バイク事故の被害者の方へ!示談金の相場をわかりやすく解説

Motorcycle accident on the city road

交通事故が起こるとき、自動車同士の事故ばかりとは限りません。バイクが当事者となるバイク事故も多く発生しています。バイク事故では、四輪車の事故以上に死亡率や重傷を負う可能性が高いので、被害者にとっても影響が大きいです。また、バイクを相手に事故を起こすと四輪車側の過失割合が高くなり、莫大な賠償金が発生してしまうことも多いです。

そこで今回は、バイク事故では、四輪車と比べてどのような特殊性があるのか、バイク事故について知っておきたいポイントについて、網羅的に解説します。

バイク事故の原因

バイク事故の原因には、どのようなものが多いのでしょうか?いろいろとありますが、以下のようなものがあります。

バイク側の要因

まずは、バイク側の要因としてどのようなものがあるか、見てみましょう。

バイクが無茶なすり抜けをする

バイクは、四輪車に比べて横幅が狭いため、自動車の横を簡単にすり抜けることができます。特に渋滞などの場合には、バイクがどんどん自動車を追い越していくので、イメージしやすいでしょう。
しかし、無茶なすり抜けや追い越しをすると、事故につながります。接触や巻き込み事故も多いですし、バイクが対向車と衝突してしまうこともあります。
バイクを運転するときには、無茶な運転は控えるべきです。

バイクの前方不注意

バイクは、四輪車と比べて視界が狭いです。体制的にもかがんだ姿勢になりますし、ヘルメットによってさらに周囲を見渡しにくくなります。高速で運転していることも、視野が狭くなる一因です。
そうなると、前方不注意になりやすいです。ふとした不注意や脇見が大事故につながり、ライダーの命を奪うこともあります。

ライダーのスキル不足

バイク事故の要因としては、ライダーのスキル不足も挙げられます。
たとえば、最近では、若い頃にバイクに乗っていたけれども、結婚や子育てなどがあってしばらくバイクに乗っていなかった人が、再びバイクに乗ろうとするケースなどがあります。
このように、久しぶりにバイクに乗ると、若い頃より体力や反射神経が衰えているために、昔と同じような感覚で運転していると事故につながりやすいです。しかも、このような世代は大型のバイクを好む傾向があることも、事故の増大の一因となっています。

バイクは自動車から死角になる

バイクは、車体が小さいため、車から非常に見えにくくなっています。走行車両の数が多い場所ではバイクが他の車の陰に隠れて見えなくなるため、突然他の車両の間から出てきたバイクに自動車がぶつかって事故につながるということも多いです。

また、自動車の窓の柱に重なって見えなかったり、サイドミラーやバックミラーに車体が映らない死角に入ってしまったりすることもあります。
こうしたとき、路線変更などをきっかけに接触事故につながりやすいです。

バイクは巻き込まれやすい

バイクは、車体が小さいために車に巻き込まれやすいです。車が左折するときに、車が左後ろから来ていたバイクに気づかず、巻き込んでしまうのです。特に大型車の場合、バイクの姿を見失いやすいので、巻き込み事故が起こりがちです。

バイクは急ブレーキができる

バイクは、自動車に比べると早期に止まることができる乗り物です。バイクのブレーキは、前輪のものと後輪のものが独立していますし、車体が軽いために短い距離で停止することができるのです。このことは、後ろから来ていた車からすると、急ブレーキをかけたように見えます。充分な車間距離をとっていなかった場合、車同士なら事故にならない場合でも、バイクが相手だと事故につながってしまいます。

自動車側の要因

次に、バイク事故についての自動車側の要因を見てみましょう。

バイクとの距離やスピードを把握しにくい

バイクは、車体が小さいため、自動車から見ると正確な距離やスピードをはかりにくいです。実際よりも遅く走っているように見られたり、実際より遠くにいるように感じられたりするので、実際にはバイクが高速で近くに来ていることに気づかず、接触事故につながります。

自動車が、バイクとの視野の違いを認識していない

バイクは視野が狭いため、自動車の運転手とは見えている範囲が全く違います。ところが、自動車は、自分と同じように「見えているはず」と思い込んでしまいます。このことで、相手が避けてくれるだろうと考えて漫然と走行していると、事故につながってしまいます。

バイク事故で多い怪我

部位

次に、バイク事故で多いけがの種類について、見てみましょう。
まず、一番多いのは頭のけがです。

平成22年から平成26年までの5年の間に起こったバイク事故全体で見ると、47.4%が頭にけがをしています。次に多いのは胸部のけがで、28.4%です。
次いで頸部の8.2%、腹部の7.1%と続きます。

このように、バイクでは頭をけがすることが非常に多いので、ヘルメットをかぶることが非常に重要であることがわかります。ヘルメットをかぶっていなかった場合、ライダーの過失割合も高く評価されることがあります。

怪我の種類

バイクでけがをしたとき、たとえば以下のようなけがをすることがあります。
脳挫傷や半身不随、手足の切断や機能喪失、半身不随や麻痺、意識不明の重体になることもあります。むち打ちになることも多いです。

後遺障害が残りやすい身体の部位

バイク事故で後遺障害が残りやすい部位についても、見てみましょう。
最も多いのは、頸部です。次が下肢、そして頭部、上肢(腕)、腰や背中と続きます。

このように、バイク事故が起こると、首や頭、手足に後遺障害が残ってしまうことが多いです。
バイク事故では、命を失わず助かったとしても、重大なけがをしたり後遺障害が残ったりする可能性が高いので、運転の際にも十分注意をする必要があります。

バイクの事故率と死亡率

バイク事故の事故率と死傷者の割合

次に、バイク事故の事故率と死亡率を見てみましょう。自動車と比較するとわかりやすいです。

平成26年における調査によると、自動車の場合、登録台数が7706万4477台ある中で、事故者が44万3641人、うち死者が1322人、重傷者が1万784人、軽傷者が43万1533人となっています。
これに対し、125ccを超えるバイクの登録台数は358万9551台です。その中で事故者が3万349人、うち死者が447人、重傷者が5121人、軽傷者が2万7925人となっています。

割合に直すと、自動車の場合、事故率は0.58%、死者は0.0017%、重傷者は0.014%、軽傷者は0.56%です。

これに対し、バイクの場合、事故率は0.85%、死者は0.012%、重傷者は0.14%、軽傷者は0.78%となっています。

バイクは自動車の10倍以上の死亡率

このように、事故率だけで見ても自動車よりバイクの方が多いのですが、死亡率で比べるとバイクは自動車の10倍以上、重傷者も10倍となっており、バイク事故になると、死亡や重傷などの重大な結果につながりやすいことがわかります。

このことからしても、やはりバイクを運転するときには、どれだけ注意しても注意しすぎるということはありません。

交通事故の致死率の比率について

次に、交通事故が起こったときの致死率の比率をご紹介します。

これは、死亡事故が起こった場合、死亡しているのはどのような人が最も多いかという問題です。

平成28年度の調査によると、東京都内では歩行者が37.1%と最も多く、次いでバイクが25.2%となっており、自転車の22.5%と続きます。自動車は14.5%に過ぎません。
全国で見ると、やはり歩行者の死亡が最も多く34.9%、次いで自動車の34.3%、バイクは17.5%、自転車が13.0%です。

ただ、バイクはそもそも登録台数が自動車の5%くらいしかないことに鑑みると、この数字は非常に高いと言えます。さらに、東京では、バイクの死亡率が自動車より非常に高くなっていることにも注意が必要です。このことからすると、都会ではバイクでの死亡事故が起こりやすいことも考えられるので、都会でバイクを運転するときには、細心の注意を払う必要があります。自動車を運転するときにも、バイクが相手の事故が起こると死亡事故につながりやすいということなので、バイクが近くを走行しているときには、慎重すぎるくらいに慎重になるべきです。

バイクの死亡事故要因

次に、バイクで死亡事故につながる場合、死亡要因としてはどのような部位の損傷が多いのか、見てみましょう。
まずもっとも多いのは頭部への損傷で42.8%、次いで胸部の27.8%となっており、これだけで7割以上の死亡要因となっています。
このようなデータに則して考えると、バイクに乗るときには、頭や胸を守ることが非常に重要であることがわかります。

バイク事故を防止する方法は?

バイク事故が起こると、死亡や重傷などの重大な結果につながりやすいです。そこで、バイク事故を防止する方法を検討することが必要です。

バイクの特性を把握する

まずは、バイクの特性を把握しましょう。
バイクには、以下の特性があります。

  • 四輪自動車の死角に入りやすい
  • バランスを取りにくく、転倒しやすい
  • 事故が起きたときに、ライダーが受けるダメージが大きい
  • バイクのブレーキは、前輪と後輪が別々になっていて、制動距離が短い

バイクに乗るときだけではなく、四輪車を運転するときも、上記のバイクの特性を意識しましょう。

バイクのライダーの特性を把握する

バイクのライダーには、四輪車のドライバーとは違う特徴があるので、それを理解しておくことも重要です。具体的には、以下のような特徴があります。

  • 乗車姿勢が前かがみになり、視野が路面中心になる、狭くなる
  • ライダーは同乗者から注意されることがないので、運転が自己流になりがち

特に、ライダーは自覚を持つべきです。安全運転に配慮しましょう。

四輪車から誤解されている

バイクは、四輪車のドライバーに正確に理解されていないことが多いです。自動車のドライバーは、バイクの免許を持っていない人が多く、バイクを運転するということがどのようなことかがわからないためです。このことが、四輪車とバイクの交通事故につながります。そこで、バイクを運転するときには、自分が自動車のドライバーにどのように理解されているのか、理解しておく必要があります。

四輪自動車の運転手は、バイクに以下のような考えを持っていることが多いです。

  • バイクは簡単に停止できる
  • バイクは実際よりも遠くにいるように見えるし、走行速度が遅く感じられる

また、夜間には、四輪車はバイクを認識しにくくなります。

走行前に日常点検する

死亡事故防止のバイク整備

バイク事故を防ぐには、日頃から走行前に点検をすることが大切です。以下のような項目をチェックしましょう。

  • 燃料のチェック
  • エンジンオイルの点検
  • 車輪の状態のチェック
  • エンジンに異音がないか
  • オイル、冷却水に漏れは無いか
  • ブレーキが正常に作動するか
  • ライトや指示器の作動状況
  • バッテリーの確認
  • バックミラーの調整
  • ハンドルがきちんと操作できるか

走行時のヘルメット装備と服装

バイク事故を防ぐためには、運転時の装備と服装が重要です。

ヘルメットをすべきことはもちろんのこと、胸部のプロテクターも装着することが望ましいです。ノーヘルは絶対に避けるべきですし、フルフェイスのヘルメットにして、あごひもはしっかりと締めるようにしましょう。

また、手足のけがも多いので、必ず長袖長ズボンの衣類を身につけましょう。夏場などで暑くても、身体を守るためには丈夫な分厚い素材の服を着ることが大切です。ジャケットを身につけることや、ブーツを履くことも望ましいです。また、バイクではどうしても事故率が高くなるので、バイクの任意保険に加入しておくことが重要です。

バイクが自動車と事故を起こしたらバイクのライダーがけがをしますが、歩行者や自転車とぶつかったらとたんに加害者になってしまうので、対人対物賠償責任保険をはじめとして、保険は万全にしておきましょう。

慰謝料と示談金の相場

バイク事故の場合、慰謝料や示談金はどのくらいになるのでしょうか?その相場を見てみましょう。

バイク事故の示談金の相場

そして、バイク事故の場合の慰謝料やその他の示談金は、通常の四輪車の事故のケースと基本的に同じです。
被害者がけがをして入通院治療をすると、治療費や通院交通費、入院雑費や付添看護費、休業損害、慰謝料、逸失利益などが支払われます。

具体的な金額の相場については、事故の内容や被害者のけがの程度によって大きく異なります。

軽いむち打ちで後遺障害がなければ、発生する損害は治療費と通院交通費、入通院慰謝料くらいであり、100万円以下になることもありますが、むち打ちでも後遺障害が残ったら、後遺障害慰謝料や逸失利益が支払われるので、数百万円程度の示談金が支払われることもあります。

重大な後遺障害が残るような事故であれば、5000万円~1億円以上の高額な示談金が支払われることもありますし、死亡事故のケースでも、賠償金の金額は非常に高額になります。

バイク事故の示談金の相場を考えるとき「バイク事故だからいくらになる」という金額的な相場はなく、「事故の結果によって賠償金の金額が変わる」ことを理解しておく必要があります。

バイク事故の示談金の具体的な金額

参考として、バイク事故で実際に支払われた損害賠償金のデータを見てみましょう。
平成24年度の交通事故における任意保険の支払金額です。

死亡事故

乗用自動車の場合、死亡事故での支払額の平均額が2719万円、傷害のケースの支払額の平均が60万円となっています。

傷害事故

これに対し、小型二輪と軽自動車の場合、死亡事故での支払額の平均が2362万円、傷害事故の支払額の平均が57万円となっています。

原付の場合、死亡事故の場合に平均2453万円、傷害の場合の平均が66万円です。

このように、四輪車かバイクかなどの乗り物の違いによって、大きく賠償金額が変わることはありません。

ただ、バイク事故の場合、重傷や死亡事案が多くなるので、「事故全体」としての考えると、自然と賠償金の相場が上がるということはありえます。

バイク事故にあってしまったら

バイクを運転中に、四輪車相手に事故に遭ったら、大きなけがや死亡事故につながることが多いです。

交通事故で被害者になると、相手に賠償金を請求しなければなりません。このような場合、相手と示談交渉をして、賠償金支払いの問題を解決しなければなりません。
バイク事故で大きな被害を被ったら、相手に高額な賠償金を支払ってもらう必要があります。

被害者が自分で相手の任意保険会社と示談交渉をしても、非常に不利になってしまうことが多いです。本来なら、重大なけがをしていて高額な慰謝料や逸失利益を支払ってもらえるはずなのに、相手の保険会社が低額な任意保険基準で計算をすることにより、賠償金の金額が下げられてしまうおそれもあります。

また、被害者側の過失割合を上げられて、賠償金を大きく減額されてしまうおそれもあります。

弁護士に示談交渉を依頼する

そこで、バイク事故に遭ったら、弁護士に示談交渉を依頼する必要があります。弁護士に示談交渉を依頼すると、高額な弁護士基準で賠償金の計算をしてもらうことができますし、裁判所が利用する適切な過失割合の基準をあてはめてくれるので、損害賠償金額が大きく過失相殺されることも避けることができます。

また、弁護士に対応すると、被害者は自分では何もしなくて良くなるので、治療に専念することも可能になります。
このように、バイク事故では弁護士の助けを借りることが重要なので、バイク事故に遭ったら、まずは交通事故問題に強い弁護士を探して、相談を受けることをおすすめします。

まとめ

今回は、バイク事故全般について、網羅的に解説しました。

バイク事故は、四輪車の事故に比べて死亡率や重傷率が非常に高いです。そこで、事故に遭わないために日常的にしっかりと点検を行い、万一事故に遭ったときのために、ヘルメットをかぶり胸部プロテクターをつけるなど、装備を万全にしなければなりません。また、バイクのライダーは任意保険への加入率が低いですが、バイクによって人を傷つける可能性もあるので、必ず任意保険に加入しましょう。

有名人でもバイク事故に遭っている例は多く、バイク事故は決して人ごとではありません。

バイクと四輪車が事故になった場合には、バイクに有利に修正されますし、通勤途中を含めた業務中にバイク事故に遭った場合には、労災を適用してもらうことも可能です。
バイク事故に遭ったとき、被害者が自分で示談交渉をすると、相手の保険会社から不利な条件を押しつけられて、賠償金が下げられてしまうおそれが高いです。
適切な賠償金を獲得するためには、弁護士に依頼することが重要ですから、バイク事故に遭ってしまったら、まずは交通事故問題に強い弁護士を探して相談を受けるようにしましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!