認定が絡んでいる場合については、納得のいく等級が認定されないというケースもあります。そのため、自賠責保険の請求については、被害者自らが直接申請する被害者請求で行なうことを心がけましょう。

保険会社になにも言わないと、自動的に加害者請求の流れとなってしまうため、被害者請求する場合はその旨を伝えておくと良いでしょう。

関連記事
被害者請求の手続きとメリット・デメリット|後遺障害認定申請の流れ
交通事故に遭って怪我をした場合、治療を続けて完治すれば良いですが、完治せずに後遺障害が残ってしまうことがあります。 …

示談交渉は弁護士に任せよう

交通事故の示談交渉は、医学的な治療から、過失割合といった専門用語が並び、素人がプロの保険会社相手に行うのは大変です。

自分が加入している自動車任意保険で、弁護士費用特約に加入していれば、保険を使って実質無料で示談交渉を弁護士依頼が行えます。

特約を利用しても、保険料が上がったりすることはありませんので、示談交渉がスムーズに進みますので、ぜひ利用しているお得な制度です。加入しているにも使わないケースが多いのでぜひ自分の保険の内容を確認してみましょう。自分が気づいていないうちに加入しているケースも少なくありません。

関連記事
img_lawyercost0_ver1.0
弁護士費用特約のメリット、デメリット、注意点と使い方を解説!
交通事故被害者には、弁護士費用特約は非常に重要です。弁護士費用特約とは何か?弁護士費用特約で知っておくべきメリットと…

弁護士に依頼するメリット

また、弁護士に依頼するメリットは次の記事を参考にしてください。

特約に加入していない場合、自費で依頼することになりますが、通院期間が6か月以上、あるいは、後遺障害認定が取れるような大きな怪我をした場合は、弁護士依頼したほうが、慰謝料が増額して、自分で行うより、弁護士メリットがでますので、弁護士に示談交渉を任せたほうがよいでしょう。

関連記事
弁護士メリット
交通事故で弁護士に依頼するメリット
交通事故事件を弁護士に頼むと、慰謝料の増額や示談交渉の代行など、多くのメリットがあります。 保険会社との交渉に悩んで…

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!