追突事故の示談交渉時に被害者が必ず知っておくべき全情報

★ お気に入りに追加

追突事故は、交通事故の中でも特に多い事故態様ですが、被害者に過失がないことが多いので争うポイントが少なく、示談はスムーズに進むと考えがちです。

しかし実際は、「追突されたら保険会社への対応はどうすればいい?」、「示談金・慰謝料を提示されたけど、金額はこれでいいの?」「事故後病院で受診していなかったのが問題になっている」など戸惑うことだらけです。ほとんどの方にとって交通事故は初めてでしょうし、追突事故だからこそ気を付けなければならない点がいくつかあるからです。

そこで今回は、保険会社への対応や、気になる慰謝料増額のポイント、追突事故の示談で被害者が知っておくべき情報をわかりやすくご説明します。

追突されたら|示談対応と期間

まず、追突事故発生から示談成立までどのように対応をすべきか、大まかな流れをチャートで把握していただきながら、示談成立までの期間を解説していきます。

追突事故〜示談成立までの流れ

追突事故の発生から示談成立までの大まかな流れは以下の通りです。

示談交渉の流れ

追突事故で怪我なし・損害が物損のみの場合

追突事故の損害が物損のみのケースでは、事故車両の「修理の見積もり」が出来次第、示談交渉に入ります。

双方が納得すれば示談成立となります。早ければ、2・3ヶ月程度で示談が成立するでしょう。

なお、被害者に怪我のない追突事故の物損のみのケースにおける「示談金の内容・範囲」については、以下の関連記事をお読みください。

関連記事
物損事故の損害賠償の範囲!慰謝料は支払われるのか?
実は、物損事故では、修理費以外にもいろいろな費用を請求できます。この記事では、物損事故で請求できるもの、請求できない…[続きを読む]

追突事故で人身損害が発生した場合

過失割合に争いがなければ物損の「先行示談」

追突事故で相手が怪我を負う人身損害が発生し、なおかつ「過失割合に争いがないとき」は、先行して物損事故だけの示談を行います。

その後、事故による怪我が治癒または症状固定をしてから、人身部分の示談交渉を行う手順を取ることになります。

過失割合に争いがある場合は物損の「先行示談」はしない

一方、追突事故でも、加害者・保険会社側が「追突したのはわざと行った急ブレーキのせい」などと少しでも被害者に過失があると主張しているケースでは、安易にそれを認めて物損だけの示談に応じてしまうことはお勧めできません。

後の人身損害の示談において異なる過失割合を主張することは困難になるからです。

示談成立までの期間は怪我の程度による

追突事故で負傷した場合、多くのケースでは過失割合の争いがないので、怪我が治癒または症状固定するまでの期間の長短が、示談成立までにかかる期間の長短に直結します。

治癒または症状固定しないかぎり、被害者が要求する賠償額が確定しないので示談交渉をスタートさせられないからです。

このため、示談成立までの期間は、事故内容や怪我の内容・治療経過によって異なります。

具体的には、むちうち症なら3-6ヶ月程度、脳の損傷が発生するなど重傷事故の場合は、1年以上かかることもあるでしょう。

また後遺症が残ってしまったときは、後遺障害慰謝料と逸失利益を請求するため後遺障害等級認定を申請する必要があります。申請や認定などに時間がかかってしまうため、示談はを開始する時期は遅くなります。もちろん、示談金が支払われるのは、示談が成立した後です。

追突事故の示談金相場と適正な金額を獲得する方法

保険会社が実際に提示する示談金の額と一般的な示談金の相場がいくらぐらい違うのかを把握することは、示談を進めるうえで重要なポイントです。まずは、自分の示談金の相場を知りましょう。

示談金の相場を知る

示談金とは、損害賠償金の総称のことを指します。損害賠償金の総額を左右する項目のひとつは慰謝料で「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」とがあります。

たとえば、追突事故でむちうち症になり後遺障害認定を受けた場合の損害賠償額はざっくり計算すると以下の例のようになります。

被害男性(会社員)
年齢:30歳
年収:420万円
休業日数:0日
通院履歴:通院期間180日、実通院日数50日
後遺障害等級:14級
費目自賠責基準弁護士基準
治療費等の例50万円50万円
入通院慰謝料43万円89万円
後遺障害慰謝料32万円110万円
逸失利益43万円
(自賠責保険の14級後遺障害の保険金上限は75万円ですので、75万円から後遺障害慰謝料32万円を差し引いた43万円までしか補償されません)
96万1800円
(14級の裁判例に多く見られる労働能力喪失期間を5年に限定した場合の計算です)
合計168万円
(傷害の治療費等と入通院慰謝料の合計93万円と、14級後遺障害の上限75万円の合計168万円までしか補償されません)
345万1800円

※他覚所見のないむち打ち症の例です。実際に支払われる損害賠償金はケースによって個々に異なります。

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準とは

示談金の増額でカギを握るのが、慰謝料の算定方法です。

慰謝料には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準があり、弁護士基準が最も高額であり、裁判例などを基に策定された法的に唯一妥当な基準です。

上記の例では、自賠責基準と弁護士基準の慰謝料(入通院慰謝料・後遺障害慰謝料)の差額は、合計で124万円となってしまいます。

したがって、適正な慰謝料を獲得するには、弁護士基準で算定する必要がありますが、被害者が自分で交渉しても相手側の保険会社にそれを認めてもらうのは非常に難しいと言わざるを得ません。

詳しくは、以下の関連記事をご覧いただくとして、慰謝料増額の可能性を上げるには弁護士に依頼するのが近道です。

関連記事
むちうち3カ月
むちうちで3ヶ月通院した場合|示談金・慰謝料と増額方法
交通事故のむち打ち治療の通院が3~4ヶ月程度で完治した場合、慰謝料はどのくらいもらえるのでしょうか?実は交通事故の慰…[続きを読む]
関連記事
むちうち6ヵ月
むちうちで6ヶ月通院した場合|示談金・慰謝料と増額方法
むちうちで6か月程度通院した場合、慰謝料や示談金はどのくらい払ってもらえるのでしょうか?できるだけ高額な慰謝料を払っ…[続きを読む]

また、交通事故の慰謝料相場シミュレーションを使って、自分の慰謝料相場を知っておきましょう。

関連記事
calc_317x207
交通事故慰謝料の自動計算機
本当の慰謝料はいくら?通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、弁護士基準の慰謝料相場を知ることができます。 むち打ちの…[続きを読む]

追突事故における示談交渉のポイント

追突事故で示談交渉を行う際には、以下のポイントに注意しましょう。

被害者の過失割合がゼロであれば、示談金は相殺されない

示談金は、被害者側の過失によって「相殺」されます。

当然、被害者の過失割合が0であれば計算通りの示談金をすべて受け取ることができます。

上記の例では、示談金総額は約340万円ですが、もしも被害者対加害者の過失割合が3:7の場合、実際に支払われる額は、被害者の過失割合3が相殺され、340万円の70%である238万円となります。

しかし、追突事故で過失割合が0であれば、340万円すべてを受け取ることができます。

なお、一般道と異なり最低速度の維持と駐停車禁止が義務とされる高速道路上での追突や、危険防止でやむを得ないという事情がないのに急ブレーキをかけたために追突された場合など、追突事故でも過失割合が0とはならないケースもあります。

追突事故の過失割合で示談がもめているのなら弁護士に相談したほうがいいでしょう。

 

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

追突事故の被害者は自分で示談交渉しなければならない

被害者の過失が0の場合、せっかく任意保険に加入していても、自分が加入している保険会社は示談交渉をしてはくれません

その理由は「介入できない」からです。

他人の法律問題への介入を営業内容とすることは、弁護士法72条で禁止されています。

しかし、保険加入者に過失があり賠償義務が発生している場合には、被害者から直接に保険会社に賠償を請求することができ、保険会社自身の法律問題となるので、示談交渉をしても弁護士法に違反しないのです。

ところが、追突事故された加入者には過失がない事が多く、その場合は保険会社が賠償責任を負わないため「介入すべき根拠がない」のです。

したがって、被害者は加害者側の保険会社と自分で示談交渉をしなければなりません。

つまり、素人が、交渉のプロである保険会社と対峙することになるため、決定的な力の差が生まれてしまうのです。

特に慰謝料などの交渉を自分でするのは限界があると考えたほうがいいでしょう。

自信がない場合は、弁護士に相談してみましょう。

追突事故の示談で、もめる”むちうち症”

軽い追突事故でもむちうち症になってしまうことがありますが、示談交渉でそのむちうち症が問題となることがあります。

では、どんな点が問題となるのでしょうか?

むちうちと追突事故の因果関係

軽い追突事故では、直後には痛みを感じなくても、しばらくしてから症状が出てくることが往々にしてあります。

症状がないからといって、追突事故から受診までに時間が開いてしまうと、むちうち症と追突事故との因果関係に疑いが生じてしまいます。

その結果、保険会社からは治療費を出せないと言われる可能性があります。

そのうえ、後遺障害が残った場合、後遺障害認定が難しくなってしまうこともあり得ます。

それでなくてもむちうち症は、後遺障害が残っても、後遺障害認定を受けることが難しい傷害の1つです。

症状がなくても事故後は早急に病院で診察を受けるべきです。

関連記事
追突事故と病院
追突事故と病院の基本について|医者が信頼できないときの対処方法
追突事故に遭ってけがをしたから「病院」に行きたいけれど、どこの病院に行っていいかわからない 病院の治療費は誰が払うの…[続きを読む]

軽い追突事故でむちうちを「あり得ない」と言われた場合

クリープ現象(※)による追突でむちうち症になってしまった場合など、加害者に「こんな速度ではむちうちにはなり得ない」と主張されてしまうことがあります。

時速5kmから20km程度での低速度の追突なので、むちうちなんてありえないと加害者が思ってしまっても仕方がないのかもしれません。

しかし実際は、たとえ追突の衝撃が小さくても、むちうち症になることはあり得ます。

なお、むちうち症を「嘘」と主張された場合の対処法について詳しくは以下の記事をご参照ください。

関連記事
軽い追突事故で「むちうち症」に!嘘と言われない為にやるべき事
軽い追突事故で保険会社から、むちうち症が「嘘」と言われたらどう対処すべきでしょうか?本記事では、むちうちを疑われた時…[続きを読む]

※クリープ現象:ブレーキから足を離したときにオートマチック車が前進する現象

治療費の打ち切りを早まらない

むちうち症に限ったことではありませんが、「早く示談をまとめたい」、「早く示談金を手にしたい」からといって、治療の打ち切りを早まってはいけません。

示談金には治療費が含まれているため、一般的には治療が終了するまでは、示談金は算定しません。

それゆえ、示談に時間がかかるのが嫌で、早く決着をつけたいがために、ある程度治療が終わったところで治療終了を宣言してしまう方がいます。

また、加害者側の保険会社から一方的に治療費打ち切りを宣告されることもあります。

しかし、途中で治療を終了してしまうと、その後に治療を再開しても交通事故とは無関係なものとしては保険対象外となり、自費で治療を続けなければならなくなってしまいます

なお、追突事故の慰謝料相場については、下記ページもあわせてご参照ください。

関連記事
追突事故で慰謝料はいくらもらえるか|計算方法と金額相場
追突事故では、むち打ちをはじめ怪我をする被害者がとても多く、そんな時に支払われるのが慰謝料です。ここでは、追突事故に…[続きを読む]

追突事故の示談は弁護士に相談を

追突事故の示談における問題は、弁護士が介入することで解決へ向け大きく前進することはお分かりいただけたと思います。

追突されたら、まず自分の保険に「弁護士費用特約」が付帯しているかを確認しましょう。

弁護士特約とは、任意保険のオプションとして付帯されているサービスで、弁護士費用を最大で法律相談料10万円、事件解決費用300万円まで保障してもらえます。

ご自身で選任することができるのはもちろん、被害者の過失が0というケースでもご利用いただけ、弁護士に依頼する際にお金の心配する必要がありません。

利用方法は、①加入中の任意保険会社の保険証書を確認し、オプションに加入しているかどうかを確認、②保険会社に連絡、でOKです。

関連記事
弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!
自己負担0円で弁護士依頼できる弁護士特約をご存知ですか?この記事では、弁護士費用特約の使い方やメリット・デメリット、…[続きを読む]

示談交渉に不安がある場合は、専門家である弁護士に相談しましょう。最近では初回無料相談の法律事務所も多いため、金銭面でも安心してご利用いただけます。ぜひお近くの法律事務所にご連絡ください。



交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!