加害者の誠意がない、謝罪ない、連絡がとれない時の対処法とは?

img_rudeman_ver01

交通事故の被害には、大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。

一つは交通事故自体によって引き起こされた被害、つまり怪我の治療や慰謝料、休業損害、愛車の修理費などがこれにあたります。

そしてもう一つは、「加害者の不誠実な対応」による精神的被害です。

  • 事故の後、対応が悪い。誠意のある姿勢が見られなかった
  • 加害者から連絡がない、謝罪に来ない、保険会社に任せているの一点ばり
  • 謝罪の電話すらなく、被害者の私の非を指摘して嫌がらせしてくる

など、信じられないような態度をとる交通事故加害者は少なくないと言われています。

そういった、謝罪に来ない、連絡がない、誠意のない加害者に対して、被害者はどのように接すればよいのでしょうか?対処法を分かりやすく解説します。

誠意がない加害者はウソをつく

交通事故の加害者は、必ずしも善人であるとは限りません。善人であったとしても、交通事故による損害賠償という多額の賠償金の負担を強いられる可能性が出てくると、自分を守るために平然と嘘をつくことがあります。

事実、事故当時の走行速度、信号機の色、一時停止の有無などはドライブレコーダーや付近の防犯カメラ映像でも残っていない限り、「ウソを突き通せば何とかなる」と考える加害者も多く、示談では当事者双方の意見が食い違う事も少なくありません。

法定速度は守っていた、突然飛び出してきた、などと事故の状況とまったく異なる主張をして、被害者の精神的苦痛など気にする素振りも見せません。

加害者が事故当時の主張をくつがえすのは当たり前

加害者は次のように、示談交渉の際に手のひらを返してくることがあります。

「ぶつかった時には100%こちらが悪いといっていたのに、保健会社を窓口にしたとたん、違うこと言いだした!」

また、交通事故発生直後は、必死に謝っていたにも関わらず、家に帰って家族や知り合いに次のようなアドバイスを受け、事故当時と全く異なる主張をしてくることも少なくありません。

  • 「悪いのはお前だけじゃないから、相手にも過失割合があるはず」
  • 「相手の車が動いていたと言えば、過失相殺できる」

このように、示談交渉が開始して、加害者が手のひらを返してくることは、予期すべきことなのです。

これにいちいち反応してイライラしてしまっては相手の思うつぼです。

ですから、示談交渉が始まって、万が一主張をひっくり返してきても、慌てず、「示談交渉とはそう言うもの」と割り切って考えるのが良いでしょう。

たとえ、相手が主張を変えてきたとしても、事故直後の実況見分調書にはしっかりと記録が残っていますので、示談でまったく違う主張をしても、いざ裁判となればこちらが有利なことに変わりありません。

誠意がない加害者は謝罪に来ない

通常、交通事故で怪我を負わせた加害者は、被害者に対してお詫びをするために被害者宅や病院を訪問したり、詫び状を送ったりするものですが、謝意を示す行為が一切ないこともあります。

被害者からすれば怒り心頭でしょうが、加害者は、「保険会社に任せているから」、「忙しいとから」、「かえって被害者に対して負担をかけるのではないか?」と自分に言い訳をしながら犯した罪に対して向き合わず、逃げてしまうのです。

謝罪の意思を全く持たない加害者は、残念ながら存在します。

関連記事
お見舞いの心得
交通事故の加害者が守るべきお見舞い6つの鉄則
注意!お見舞いに行く前の確認事項 交通事故を起こし相手に怪我を負わせてしまった場合、加害者は損害賠償や示談の心配で頭…[続きを読む]

誠意がない加害者は反省しない

そもそも犯した「事故の重大さ」を認識していない加害者も少なくありません。

事故現場でも一度も謝らず、「全部保険会社に任せている」との一点張りで 、責任逃れをしてくるケースさえあります。

事故を起こした加害者は、普通、しばらく自動車の運転をやめ、反省して二度と事故を起こさないように運転を改めるものですが、反省しないドライバーは、同じように荒っぽい運転をして、被害者を増やすことがあるのです。

交通事故の加害者の一部には、次のような交通事故を起こしやすい特徴を持つ人がいます。

  • 交通ルールを守らない
  • スピード超過気味、運転があらい
  • 性格が運転中にかわって荒っぽくなる

そういうドライバーは、しっかりと反省し、運転を改めなければ、また、交通事故を起こす可能性が高いのです。

交通事故を起こしやすいドライバーの性格などについては、下記記事をご覧ください。

関連記事
運転席の風景
交通事故を起こしやすい人と遭いやすい人
「できることなら交通事故に巻き込まれたくない」 きっと、誰しもがそう考えていることと思います。 実は、交通事故では「…[続きを読む]

誠意がない加害者は電話に出ない

交通事故の被害に遭った際に、加害者が全く電話に出ない、加害者から連絡がないといったことも少なくありあません。

特に、加害者が自賠責保険しか加入していない(任意保険未加入)場合には、治療費を請求するために連絡しても、あれこれ理由をつけて電話に出なくなることも多いので、別途対策が必要となります。

交通事故の相手がまったく保険に加入していなければ、当然、保険会社から支払いを受けることができません。そのうえ、自身で…[続きを読む]
交通事故に遭った相手(加害者、保険会社)が示談に応じてくれず、示談が長期化してしまうことがあるのをご存知ですか?損害…[続きを読む]

では、これらの誠意がない加害者に対して、被害者としてどう立ち向かえば良いのでしょうか?

誠意がない加害者に対処する3つのポイント

①冷静な平常心が、最良の解決に導く

このような誠意のない加害者に運悪く出くわしてしまった被害者の方の多くは、平常心を失ってしまうことが時として起こります。

確かに、被害者の方のお気持ちは察するにあまりあるでしょう。しかし、どうか今一度冷静になって下さい。

そのためには、加害者とできるだけ直接接触しないようにしましょう。

②加害者と直接コンタクトしない

加害者が任意保険に加入していれば、直接コンタクトするのは「任意保険会社の担当者」で済ませることができます。

他方、任意保険未加入の加害者であっても、自賠責保険に加入していれば、自賠責保険の被害者請求を利用することで直接加害者と接触せずに保険金を支払ってもらうことが可能になります。

関連記事
自賠責保険に被害者請求する方法をくわしく解説
任意保険会社の支払い拒否や示談交渉の長期化で、交通事故の賠償金の支払いが遅れることがあります。その場合には、自賠責保…[続きを読む]

また、加害者が自賠責保険すら加入していなければ、政府保証事業制度を利用することで、自賠責保険と同じ限度額(後遺障害が残る場合には最高4,000万円)までの補償を受けることもできます。

③加害者に刑事罰を与え反省を促す

加害者に刑事罰を与えることで、反省を促すという手段もあります。

加害者の刑事処分については、被害者の意向も考慮されます。

加害者に厳罰を与えるために被害者がどうすればよいか?を知りたい方は、下記記事をご覧ください。

交通事故の加害者が反省していない場合、被害者や被害者遺族は加害者に厳罰を求めたいと思うのが通常です。交通事故の加害者…[続きを読む]
人身事故では、加害者の刑事手続きが裁判も開かれずに簡単に終了してしまうことがあります。このような簡易な手続きのことを…[続きを読む]

加害者の対応の悪さで精神的苦痛で受けた場合、慰謝料請求は可能か?

交通事故によって被害を受けた場合・精神的苦痛を受けた場合は、加害者から謝ってもらうことよりも、「1円でも多く賠償金を勝ち取る」という目的一つにしぼることが最も重要なのです。

加害者の態度があまりに悪質で不誠実な場合は、慰謝料が増額されることもあり得ます。

ただし先述した「電話に出ない」「謝罪しない」程度では、慰謝料の増額請求は難しいでしょう。

次のような状況があれば、一般に裁判で「慰謝料を増額してもらえる理由」として考慮してもらえる可能性があります。

  • 事故現場で被害者を救済しなかった
  • 事故現場から相手が逃げた
  • 証拠を隠すなどして事故を隠蔽しようとした
  • 虚偽の供述をしていた
  • 被害者に対して暴言を吐く

なお、加害者による嫌がらせの留守電やメールなどは、消去せずに保存しておいてください。

慰謝料を増額させる動かぬ証拠になる可能性が高いからです。

また、慰謝料以外にも請求できる損害費目があります。下記記事が詳しいので併せてご参照ください。

関連記事
交通事故の加害者に請求できるものリスト
交通事故の被害者には、治療費や車の修理代、通院のための交通費など、負担が重くのしかかります。交通事故で、被害者の負担…[続きを読む]

不誠実な加害者には交通事故に強い弁護士への依頼

「1円でも多く賠償金を勝ち取る」ために、必要なのが「交通事故に強い弁護士」のです。

では、交通事故に強い弁護士はどんな力を発揮してくれるのでしょうか?

①示談交渉をすべて代行してくれる

弁護士に依頼することで、面倒な加害者と直接接触する必要がなくなります。もし、加害者の対応の悪さにお悩みであれば、すべて解決です。

それでも、加害者からの嫌がらせが続くようであれば、証拠を揃えて弁護士に相談してください。きっと慰謝料の増額につなげてくれるはずです。

 

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

②弁護士に依頼すればより高い賠償金を獲得する確率が高くなる

慰謝料の算定基準には、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準が存在し、弁護士基準が最も高額になります。

関連記事
交通事故の慰謝料を「弁護士基準」で計算すると増額が期待できる理由
交通事故に遭ったら、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類の慰謝料を請求することができます。また、算出する…[続きを読む]

しかし、弁護士基準の賠償額を自分で保険会社に提示したところで応じてはもらえることはまずありません。

一方で、弁護士に依頼すれば、裁判を嫌がる保険会社が弁護士基準での慰謝料の請求を認める可能性はグッと高くなります。

誠意がない加害者に出くわしたときは、「より高い賠償額を獲得する」ことのみ考えるのも一つの方法です。

これら以外にも、後遺障害等級の申請や治療のサポート・アドバイスをもらえる、過失割合について適切な交渉をしてもらえるといった様々なメリットがあります。

加害者との交渉にも長けている交通事故に強い弁護士を、本サイトは全国から厳選して掲載しております。お近くの弁護士事務所を探して、まずは無料相談してみてください。


交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

 

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す