交通事故むち打ち!慰謝料相場と治療リハビリ通院期間が長いと増額

むちうちの慰謝料相場

交通事故に遭うと、むち打ちの症状が出ることがあります。

「むち打ちの慰謝料」には入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があり、相場と増額させるための注意点があります。

後遺障害慰謝料をもらうには、後遺障害等級認定されることが重要です。

むち打ちの場合、後遺障害が認められないケースも多いので、認めてもらう注意点があります。

そこで今回は、交通事故で「むち打ち」になった場合の慰謝料の相場、増額方法、注意点を解説します。

1. むち打ちの症状とは

交通事故で傷害を負った場合、むち打ちの症状が出るケースがあります。

むち打ちは、その正式名称は頸椎捻挫や頚椎挫傷、外傷性頚部症候群となります。

むち打ちになると、

  • 頚部痛や頭痛
  • 頭部、頚部のしびれ
  • 上肢のしびれ
  • めまいや耳鳴り
  • 難聴
  • 吐き気
  • 嘔吐

などのいろいろな症状が出ます。これらの中でも、頸部痛や頸部、上肢のしびれが起こることが多いです。

2. むち打ち慰謝料は2種類ある

むち打ちになった場合、交通事故の相手に請求できる慰謝料の種類は2種類です。1つ目は入通院慰謝料(傷害慰謝料)で、2つ目は後遺障害慰謝料です。

入通院慰謝料

入通院慰謝料は、交通事故による受傷によって怪我をしたこと、入通院したことによる精神的損害を賠償してもらうための慰謝料です。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、交通事故の受傷によって、一生完治しない後遺障害が残ってしまったことに対する慰謝料です。

むち打ちの場合、入通院治療をしていれば入通院慰謝料を請求できますが、後遺障害慰謝料は認められるケースと認められないケースがあります。

3. 慰謝料の計算方法は3種類ある

むち打ちの慰謝料を請求する場合、まずは慰謝料計算の必要があります。交通事故の慰謝料の計算方法には3種類があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

自賠責基準は自賠責保険の支払の際に使われる基準、任意保険基準は任意保険会社が示談交渉する際に使われる基準、弁護士基準は弁護士が示談交渉したり、裁判したりする際に使われる基準です。

これらの中で最も安いのが自賠責基準、任意保険基準が中くらいの金額、最も高額になるのが弁護士基準です

4. むち打ちの入通院慰謝料を増額させる方法

むち打ちの慰謝料には入通院慰謝料と後遺障害慰謝料がありますが、まずは、入通院慰謝料をなるべく多く請求するためのポイントをご説明します。

4-1.交通事故後病院を受診する

むち打ちで入通院慰謝料を請求するためには、交通事故後すぐに病院を受診することが重要です

むち打ちの場合、交通事故後はすぐに自覚症状が出ないことがあります。

その場合であっても病院を受診しておかないと、後から病院に行っても事故との因果関係が認められず、入通院慰謝料が請求できなくなるおそれがあります

4-2.弁護士基準によって請求する

むち打ちで高額な入通院慰謝料を請求するためには、弁護士基準を使って慰謝料の金額を計算することが重要です

慰謝料計算についての3つの基準については、その計算結果がかなり異なります。

自賠責基準によると、1日あたりを4,200円として、実通院日数の2倍か、通院期間の少ない方を基準の日数として計算します。

よって、毎日通院したり、通院頻度が多ければ、それに比例して慰謝料が増えるわけではありません

たとえば、むち打ちによって2ヶ月(60日)の間に20日通院した場合には、実通院日数の2倍である40日(20日*2<60日)を基準にして計算します。

すると、入通院慰謝料の金額は

4,200円×40日=16万8000円

となります。

同じ入院期間で、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準とを比較した表が下記になります。

慰謝料基準入院期間慰謝料
自賠責基準2ヶ月の間に20日通院した場合16万8000円
任意保険基準2ヶ月の通院25万2000円程度
弁護士基準2ヶ月の通院36万円~52万円程度

このように、同じ入通院をした場合でも、弁護士基準を用いると、大幅に入通院慰謝料が増額されます。

そこでむち打ちの慰謝料を増額するためには、弁護士に示談交渉を依頼することにより、弁護士基準によって入通院慰謝料を計算してもらうことがポイントになります。

4-3.入通院期間を長くする

入通院慰謝料の金額は、入通院期間が長くなればなるほど高額になります

このことは、自賠責基準でも任意保険基準でも弁護士基準でも同じです。

たとえば、弁護士基準の場合、

通院期間入通院慰謝料
3ヶ月の場合53万円~73万円程度
6ヶ月の場合89万円~116万円程度
12ヶ月の場合119万円~154万円程度

になります。

よって、入通院慰謝料をなるべく高く請求するには、なるべく長く入通院を継続することが必要です

ただし、治療の必要も無いのに通院を続けていても、その際の通院期間は慰謝料算定の根拠にはなりません。

入通院慰謝料の根拠となる通院は、症状が完治するか症状固定するまでの期間です。

医師が「症状固定した」と診断するまでの間、通院をやめずに最後まで継続することが、高額な入通院慰謝料を請求するために必要です。

4-4.保険会社から治療費を打ち切られても通院をやめない

むち打ちで通院を続けている場合、通院期間が長引いてくると、通院期間が3ヶ月を超えてきたころに相手方任意保険会社から「治療はもう終わりだ」などと言われて治療費を打ち切られることが多いです。

通院期間が長引くと保険会社の支払いが増えるので、通院をやめさせて保険金の支払いを抑えたいという意図によるものです。

相手方任意保険会社から治療費の支払を打ち切られると、自己負担が発生するので、これを嫌って通院をやめてしまう人がいます。

そうすると、症状が改善していないのに治療を止めなければならず、請求できる入通院慰謝料の金額も低くなってしまいます。

保険会社に治療打ち切りを言われて困っている方は、交通事故に強い弁護士に相談して対処法を聞くとよいでしょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら

5. むち打ちの後遺障害慰謝料を得る方法

むち打ちにあった場合には、後遺障害が残るケースがあります。なるべく高額なむち打ちの後遺障害慰謝料を請求する方法をご説明します。

5-1.むち打ちの後遺障害の等級

むち打ちになった場合でも、症状固定時に残っている症状があれば、後遺障害の等級認定を受けることができます。

むち打ちで認定を受けられる後遺障害の等級は、主に14級9号と12級13号です。

各等級の具体的な障害の程度と後遺障害慰謝料は、以下の通りです。

等級障害の程度後遺障害慰謝料(弁護士基準)
第12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの
画像診断や神経学的検査によって、医学的に神経症状が発生していること
(他覚症状があること)を証明できるケース
290万円
第14級9号局部に神経症状を残すもの
画像診断などによって、医学的に証明できなくても(他覚症状がなくても)
被害者の自覚症状の内容が医学的に推定できるケース
110万円

むち打ちの慰謝料を増額させるには、後遺障害慰謝料を受け取ることです。

つまり、症状固定まで通院を継続して後遺障害の等級認定を受けることが非常に重要になります。

後遺障害の等級認定を受けるには、相手方自賠責保険会社に後遺障害認定請求をして、損害保険料率算定機構による調査を受けて、後遺障害が発生していることを認めてもらう必要があります。

ところが、むち打ちの場合、画像診断などの他覚所見がないケース(14級への該当を争うケース)で、後遺障害の等級認定が認められないことがよくあります

関連記事
むちうち
むちうちで後遺障害認定を受ける7つのポイント
むちうちになり、整形外科や整骨院に通って治療してもなかなか完治せず、症状が残る場合があります。これを「後遺症」と言い…

5-2.むち打ちの後遺障害認定は画像診断が重要

客観的な異常が見られない場合には、主に被害者による自覚症状の訴えによって判断することになります。

しかし、痛みなどを誇張して大げさに症状を主張する人の場合には後遺障害が認定されやすくなり、逆に痛みを我慢してあまり何も言わない人の場合には後遺障害が認定されにくくなってしまう結果になり、不都合です。

そこで、後遺障害の等級認定手続きでは、被害者自身の自覚症状の訴えではなく、客観的なレントゲンやMRI等の画像診断や神経学的検査結果等の客観的な資料をもって等級認定しようとするのです。

5-3.後遺障害14級認定の4つのポイント

画像診断で異常がでない「むち打ち」で、後遺障害14級の認定を受けるためには、以下の要件が必要になります。

Point1. 事故当初から「整骨院」ではなく「病院」を受診すること

直後に通院することも重要ですが、整骨院や接骨院ではなく、病院(整形外科)を受診することが必要です。

整骨院などに通院してしまうと、レントゲンなどの画像診断もしてもらえませんし、そもそも治療行為もできません。

整骨院に最初から通ってしまうと、入通院慰謝料が請求できないことがあります。

また、整骨院では後遺障害診断書も書いてもらえず、後遺障害等級認定請求もできなくなります

Point2. 交通事故後の症状が「一貫」していること

次に、交通事故後の症状が一貫していること、連続していることが必要です。

例えば、

  • 事故当初は左の頸部の痛みを主張していたのに、途中で突然右の頸部の痛みを主張し始めたケース。
  • 事故直後は左頸部が自由に動いていたのに、事故後数ヶ月が経過してから突然頸部が雨後無くなったと主張し始めたケース。

などは、症状に一貫性がないとして後遺障害等級認定請求が却下される可能性が高いです。

Point3. むち打ちの症状が「それなりに重大」で、「常に症状」があること

むち打ちの症状がそれなりに重大で、常に症状があることも必要です。

たとえば、頚部の「違和感」や「だるさ」程度の症状では、後遺障害としては認められない可能性が高いです。

また、常時性が必要なので、「普段は症状がないけれども雨の日のみ痛みが出る」では後遺障害の等級認定が認められない可能性が高くなります。

Point4. 神経学的検査で証明すること

さらに、画像診断とそれ以外の神経学的所見の検査結果も重要です。

精度の低いMRIでは捉えられない異常も、神経学的検査をすることによって、他覚的な症状を証明できるケースがあります

神経学的検査とは、身体の筋力や反応などの働きを調べる検査のことです。

むち打ち症状の証明に利用できる神経学的検査としては、以下のようなものがあります。

  • 関節可動域測定:関節の可動域を調べるテスト
  • Jackson(ジャクソン)
  • Spurling(スパーリング)
  • SLRテスト:椎間孔を圧迫して痛みが発生するかどうかを確認することにより、神経根症を確認するテスト
  • 徒手筋力テスト:筋力の程度を調べるテスト
  • 知覚テスト:皮膚の触覚や痛覚などの知覚の程度を調べるテスト
  • 腱反射テスト:腱などの神経該当箇所を叩いて反射の程度を確認する方法で、脊髄や神経の異常を調べるテスト

MRIなどの画像診断で明確に他覚所見が認められない場合には、上記の神経学的検査をしてみると良いでしょう。

後遺障害の等級認定請求をする場合には、上記のような14級の後遺障害認定の要件に注意しながら後遺障害診断書などの書類に記載していくことが必要になります。

6. 慰謝料の増額は、弁護士相談が一番の近道

入通院慰謝料にしても後遺障害慰謝料にしても、弁護士基準で請求すると、大幅にその金額を増額させることができます。弁護士基準で慰謝料を計算するためには、弁護士に示談交渉を依頼することが一番の近道です。

交通事故に強い弁護士は、治療を継続の方法、むち打ちの後遺障害認定のサポート、慰謝料を弁護士基準で計算、示談交渉の代行など幅広く行ってくれます。

つまり、むち打ちの慰謝料請求でなるべく多額の支払を受けるためには、交通事故に強い弁護士を探して依頼することが最も近道になります。

まとめ

今回は、むち打ちの慰謝料請求について解説しました。むち打ちになった場合には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料を請求することができます。

入通院慰謝料は、入通院の期間が長くなればなるほど多額になります。

むち打ちの慰謝料請求でなるべく高額な請求をするためには、弁護士に示談交渉を依頼する方法がおすすめです。

今回の記事を参考にして、できるだけ多額の慰謝料支払いを受けましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!
むちうちで後遺障害認定を受ける7つのポイント »