交通事故むち打ち!慰謝料相場と治療リハビリ通院期間が長いと増額

むちうちの慰謝料相場

交通事故、特に追突事故に遭うと、むちうち症の症状が出ることがあります。

交通事故でむちうち症になってしまったら、一番気になるのは慰謝料の相場とどうやって増額させるのかでしょう。

「むちうちの慰謝料」には入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があり、相場と増額させるための注意点があります。

さらに、後遺障害慰謝料をもらうには、後遺障害等級認定されなければなりませんが、むちうちの場合、後遺障害が認められないケースが多く、認定を受けるためのポイントがあります。

そこで今回は、交通事故で「むちうち」になった場合の慰謝料の相場、増額方法、注意点を解説します。

1.追突事故で「むちうち」|その症状とは

むちうち症は追突事故など、ちょっとした衝撃でも発症することがあります。

一般に「むちうち症」といいますが、正式名称は頸椎捻挫や頚椎挫傷、外傷性頚部症候群となります。

むちうちになると、

・頚部痛や頭痛
・頭部、頚部のしびれ
・上肢のしびれ
・めまいや耳鳴り
・難聴
・吐き気
・嘔吐

などのいろいろな症状が出ます。これらの中でも、頸部痛や頸部、上肢のしびれが起こることが多いです。

2.むちうち慰謝料は2種類ある

むちうちになった場合、交通事故の相手に請求できる慰謝料の種類は2種類です。1つ目は入通院慰謝料(傷害慰謝料)で、2つ目は後遺障害慰謝料です。

入通院慰謝料

入通院慰謝料は、交通事故による受傷によって怪我をしたこと、入通院したことによる精神的損害を賠償してもらうための慰謝料です。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、交通事故の受傷によって、一生完治しない後遺障害が残ってしまったことに対する慰謝料です。

むちうちの場合、入通院治療をしていれば入通院慰謝料を請求できますが、後遺障害慰謝料は認められるケースと認められないケースがあります。

3.慰謝料の計算方法は3種類ある

むちうちの慰謝料を請求する場合、まずは慰謝を料計算する必要がありますが、交通事故の慰謝料の算定基準には3種類あります。

・自賠責基準
・任意保険基準
・弁護士基準

自賠責基準は自賠責保険の支払の際に使われる基準、任意保険基準は任意保険会社が示談交渉する際に使われる基準、弁護士基準は弁護士が示談交渉したり、裁判したりする際に使われる基準です。

これらの中で最も安いのが自賠責基準、任意保険基準が中くらいの金額、最も高額になるのが弁護士基準です。

4.むちうちの入通院慰謝料の算定方法(3ヵ月・6ヵ月の慰謝料相場)

それでは、入通院慰謝料の算定方法を自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準を使って具体的に説明しましょう。

4-1.自賠責基準

自賠責基準では、以下の方法で入通院慰謝料を算定します。

・実通院日数×2

・治療期間

どちらか少ない方の日数×4,200円=入通院慰謝料

むちうちで3ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数30日)

「実通院日数×2」が30日×2(60日)で、「治療期間」が通院期間の3ヶ月(90日)なので、30日×2(60日)の方が少ないため、慰謝料の額は、

30日×2×4,200円=25万2000円 となります。

むちうちで6ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数50日)

「治療期間」と「実通院日数×2」を比較してみると治療期間180日に対して、50日×2(100日)の方が少ないので、慰謝料の額は、

100日×4,200=42万円 となります。

4-2.任意保険基準

任意保険基準は、各保険会社が独自に設定しています。明確な金額を示すことはできませんが、かつて使われていた「旧任意保険基準」を参考にすると、

むちうちで3ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数30日)

3ヶ月通院した場合の入通院慰謝料は、およそ37万円です。

むちうちで6ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数50日)

6ヶ月通院した場合の入通院慰謝料は、およそ64万3000円です。

4-3.弁護士基準

入通院期間を基に、原則として「赤い本」に掲載の別表Ⅰを、むちうちのような他覚症状のない怪我や軽い打撲などの場合は、 別表Ⅱを用いて算定します。

2018年版の「赤い本」によると、他覚症状がないむちうちの場合、慰謝料算定のための通院期間は、通院が長期にわたるときは、症状、治療内容、通院頻度をふまえて、実通院日数の3倍程度(他覚症状がある場合は3.5倍程度)を目安とされることもあります。

 入通院慰謝料別表Ⅱ抜粋】(単位:万円)

むちうちで3ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数30日)

3か月通院した場合の慰謝料金額は、53万円です。

むちうちで6ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数50日)

6ヶ月通院した場合の入通院慰謝料は、89万円です。

4-4.むちうちの慰謝料相場まとめ

同じ入院期間で、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準とを比較した表が下記になります。

むちうちで3ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数30日)

慰謝料の算出基準 慰謝料の額
自賠責基準25万2000円程度
任意保険基準37万8000円程度
弁護士基準53万円程度

むちうちで6ヶ月通院の慰謝料相場(実通院日数50日)

慰謝料の算出基準 慰謝料の額
自賠責基準42万円程度
任意保険基準64万3000円程度
弁護士基準89万円程度

このように、同じ入通院をした場合でも、弁護士基準を用いると、大幅に入通院慰謝料が増額されます。

5.むちうちの入通院慰謝料を増額させる方法

次に、入通院慰謝料をなるべく多く請求するためのポイントをご説明します。

5-1.慰謝料請求には、交通事故後病院での受診が大前提

むちうちで入通院慰謝料を請求するためには、交通事故後すぐに病院で受診することが重要です。

むちうちの場合、交通事故後はすぐに自覚症状が出ないことがあります。

その場合であっても病院で受診しておかないと、後から病院に行っても事故との因果関係が認められず、入通院慰謝料が請求できなくなるおそれがあります。

そのうえ、後述する後遺障害の認定を受ける場合も、事故との因果関係が疑われてしまうと、認定を受けられなくなる可能性があるので事故後は直ぐに病院で診断を受けるようにしましょう。

5-2.完治・症状固定まで治療を止めない

入通院慰謝料の金額は、入通院期間に応じて高額になります。

このことは、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準によって変わりありません。

よって、入通院慰謝料をなるべく高く請求するには、なるべく長く入通院を継続することが必要です。

ただし、治療の必要も無いのに通院を続けていても、その際の通院期間は慰謝料算定の根拠にはなりません。

そこで問題となるのが入通院慰謝料算定の根拠となる通院ですが、症状が完治するか症状固定するまでの期間です。

医師がリハビリの必要がなくなり「完治した」あるいは「症状固定した」と診断するまでの間、通院をやめずに最後まで継続することが、高額な入通院慰謝料を請求するために必要です。

5-3.通院頻度も重要

通院期間だけでなく、通院頻度も重要です。

入通院慰謝料の場合は、通院期間は長期にわたるが通院の頻度が少ないと、期間ではなく実際に通院した日数の3倍(他覚症状がある場合は3.5倍)が採用されて、慰謝料の金額が低くなることもあるからです。

また、通院頻度に問題がある場合も、後遺障害認定されない可能性があります。治療の途中で通院期間に1ヶ月以上の大きな空白があると事故と後遺障害の因果関係が認められ難くなってしまうのです。

理想的には、通院頻度は週3回以上と言われています。通院の頻度があまり少なくならないように気を付けましょう。

5-4.弁護士基準によって請求する

むちうちで高額な入通院慰謝料を請求するためには、弁護士基準を使って慰謝料の金額を計算することが重要です。

弁護士に示談代行を依頼することで、保険会社は裁判になることをおそれるため、弁護士基準での慰謝料請求が可能となります。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

6.むちうちで後遺障害慰謝料を得る方法

むちうち症であっても後遺障害が残ることがあり、この場合に後遺障害慰謝料を手にするには、後遺障害等級認定を受ける必要があります。

そこで、むちうち症で獲得できる後遺障害等級とその等級の後遺障害慰謝料について解説することにしましょう。

6-1.むちうちの後遺障害等級

むちうちで認定を受けられる後遺障害の等級は、ほとんどの場合、14級9号と12級13号です。

各等級の具体的な障害の程度と後遺障害慰謝料は、以下の通りです。

等級障害の程度
第12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの

画像診断や神経学的検査によって、医学的に神経症状が発生していること(他覚症状があること)を証明できるケース

第14級9号局部に神経症状を残すもの

画像診断などによって、医学的に証明できなくても(他覚症状がなくても)被害者の自覚症状の内容が医学的に推定できるケース

後遺障害の等級認定を受けるには、相手方自賠責保険会社に後遺障害認定請求をして、損害保険料率算定機構による調査を受けて、後遺障害が発生していることを認めてもらう必要があります。

6-2.むちうちの後遺障害慰謝料の相場

後遺障害14級、12級それぞれの後遺障害慰謝料の相場は、次のとおりです。

後遺障害慰謝料の任意保険基準の額は、各保険会社により異なり公開されていないので、数字を記載することは困難です。入通院慰謝料と同様に、自賠責基準と弁護士基準の間の金額となります。

後遺障害14級の場合

慰謝料算出基準後遺障害慰謝料の額
自賠責基準32万円
弁護士基準110万円

後遺障害12級の場合

慰謝料算出基準後遺障害慰謝料の額
自賠責基準93万円
弁護士基準290万円

このように、後遺障害慰謝料は、等級によって、大きく金額が違ってきます。

より高い後遺障害慰謝料を手にするためには、より高い等級の認定を目指さなければなりません。

7.むちうちの後遺障害等級認定が難しい理由・認定を受けるポイント

むちうちでの後遺障害等級認定は難しいと言われています。難しい理由と認定を受けるためのポイントを解説します。

7-1.治療期間3ヶ月では後遺障害認定が難しい

一般的に、後遺障害等級が認定されるためには、事故から約6か月以上経過してから症状固定になる必要があるといわれています。

むちうち症の治療期間も少なくとも、「通院期間6か月以上」、「実通院日数100日以上」である場合でなければ、後遺障害等級が認定されるのは難しいといえるでしょう。

保険会社が治療費を打ち切ることが多い「通院期間3か月」では、後遺障害認定は難しいという結論になります。

では、症状が残っているのに保険会社から治療費打ち切りを告げられた場合は、あきらめるしかないのでしょうか?

7-2.治療費を打ち切られた場合の対処法

保険会社が治療費打ち切りを伝えてくるのは、通院期間が長引くと保険会社の支払いが増えるので、通院をやめさせて保険金の支払いを抑えたいという意図によるものです。

だからと言って、治療を止める必要はありません。

そもそも、治療を終わる状況なのかどうかは保険会社が決めることではなく、担当の医師が判断することです。まずは、担当の医師に相談することが大切です。医師に対して、あなたの症状などを正確に伝えて治療を続けてもらうよう依頼しましょう。

それでも症状固定などの判断を待たずに保険会社が治療費を打ち切ってきたら、内払金仮渡金制度を利用して事前に賠償金を受け取ることが可能です。

また、自分の健康保険を利用して、治療を継続示談で支払いを請求することは可能です。示談がもめるようであれば、弁護士に相談してみましょう。

関連記事
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
この記事では、保険会社が治療費打ち切りを打診するケースや、その理由、被害者がとるべき対処法を紹介します。打ち切りの連…

7-3.むちうちで後遺障害認定を受けるポイント

後遺障害認定を受けるためには、事故とむちうち症の因果関係を明確にすることです。そのためにも事故後、早期に病院で診察を受け、MRIなど必要な検査を受けておきましょう。

主治医に後遺障害認定を受けやすい後遺障害診断書を書いてもらうのもポイントです。医師は治療のプロであって事故のプロではないので、認定をうけやすい診断書を書けるとは限らないのです。

そして、できれば被害者請求で申請します。そういう意味でも、早くから弁護士に依頼すれば、色々とアドバイスをもらうことができます。

むちうちで、後遺障害認定を受けるポイントに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

8.むちうちで慰謝料増額は弁護士相談が一番の近道

入通院慰謝料にしても後遺障害慰謝料にしても、弁護士基準で請求すると、大幅にその金額を増額させることができます。弁護士基準で慰謝料を計算するためには、弁護士に示談交渉を依頼することが一番の近道です。

交通事故に強い弁護士は、治療を継続の方法、むちうちの後遺障害認定のサポート、慰謝料を弁護士基準で計算、示談交渉の代行など幅広く行ってくれます。

つまり、むちうちの慰謝料請求でなるべく多額の支払を受けるためには、交通事故に強い弁護士を探して依頼することが最も近道になります。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事

軽い追突事故で「むちうち症」に!嘘と言われない為にやるべき事 »
この記事が役に立ったらシェアしてください!