自動車保険の弁護士特約は必要か?必要ないか?

自動車保険に加入しようとしているの中には「弁護士特約」というオプションが必要か?それとも必要ではないか?不要か?と悩んでいる方もいるでしょう。

なぜなら、弁護士特約は少額とはいえ、保険料に追加費用がかかるからです。

弁護士特約は、保険契約者が特に「交通事故などの紛争」に関わった場合に、弁護士による法的サポートを受けることができるものです。

具体的には、示談交渉や訴訟手続きの代理などが含まれます。

今回は、TwitterやYahoo!知恵袋などでも話題の、本当に自動車保険の弁護士特約が必要なのか、それとも不要、必要ではないのかについて詳しく説明します。

自動車保険の弁護士特約とは

自動車保険の弁護士特約とは、保険契約者が交通事故や紛争に関与した場合に、弁護士による法的なサポートを受けることができるオプションです。

保険契約者が交通事故や紛争に関与した場合に、一定の範囲内で弁護士へ依頼料金が無料となる場合があります。

この自動車保険の特約に加入することで、保険契約者は自身の法的権利を守るために「専門知識と経験を持った弁護士」の支援を受けることができます。

自動車保険の弁護士特約が必要ない不要なケースはある?

怪我をする事故に巻き込まれなかった場合

自動車保険の弁護士特約に加入しても、幸運なことに一生涯にわたって怪我をする事故に巻き込まれることがなかった場合、結果的に弁護士特約は必要なかったと言える場合があります。

例えば、駐車場で車をぶつけた事故の場合、電柱やミラーにぶつけた自損事故のような場合などが、自身が怪我をしたわけではないため、弁護士特約を利用して相手の保険会社と交渉する必要は少ないと言えます。

ただし、いずれにしも、将来的にどのような結果になるかは、事前に予測することはできません。

私たちは、将来の出来事を完全に予測することはできませんので、それを念頭に置いておく必要があります。

また、損害額と弁護士特約には関係がなく、賠償額がどんなに少額な事故であっても、自動車保険の弁護士特約は不要とは言えず、使えるので、その点も念頭においておきましょう。

事故後の加入を考えている場合

まれに事故後に加入して自動車保険の弁護士特約を利用しようとする方もいるかもしれませんが、この場合は必要ないと言えます。

事故が既に発生している場合、弁護士特約を適用することは難しいと言えます。

弁護士特約は通常、事故や紛争が発生する前に自動車保険に加入していることが条件となっています。事故後に加入した場合、その事故は既存の保険契約の範囲外となるため、弁護士特約の適用は難しいのです。

必要ないといって加入しなかった場合、このようなことも起こり得ます。そのため、しっかり弁護士特約が必要か必要ではないかを検討しておくことが重要です。

自動車保険の弁護士特約が必要だと言えるケース

軽症の場合でも必要

車を運転していると、自身が原因ではない事故に巻き込まれることがあります。例えば、信号待ち中に後ろから追突されるなどのケースです。

このような事故では、追突の衝撃が時速30km程度でも、「むちうち症状」などの怪我を引き起こす可能性があります。

この時、怪我を治療し、後で自動車保険に治療費を請求して、示談が円滑に進み、弁護士の介入は不要ではないか?と考える方も多いでしょう。

しかし、人身事故の場合、相手の保険会社からは治療費だけではなく「慰謝料」を請求することになります。この際に、弁護士の介入の有無によって、請求される慰謝料の金額が大きく異なります。これは、重傷でなくても軽傷の場合も同様です。

大規模な事故に巻き込まれる可能性は確かに少ないかもしれませんが、軽傷の事故に巻き込まれる可能性はあります。

相手の自動車保険会社の言いなりにならずに自身の権利を守るために、弁護士特約を加入しておくことが重要と言えます。

関連記事
交通事故の慰謝料相場と、慰謝料を確実に増額させる方法
交通事故の慰謝料相場はいくらもらった?計算方法と増額方法【2024年まとめ】
交通事故における慰謝料の相場、いくらもらえたのか、計算方法と増額方法をわかりやすく解説致します。交通事故で保険会社か…[続きを読む]

もらい事故の問題

自身に過失がないとされる通称「もらい事故」に巻き込まれるケースがあります。

通常、車同士の事故では完全に自身に過失がないということは稀で、多くは9対1や8対2などの過失割合になります。

このような場合、自身が加入している保険会社は、相手の保険会社と示談の交渉を行ってくれることが一般的です。

しかし、「もらい事故」の場合(10対0の場合)、自身が加入している保険会社は相手と交渉をしません。

そのため、自身で相手の保険会社と直接示談交渉をする必要があります

ここで問題となるのは、相手の保険会社の主張に乗せられてしまい、低額の慰謝料を受け入れてしまうことです。

しかし、弁護士特約に加入していれば、無料で弁護士が相手の自動車保険会社と示談交渉を代行してくれます。

まとめ

今回は、TwitterやYahoo!知恵袋などでも話題の、自動車保険の弁護士特約の必要性について、必要か、不要か必要ではないかについて詳しく解説しました。

弁護士特約を検討している方にとって、経済的な負担が大きくならない限り、できるだけ加入することが望ましいことが理解されたでしょう。

既に事故に巻き込まれており、自動車保険の弁護士特約に加入している方は、当ウェブサイトに掲載されている交通事故に精通した弁護士に相談してみることをおすすめします。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は交通事故弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!