弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!

★ お気に入りに追加

交通事故に遭ったときに、自己負担なしで弁護士に示談や裁判を依頼することができる弁護士費用特約。ネット上でも弁護士特約を使ってみた体験談を語るブログや、SNS上でも「付けていてよかった」、「付けていなくて後悔」といった体験を語る方も増え、その認知度は上がっているようです。

一方で、まだ、「弁護士特約はいらない」と主張されている方もいます。

そこで今回は、その主張を整理しながら、弁護士費用特約について、必要性や使い方、メリット・デメリットや使えない場合の注意点、などをわかりやすくご説明します。

自動車保険の弁護士費用特約とは

ほとんどのケースで弁護士費用がタダになる?

弁護士費用特約とは、正式には「弁護士費用等補償特約」、略して、「弁特」や、「弁護士特約」などとも呼ばれることもあります。

弁護士費用特約とは、交通事故などで弁護士が必要になったときに、限度額までは保険会社が弁護士費用を負担してくれる内容の保険の特約です。

上限の限度額は、法律相談については10万円、弁護士費用については300万円に設定されていることが多く、交通事故の任意保険や傷害保険、バイク保険にも特約として付加することができます。

300万円が基準でもほとんどの被害者はタダになる

では、果たしてこの300万円という上限で、弁護士費用特約の利用者の自己負担は発生しないのでしょうか?

経済的利益が2,000万円を超える事例では、弁護士費用が300万円を超えてしまう場合があり、弁護士特約を利用していても、弁護士費用の自己負担が発生します。

ただ、経済的利益が2,000万円を超える交通事故案件とは、被害者が重い後遺障害等級の認定を受けるかお亡くなりになるケースであり、ほとんどの場合には、この限度額300万円の範囲内で収まると考えていいでしょう。

弁護士費用特約が必要な理由

弁護士費用特約は交通事故被害者、特に「追突事故」や「もらい事故」等の事故、つまり過失割合10対0(100%対0%)の事故被害者を念頭に置いています。

追突事故では弁護士費用特約を利用すべき理由

追突事故では被害者の過失が0なので、被害者には賠償責任が発生しません。

加入している任意保険会社にも賠償金の支払いが生じないために、利害関係が生じず「示談交渉を代行」することが法律違反となりできません

当然、その場合は、被害者が「自分で示談交渉」をしなければならなくなります。

これは、被害者にとって過大な負担になり、加害者の保険会社に賠償金の金額を不当に下げられて不利益を被る可能性も大きくなります

かといって、自費で弁護士を依頼すると、高額な弁護士費用がかかりますし、小さな交通事故の場合、自費で弁護士を依頼すると、足が出ること(費用倒れ)も多いため、誰でも弁護士によるサポートを受けられるように、保険会社が弁護士特約を設定したのです。

 

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

弁護士特約はいらない?

次に、「自動車保険に弁護士特約はいらない」との主張に反論してみましょう。

保険料金がアップするから不要

弁護士費用特約を付帯すれば、当然その分保険料は上がります。ただし、弁護士費用特約に要する額は、せいぜい年間数千円、月々数百円です。

もちろん、交通事故に遭う確率は、数パーセントでしょう。この金額を高いと考えるのか安いと考えるのかは、保険に加入する方次第です。

しかし、SNS上では、「付けていればよかった」という声が聞かれることも事実です。万一が起きた後に後悔しても遅いのです。

交通事故を起こさないから不要

ご自分が交通法規をしっかり順守し安全運転していれば、交通事故のリスクを軽減することができるので、弁護士特約は不要と考えるケースも多いです。

ただし、同じ道路上には、ルールを守らないドライバーもいます。

こういったドライバーが原因となった事故に巻き込まれてしまったら、取返しはつきません。

保険料が対応してくれるから不要

通常、交通事故が起こっても、加入する保険会社が示談交渉を代行してくれることになります。

確かに、弁護士が付いていなくても、あまり不自由は感じないかもしれません。

問題は、加入する保険会社を本当に信頼できるのか、ということでしょう。保険会社の交通事故への対応について気になる方は、是非、次の記事もご一読ください。

関連記事
示談計算
弁護士を入れない示談交渉のリスク!保険会社言いなり大損害の具体例
示談交渉が始まると保険会社から、「計算書」や「ご提案」などと題する損害賠償計算書が送られてきますが、そのままサインを…[続きを読む]

また、前述した通り、保険会社が示談代行できないもらい事故は、自動車保険の賠償事故のうち「約3件に1件の割合」(※)で発生しており、全国で年間約200万人の方が「もらい事故」にあっていると推計され(※)、弁護士費用特約を付帯していないことを後悔する被害者の方もいます。

【出典】「東京海上日動の2019年度事故統計等から推計」弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)弁護士費用特約(自動車事故型)|東京海上日動

なくても弁護士に依頼することは可能だから不要

もちろん、弁護士特約に加入していなくても、弁護士費用を支払うことで、弁護士に依頼することは可能です。

しかし、問題は、「弁護士費用倒れ」にならないかです。弁護士費用が弁護士介入後の損害賠償額の増加分を超えてしまい、結局、弁護士が介入した分赤字になってしまうことを指します。

弁護士費用倒れは、物損事故など損害賠償が少額の際に起こりやすく、弁護士費用特約があれば、賠償額が少額であっても弁護士費用倒れを心配する必要なく、弁護士に依頼することができます。

関連記事
交通事故と費用倒れ
自分の交通事故弁護士依頼が得か損かの自己診断!費用倒れ予防
弁護士の介入によって増額する賠償金の差額分よりも、弁護士費用が上回ってしまうことを「弁護士費用倒れ」といいます。弁護…[続きを読む]

弁護士費用特約の使い方

次に、弁護士費用特約の使い方をご紹介します。

弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼するまでの手順は、簡単です。

  1. 交通事故に強い弁護士を探す
  2. 保険会社から弁護士費用特約を利用する同意を得る
  3. 弁護士費用特約を使って弁護士に依頼する

STEP1:交通事故に強い弁護士を探す

弁護士とはいえ、得意分野・不得意分野があります。交通事故に強い弁護士を選びましょう。

特に、交通事故の事案は、医療や後遺障害認定の手続きなど法律以外の知識が必要となります。

このサイトにも、数多くの交通事故に強い弁護士が掲載されています。

関連記事
交通事故に強い弁護士 | 交通事故弁護士相談Cafe
交通事故に強い弁護士を探すなら「交通事故弁護士相談Cafe」!被害者のための法律無料相談、着手金無料、メール相談24…[続きを読む]

STEP2:保険会社から弁護士費用特約を利用する同意を得る

弁護士に相談する前に、保険会社に弁護士特約を利用したい旨を伝えましょう。弁護士特約を利用することについて、事前に保険会社の同意得ておく規定になっていることが多いからです。ただ、約款に弁護士特約があれば、問題なく認めてもらえるはずです。

万一、保険会社に「弁護士特約を使ってみても意味が無い」などと言われた場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
被害者が泣く!保険会社から弁護士特約が使えないと言われる理由
自動車保険の「弁護士費用特約」は、交通事故の被害者が、無料で弁護士に依頼できる大きなメリットがある特約でが、利用でき…[続きを読む]

STEP3:弁護士費用特約を使って弁護士に依頼する

保険会社の同意を得ることができたなら、依頼したい弁護士に、弁護士特約を使って依頼したい旨を伝えましょう。

ほとんどの弁護士は、弁護士特約に対応しています。弁護士に保険会社の名前を告げれば、保険会社と手続きを適切に進めてくれます。

弁護士費用特約のポイント

次に、弁護士費用特約を加入する際や使う際のポイントについて解説します。

途中加入も可能

自動車保険加入の当初に弁護士特約をつけていなくても、契約途中で追加することができます。

もし、弁護士費用特約をつけていないのであれば、被害に遭うことに備えて、特約を追加することを検討してみてはいかがでしょうか。

以下の保険会社の自動車保険には、弁護士費用特約をつけることができます。

あいおいニッセイ同和損保、アクサダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、損保ジャパン、イーデザイン損保、エース保険、SBI損保、セコム損保、ゼネラリ、ソニー損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、三井住友海上火災保険、全労済、共栄火災、富士火災、そんぽ24、日新火災、日本興亜損保、東京海上日動、AIU、損害保険ジャパン、朝日火災、セゾン、リビングプロテクト総合保険、JA共済

※ この他の保険会社・共済組合の保険に弁護士費用特約の付帯が可能かについては、保険会社・共済組合にお問い合わせください。

複数台の自動車を所有している場合も重複加入の必要なし

もし、複数台の車を所有しているなら、そのうち1台だけ弁護士費用特約を付帯していれば、保険の対象者、その配偶者、同居の親族などが他の車に搭乗中の事故もカバーします。

同様に、家族1人が契約していれば他のメンバーも利用できます。例えば、契約者のご家族がタクシーに乗っているときに事故に遭った場合なども適用範囲に含まれます。

但し、家族の弁護士特約を使う場合、同居か別居かで、弁護士特約が使える範囲が異なります。下記の記事を参考にしてください。

関連記事
弁護士特約は家族でも使える!適用範囲、利用方法を解説!
実は弁護士特約は、被保険者のみならずその「家族」利用できるケースがあります。交通事故の「弁護士特約」が家族でも利用で…[続きを読む]

日常生活の法律上のトラブルにも対応するオプション

弁護士費用特約に、日常生活の法律上のトラブルに弁護士に依頼できるオプションが存在する保険会社があります。

「自動車事故型+日常生活型」の弁護士費用特約の選択肢があれば、「自動車事故型」では補償対象とならない自転車同士・自転車と歩行者の事故から、バッグの盗難、犬に噛まれた負傷などまでカバーします。

任意保険以外に、火災保険、医療保険、クレジットカードにも付いている

意外に思われるかもしれませんが、自動車保険以外にも、火災保険や医療保険、クレジットカードのサービスの一部に弁護士費用特約がついていることがあり、交通事故でも使える可能性があります。

関連記事
クレジットカード
火災保険やクレジットカードの弁護士特約は、加入する意味があるか?
交通事故の示談を弁護士に依頼する際に、加入する保険に「弁護士特約」が付いていれば、被害者の負担が軽減されます。現在、…[続きを読む]

弁護士は自分で選べる

契約者が特に指定をしない場合には、保険会社から弁護士の紹介を受けることになりますが、契約者が依頼したい弁護士に依頼することもできます。

弁護士費用特約は保険の特約であり、弁護士の指定権は契約者の方にあるからです。

交通事故事件は、できれば交通事故問題を多く取り扱っていて得意としている弁護士を探し、弁護士費用特約を使って依頼することをお勧めします。

関連記事
交通事故の弁護士メリット
交通事故に強い弁護士に依頼する4つのメリット
保険会社の対応に不満がある場合、交通事故に強い弁護士に依頼すると、どんなメリットがあるのでしょうか?本記事では、弁護…[続きを読む]

弁護士の変更も可能

万が一保険会社から紹介された弁護士や、あなたが依頼した弁護士があまりにも相性が悪い、不親切だった場合は弁護士を途中で交代させることもできます。

ただ、そのような場合は必ず事前に保険会社に相談しましょう。

関連記事
弁護士変更
弁護士が頼りない!交通事故の弁護士を変える時の流れ
せっかく弁護士費用を払って弁護士に示談交渉を依頼しても、実は交通事故に強くなかったり相性が悪くて話しにくかったりする…[続きを読む]

弁護士費用特約を使っても、翌年から等級はダウンしない

弁護士費用特約を利用しても保険の等級がダウンすることはありません

安心して利用しましょう。

弁護士費用特約の注意点|使えないケース

ただし、注意しなければならないのは、弁護士費用特約が使えない場合があるということです。

弁護士費用特約の約款には、使えないケースについて細かく記載されています。主なものを以下に挙げてみます。

  •  被保険者の故意または極めて重大な過失に起因する損害
  •  車検証に「事業用」と記載されている自動車を運転している場合に発生した事故(業務中の事故)
  •  地震、噴火、津波によって生じた被害事故
  •  無資格運転、酒気帯び運転または麻薬等により正常な運転ができないおそれのある状態で生じた被害事故
  •  被保険者が自動車修理業など自動車を取り扱う仕事に従事しており、その業務として受諾した被保険自動車に搭乗中に発生した被害事故

上記の通り、被害者に「故意や大きな過失」など、事故発生について大きな責任があるケースでは、弁護士費用特約を利用することができません。

では、被害者側に少しでも過失がある場合は、弁護士特約を利用できないのでしょうか?

いえ、利用できないのは、被害者に重大な過失や故意がある場合に限られ、たとえ被害者の過失が7割や8割の事故であっても、弁護士特約を使うことはできます。

諦める必要はありません。

※ なお、弁護士費用特約が使えないケースについて詳しくは、加入する保険の約款をお確かめください。

関連記事
被害者が泣く!保険会社から弁護士特約が使えないと言われる理由
自動車保険の「弁護士費用特約」は、交通事故の被害者が、無料で弁護士に依頼できる大きなメリットがある特約でが、利用でき…[続きを読む]

弁護士費用特約のメリット・デメリット

弁護士費用特約には、次のようなメリット・デメリットがあります。

弁護士費用特約のメリット

弁護士費用特約のメリットには、被害者の過失がゼロの場合に、保険会社が示談代行をできないケース以外にも、次のものが挙げられます。

  • 弁護士費用倒れの心配がない
  • 慰謝料を含む示談金のアップが期待できる
  • 示談のために保険会社と交渉しなければならないストレスから解放される

弁護士費用特約のデメリット

では、弁護士費用特約のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

弁護士特約にデメリットがあるとすれば、前述した保険料の問題です。

ただ、月々100円で上記のような大きなメリットが得られるのですから、決して損にはなりません。

むしろ特約がないことで受ける不利益の方が大きいため、是非とも利用すべきです。

まとめ

今回は、交通事故の損害保険についていることの多い弁護士費用特約(弁護士費用等補償特約)の使い方について解説しました。

弁護士費用特約は、人身事故・追突事故など、いざという時に役に立つ、決して「いらない特約」ではありません。

当サイトでも、全国の交通事故に強い弁護士事務所をまとめて掲載しています。弁護士費用特約を使って、ご自分にあった弁護士を探し、適切な損害賠償請求に是非お役立てください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!