火災保険やクレジットカードの弁護士特約は、加入する意味があるか?

クレジットカード

交通事故に遭ったとき、自動車保険に「弁護士特約」がついていたら一定限度まで保険会社が弁護士費用を負担してくれるので被害者にかかる負担が軽減されます。

同じように「クレジットカード」や「火災保険」にも弁護士特約をつけることができます。カードや火災保険についてくる弁護士特約を契約する意味があるのはどういったケースなのでしょうか?補償内容などの詳細知識を持っておきましょう。

今回はクレジットカードや火災保険に付帯させられる弁護士特約の内容や加入する意味がある場合、ない場合などご説明していきます。

弁護士特約とは

弁護士特約とは、自動車保険や個人賠償責任保険などの各種の保険についている特約で、弁護士が必要なときに保険会社が弁護士費用を出してくれるものです。

たとえば自動車保険の弁護士特約であれば、交通事故に遭って弁護士に依頼するとき、保険会社が弁護士費用を負担してくれるので被害者の自己負担がなくなるか、少なくなります。
最近では弁護士特約の認知度も上がってきており、交通事故に備えて自動車保険に弁護士特約をつけている方もたくさんおられます。

関連記事
弁護士費用特約
弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!
自己負担0円で弁護士依頼できる弁護士特約をご存知ですか?この記事では、弁護士費用特約のメリットとデメリット、使い方、…

クレジットカードや火災保険に弁護士特約をつけられる

弁護士特約というと「自動車保険」についているイメージが強かったのですが、最近ではそれ以外にもいろいろな保険やサービスに弁護士特約をつけられます。
今回ご紹介するのは「クレジットカード」と「火災保険」につけられる弁護士特約です。

クレジットカードや火災保険の契約をするとき、オプションで弁護士特約を付加できたり、自動付帯してきたりするケースがあるのです。

弁護士特約がついているクレジットカードや火災保険の例

具体的にどのようなカードや火災保険に弁護士特約がついているのでしょうか?

クレジットカード

クレジットカードで弁護士特約をつけられるものは現時点ではそう多くはありません。代表的なカードは「JCBカード」と「イオンカード」です。

  • JCBカード 「生活ほっとコース(個人賠償責任保険)」
  • イオンカード 「家庭賠償責任プラン」

火災保険

火災保険の場合、以下のような保険に弁護士特約をつけられます。

  • 富士火災 「未来住まいる」
  • あいおいニッセイ同和損害保険 「タフ 住まいの保険」
  • エース損保「リビングプロテクト総合保険」「住宅総合保険」「マイホームエースゴールド」

エース損保のリビングプロテクト総合保険やマイホームエースゴールドの場合、あえて別に特約をつけなくても契約すれば弁護士特約が自動付帯してきます。

クレジットカードの弁護士特約の補償内容

クレジットカードの弁護士特約の補償内容はどのようなものとなっているのでしょうか?

基本の補償内容

たとえばJCBカードの場合、以下のような補償を受けられます。

  • 法律相談料は年間10万円まで
  • 着手金、報酬金などの弁護士委任費用は年間200万円まで

免責額があるので注意

クレジットカードの弁護士特約には「免責額」があるので注意が必要です。免責額とは「一定金額までは保険会社が責任を負わない」金額です。
法律相談料の場合は1,000円、着手金などの弁護士委任費用については「10%」が免責です。

たとえば着手金が30万円かかったとき、3万円は免責されて保険会社から27万円しか支払われないので、残り3万円は自己負担しなければなりません。

自動車事故は適用対象外

クレジットカードの弁護士特約は、自動車事故に適用されない可能性があるので要注意です

たとえばJCBカードの弁護士特約では自動車や原付の交通事故、医療ミス、騒音や悪臭、日照権侵害などの近隣トラブルなどが適用対象外です。

交通事故に備えてクレジットカードの弁護士特約をつけていても意味がありません

弁護士特約をつけるために発生する費用

クレジットカードに弁護士特約を付帯させるときには、保険料を払わねばなりません。
たとえばJCBカードの場合には月額330円必要です。1年間弁護士特約を使わなかったら4,000円程度の無駄な出費が発生することになります。

火災保険についている弁護士特約の内容

次に火災保険についている弁護士特約の内容をみてみましょう。

基本的な補償内容

たとえば、あいおいニッセイ同和損保の場合には、以下のような補償内容となっています。

  • 法律相談料は年間10万円まで
  • 着手金などの弁護士委任費用は年間300万円まで

クレジットカードの保険との比較

火災保険についている弁護士特約には免責額が設定されていないケースが多く、交通事故にも適用できるのが通常です

また火災保険の場合、弁護士特約をつけると保険料がアップするケースもありますが、エース保険のように自動付帯してくるケースもあります

限度額もクレジットカードは200万円までですが、火災保険は300万円までであり補償が手厚くなっています。

このような比較結果からすると、クレジットカードよりも火災保険の弁護士特約の方がユーザーにとってのメリットが大きくなると言えます。

クレジットカードや火災保険の「弁護士特約」を利用するケースとは

実際にクレジットカードや火災保険についている「弁護士特約」を利用するのはどういったケースなのでしょうか?

基本的には「日本国内で発生した偶然による事故により、けがをしたり財産的な損害を受けたりした場合」に特約が適用されます。

一例ですが、以下のようなケースで特約を適用できます。

  • 歩行中、キャッチボールをしていた人のミスでボールが頭に当たってけがをした
  • 歩行中、自転車に追突されてけがをした
  • 歩行中、壁が崩れてきて下敷きになり大けがをした
  • 詐欺の被害に遭った
  • 子どもがいじめられてけがをした
  • 家が放火の被害に遭った
  • 他人の投げたボールや石が車に当たって破損した

具体的にどのようなケースで特約を適用できるかは保険によって異なるので、詳細は保険会社に確認する必要があります。

自動車保険以外の弁護士特約も交通事故の際に使える?

自動車保険以外の弁護士特約を交通事故に使えるケースはあります。ただし上記でも説明したように「すべてのケース」ではありません。

たとえばJCBのクレジットカードに付帯している弁護士特約では「自転車と歩行者の事故」には適用されますが「自動車、バイク、原付の交通事故」には適用されません。

クレジットカードに弁護士特約がついているからといって安心して自動車保険の弁護士特約に加入しないでいると、いざ交通事故が起こったときに特約が適用されなくて困る、という事態も想定されます。

一方、火災保険や医療保険、個人賠償責任保険などについている弁護士特約は、自動車保険の際にも適用できるケースが多数です。ただしこれらについても絶対ではないので、契約前に詳細を確認しておく必要があります。

約款をよく読み、不明な点は保険会社に直接問い合わせて納得した上で契約しましょう。

車を持っていなくても弁護士特約をつける意味がある?

自動車を持っていなくてもクレジットカードや火災保険の弁護士特約をつける意味はあるのでしょうか?
考え方次第ですが、答えとしては「ある」と言えるでしょう。

そもそもJCBクレジットカードの弁護士特約は自動車の交通事故に適用されないので、自動車を持っているから加入するメリットがあるというものではありません。

自動車を持っていない場合でも、道路を歩行中や学校生活、日常生活の中で事故に巻き込まれるケースは考えられるので、そういったときに弁護士特約をつけていると安心感があります。

たとえば壁が倒れてきたり瓦が落ちてきたりしてけがをしたとき、他人の投げた石やボールが当たってけがをしたとき、子どもが学校でけがをしたときなどに弁護士特約を使えます。

ただし弁護士特約をつけると保険料やカードの会費が上がるケースが多いので、上記のような補償は不要と考える方にとっては意味がないものと言えるでしょう。

火災保険やクレカの特約があれば、任意保険のオプションの特約は不要?

火災保険やクレジットカードの弁護士特約があれば、自動車保険の弁護士特約をつける必要はないのでしょうか?
これについては、カードや火災保険の弁護士特約の内容次第です。

クレジットカードの場合、任意保険の弁護士特約をつけるべき

たとえばJCBカードの場合、自動車事故が対象外となっているので交通事故に備えるには必ず自動車保険の弁護士特約をつける必要があります。またカードの特約は限度額も低く免責が設定されていることからも補償内容自身が不十分と言えます。

火災保険の場合、自動車保険の特約は不要

一方火災保険についている特約の場合、交通事故にも適用できるケースが多いですし限度額も自動車保険のものとだいたい同じです。別途、自動車保険の特約をつける必要はありません。

補償内容に応じて個別に比較検討する必要がある

クレジットカードで弁護士特約をつけられるものは、現状では少数ですが、今後増えてくる可能性があり、自動車の交通事故に適用できるものも出てくるでしょう。そのときにはカードと自動車保険の弁護士特約に重複して加入する意味はなくなります。

保険の内容は「各保険会社の設定」次第で大きく変わるので、個別に検討が必要です。

重複適用されるかどうかを調べてから保険に入ろう

クレジットカードや火災保険の弁護士特約と自動車保険の弁護士特約の両方をつけるべきかどうかの判断基準は「重複適用されるか」です。カードや火災保険の特約によっても交通事故の補償を受けられて限度額や免責も含めて自動車保険の特約と同じであれば、あえて別途自動車保険の特約をつける必要はありません。

反対に自動車事故に適用されない、あるいは補償が薄いなどの問題があれば、別に自動車保険の弁護士特約をつけるべきと言えます。

今後保険やカードの契約をするときの参考にしてみてください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事