交通事故むちうち!慰謝料相場と治療リハビリ通院期間が長いと増額

交通事故、特に追突事故で多いのが、むちうちです。

交通事故でむちうちになると、怪我の治療などでとても出費もかさみます。そのため、慰謝料について次のような疑問がTwitterなどのSNSやYahoo!知恵袋などの電子掲示板でも投稿されることが多いようです。

  • 追突事故でむちうちになったら、慰謝料・示談金はいくらか。相場・平均金額は。
  • むちうちのリハビリ・治療期間はどれくらいか。通院頻度は週何回が良いか。

そこで、今回は、交通事故で「むちうち」になった場合の慰謝料の相場や事例、慰謝料表、増額方法、通院日数や頻度などの注意点を解説します。

交通事故の慰謝料は、通院日数が短い軽症の交通事故慰謝料、また通院3ヶ月から6ヶ月の慰謝料、さらに通院7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月の慰謝料と、通院日数によって金額が大きく変動することを考慮してご参考ください。

交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
交通事故 全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故慰謝料でお悩みなら今すぐ弁護士にご相談を
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

むちうちの2つの慰謝料

追突事故などでむちうちになった場合、交通事故の相手に請求できる慰謝料は次の2種類です。

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料

①入通院慰謝料(傷害慰謝料)

「入通院慰謝料」とは、交通事故よって怪我をして、その結果入通院したことによる精神的損害を賠償してもらうための慰謝料です。

そのため「傷害慰謝料」とも呼ばれます。

関連記事
追突事故で慰謝料はいくらもらえるか|計算方法と金額相場
追突事故では、むち打ちをはじめ怪我をする被害者がとても多く、そんな時に支払われるのが慰謝料です。ここでは、追突事故に…[続きを読む]

②後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、交通事故の受傷によって、完治しない「後遺障害が残ってしまった」ことに対する慰謝料です。

病院で治療を受けていれば入通院慰謝料は請求できますが、一方で、後遺障害慰謝料については後遺障害の「等級が認定」されなければ、慰謝料を受け取ることはできません。

むちうちの3つの算定基準

むちうち慰謝料相場の算定には3つの基準がある

むちうちの慰謝料相場を計算する前に、知っておいた方が良いことについて解説致します。

交通事故の慰謝料の算定には、以下の異なる3つの基準が存在し、それぞれの賠償額の関係は次の通りとなります。

自賠責基準 < 任意保険基準 < 弁護士基準(裁判基準)

自賠責基準

自賠責基準は自賠責保険の支払の際に使われる基準であり、3つの基準のうちで最も低額な基準となります。

任意保険基準

任意保険基準は任意保険会社が示談交渉する際に使われる基準であり、3つの基準のうちで中間に位置します。

任意保険基準は、各保険会社が独自に設定しているため、明確な金額を示すことはできません。

弁護士基準(裁判基準)

弁護士基準は弁護士が示談交渉する際や、裁判でも使用される基準です。3つの基準のうちで最も高額となる基準です。

これらを用いて慰謝料・示談金を計算していくことになります。

むちうちの入通院慰謝料はいくらもらえる?計算方法と相場

それでは、むちうちの入通院慰謝料の相場はいくらぐらいもらえるのか計算を具体的に説明しましょう。

①自賠責基準で計算

自賠責基準では、次の2つのステップで入通院慰謝料を算定します。

Step1.
「通院期間」と「実治療日数 × 2」のうち少ない日数を選択する

Step2.
次に「Step1.」で選択した日数 × 4,300円(※)

※ 2020年3月31日以前に発生した事故については、4,200円で計算

なお、ここで言う「通院期間」とは「初診日から、最後に治療・リハビリをした最終日までの期間」を指します。

以下「むちうち」を例に挙げて、具体的に入通院慰謝料を計算してみます。

【事例1】むちうちで通院期間3ヶ月、実通院日数30日の慰謝料

Step1.
「通院期間」= 3ヶ月(*要するに90日)>「実通院日数 × 2」は「 30日 × 2=60日

Step2.
60日× 4,300円 = 25万8,000円

【事例2】むちうちで通院期間6ヶ月、実通院日数50日の慰謝料

Step1.
「通院期間」= 6ヶ月(*要するに180日)>「実通院日数×2」=「 50日 × 2=100日」

Step2.
100日× 4,300円 = 43万円

②任意保険基準で計算

ここでは、かつて使われていた「旧任意保険基準」を使用しています。参考程度の金額とお考えください。

計算式は特になく、独自の表を利用して計算します。

【事例1】むちうちで通院期間3ヶ月、実通院日数30日の慰謝料

むちうちで3ヶ月通院した場合の入通院慰謝料は、およそ37万8000円です。

【事例2】むちうちで通院期間6ヶ月、実通院日数50日の慰謝料

6ヶ月(半年)通院した場合の入通院慰謝料は、およそ64万3000円です。

③弁護士基準で計算|表を利用する

最後に、弁護士基準での金額相場の計算方法です。

「赤本」に掲載の「別表」を利用して弁護士基準の入通院慰謝料を計算します。赤本の「別表」には、次の2つがあります。

  • 別表Ⅰ
    他覚症状のあるむちうちの入通院慰謝料算定に使用
  • 別表Ⅱ
    他覚症状のないむちうちの入通院慰謝料算定に使用

今回は「別表Ⅱ」を使い計算します。

*以下の表は、横方向にスライドさせると、すべての項目が確認できます。

入通院慰謝料別表Ⅱ(単位万円)

入院 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 13月 14月 15月
通院 35 66 92 116 135 152 165 176 186 195 204 211 218 223 228
1月 19 52 83 106 128 145 160 171 182 190 199 206 212 219 224 229
2月 36 69 97 118 138 153 166 177 186 194 201 207 213 220 225 230
3月 53 83 109 128 146 159 172 181 190 196 202 208 214 221 226 231
4月 67 95 119 136 152 165 176 185 192 197 203 209 215 222 227 232
5月 79 105 127 142 158 169 180 187 193 198 204 210 216 223 228 233
6月 89 113 133 148 162 173 182 188 194 199 205 211 217 224 229
7月 97 119 139 152 166 175 183 189 195 200 206 212 218 225
8月 103 125 143 156 168 176 184 190 196 201 207 213 219
9月 109 129 147 158 169 177 185 191 197 202 208 214
10月 113 133 149 159 170 178 186 192 198 203 209
11月 117 135 150 160 171 179 187 193 199 204
12月 119 136 151 161 172 180 188 194 200
13月 120 137 152 162 173 181 189 195
14月 121 138 153 163 174 182 190
15月 122 139 154 164 175 183

では、「他覚症状のない場合のむちうち」を例に、具体的に入通院慰謝料を計算してみます。

【事例1】むちうちで通院期間3ヶ月、実通院日数30日の慰謝料

入院の行の「入院」と通院の列の「3月」が交差する欄に表記された「53万円」が入通院慰謝料の相場金額となります。

【事例2】むちうちで通院期間6ヶ月、実通院日数50日の慰謝料

入院の行の「入院」と通院列の「6月」が交差する欄に表記された「89万円」が入通院慰謝料の相場金額となります。

弁護士基準の入通院慰謝料の計算は「通院期間」に注意

なお、2020年版の「赤本」では、「通院期間」の定義が変わるケースとして、通院が長期にわたるときは、症状・治療内容・通院頻度をふまえて「実通院日数の3倍程度(他覚症状がない場合)」もしくは「実通院日数の3.5倍程度(他覚症状がある場合)」を通院期間の目安とすることがあるとしています(※)。

※ 「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準 2020 」上巻 192頁

関連記事
2022年版「赤い本」で交通事故の入通院慰謝料を計算する方法
この記事は、「赤い本」だけでなく「青本」や「弁護士基準」について、また、実際に「赤い本」の基準を使った慰謝料の計算方…[続きを読む]

むちうちで通院期間3ヶ月・6ヶ月の入通院慰謝料相場まとめ

結局むちうちで慰謝料はいくらもらえるのか、ここまでの慰謝料相場の比較を下表にまとめました。

むちうちで通院期間3ヶ月、実通院日数30日の慰謝料

慰謝料の算出基準  慰謝料の額
自賠責基準 25万8,000円程度
任意保険基準 37万8000円程度
弁護士基準 53万円程度

むちうちで通院期間6ヶ月、実通院日数50日の慰謝料

慰謝料の算出基準  慰謝料の額
自賠責基準 43万円程度
任意保険基準 64万3000円程度
弁護士基準 89万円程度

このように、同じむちうちでも、弁護士基準を用いると、大幅に入通院慰謝料が増額されることがわかります。またリハビリ期間・治療期間が長いほうが増額につながることもわかります。

むちうちで入通院慰謝料を増額させる方法

次に、入通院慰謝料を増額するためのポイントを説明しましょう。

事故後はすぐに病院で受診し、リハビリをする

むち打ちで入通院慰謝料を請求するためには、交通事故後すぐに病院で受診することが重要です。

事故後すぐ病院で受診しなければ、事故との因果関係が認められず、入通院慰謝料が請求できなくなるおそれがあります。

そのうえ、後述する後遺障害の認定を受ける場合も、事故との因果関係が疑われてしまうと、認定を受けられなくなる可能性があります。

入通院慰謝料・後遺障害慰謝料いずれの請求においても、事故後は直ぐに病院で診断を受けリハビリを開始することが大切です。

関連記事
むちうち治療
むち打ちの治し方と治療期間|通院頻度を保つべき理由とは
追突事故などによる「むちうち」は、後遺障害で一番多い傷病と言われています。治療に疑問を抱く方も多い傷病です。この記事…[続きを読む]

リハビリ期間・治療期間を長くする

入通院慰謝料の金額は、治療期間に応じて高額になります。
このことは、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準のいずれでも変わりありません。

よって、入通院慰謝料を増額するには、なるべく長く入通院を継続することが必要です。

ただし、治療の必要も無いのに通院を続けていても、その期間は慰謝料算定の対象とはなりません。

入通院慰謝料算定の対象期間となりえるのは、あくまで症状が完治するか症状固定かするまでの期間です。

医師がリハビリの必要がなくなり完治・症状固定と診断するまでは、通院をやめないようにしましょう。

通院日数・通院頻度も重要

通院期間が長くても、通院日数や通院頻度が少ない場合には、治療の必要性が疑われます。

「仕事や家事などでなかなか通院できない」と悩む方も少なくないですが、治療の面からは勿論、適正な損害賠償を受け取るためにもしっかりと通院し、実績をつくる必要があります。

むち打ち症の場合、週2~3回というのが、望ましい通院頻度です(※)。

※例えば、通称「青本」正式名「交通事故損害額算定基準」(日弁連交通事故相談センター本部)2018年版では、週に2日の通院を標準通院率としています。

関連記事
むちうち治療
むち打ちの治し方と治療期間|通院頻度を保つべき理由とは
追突事故などによる「むちうち」は、後遺障害で一番多い傷病と言われています。治療に疑問を抱く方も多い傷病です。この記事…[続きを読む]

保険会社から治療費を打ち切られても通院はやめない

TwitterやYahoo!知恵袋などでも話題になることが多いですが、むち打ちの通院期間が3ヶ月を超えると、相手方の保険会社から「治療費打ち切り」の打診がされることがあります。

そもそも相手方任意保険会社が「治療が終わり」と言ってくるのは、それ以上通院期間が長引くと保険会社の支払が増えてしまうので、通院をやめさせて保険金の支払いを抑えたいという意図によるものです。

正当な入通院慰謝料を請求するためには、任意保険会社が治療費を打ち切ってきても、通院をやめてはいけません。

通院は、医師が症状固定したと判断するまで継続しましょう。

関連記事
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
この記事では、保険会社が治療費打ち切りを打診してくるケースや、その理由、被害者がとるべき対処法を紹介します。打ち切り…[続きを読む]

弁護士に相談する

むち打ちで入通院慰謝料を増額するためには、先述したとおり、弁護士基準を使って慰謝料の金額を計算することが重要です。

ただし、被害者自身が保険会社と交渉しても弁護士基準で慰謝料を請求することは難しいです。

そのため、弁護士に示談交渉を依頼することにより、弁護士基準によって入通院慰謝料を計算してもらうのが最善と言えるでしょう。

交通事故に遭ったら、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類の慰謝料を請求することができます。また、算出する…[続きを読む]
軽い追突事故で保険会社から、むちうち症が「嘘」と言われたらどう対処すべきでしょうか?本記事では、むちうちを疑われた時…[続きを読む]
交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
交通事故 全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故慰謝料でお悩みなら今すぐ弁護士にご相談を
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

むちうちの後遺障害慰謝料はいくらか|計算方法と相場

交通事故でむちうちになった場合「後遺症」が残ることがあり、後遺障害等級が認定されると、入通院慰謝料とは別に「後遺障害慰謝料」の請求も可能になります。

むちうちの「後遺障害等級」とは

むちうちで認定を受けられる後遺障害の等級は、ほとんどの場合「14級9号」と「12級13号」です。

各等級の具体的な障害の程度は、以下の通りです。

等級 障害の程度
第12級13号 「局部に頑固な神経症状を残すもの」

画像診断や神経学的検査によって、医学的に神経症状が発生していること(他覚症状があること)を証明できるケース

第14級9号 「局部に神経症状を残すもの」

画像診断などによって、医学的に証明できなくても(他覚症状がなくても)被害者の自覚症状の内容が医学的に推定できるケース

むちうちの後遺障害慰謝料の相場

後遺障害14級、12級それぞれの後遺障害慰謝料の相場は、次のとおりです。

後遺障害14級の場合

慰謝料算出基準 後遺障害慰謝料の額
自賠責基準 32万円
任意保険基準※1 40万円
弁護士基準 110万円

後遺障害12級の場合

慰謝料算出基準 後遺障害慰謝料の額
自賠責基準 94万円(※2)
任意保険基準※1 100万円
弁護士基準 290万円

※1 任意保険基準については、旧任意保険の統一支払基準を参考に記載しています。
※2 2020年3月31日以前の事故については、93万円

このように、後遺障害慰謝料は、認定を受ける等級、算定の基準によって、大きく金額が違ってきます。

より高額な後遺障害慰謝料を手にするためには、より高い等級の認定を目指し、かつ弁護士基準で計算する必要があります。

むちうちで後遺障害認定を受ける4つのポイント

むちうちで後遺障害等級の認定をうけるためには、簡単にまとめると、次の4つのポイントが重要になります。

  1. 事故との因果関係を明確にするためにMRIなど画像診断や神経学的所見の検査を受ける
  2. 症状の訴えに連続性・一貫性を保つ
  3. 症状がそれなりに重篤で常時性がある
  4. 交通事故に強い弁護士のサポートを受ける

後遺障害の等級認定手続きでは、画像診断が非常に重視されるため、画像診断などの他覚所見がないケース(例えばむちうち14級への該当を争うケース)で後遺障害認定されないことがよくあるため、認定のポイントをしっかり抑えておく必要があります。

詳しくは、下記記事で解説していますので併せてご参照下さい。

関連記事
むちうちで後遺障害認定を受ける7つのポイント
交通事故むち打ちの後遺障害等級認定率が低いことをご存知ですか?今回は、むちうちで認められる後遺障害等級と、後遺障害認…[続きを読む]

交通事故むちうち!慰謝料自動計算機

ご自分の弁護士基準の慰謝料相場を調べたい方は、当サイトの「慰謝料相場の自動計算機」をご利用ください。

むちうちの通院期間や後遺障害等級を入れるだけで弁護士基準の慰謝料表よりも簡単に、自分の慰謝料相場を弁護士基準で計算することができます。

本当の慰謝料はいくら?通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、弁護士基準の慰謝料相場を知ることができます。 むち打ちの…[続きを読む]

また、慰謝料が事故後「どれくらいの期間」で支払われるかについては、下記の記事を参考にしてください。

交通事故で負傷した場合、治療のために余分な出費がかさむ上、仕事もままならずに収入が減少してしまい、悩んでいる被害者の…[続きを読む]

なお、専業主婦がむちうちになった場合は、休業損害の請求も可能です。併せてごお読みください。

交通事故の被害者となったら事故による収入減の補償として休業損害や逸失利益の請求をすることができます。では、収入のない…[続きを読む]

まとめ

今回はむちうちの慰謝料計算や相場、通院頻度についての注意点など解説致しました。

入通院慰謝料にしても後遺障害慰謝料にしても、弁護士基準で請求すると、大幅にその金額を増額させることができます。

いくらもらえるか弁護士基準で慰謝料を計算するためには、弁護士に示談交渉を依頼することが一番の近道です。

交通事故に強い弁護士は、他にも、治療を継続の方法、治療期間、むちうちの後遺障害認定のサポート、慰謝料・示談金を弁護士基準で計算、示談交渉の代行など幅広く行ってくれます。

むちうちでお悩みの方は、是非、交通事故に強い弁護士への依頼をご検討ください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
交通事故 全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故慰謝料でお悩みなら今すぐ弁護士にご相談を
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!