交通事故の示談金/慰謝料はいつ振り込まれる?

★ お気に入りに追加

交通事故で負傷した場合、治療のために余分な出費がかさむ上、仕事もままならずに収入が減少してしまう傾向があります。

「追突事故の慰謝料はいつもらえるの?」「治療費が家計を圧迫して苦しい」、「示談から支払いまでの期間がどれくらいなのかわからないので困っている」といった声があるのはもっともです。

今回は、慰謝料を含んだ示談金がいつ振り込まれるのか、事故後から示談金が振り込まれるまでの流れとそれぞれの過程にかかる期間を説明したいと思います。

示談金振込みまでの流れ

まず、交通事故後にどのような流れで手続きが進んでいくのかをみていきましょう。

交通事故後の手続きの流れ

交通事故で負傷した場合、示談金の振込みまでは以下のような手順で進行していきます。

交通事故発生から示談交渉が終了するまでにかかる期間は、通常3ヶ月程度です。

しかし、半年〜1年程度かかる場合もあります。過失割合について相手方が納得しなかったり、大きな事故で傷の治癒に時間がかったりする場合があるためです。

このように、ケースによって示談金がいつ振り込まれるのかにはバラつきがあります。もっとも、それぞれの過程で具体的に何をするのか・どんなことが起こるのかが分かれば、自分のケースでどのくらい時間がかかるのかを知ることもできると思います。

では、それぞれの過程で何を行いどのくらいの期間がかかるのかをを詳しくみてきましょう。

事故発生から示談交渉まで

治療期間

事故で負傷した場合は、しばらく治療に専念します。治癒するか「症状固定」にならなければ、賠償額が定まらないため、示談交渉に入ることが難しいからです。

一般に、保険会社が妥当と考える治療期間は、以下の通りです。

・打撲1ヶ月
・むち打ち3ヶ月
・骨折6ヶ月

もちろん、これらは一般的な治療期間と考えておくべきで、むち打ちで6ヵ月以上治療するケースも当然あります。

後遺症が残ったら、後遺障害認定を

治癒すれば、そのまま示談交渉に入ることができますが、症状固定となった場合は、後遺障害等級認定を受けてから示談交渉に入ることになります。

後遺症が残った場合、「症状固定」までに通常6ヶ月以上かかります。

ちなみに、後遺障害等級の認定には相手の自賠責保険に申請後、通常約1ヶ月程度(重症の場合は、3ヶ月以上)かかります。

示談交渉の流れ

示談開始から過失割合の協議・合意まで

示談交渉に入ると、保険会社や弁護士がまず行うことは過失割合の算定です。

通常は事故発生から3~5日前後で話し合いがまとまりますが、過失割合に合意できない場合には2週間以上かかることもあります。

どちらかが納得しない場合には、それぞれの代理人が「これ以上交渉しても過失割合は変わらない」ことを説明し、相手方を説得しますが、それでも納得しないときは、裁判に発展することもあり得ます。このような事態に陥った場合には、裁判に数ヶ月以上かかることを覚悟しなければなりません。

関連記事
交通事故の過失割合
交通事故の過失割合とは?適正な決め方【納得できない!もめたくない】
交通事故に遭ったら、自分が受けた被害について相手方に対し、損害賠償請求をします。このとき、損害額を計算しても、全額の…

示談金額の確定から示談成立まで

示談金額の確定

過失割合の協議が終わったら、今度は慰謝料を含め示談金額の確定に入ります。過失割合の段階では、それぞれの落ち度の割合を協議するという抽象的な交渉でしたが、ここからは、実際に被害者が受け取る金額を決定する段階に入ります。

この段階で、「示談金の額が少ない・高すぎる」といった示談金の額が問題となるケースもあります。

この場合、交渉の主な内容は、被害者の保険会社との金額交渉になるため、示談までの期間は比較的短い期間となる場合が多いです。具体的には、3ヶ月以内には合意し、解決できるケースが多いでしょう。もっとも、示談書の締結など手続きがあるため、全てが完了するのはさらに1ヶ月後とみておきましょう。

このように、損害額に争いがあるケースであっても、比較的短期間で示談が成立し、示談交渉もスムーズに進むことが多いといえます。

示談金はいくらもらえるか?相場を知りたい方は、下記のご参考ください。

関連記事
示談金相場
交通事故の示談金はいくらもらえる?相場を解説【2019年保存版】
交通事故に遭うと、加害者や加害者の保険会社との間で示談を進め、示談金を支払ってもらうことになります。このとき、具体的…

示談成立・示談書の作成

まず、示談交渉が成立した後は、示談書を作成します。

示談書とは、当該交通事故の過失割合、賠償金の内訳、金額などの示談交渉の内容に同意する書面のことで、弁護士や行政書士など専門家に依頼すれば数日程度で作成してもらうことが可能です。

示談書に署名、押印をすることにより示談が成立することになります。

示談書が作成されたら、保険会社に郵送等で送付します。場合によっては、示談書の送付なしに手続きが進む場合もあります。

関連記事
交通事故の示談書が届かない理由をわかりやすく解説!
通常、交通事故で示談交渉がまとまると、保険会社から「示談書」が送付されてきます。しかし、なかなか届かない場合もあるよ…

示談成立から支払いまでの期間は1週間程度

ここまで手続きが済めば、後は通常事務手続きのみです。

具体的には、示談書を送付し、保険会社に到達したら、通常3~5日ほどで銀行口座に示談金が振り込まれます。遅くても1~2週間以内には振込まれるでしょう。

仮に、2週間待っても振り込まれていない場合は、なんらかの手続上のミスが考えられます。相手の任意保険会社、自賠責保険会社に自分で問い合わせをしてみましょう。

早期示談成立・慰謝料増額には交通事故に強い弁護士に依頼

交通事故の示談交渉は長期化することが多いの実情です。

では、示談までの期間を早めるために、重要なこととはなんでしょうか。

ズバリ、交通事故に強い弁護士に依頼することです。

交通事故に強い弁護士であれば、日々保険会社と交渉しているので、保険会社の出方を予想しながら対処することが可能ですし、経験から様々な解決策を被害者にアドバイスすることも可能です。

また、弁護士に依頼すれば、弁護士基準による請求で、慰謝料が増額する可能性もあり、もし裁判となった場合にも対応してもらうことができます。

以上から、保険金支払いまでの期間を早めるためには、信頼できる交通事故に強い弁護士に依頼することが重要です。まずは相談してみることからはじめましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!