むちうちで弁護士特約を使って弁護士に依頼する5つのメリット

追突事故では、被害者が「むち打ち症」になってしまうケースが非常に多くなります。

そんなとき被害者を助けてくれるのは「弁護士」と「弁護士特約」です。

今回は、追突事故でむち打ちになったときに「弁護士特約」を使って弁護士に依頼するメリットをご紹介していきます。

追突事故のむち打ち症で弁護士特約が必要な理由

通常、任意保険の対人対物賠償責任保険には示談代行サービスがついているため、被害者に代わって「保険会社が示談交渉」をしてくれることになります。

しかし、追突事故の場合、被害者には過失がないことが多く、そうなると被害者と被害者側の保険会社には損害を賠償する責任はありません。

したがって、保険会社には利害関係がないため、被害者の代理として交渉すると、非弁行為という「違法行為」となってしまいます(弁護士法72条)。

追突事故のむち打ち被害者にも心強い弁護士特約

保険会社が代理をできなければ、被害者は自分一人で相手の保険会社と話をしなければなりません。

自動車事故のプロである保険会社の担当者とでは、明らかに被害者の方が不利になってしまいます。

そこで必要となるのが「弁護士特約(弁護士費用特約)」です。

弁護士特約を利用すれば、法律相談料なら10万円まで、着手金報酬金や実費などの事件処理費用なら300万円まで保険会社が負担するので、被害者が自分で弁護士費用を支払う必要がありません。

被害者の過失割合が0のときは、弁護士特約が強い味方となってくれます。

関連記事
弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!
自己負担0円で弁護士依頼できる弁護士特約をご存知ですか?この記事では、弁護士費用特約の使い方やメリット・デメリット、…[続きを読む]

弁護士特約を使い弁護士に依頼する5つのメリット

追突事故でむち打ちになった被害者が、弁護士特約を利用するメリットには、次の5つがあります。

費用倒れのリスクがなくなる

弁護士に依頼すると「弁護士費用」がかかります。結果として、弁護士に依頼して増額された賠償金額よりも弁護士費用の方が高額になる「費用倒れ」のリスクが発生します。

しかし弁護士特約を利用すれば、弁護士費用を保険会社が負担してくれるので、被害者が自腹で払う必要がなくなります。

弁護士特約を使えば、費用倒れの心配がありません。

むち打ちの慰謝料が増額される可能性

被害者が自分で加害者側の任意保険会社と示談金を交渉する際に、保険会社が採用するのが、それぞれの保険会社が独自に策定している「任意保険基準」です。

しかし、弁護士に示談交渉を依頼すると、「弁護士基準」という法的な基準によって慰謝料などの賠償金を交渉します。もともと「弁護士基準」は、「任意保険基準」より高額であるため、示談金がの大幅アップが期待できます。

関連記事
交通事故むちうち!慰謝料相場と治療リハビリ通院期間が長いと増額
交通事故でむち打ちの被害に遭った時の注意点をご存知ですか?本記事では、むちうちの慰謝料の相場、増額方法、注意点を解説…[続きを読む]

むち打ちで後遺障害認定を受けやすくなる

むち打ちで後遺症が残ったときは、後遺障害慰謝料などの賠償金を請求するために「後遺障害認定」を受ける必要があります。

しかし、むち打ちは、比較的、後遺障害認定を受けにくいと言われています。MRIなどの撮影を行っても異常が見られないケースがあり、立証が困難なことが多いのです。

交通事故の前から持病のヘルニアなど既往症があると、事故と症状との因果関係が否定されてしまうケースや、事故後、医師に訴えてきた症状に変遷があると、それだけで「症状があるかどうか疑わしい」とされて後遺障害を否定されてしまうケースさえあるのです。

そこで、むち打ち症になったときに適切な後遺障害等級の認定を受けるためには、交通事故に詳しい弁護士に相談しながらアドバイスや指示をもらい後遺障害の申請をすべきです。

弁護士特約を使って依頼をすれば、適切な後遺障害等級の認定を受けられる可能性が上がり、延いては、最終的な損害賠償の増額も期待できます。そのうえ、弁護士費用もかかりません。

関連記事
むちうちで後遺障害認定を受ける7つのポイント
交通事故むち打ちの後遺障害等級認定率が低いことをご存知ですか?今回は、むちうちで認められる後遺障害等級と、後遺障害認…[続きを読む]

保険会社と交渉するストレスから解放される

交通事故被害者にとって、保険会社との示談交渉は大きなストレスとなります。

特に過失割合が0の場合は、自分一人で加害者側の保険会社の担当者と交渉しなければならず、多大な精神的苦痛となります。

ただでさえ、辛いむち打ちの症状があるのに、保険会社との交渉のストレスで治療効果も上がらなくなってしまう例もあります。

弁護士に示談交渉を依頼すれば、交渉はすべて弁護士が行ってくれるので、被害者は治療に集中でき、平穏な気持ちで毎日を過ごせるようになります。

適切なアドバイスを受けられて安心

交通事故の被害に遭うことは初めてのことが多く、被害者は、何かと判断に迷ったり不安に感じたりすることが少なくありません。

弁護士特約を利用して、弁護士に相談すれば、後遺障害の認定以外にも適切なアドバイスをしてもらえ、不安が解消できるので安心感が高まります。

弁護士のアドバイスにより適切な行動をとることができ、将来の不利益も効果的に避けられます。

弁護士特約を使わない場合のデメリット

弁護士特約を使わない場合、デメリットはあるでしょうか?

現在加入する保険に弁護士特約が付いていれば、特にデメリットはありません。弁護士特約を利用したからといって等級が下がることも、保険料が上がることもありません。

ただし、加入している保険に「事故後」に弁護士特約を追加しても、追加前に起きた事故には利用することはできません。

弁護士特約を使うべきタイミング

追突事故でむち打ちになった場合、多くの方が次のような問題に直面し、弁護士に相談なさっています。

  • 整骨院に通いたいが保険会社が認めてくれるか心配
  • 加害者の保険会社の対応が悪い
  • 加害者の保険会社が治療費打ち切りを言ってきた
  • むち打ち症で後遺障害等級の認定が受けられるか心配

「この程度の相談を弁護士にしていいのだろうか」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、基本的に上記のようなタイミングで相談するのが一番です。

早めの法律相談が、より高額の慰謝料の請求を可能にし、弁護士特約を使えば、その分手取り金額の増加も期待できます。

関連記事
交通事故で弁護士に相談・依頼すべき8つのタイミング
交通事故で弁護士に相談、依頼するとしても、「いつ」依頼するか、そのタイミングが重要です。そこで今回は、交通事故で弁護…[続きを読む]

保険会社の「弁護士を紹介する」にご注意!

弁護士特約を使う際には、事前に加入する保険会社に利用したい旨を伝え、同意を得てから弁護士に依頼する必要があります。

そこで、保険会社が、「弁護士を紹介する」と伝えてくることがあります。

被害者の中には、「保険会社の紹介する弁護士に依頼しなければならない」と誤解している方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。

保険会社が紹介する弁護士は、普段からその保険会社から仕事の依頼を受けていると考えられます。

特に、加害者と被害者の加入する保険会社が同じであった場合、その弁護士が示談で強く交渉にあたることができるのか疑問が残るので注意が必要です。

まとめ

追突事故でむち打ちになると、保険会社には示談を代行してもらえず、後遺障害認定も受けにくいなどさまざまな困難が伴います。

このような場合は、積極的に弁護士特約を利用して弁護士に守ってもらうことをお勧めします。

事故に遭ったらまずは保険内容を確かめて、交通事故に強い弁護士を探して相談や依頼をしてみてください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所・東京

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!