家族で使おう弁護士費用特約!被保険者の配偶者でも使えます。

家族で使う弁護士費用特約

弁護士費用特約といえば、任意保険についてくるあまり重要ではないオプションだというイメージを抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?実際、交通事故にまきこまれない限りほとんど利用することはありません。ただ、交通事故にまきこまれ慰謝料の問題が発生した場合、弁護士に無料で依頼することができるという素晴らしいメリットがあります。

今回は、そんな交通事故の弁護士特約に関する疑問を調べていきましょう。

「家族で重複して、契約しても意味あるの?」
「弁護士特約を付けているけど、自分の車の事故では無い場合はどうなるか?」
「息子が事故に遭った場合、家族にも適用できるのか?」
「同居や別居は関係あるか?」
「東京海上日動、ソニー損保、損保ジャパンで違いはあるのか」
「日常生活のトラブルにも使えるの?」

と挙げればキリがありませんが、色々と疑問に思う点が出てきます。

実際、この弁護士特約の適用範囲は想像以上に広いです。「そのケースでも使えるの!?」と言ったケースが多いです。

毎回、保険会社が事故を察知して、わざわざ教えてくれるわけではないので、しっかりと適用範囲を理解して、適切に利用できるようにしておきましょう。

弁護士費用特約の対象者の範囲は「本人、家族、契約車両の搭乗者」!

まず重要なことを確認しますが、自動車やバイクで事故した場合、弁護士費用特約の対象者の範囲は本人だけではありません。

適用される対象者

  • 契約者本人
  • 家族(配偶者)
  • 契約車両の搭乗者の三者

が適用対象者になります。

契約者本人

契約者本人は当然ですね。

契約者本人が自動車・バイク事故に関わる事故に遭った場合は、弁護士費用特約の適用範囲となり、保険会社に申請すれば利用が可能となります。

そして、道路を横断中に車にはねられた場合、バイクにぶつかった場合など、自分の契約車両に乗っていなくても適用されると言うことも覚えておいてください。

契約者のご家族

次は、同じように契約者のご家族も適用範囲に含まれます。

これはほぼ契約者と同じ扱いと言っていいでしょう。

例えば、契約者のご家族がバスに乗っているときに事故に遭った場合なども適用範囲に含まれます。

他の車両に搭乗している時も適用範囲に含まれるのがポイントです。

契約車両に搭乗中の方

最後に、契約車両に搭乗中の方も適用範囲となるかどうかはよく問題となります。

結論から申し上げますと、血縁関係が全くない方でも、契約車両に搭乗中の事故であれば適用範囲に含まれます。

例えば、契約車両に友人を乗せている時に後ろから追突された場合、搭乗中の方が弁護士を利用するのであれば、弁護士費用特約の利用が可能だと言うことです。

適用される事故は、人身事故と物損事故

まずは基本の確認からしておきましょう。基本的に弁護士特約が適用されるのは、人身事故と物損事故の場合の2つです。

要は、契約者が契約中の車を運転している時に事故に遭った場合に、自身が怪我をしたり、バイクや車が破損したりした場合に使用が可能だと言うことです。

また、上記で解説した通りに、契約中の車に乗っていなくて、事故に遭った場合も使用が可能です。

ちなみに事故が訴訟に至らないケースでも利用が可能です。弁護士といえば訴訟・裁判とたまに考えている方もいらっしゃいますが、保険会社が提示する慰謝料が納得いかなかったり、怪我の治療中に保険会社が治療費を打ち切りしてきた場合など利用する方も多いです。

実際、弁護士に依頼しても訴訟まで行くことはあまりなく、事故直後から利用を可能する方の方が多いです。

ですので、「事を大きくするのは…」と考える必要はありません。

弁護士費用特約が使えないケースとは?

適用されないケースについても確認しておきましょう。適用されないのは以下の4つのケースなどです。

  • 重大な過失がある場合(例えば、飲酒運転・無免許運転など)
  • 加害者が親族である場合
  • 大規模災害の場合
  • 本人に重大な過失がある場合
関連記事
被害者が泣く!保険会社から弁護士費用特約が使えないと言われる理由
弁護士特約について、多くのサイトで以下のように解説されています。 「弁護士費用特約を加入していれば、弁護士費用の自己…

弁護士費用特約は行政書士や司法書士にも適用される

あまり知られてはいませんが、この弁護士特約は弁護士以外にも使用することができます。

司法書士が交通事故の交渉事に出てくることは考えにくいですが、行政書士が出て来るケースはあります。

ただし、弁護士と違い行政書士には代理権が認められておらず、弁護士と比べて制限も多いですから、弁護士特約を利用してのメリットはありません。

ただ、適用されることは頭に入れておいて損はありませんので、覚えて置くと良いでしょう。

保険会社によって異なる基準

見出しの通りではありますが、やはり保険会社は民間の営利企業ですので、各社によってサービスの内容も異なります。

ゆえに、適用基準も若干ではありますが異なってきますので、注意が必要です。

例えば、先程触れた弁護士以外の法曹資格者への利用も、弁護士以外もOKと弁護士以外はNGの会社が実際にあります。

他にも、通勤途中の事故の場合は保険の適用がなされない保険会社もあるなど、弁護士特約については加入前にしっかりとした確認が求められます。

弁護士費用特約の重複ってどういうこと?

万が一の交通事故の際に、弁護士への相談料や弁護士報酬を保険でまかなう事ができる弁護士費用特約は、自動車保険に加入する際にはかならず付帯させたい特約と言えます。

ただし、一つだけ注意すべき点として「弁護士費用特約の重複」の問題があります。皆さんが無駄な保険料を支払う事のないよう、この弁護士費用特約の重複問題について分かりやすく解説したいと思います。

例えば、父、母、息子の3人家族だったとして、父親が1台車を所有していて自動車保険(弁護士費用特約付)に加入しているとします。

時がたち、息子が自分のバイクや車が欲しいと言い出し、もう1台車を購入し任意保険に加入したとします。

この際息子が弁護士費用特約を付帯すると、弁護士費用特約の重複の可能性が出てきます

弁護士費用特約は、もともと保険会社の補償内容によっては同居している息子が自分の車で交通事故を起こしたとしても、父親が加入している自動車保険の弁護士費用特約が使える場合があります。

そのため、このようなケースにおいて息子が自分の自動車保険にも弁護士費用特約を付けてしまうと、万が一の交通事故の際に息子が適用できる弁護士費用特約が2つある状態になるのです。これを「弁護士費用特約の重複」といいます。

重複するかどうかは、なにを基準に判断されるの?

加入している保険会社の保険内容を確認することをおすすめしますが、基本的には自動車保険の「記名被保険者(きめいひほけんしゃ)」を基準に考える事になります。

記名被保険者とは、厳密に言うと保険契約者とは別の場合もあります。

例えば、息子が未成年者の場合、自動車保険に自己名義で加入できないため、父親が保険契約者となり、記名被保険者を息子とします。

記名被保険者とは主にその車を運転する人を記載します。

そして弁護士費用特約は、この記名被保険者から見て概ね次の範囲にまで適用が可能です。

・本人
・配偶者
・本人または配偶者の同居の親族
・本人または配偶者の別居の未婚の子供

ここまでが弁護士費用特約が適用できる守備範囲となります。そのため、別居している孫には適用がされません。

これらの守備範囲にある人が独自に弁護士費用特約に加入すると、弁護士費用特約の重複状態が発生します

弁護士費用特約が重複すると無駄になるの?

しかし実は、弁護士費用特約が重複したとしても、重複した分が無駄になるわけではありません。

弁護士費用特約は一般的には300万円の限度額が定められており、重複する場合には、重複した契約件数×300万円の限度で適用が受けられます

ただご注意頂きたいのは、あくまで「限度額」の話ですので、弁護士に依頼すれば必ず300万円支給される訳ではありません。弁護士費用特約はかかった実費に対してあてがうものですので、実際にかかった費用が200万円であればそれ以上の保険金は支払われません。

そもそも交通事故の弁護士費用の相場から考えると、弁護士への支払い総額が300万円を超えるケースというのは示談金、賠償金が1,000万円を超える重い後遺障害が残るような場合ですので、例えば追突事故によるむち打ち症などの訴訟程度であれば300万円の限度額で大抵おさまります。

弁護士費用特約を重複させない場合の注意点

無駄なものに保険料を支払ってしまってももったいないので、できる限り弁護士費用特約の重複加入は避けたほうが良いと考える方もいるかもしれません。

ただし、1つ注意が必要な点としては、例えば先ほどの例で言うと、父親が車を売却して自分の自動車保険を解約してしまったような場合は、直ちに息子の自動車保険に弁護士費用特約を付帯させないと、いざという時に弁護士費用特約がない状態になってしまいます。

つまりうっかりミスが発生しやすいというわけです。

そのため、今、自分自身がだれの自動車保険の弁護士費用特約によって補償されているのかを事前にしっかりと確認し、もしもその自動車保険の内容を変更したり解約した際には、必ず自分の自動車保険の内容も見直すよう気をつけることが大切です。

関連記事
img_lawyercost0_ver1.0
弁護士費用特約のメリット、デメリット、注意点と使い方を解説!
交通事故被害者には、弁護士費用特約は非常に重要です。弁護士費用特約とは何か?弁護士費用特約で知っておくべきメリットと…

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!