交通事故の示談書が届かない理由と示談書が届いたらチェックすべき事

通常、交通事故で示談交渉がまとまると、保険会社から「示談書」が送付されてきます。しかし、なかなか届かない場合もあるようです。示談書に署名・押印をしなければ、示談金が振り込まれることはありません。被害者としては、ストレスが溜まる一方でしょう。

また、示談書は届いても、果たしてサインをしていいものかお悩みの方もいらっしゃいます。保険会社にサインを促されても、戸惑ってしまうのは当然のことでしょう。

今回は、届かないとお悩みの方への対処法と、届いたけれどサインしていいものか迷っている方にチェックポイントを解説します。

交通事故の示談書がなかなか届かない理由

示談書が届くまでの期間は?

通常、加害者が任意保険に加入している場合、被害者は、加害者側の保険会社と示談交渉することになります。怪我の治療や後遺障害等級認定の手続きが終了した後、示談交渉がまとまると、加害者側の保険会社が用意する示談書に被害者・加害者の双方が署名・捺印して示談書が完成することになります。

示談交渉は、怪我の治療をしていた被害者が、治療が終わった旨を保険会社に連絡するところから始まります。

一方、保険会社は、通常は一括払い扱いのために、既に病院から診断書や診療報酬明細書(レセプト)などを取り寄せてあありますので、それから賠償額の算定を行った後に示談書を作成することになります。この事務作業に短くても1ヶ月程度はかかってしまうでしょう。

示談書が届かない理由

示談書作成には一定の時間がかかりますが、保険会社の担当によっては、病院の書類が届かないことを溜まった案件の言い訳にしている可能性もあります。
また、加害者側の署名・捺印で止まってしまっていたり、病院の書類が届くのに思いの外時間がかかってしまったりしている可能性もあります。

いずれにせよ、示談書がなかなか届かないと思ったら、どこでどのような理由で滞っているのか、いつ頃届く見込みなのかを保険会社に確認してみましょう。

では、その後示談書が届いたらどうすればいいのでしょうか?

示談書が届いたらチェックすべきこと

示談書のチェックポイントを解説するためにも、示談書とはどのようなものなのか、まずはその役割を簡単におさらいしておきます。

示談書とは

そもそも示談書とは、示談交渉によって当事者がお互いに合意した内容を書き入れた契約書のことです。

契約書なので、示談による支払い内容などが詳しく書かれており、被害者・加害者双方の署名捺印がなされている必要があります。

示談が成立したとしても、相手がその内容通りに支払ってくれるとは限りません。「そんな支払いの約束はしていない」などと言われてしまうおそれもあります。

また、支払いをする側としても、約束通りに支払をしたにもかかわらず「まだ足りない」などと言われてさらに請求されると困ります。

そこで、示談書を作成しておくと、このような問題を避けることができます。きちんと支払いについて合意した内容が記載されているので、「そんな約束はしていない」などと言われることはありませんし、きちんと支払金額が記載してあるので、後になって「賠償金の全額に足りない」と言われることもありません。

このように、示談書は、当事者の合意内容を明らかにして、後々のトラブルを防止する役割を持っています。

示談書のチェックポイント

保険会社から送付された示談書は必ずしもそのままサインして返送しなければならないものではありません。少しでも納得できなければ、保険会社に質問し、修正してもらうように交渉します。

そのことを前提に、以下の示談書を例にどのようにチェックすればいいのかを解説します。

示談書

織田信長(以下「甲」)と明智光秀(以下「乙」)は、下記「交通事故の表示」記載の交通事故(以下「本件事故」)について、本日、下記のとおり合意した。

交通事故の表示

日時:令和元年62日、午前400分ころ

場所:京都府京都市中京区本能寺前路上

加害車両:丹波500 あ 1582

1、(賠償金支払義務)

乙は、甲に対し、本件事故の損害賠償債務として金3800万円の支払義務があることを認め、同金員を、令和元年10月末日限り、甲名義の金融機関口座に振り込む方法で支払う。振込手数料は乙の負担とする。

2、(遅延損害金)

乙が前項の支払義務を怠るときは、乙は甲に対し、同金員に令和元年111日から支払い済みまで年14%の割合による遅延損害金を付加して支払う。

3、(謝罪と宥恕)

乙は、甲に対し、乙の不注意に起因する本件事故により傷害を負わせたことを心から謝罪し、甲は乙の謝罪を受け入れ、第1項の金員を受領したときは、乙を宥恕する。

4、(清算条項)

甲と乙は、甲と乙の間には、本示談書に記載した事項以外、何らの債権債務も存在しないことを相互に確認する。

本示談の成立を証するため、本示談書を2通作成し、各自が署名押印のうえ、各1通を保管する。

以上

 令和元年915

                         甲  岐阜県岐阜市稲葉山123   

                                          織 田 信 長  印

                         乙  京都府亀岡市惟任町345   

                                          明 智 光 秀  印

 

示談金に関する確認

示談書が送付されてきたら、今一度示談金額の確認をしましょう。保険会社が提示する示談金とくに慰謝料などについては、不当に低い金額が提示される可能性があります。

保険会社も営利企業です。できるだけ自社に利益が残るように計算します。自身の正当な慰謝料がいくらくらいなのか算出して比較してみてください。

そのうえで、支払期日、支払方法などを確認します。

関連記事
交通事故の慰謝料相場と、慰謝料を確実に増額させる方法
交通事故の慰謝料相場と増額方法
交通事故で保険会社から提示された慰謝料の金額が妥当なのかと疑問がありませんか?この記事では、交通事故における慰謝料の…

清算条項について

清算条項とは、必須の条項です。示談書に記載する内容以外に当事者間に一切の債権債務関係がないこと確定させる条項で、事件を蒸し返されるのを防ぐ効果がありますから、支払う側は清算条項があるからこそ示談に応じるわけで、清算条項の記載がない示談書に合意する者はいません。

被害者側からすると、示談書にこの条項が入ることにより、その後の一切の請求ができなくなります。

そこで、被害者としては「示談後に後遺障害が出た場合は、別途請求可能」との文言をプラスしておくことを勧めているサイトもありますが、このような記載があれば、当然に加害者側は調印を拒否しますから、示談は成立しません。

また、示談当時、予期できなかった後遺障害が発生した場合は別途、損害賠償請求を認めることが裁判例ですので、わざわざ示談成立を阻害するような記載をする意味はありません。

宥恕(ゆうじょ)条項について

加害者が交通事故で刑事処分を受ける可能性がある場合、宥恕条項というものが記載されていることがあります。

宥恕とは許すという意味です。この条項があると、加害者が不起訴処分なったり、刑事処分が軽くなったりする理由の一つになります。

もちろん、被害者が「許せない」と考えるなら、宥恕する必要はありません。

但し、加害者側は宥恕条項を入れてくれないなら示談しないという対応をとる場合もあります。

加害者としては示談しなくとも損害賠償責任があることには変わりはなく、しかも実際に支払うのは保険会社ですから、示談を拒否しても金銭的には実質的な損害がないからです。重い刑事処分が予想されない場合は、あえて示談にこだわる必要もないわけです。

示談を拒否された場合、被害者側としては訴訟を提起しないと賠償金を受け取ることはできません。このため賠償を受けるまでに長期間がかかってしまいます。

このように宥恕条項の記載を断るかどうかは、被害者の利害にも直結しますので、十分に検討してきめるべきであって、感情だけで即決するべき事項ではありません。

チェック終了後は署名・捺印と日付を忘れずに

示談書の内容に納得できたなら、サインと日付の記入、押印をしてください。印鑑は認め印でも大丈夫です。

示談書を公正証書化する

相手に確実に示談書通りの支払をしてもらうためには、示談書の内容を公正証書化しておくことも効果的です。

公正証書とは、公証人が作成する公文書のことです。示談書を公正証書にして強制執行認諾条項という条項を入れておくと、相手方が不払いを起こしたとき、裁判をせずにいきなり相手の財産を差し押さえることができるので、取り立てが容易になります。

また、示談書の文面を公証人が作ってくれるので、内容的にも無効なものになるおそれが低くなり、効果的な示談書を作成することができます。公証役場での手続きは、代理人でもできるというメリットもあります。

示談書に納得できないときは弁護士に相談

示談書をチェックして納得できなければ、署名・捺印をすべきではありません。

署名・捺印した示談書を保険会社に送付してしまったら、その内容で同意したことになり、後から撤回をすることはとても難しくなってしまうからです。

示談書を提示された後でも弁護士に相談することは可能です。保険会社に問い合わせをしても納得できないなら、弁護士に相談してみましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら