加害者の誠意がない、謝罪ない、連絡がとれない時の対処法とは?

img_rudeman_ver01

交通事故の被害には、大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。

一つは交通事故自体によって引き起こされた被害、つまり怪我の治療や慰謝料、休業損害、愛車の修理費などがこれにあたります。

そしてもう一つは、「加害者の不誠実な対応」による精神的被害です。

  • 事故の後、誠意のある姿勢が見られなかった
  • お見舞いにすら来ない、連絡がとれない、保険会社に任せているの一点ばり
  • 謝罪の言葉すらなく、被害者の私の非を指摘する

など、信じられないような態度をとる交通事故加害者は少なくないと言われています。

そういった、誠意のない加害者に対して、交通事故被害者はどのように接していけばよいのでしょうか?その対処法を分かりやすく解説致します。

誠意がない加害者はウソをつく!

交通事故の加害者は、必ずしも善人であるとは限りません。言い方を変えれば、もとは善人であったとしても、交通事故による損害賠償という多額の費用負担を強いられる可能性が出てくると、人としての「悪」の部分が顔を出してしまうのです。

事実、事故当時の走行速度、信号機の色、一時停止の有無などはドライブレコーダーや付近の防犯カメラ映像でも残っていない限り、「ウソを突き通せば何とかなる」と考える加害者も多く、事故後は当事者双方の意見が食い違う事も少なくありません。

法定速度は守っていた、突然飛び出してきた、など言い訳を言いたくなるのです。

加害者は事故当時の言っていた主張をくつがえすのは当たり前

「加害者は、示談交渉時に手のひらを返してくる事がある」
これだけは頭に入れておきましょう。

具体例
「ぶつかった時加害者は100%こちらが悪いといっていたのに、保健会社が窓口になったとたん、違うこと言いだした」

交通事故発生直後は、加害者側の気持ちが動転していて、ぶつけてしまった罪悪感から必死に謝ってくるケースがあります。

けれども、事故処理が終わって家に帰って家族や知り合いに相談すると

  • 「悪いのはお前だけじゃないから、相手にも過失割合があるはず」
  • 「相手の車が動いていたと言えば、過失相殺できる」

等といったブラックなアドバイスをする人が必ず一人や二人出てくるため、後日示談交渉が始まる頃には、事故当時と全く違う主張をしてくることも少なくありません。

ですから、示談交渉が開始して、加害者が手のひらを返してくるなんてことは、日常なのです。これにいちいち反応してイライラしてしまっては相手の思うつぼです。

ですから、万が一示談交渉が始まって相手の保険会社が主張をひっくり返してきても、絶対に慌てないでください。
「示談交渉とはそう言うもの」
と割り切って考えましょう。

たとえ相手が主張を変えたとしても、事故直後の実況見分調書などにはちゃんと記録が残っていますので、あまりに違う主張をしても、裁判上はこちらが有利な事にかわりはありません。

誠意がない加害者は謝罪しない!

通常、交通事故で怪我を負わせた加害者は、後日被害者に対してお詫びに伺ったり、詫び状を送ったりするものですが、そう言った行為が一切ない場合もあります。

被害者にしてみれば、事故直後は「別に謝罪なんて来てもらっても困る」と思うのですが、いざ治療が始まって苦痛の日々が続くと、「なぜ加害者は謝罪に来ないんだ?連絡を一切してこないのだ?」「お見舞いすら来ない」と、加害者側の気持ちが分からずに、頭にくるものです。

いざというときに、その人の本性が出てしまいます。加害者側は、保険会社に任せているからとか、忙しいとか、かえって被害者に対して負担をかけるのではないか?など弁明をしながら、自分が犯した罪に対して向き合わず、逃げてしまう加害者がいるのです。

誠実な方は、まずはそういった自分の心の弱さを乗り越え、なんとかお詫びをしたい、申し訳ない気持ちを伝えたいと考え、「お見舞い」といった形にみえる誠意を示すものです。

実際、被害者に申し訳ないと考えている加害者は、「いつお見舞いにいけばよいのか?」「電話連絡してよいのか?」「何を渡せば謝罪をうけいれもらえるか?」と悩むものですが、謝罪の意思を全く持たない加害者は、残念ながらおります。

関連記事
交通事故の加害者が守るべきお見舞い6つの鉄則
交通事故の加害者が守るべきお見舞い6つの鉄則
注意!お見舞いに行く前の確認事項 交通事故を起こし相手に怪我を負わせてしまった場合、加害者は損害賠償や示談の心配で頭…

誠意がない加害者は反省しない!

そもそも犯した事故の重大さを認識していない加害者も多くいます。事故現場でも一度も謝らず、「全部保険会社に任せている」との一点張りで 、責任逃れをしてくるケースもあります。

事故を起こして反省している人は、しばらく自動車の運転をやめたり、なぜ起こしてしまったのか?と反省して、二度と事故を起こさないように運転を改めるものです。しかし、反省しないドライバーは、おなじような荒っぽい運転をして、被害者を増やすことはあるのです。

これらは言わば、交通事故の「二次災害」と言えるでしょう。 怪我を負ってただでさえ精神的に疲弊しているのに、このような態度を取られたら、被害者にとって、さらなる精神的ダメージは計り知れません。 しかし、この二次災害については固有の慰謝料は今日では認められていません。

交通事故加害者は、

  • 交通ルールを守らない
  • スピード超過気味、運転があらい
  • 性格が運転中にかわって荒っぽくなる

など、ある種の事故を起こしやすい傾向があります。そういう人は、反省しなければ、また、交通事故を起こす可能性が高いのです。

交通事故を起こしやすい人はどういう人か知りたい方は、下記記事をご覧ください。

関連記事
運転席の風景
交通事故を起こしやすい人と遭いやすい人
「できることなら交通事故に巻き込まれたくない」 きっと、誰しもがそう考えていることと思います。 実は、交通事故では「…

では、誠意がない加害者に対して、被害者としてどう立ち向かえば良いのでしょうか。

誠実さがない加害者に対処する4つのポイント

氷のような平常心が、最良の解決に導く。

このような誠意がない加害者に運悪く出くわしてしまわれた被害者の方の多くは、平常心を失ってしまうことが時として起こります。

  • 「なんとかして加害者に仕返し、報復してやりたい」
  • 「加害者を少しでも苦しめてやりたい」

等と言ったご相談をされる被害者の方も少なくありません。 確かに、被害者の方のお気持ちは察するにあまりあるでしょう。しかし、どうか今一度冷静になって下さい。

加害者に仕返しをしたところで、メリットはなく、治療に専念すべきなのに精神的なストレスから回復が遅れてしまいます。

仕返しは、一瞬心がスカっとするだけで、あとは罪悪感かむなしさだけが残るのです。 そうです、報復や仕返しからは、なにも生まれないのです。

時々、冷静さを失ってしまった被害者の方が、保険会社に怒りをぶちまけてしまったせいで、窓口の担当者が保険会社の社員から顧問弁護士に変わってしまったことがあります。

こうなると、示談交渉自体が返って不利になってしまう可能性すらあるのです。 そんな事よりも、もっと優先すべき事はきっとあるはずです。

そのためにも、怒れるお気持ちをぐっと堪え、というか受け流し、開き直って冷静になってしまいましょう。 「被害者の気持ちを理解できない人」 と割り切って考えることが、誠意がない加害者と相対する際の鉄則なのです。

損害賠償額の増額1点に目的としてしぼる。

交通事故後、解決しなければならないこと、それは損害賠償問題です。つまり、加害者にいくら負担してもらうのかという事です。 悲しい事に、どんな事をしても交通事故前と全く同じ状態には戻す事はできません。怪我は治療すれば治るかもしれませんが、それでも全く同じとはいかないでしょう。

では、重要な事はなんなのか。 それは「お金」なのです。 これについては、きれいごと抜きで、やはり「お金」でしか解決できないのです。

つまり、交通事故によって被害を受けた場合は、加害者から謝ってもらうことよりも、「1円でも多く賠償金を勝ち取る」という目的一つにしぼることが最も重要なのです。

泣き寝入りなんてする必要は全くありませんし、賠償金以外のその他の事は大した問題ではないのです。

誠意のない、反省のない加害者がいくら形だけ謝っても、被害者の心を癒すことはできません。唯一役に立つもの、それが「お金」であり「賠償金」なのです。 誠意がない加害者にあたってしまった場合は、この目的1本にしぼることがなにより大切です。

 加害者に刑事罰を与える

加害者が重い刑罰に処してもらい、反省を促すという手もあります。

加害者の刑事処分については、被害者の意向も考慮されます。厳重な処罰を希望する場合は、人身事故の届出をする際に、警察に申し出ましょう。

加害者に重い刑事罰、厳罰を与えるために被害者がどうすればよいか?知りたい方は、下記記事をご覧ください。

関連記事
厳罰
交通事故の加害者に厳罰を与えたい!遺族・被害者が今できる事とは?
交通事故加害者に厳罰を与えたい。どんな方法がある? 「交通事故の加害者が反省していない」という場合、被害者や被害者遺…

すぐに弁護士に依頼する。

akushu

「1円でも多く賠償金を勝ち取る」これこそが真の目的です。そしてその目的を達成するために、絶対的に必要なのが「交通事故に強い弁護士」なのです。

では、交通事故に強い弁護士はどんな力を発揮してくれるのでしょうか。

その1:弁護士は誠意がない加害者のウソを見破る。

加害者が実況見分や事故後の証言でウソをついているとします。交通事故に強い弁護士は、加害者がウソをつくことに慣れています。
そして、そのウソを暴く術を知っています。 ウソをつく加害者には、事故当時の細かな事を聞いてもあまり多くを語らないという共通点があります。

これは、本人がウソをついているため、細かなことをしゃべるとつじつまが合わなくなるため、必要最低限の事以外はしゃべらないからです。

こう言った場合は、弁護士が裁判によってとことん追求することで、ウソを暴くことも場合によっては可能です。

先ほども言ったように、走行速度や信号機の色は立証する事がとても大変ですが、交通事故に強い弁護士のサポートがあれば、きっと良い結果が導き出せるでしょう。

その2:弁護士は高い賠償金を勝ち取る事ができる。

これこそが、最大のミッションなのです。 誠意がない加害者に出くわしたときは、とにかくこれだけを考えましょう。自分で示談交渉をしていても、相場よりも高い賠償金を得る事はほぼ不可能です。相手が保険会社だとしても、同じ事です。

一般的に良く言われる弁護士基準とか裁判基準というものは、弁護士によって用いてこそ保険会社側が支払うものであり、被害者本人がこれらの基準を用いて計算して提示したところで応じてはもらえないのです。

だからこそ、すぐに弁護士に依頼する事が目的達成のための一番の近道なのです。 交通事故に強い弁護士の多くは、こう言ったケースで賠償金が比較的高額な場合は、だらだらと示談をせずにこちらの要求が通らなければすぐに訴訟を提起する手段を選択する傾向にあります。 裁判になれば、ほぼ間違いなく保険会社の当初の提示額よりも賠償金は増額するでしょう。 賠償金の増額、これこそが最悪な誠意がない加害者に対してできる唯一の報復であると考えましょう。

その3:弁護士は経験から先を見通すことができる

加害者が嘘をついていたり、反省していない場合は、示談交渉自体がすすまないことが想定されます。過失割合に争いが生じる場合は示談交渉が長引くことがあります。

しかし、交通事故に強い弁護士は先を見通すことができますので、不必要に不安になることなく、被害者に寄り添いながら示談交渉を進めることができます。この心理的な負担がなくなるというのは、ものすごく効果が大きいのです。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら

加害者が逃げた・加害者が電話に出ない時の対処法

交通事故の被害に遭った際に、加害者が誠意をもって対応してくれれば良いのですが、後日全く電話に出ないなんて言うこともよくあります。加害者と連絡が取れなくなった時、どのように向き合えばよいのでしょうか?

ステップ1:弁護士に相談して内容証明郵便を送付してもらう

まずは加害者の住所宛に損害賠償請求の内容証明郵便を送付します。この際の損害額は、こちらですべて算定して記載して構いません。ただ、治療費などは治療が終わっていないと確定しないため、まずは治療を終わらせることが先決です。

そして、支払いに応じないのであれば法的措置を講じるなどの一文を申し添えると良いでしょう。相手は逃げている状態ですから容赦する必要はありません。

このような書面を受け取れば、相手方も正常な判断能力があれば示談をするために電話をしてくる可能性があります。

もしもこれでも連絡をしてこない場合は、訴訟に踏み切る事となります。

ステップ2:訴状と証拠の準備

相手方が損害賠償を支払わないからといって、いきなり強制執行することはできないため、まずは裁判となります。裁判所を利用する方法として「調停」もありますが、調停はあくまで相手方が話し合いに応じる意思があることが前提となり、相手を強制的に出廷させる効力はありません。

そのため、相手が逃げている状況では調停は申立てても相手に無視されて不調に終わることとなるだけで時間の無駄です。

そのため、相手が逃げていて埒があかない場合は、さっさと訴えた方が早いと言えます。

ただ、この際作成する訴状や証拠の準備については入念に行なう必要がありますので、交通事故に強い弁護士に依頼するようにしましょう。

ステップ3:訴訟

裁判となれば、相手は逃げ切る事はできません。仮になんの連絡もなく欠席すればあなたの主張が全面的に認められて勝訴となります。確定判決は債務名義となり、相手が賠償金を支払ってこなければ、相手の銀行口座や給与を差押えて強制的に回収する事も可能になります。

通常はここまでくれば相手も弁護士をたててくるか、出廷してくるため、どちらにしても損害賠償に向けて一歩進む事となります。

どちらにしても、まずは弁護士に相談を

もしもこれらの状況に陥った場合は、なにか自分でアクションを起こす前に必ず交通事故に強い弁護士に相談するようにしましょう。例えば加害者が電話に出ないからといって感情的になってしまい、加害者の自宅まで押し掛けて言い合いになってしまうと、場合によっては被害者にとって不利となってしまう可能性もあります。

大切なことは、一つ一つの判断を自分自身でするのではなく、専門家である弁護士に委ねるということです。

特に、加害者側と連絡がとれないような場合は、対処が遅れると回収が困難になる恐れもありますので、できる限り早めに交通事故に強い弁護士に相談するようにしましょう。

加害者との交渉にも長けている交通事故に強い弁護士を、本サイトは全国から厳選して掲載しております。お近くの弁護士事務所を探して、まずは無料相談するとよいでしょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!