知っている人だけが得をする!交通事故に強い弁護士の選び方とは?

img_howtofindaccidentlawyer_ver2.0

日本には、およそ3万人以上もの弁護士が存在しています。もしも自分が交通事故の被害に遭い、示談金の交渉について弁護士に依頼する場合、

  • 弁護士なら、誰に頼んでも結果は一緒じゃないのだろうか?
  • 交通事故に強い弁護士ってそもそもいるのだろうか?

という疑問を持つ方も少なくありません。しかし、実は、交通事故の示談金は、弁護士の力量に大きく左右されます。なぜ、そのような違いがでるのか?この記事では解説致します。

交通事故の弁護士選びは重要

何故、弁護士の力量によって示談金の額が大きく左右されるのか?、それは大前提として弁護士には「得意分野」があるからです。

例えば、医師には、内科医、外科医、小児科医、産婦人科医などがあるように、弁護士にも、交通事故、家事事件、刑事事件、商事事件などのように専門分野が必ずあります。にも関わらず、同じ弁護士だからと考えて依頼してしまうと、損をすることがあります。依頼する前に、交通事故弁護士の選び方があります。

選び方を知らないと、ミスマッチがおき、成果が十分に上げられない可能性があるのです。

交通事故に強い弁護士の選び方

交通事故のような紛争に巻き込まれた際に、いざ弁護士に相談しようと思っても、知り合いに弁護士のコネがなかったり、身近に弁護士の知り合いなどがいない場合、インターネットで探す方法が手っ取り早いです。

インターネット/ホームページから選ぶ

本当に交通事故に強い弁護士は、交通事故相談のみに業務を特化させている事があります。

それは、その弁護士のホームページを見ればおよそ分かります。

  • 相談件数
  • 費用
  • 解決事例
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 弁護士略歴
  • 土日対応
  • 営業時間

など、必要な情報が最近は満載でホームページに記載されています。弁護士広告の倫理規定は厳しく設定されていますから、記載されている情報は正しいと判断して問題ありません。

後は、解決事例をとくに目を通して、自分の事故を対応した事があるか?などを中心にみていくのがよいでしょう。

相談しやすい事務所を選ぼう

加えて、弁護士事務所が勤務先や自宅から近いか?という点も大事になります。弁護士とよく面談しながら進めたいと考える場合、場所が近いほうが気軽に法律事務所へ出向き相談できるメリットがあります。

あとは、費用は自由化されているので事務所ごとに違います。完全後払いで、成果報酬型であれば、費用の負担はすくないでしょうし、交通事故の場合、損害賠償額が高額なので、成果報酬が1%違うだけでも大きな違いになります。

費用が明確に書かれている事務所を選ぶとトラブルが少ないでしょう。

最後に、忘れがちなのが、土日対応、営業時間です。平日18時に閉める事務所があれば、22時まで電話受付する事務所があります。

仕事を終えてから、相談に行くとなると、遅くまで相談を受け付けてくれる事務所のほうが、半休を取る必要がなく、顧客にとって負担がすくないでしょう。また、土日も相談を受け付けてくれる事務所も、会社を休まずに相談にいけるので、重要な要素になってきます。

ポータルサイトから選ぶ

弁護士事務所を紹介しているポータルサイトが多数存在しています。自分にあった法律事務所を効率的に探すことができます。

当サイト、「交通事故弁護士相談Cafe」でも、全国の弁護士事務所様のホームページをリサーチ、ヒアリングし、魅力をまとめて掲載しています。事務所名からも、自分にあった弁護士を探すことができます。

参考記事:交通事故に強い弁護士に相談する前に必ず知るべき評判と口コミ

本から選ぶ

大きな書店に行くと、交通事故関連の書籍が法律関係のコーナーに置いてあります。これらの著者は、交通事故を多く扱ってきた弁護士のため、それを見て依頼することも一つの方法です。

医師の推薦から選ぶ

形成外科には多くの交通事故患者が集まるため、弁護士を紹介してくれることもあります。また、後遺障害認定を得意とする弁護士は病院の近くに事務所を構えていることもあります。

弁護士会の弁護士紹介センターから選ぶ

弁護士会は、その地域ごとの弁護士によって組織されています。例えば東京であれば弁護士の人数も多いため、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、東京弁護士会の3つの組織があります。

これらの弁護士会の中には、「弁護士紹介センター」を設置している場合があり、そこに問い合わせることで、所属する弁護士の中から、交通事故に強い弁護士の紹介を受ける事も可能です。ただ、弁護士紹介センターの運用は、各弁護士会によっても微妙にことなります。

直接担当弁護士を紹介するケースもあれば、弁護士会に相談センターを設置し、そこで無料相談を実施し本人が希望すればその弁護士にそのまま依頼できるというような場合もあります。詳しくは、最寄りの弁護士会に電話で問い合わせてみましょう。

例:東京弁護士会 弁護士紹介センター
TEL 03-3581-7716(なないろ)

例:大阪法律相談予約受付コールセンター
TEL: 06-6364-1248

日弁連交通事故相談センターから選ぶ

例えば、複数のサイトに財団法人日弁連交通事故相談センターが弁護士の紹介をやっているというような記載を見かけますが、正確には弁護士の紹介だけということはやっていません。やはり特定の弁護士をおすすめするということには、どの組織も抵抗があるようです。ですから、問い合わせをして真っ向から「交通事故に強い弁護士を紹介して下さい」といっても、紹介してもらう事はできません。
ではどうすれば紹介してもらえるのでしょうか。

※無料相談を利用して、そのまま依頼をするという方法がある。

弁護士会も交通事故相談センターも、そこで行なわれている法律相談で、実際に相談にあたってくれるのは現役の弁護士です。ですから、これらの組織で行なっている無料法律相談を利用して一度これらの弁護士と話をしてみて、信頼できそうだと感じた場合にその弁護士に正式に依頼をするという方法があります。(人によってはこれを「弁護士の紹介」と表現している場合もあります)

相談にあたっている弁護士は当番制や持ち回り制なので、ある程度運任せにはなってしまいますが、無料で行なわれている法律相談であれば行ってみる価値はあるでしょう。

法テラスを活用して弁護士を選ぶ

実は法テラスは、法テラスと契約している弁護士の紹介しません。もしあなたに依頼する弁護士のあてが無い場合は、法テラスと契約している弁護士を割り当てる形で依頼する事は可能です。

ただ、この際に割り当てられる弁護士は「交通事故に強い弁護士」という基準ではなく、ほぼ持ち回りのような形であたるため、偶然あたった弁護士が交通事故に弱い事も考えられますので、オススメできません。

仮に法テラス経由で選ぶにしても、インターネットなどで「交通事故に強い弁護士」を検索し、その中で「法テラス対応可能」としている法律事務所に依頼する事が一番良いでしょう。

参考記事:法テラスがおすすめ!交通事故相談の弁護士費用が払えない!

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら

自分にあった弁護士の選び方

(全国規模or個人事務所?)

d803f30f182b84bad2ea9d19240c28de_s
せっかく弁護士に依頼するのですから、少しでも自分にあった弁護士に依頼したいものです。実は、交通事故に強い弁護士には、大きく分けて2つのタイプがあります。

全国規模法律事務所

これはある程度大きな法律事務所や、交通事故に特化してかなりの件数をこなしている弁護士のタイプです。対応のほとんどは電話と郵送で行なうため、全国対応しているケースもあります。

メリット

事務所組織が比較的大きく、処理件数も多いためそう言った意味では経験豊富ですから安心が出来ます。また重度な後遺障害認定など難しい案件も取り扱っているので、個人事務所で対応が難しいものも、実力ある対応が期待できるでしょう。また、いちいち事務所まで出向く手間も省けますので、依頼者としてはラクかも知れません。

地方など弁護士事務所が少ない地域の方にとっては、とても利用しやすいでしょう。そういったメリットを重視する被害者の場合、選び方としては正しいでしょう。

デメリット

依頼件数が多いので、事務所に来所したとしても、窓口業務は弁護士でないこともあります。また、時間をかけてじっくりと相談に乗るタイプではないため、対面で弁護士に自分の話をしっかり聞いてほしい人にとってはあまり向かない選び方かもしれません。

個人事務所

個人名が冠となっているような小規模の事務所で、交通事故を専門に扱っている事務所です。電話やメールでの相談も可能ですが、受任前に必ず一度本人確認もかねて対面で会うことを前提としていることが多いです。

メリット

交通事故は、被害の規模によっては解決するまで精神的にとても疲れます 。そう言った被害者の心理を考慮し、精神面についてもしっかりと親身になって支えてくれるスタンスです。相談についても、対面で時間をとってじっくりと聞いてくれます。最初から、案件がクローズする最後まで、自分の気持ちを聞いて共感してほしい、そんな選び方をしたい場合、こちらがお勧めです。

デメリット

全国規模に比べ、処理件数自体は劣るため、特殊な事案等は対応経験がないこともあります。また、支店などもないため、遠方の事案で訴訟になった場合は弁護士報酬が高額になる可能性もあります。そのデメリットを考慮下上で、依頼する選び方になります。

これらはあくまでどちらが良い、というものではありません。あなた自身が弁護士に何を求めているのか(実力なのか、効率性なのか、経験なのか、精神的な支えなのかなど)によって選び方は変わってくるでしょう。

交通事故に強い弁護士か見分ける質問と選び方

「後遺障害認定についてもサポートしてくれるのですか?」

交通事故において示談金の額を大幅に左右するポイント、それが後遺障害認定です。例えば「むち打ち症」であっても後遺障害が認定されるかどうかで後遺症慰謝料などが加算されるため、非常に重要なポイントです。

交通事故の対応経験が豊富な弁護士は、必ずこの後遺障害認定のサポートを重要視しています。中には医学文献まで取り寄せて怪我の内容まで細かく確認する弁護士もいれば、特定の症状に非常に詳しい弁護士などもいるくらいです。

それに比べ、そうでない弁護士の場合は、後遺障害認定は、医師の書く後遺障害診断書に任せっきりで何もアドバイスをしてくれない事もあります。

この質問をすれば、交通事故に強い弁護士かどうかはおよそ判断がつきます。

交通事故に関する相談は、どこの弁護士事務所でも無料で対応してくれるところが多いので、まずは無料相談を利用してこれらの質問をぶつけてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「知っている人だけが得をする!交通事故に強い弁護士の選び方とは?」についてご紹介しました。

多くの情報を精査していけば、迷ってしまう交通事故に強い弁護士選びも解決できることになります。是非今回の記事を参考にして、自分にあった弁護士を選びましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!
交通事故弁護士に無料相談したい!準備とコツを知ろう! »