交通事故の慰謝料計算で重要な「赤い本」「青い本」とその違いとは?

Statue of justice (focus on face)

交通事故に遭ったときには、加害者に対して慰謝料などの損害賠償を進めなければなりませんが、このとき、どのようにして賠償金を計算すべきかが問題となります。

治療費の範囲や付添看護費用、休業損害の計算方法、慰謝料の算定方法など、さまざまな知識が必要です。

交通事故慰謝料や賠償金の算定方法を知るために、「赤い本」「青い本」と呼ばれる本が役に立ちます。

以下では、「赤い本(赤本)」と「青い本(青本)」がどのようなもので、どのようにして入手したらよいのかなど、必要な知識を中心に解説します。

赤い本、青い本とは

赤い本、青い本の基本知識

交通事故の「赤い本」「青い本」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これらは両方とも、交通事故の損害賠償金計算方法を詳しく説明している冊子です。

たとえば、人身事故の治療費、付添看護費用、入院雑費、介護費用や休業損害、逸失利益や慰謝料などについての法律的な考え方、相場、計算方法が詳細にまとめられています。

赤い本や青い本を発行しているのは、「日弁連交通事故相談センター」です。

これは、交通事故ADRの1つで、弁護士会が中心となって組織しているものです。

日弁連交通事故相談センターは、多くの交通事故の裁判例などを調べてその結果を検証し、データ化して赤い本や青い本などの冊子にまとめています。

そこで、赤い本や青い本を見ると、交通事故の損害賠償金計算基準についての法律的な考え方を知ることができます。

日弁連交通事故相談センターに関して詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

関連記事
交通事故相談
「相談」だけじゃない!日弁連交通事故相談センターの活用法
日弁連交通事故相談センターとは 「日弁連交通事故相談センター」とは、日弁連(=日本弁護士連合会)が昭和42年に設立し…

赤い本、青い本とは?

「赤い本」や「青い本」というのは、正式名称ではありません。

赤い本

赤い本は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」です。また、赤い本を発行しているのは、公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部です。本の表紙や背表紙など、装丁の色が赤いので、わかりやすく「赤い本」と呼ばれていて、「赤本」といわれるケースもあります。

青い本

青い本は、「交通事故損害額算定基準」という名称です。青い本を発行しているのは、公益財団法人日弁連交通事故相談センター本部です。青い本は、装丁の色が全体に青いので、わかりやすく「青い本」と呼ばれます。「青本」といわれるケースもあります。

黄色本、緑本について

このように赤い本は日弁連交通事故相談センター「東京支部」の出している交通事故損害賠償金計算基準であり、青い本は同センターの「本部」が編集している全国に適用すべき交通事故損害賠償金計算基準を示す本ですが、これら以外にも、大阪地裁や名古屋地裁における算定基準をまとめた本があります。

大阪地裁で適用される基準については「交通事故損害賠償額算定のしおり」という小冊子にまとめられています。このしおりは緑色なので「緑本、緑のしおり」などといわれることがあります。

名古屋地裁の運用をまとめているのは、「交通事故損害賠償額算定基準」という本で、公益財団法人日弁連交通事故相談センター「愛知県支部」が発行しています。名古屋の交通事故損害賠償額算定基準は全体的に黄色いので「黄色い本」「黄色本」などといわれます。

ただ、大阪や名古屋の弁護士も赤い本や青い本をもっていることが多く、それらを参照して賠償金を計算することも一般的です。そこで、これらの地域の人であっても赤い本や青い本についての知識を持っていて損はありません。

大阪や名古屋以外に居住している場合には、もちろん緑本や黄色い本について気にする必要はありません。

赤い本、青い本に載っている内容

赤い本や青い本には、具体的に何が掲載されているのか、みてみましょう。

赤い本の掲載内容

赤い本は、上巻(基準編)と下巻(講演録編)に分かれており、以下のような内容が掲載されています。

上巻に掲載されている内容

  • 積極損害

治療費や付添看護費用、入院雑費や器具・装具の費用、介護費用、家屋や自動車の改造費用、弁護士費用などの説明です。

  • 消極損害

休業損害、後遺症による逸失利益、死亡による逸失利益についての説明が掲載されています。

  • 慰謝料

入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料についての説明です。

  • 物損について
  • 賠償金の減額事由

損益相殺・損害の填補等、同乗事故における減額、素因減額、過失相殺などが記載されています。

  • 渉外交通事件
  • 資料

後遺障害別等級表、労働能力喪失率表、簡易生命表、賃金センサス表などの資料がついています。

下巻に掲載されている内容

  • 講演 最近の東京地裁民事第27部交通訴訟の実情
  • 講演 肩関節~腱板断裂を中心に~
  • 部会活動報告等

(2018年度版の場合)

青い本に掲載されている内容

  • 積極損害

治療費、付添看護費、雑費、交通費、葬祭費、家屋・自動車などの改造費、装具など、子供の学習費・保育費、学費等、弁護士費用、その他です。

  • 消極損害

休業損害、後遺症による逸失利益、死亡による逸失利益の説明が記載されています。

  • 慰謝料

傷害慰謝料、後遺症による慰謝料、死亡慰謝料、慰謝料に関するその他の問題が記載されています。

  • 賠償金の減額事由

過失相殺、好意(無償)同乗、割合認定(素因減額)についての説明が載っています。

  • 損益相殺

損益相殺の当否、損益相殺で控除すべき対象となる損害の限度、過失相殺と損益相殺による控除の先後関係、共同不法行為の場合のてん補関係が説明されています。

  • 遅延損害金について
  • 物損について

(26訂版平成30年2月発行の場合)

以上のように、赤い本も青い本も、説明されている項目はほとんど同じです。ただし、細かい内容を見ていくと違いもあり、それらについては後の項目でご説明します。

赤い本、青い本の賠償金計算基準は「弁護士・裁判基準」

赤い本でも青い本でも、交通事故の損害賠償金の計算方法が解説されていますが、このときに採用されている賠償金計算基準は、すべて「弁護士基準(裁判基準)」です。

交通事故の損害賠償金計算基準には、弁護士基準(裁判基準)と任意保険基準、自賠責基準の3種類があることが知られています。

弁護士基準や裁判基準は、その名の通り、弁護士や裁判所が損害賠償金を計算するときに使う基準です。弁護士が加害者の保険会社と示談交渉を進めるときにも、弁護士基準を使用します。

そして、弁護士基準は3種類の交通事故損害賠償基準のうち、もっとも高額になります。慰謝料を計算するときなどにも、弁護士基準を適用すると他の基準の2~3倍になるケースもみられます。

赤い本も青い本も、日弁連交通事故相談センターという法曹家(弁護士)の団体が日頃取り扱っている交通事故の裁判例などを研究して発行しているものですから、当然適用される基準が弁護士基準になるのです。

被害者が自分で任意保険会社と示談交渉をするときには、より低額な任意保険基準をあてはめられてしまうので、赤い本や青い本の基準よりも賠償金が減額されます。

被害者が、本来の権利としての法的基準である弁護士基準・裁判基準による正しい計算方法を知りたいのであれば、赤い本や青い本が非常に役立ちます。

関連記事
交通事故の慰謝料相場と、慰謝料を確実に増額させる方法
交通事故の慰謝料相場と増額方法
交通事故の慰謝料は、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類があり、それぞれの慰謝料を増額請求をするためには…

赤い本と青い本の違い

以上のように、赤い本と青い本は、発行主体も近く、書かれている内容もほとんど同じに見えます。何か違いはあるのでしょうか?以下で、みてみましょう。

編集者と発行主体

まずは、書籍の編集者と発行主体が異なります。

赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)の場合には、「公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部算定基準部会」が編集しており、同センターの東京支部が発行しています。

これに対し、青い本(交通事故損害額算定基準)は、「公益財団法人日弁連交通事故相談センターの研究研修委員会」が編集しており、同センターの本部が発行しています。

つまり、赤い本と青い本の編集者、発行主体には、同じ日弁連交通事故相談センターの「東京支部」か「本部」かという違いがあります。

このことにより、具体的な違いも発生します。

編集者が「東京支部」であれば、当然東京地裁の運用をまとめた内容になりやすいですし、本部の場合には、より全国に適用しやすいよう汎用的な内容になりやすいからです。

赤い本には上下巻がある

赤い本は、上下巻に分かれていますが、青い本は一冊です。

赤い本の上巻は「基準編」となっており、具体的な交通事故損害賠償金の計算基準を個別に解説しています。下巻は「講演録編」であり、東京地裁で毎年交通事故専門部の裁判官が行っている講演内容が収録されています。講演では交通事故の裁判の最新問題について、裁判官の見解が述べられているため、参考にしている実務家も多いです。関心があれば、是非ともお読み下さい。

青い本の場合、上下巻には分かれておらず、1冊の中に損害賠償金計算基準と講演録が掲載されています。

赤い本と青い本の分量を比べるとき、全体のページ数や情報量としては、上下巻に分かれている赤い本の方が多少多くなっています。

適用される裁判所

赤い本と青い本では、その賠償金計算基準が適用される裁判所も異なります。

赤い本は、日弁連交通事故相談センターの東京支部が編集した本であり、その内容は東京地裁の運用を前提にしています。

そこで、赤い本の計算基準は、東京地裁の基準であると考えて間違いありません。

これに対し、青い本は日弁連交通事故相談センターの本部が編集した本であり、その内容はより全国的に適用できる内容となっています。そこで、地方によっては青い本を見た方が、実情に沿った内容となっている可能性もあります。

ただし、最近では東京地裁の基準が広く一般で使われるようになってきているので、地方であっても赤本をそのまま使って問題ないケースが多いです。

慰謝料の計算方法

赤い本と青い本では、慰謝料の計算方法が異なります。

赤い本の場合には、各種の慰謝料の数字について、明確な基準となる1つの数値を定めています。

これに対し、青い本の場合には、「〇円~〇円」など、幅を持った記載となっています。

これは、赤い本の場合には東京地裁における運用を前提とするので、東京地裁の基準を記載すれば足りますが、青い本の場合には全国を対象としているので、各裁判所の運用状況に応じてある程度幅を持たせる必要があるからです。

以下で、交通事故のそれぞれの慰謝料額が赤い本と青い本のそれぞれでどのくらいになるのか、紹介します。

入通院慰謝料の例

赤い本と青い本の入通院慰謝料は、以下の通りです。

赤い本(軽傷)赤い本(通常程度の怪我)青い本
通院1か月19万円28万円16~29万円
通院3か月53万円73万円46~84万円
通院6か月89万円116万円76~139万円
入院1か月
通院3か月
83万円115万円73~136万円
入院2か月
通院6か月
133万円181万円122~225万円

後遺障害慰謝料の例

赤い本と青い本の後遺障害慰謝料の金額は、それぞれ以下の通りとなっています。

後遺障害の等級赤い本青い本
1級2800万2700~3100万
2級2370万2300~2700万
3級1990万1800~2200万
4級1670万1500~1800万
5級1400万1300~1500万
6級1180万1100~1300万
7級1000万900~1100万
8級830万750~870万
9級690万600~700万
10級550万480~570万
11級420万360~430万
12級290万250~300万
13級180万160~190万
14級110万90~120万

このように、青い本の場合、各後遺障害の等級において、幅を持った金額になります。

死亡慰謝料の例

赤い本と青い本それぞれにおける死亡慰謝料は、以下の通りです。

被害者の家族での役割赤い本青い本
一家の大黒柱2800万円2700万~3100万
母親、配偶者2500万円2400万~2700万
その他
(独身者、未成年者など)
2000万円~2500万円2000万〜2500万

このように、青い本の数字には幅があるので、赤い本よりも柔軟に慰謝料の金額を算定しやすい面があります。

個別の解説が詳しいのは青い本

赤い本と青い本では、解説内容の詳しさにも違いがあります。

赤い本の場合、どちらかというと結論が明示されているにとどまり、個別の解説は少なめです。

これに対し青い本の場合には、それぞれの損害賠償金について、比較的詳しく解説されているため、一般の方でもとっつきやすくわかりやすいことがあります。

損害賠償金計算方法についての詳しい根拠まで知りたい方には、青い本の方が向いています。

発行の頻度

赤い本と青い本では、新刊が発行される頻度が異なります。

赤い本の場合には、毎年新しい版が発行されますが、青い本は2年に1回の改定となります。

どちらにしても、交通事故損害賠償金計算方法を調べたいときには、最新の分を購入しましょう。

赤い本は裁判例が豊富

赤い本にも青い本にも、交通事故損害賠償請求訴訟の裁判例や判例が掲載されていますが、その数は、どちらかというと赤い本の方が多くなっています。

赤い本の場合、毎年の改定のたびに、100例程度の裁判例を入れ替えているので最新の裁判例を知るには便利です。ただし、赤い本に掲載されている裁判例は、比較的被害者にとって有利なものが多くなっています。

青い本には過失割合の記載がない

交通事故に遭ったときには、被害者と加害者の間で「過失割合」についてのトラブルが発生することが多いです。そのような場合、交通事故ごとの適切な過失割合を知る必要があります。

赤い本には主立った交通事故の過失割合の基準が掲載されていますが、青い本には過失割合の基準が掲載されていないので、これを見ても、具体的な過失割合を知ることはできません。

赤い本には講演録がついている

赤い本は、上下巻に分かれており、下巻は裁判官による講演録の記録となっています。

交通事故専門部の裁判官(ただし東京地裁のみです)の生の意見を聞けるのはとても有用ですから、この点では赤い本の方が有用と言えるでしょう。

赤い本や青い本を入手すべきケースとは

赤い本や青い本には交通事故損害賠償金計算方法や、計算の際に利用する資料がたくさん掲載されているのですが、このような本を入手すべきケースはどのような場合なのでしょうか?

加害者の保険会社が提示している金額が正しいかどうか分からない

被害者が加害者の保険会社と示談交渉をしていると、相手の提示金額が妥当かどうか分からないと感じるケースが多いです。

慰謝料が安すぎると感じることもありますし、休業損害の計算方法を知りたいということもあるでしょう。

このようなとき、赤い本や青い本を参照すると、適切な金額の相場を知ることができるので、不当に低い金額で示談をしてしまう結果を避けられます。

相手が本人であり、正しい損害賠償金計算方法を知りたい

交通事故の損害賠償金には、適正な相場があります。たとえば入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料には基準となる金額がありますし、逸失利益や自宅改装費用などについても定まった考え方があります。しかし、一般の方はそういった法律的な考え方や基準の数字を知らないことが一般的です。

加害者と被害者に保険会社がつかない場合には、自分たちで話し合いをしなければなりませんが、そのようなときには、どのようにして損害額を計算して良いのかわからないことが多いでしょう。

赤い本や青い本をみると、こうした損害賠償金についての基本的な考え方や基準を知ることができるので、相手が本人であっても話し合いをすすめやすくなります。

過失割合についての争いが発生している

交通事故が起こると、被害者と加害者との間で過失割合についての争いが発生するケースが多いです。

その場合、交通事故のパターン別の過失割合の基準をあてはめて、それぞれの過失割合を決定しなければなりません。

ただ、被害者には過失割合についての知識がないために、加害者の保険会社から一方的に高い過失割合を割り当てられて、不利になってしまうことも多いです。

そのような場合、赤い本を購入して過失割合を調べたら、相手の言っていることが正しいかどうかを判断できます。

弁護士基準を知りたい

交通事故の損害賠償金計算基準には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士基準(裁判基準)の3種類があり、弁護士基準がもっとも高額になります。

弁護士基準によって損害賠償請求を行う権利は被害者に保障されたものですから、被害者としては、適正な弁護士基準の考え方を知り、それをあてはめて加害者との示談交渉を進めるべきです。

このように、弁護士基準を知るためにもっとも役に立つのが赤い本や青い本です。

相手の保険会社と示談交渉を始める前の段階において、まずは弁護士基準による計算方法を知りたいというケースでは、これらの本を入手すべきです。

判例を知りたい

交通事故の事件を処理するとき、過去の判例は非常に重要です。裁判を起こしても、裁判所は過去の判例を考慮して判決を下しますし、加害者の保険会社と示談交渉を進めるときにも過去の判例を参考にするからです。

ただ、一般の方の場合、交通事故の判例を探そうとしてもなかなか見つけられるものではありません。

このようなとき、赤い本や青い本を使うと、論点ごとに判例がまとめられているので、自分の交通事故のケースで参考になりそうな裁判例を比較的容易に見つけられます。

赤い本、青い本の入手方法

赤い本や青い本を入手するには、どのようにすれば良いのでしょうか?

これらの本は、両方とも「公益財団法人 日弁連交通事故相談センター」から購入できます。

ウェブサイトからPDFの購入申込書をダウンロードして、必要事項を書き込み、FAX送信すれば本を送ってもらえます。送料は、センターが負担します。

もしくは東京弁護士会の弁護士会館内にある日弁連交通事故相談センターの窓口に行って直接購入することも可能です。ただし、弁護士会館は弁護士や法律事務所の事務員などの人ばかりがいて、一般人にはなかなか入りづらい雰囲気がありますし、いちいち弁護士会まで足を運ぶのも労ですから、通常のケースでは郵送で申し込むと良いでしょう。

代金について、赤い本は3000円(上下巻セット)、青い本は2600円となります。

お申し込みは、こちらのページから可能です。

http://www.n-tacc.or.jp/solution/book.html

赤い本と青い本の使い分け

赤い本と青い本の説明内容には重複部分も多いのですが、どのように使い分けたら良いのでしょうか?どちらを購入すべきか、ケースごとにみてみましょう。

赤い本を入手すべき場合

赤い本を入手すべきケースは、以下のような場合です。

東京で交通事故に遭った場合

赤い本は、東京地裁における運用を前提としてまとめられているので、東京で交通事故に遭われた場合など東京地裁が管轄となる場合には、迷わず赤い本を購入しましょう。

過失割合を知りたい場合

赤い本には交通事故のパターンごとの過失割合が掲載されていますが、青い本には具体的な事故ごとの過失割合の基準が掲載されていません。

そこで、相手と過失割合について争いが発生しているなど、具体的に過失割合の基準を知りたい場合には、赤い本を購入した方がよいでしょう。

端的に結論だけ知りたい場合

青い本は、比較的詳しい解説が加えられていますが、赤い本にはあまり解説がなく、端的に結論だけが書かれています。そこで、結論だけがわかったらそれで良い、という方の場合には、赤い本を購入すると良いでしょう。

青い本を入手すべき場合

東京とは異なる運用をされている地方

最近では、全国の裁判所で東京地裁に近い運用方法が行われているとも言われますが、全国津々浦々まで東京地裁のやり方が浸透しているものではありません。

そこで、地方に居住している場合には、幅を持たせた青い本記載の金額の方が妥当なケースがあります。

ただ、自分の居住する地域でどのような運用方法が行われているのかわからないという方も多いでしょう。そのような場合、一度地域の弁護士の無料相談サービスを利用して、その地域ではどういった基準が適用されるのか、赤い本か青い本のどちらがお勧めかなど、聞いてみると良いでしょう。

損害賠償金計算方法の根拠を詳しく知りたい場合

青い本は、赤い本に比べて比較的詳しく損害賠償金計算方法や根拠が示されており、一般素人の方でも読みやすい内容となっています。

そこで、より詳しい損害賠償金計算方法の根拠を知りたい場合や、素人にもなるべく理解しやすい書籍を望んでいる場合などには、青い本を選ぶと良いでしょう。

まとめ

以上のように、赤い本や青い本を購入すると、法律を知らない素人の方であっても、ある程度正確に交通事故損害賠償金計算方法を知ることができます。

しかし、赤い本や青い本を入手したからといって、必ずしも高額な弁護士基準をあてはめて賠償金を計算してもらえるわけではありません。

被害者が自分で加害者の保険会社と示談交渉をするときには、相手の任意保険会社によって、低額な任意保険基準をあてはめられるからです。

被害者が「弁護士基準で計算をすべきだ」と言っても、聞き入れてもらえない可能性が高いですし、あまり固執すると「それであれば示談できません」と言われてしまうでしょう。

また、本を読んだからと言って、必ずしも正確に弁護士基準を適用して損害賠償金を計算できるとも限りません。

実際の示談交渉の場面で、高額な弁護士基準で損害賠償金を計算するためには、弁護士に示談交渉を依頼すべきです。

弁護士が示談交渉をするときには、当然に弁護士基準を適用して慰謝料などの損害賠償金を計算しますし、相手の保険会社も、弁護士相手に低額な任意保険基準を適用しようとはしません。

また、どうしても相手の保険会社との間で合意ができない場合には、訴訟(裁判)によって裁判基準(弁護士基準)を適用させることも可能です。

弁護士に示談交渉を依頼すると、弁護士基準が適用されることや過失割合が適正な割合になることで、慰謝料を含めた賠償金が2倍や3倍になる可能性もあります。

このことを知らずに被害者が自分で示談をしてしまうと、不利益が大きくなります。

交通事故の被害者の方が、加害者の保険会社と示談交渉を進めるときには、自己判断で示談書に署名押印してしまう前に、必ず交通事故に強い弁護士に相談をしましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!