“むちうち”の治療に疑問を抱いたときの処方箋

"むちうち"の治療に疑問を抱いたときの処方箋

追突事故などによる「むちうち」は、後遺障害で一番多い傷病です。
人によっても症状が違い、診断書に「頸椎捻挫全治3ヶ月」などと書かれても、その期間内に完治しない場合も多々あります。「いつまで治療を続ければいいの?」と、治療に疑問を抱く方も多い傷病です。

むちうちの治療には、実際どのくらいの期間が必要なのでしょうか?
また、どんな治療が効くのでしょうか?

この記事では、むちうち治療の様々な疑問を解決していきます。

1.むちうち治療の一般的な通院期間

「事故直後の診断書では全治2週間だったが、2週間を過ぎても治らない」といった不満をよく聞きます。

むちうち症の一般的な通院期間はどれくらいなのでしょうか?

むちうちの通院期間は3ヶ月が一般的

一般的には「3ヶ月」とされています。
ただ回復のスピードは人それぞれであり、3ヶ月はあくまで目安です。その後に完治した方もたくさんいらっしゃいます。

3ヶ月が過ぎても症状に改善しなくても、落胆せず、「医師が治療終了と判断するまで」治療を続けてください。

むちうちの通院頻度(症状別)

通院の頻度は、症状によって異なります。一般的な目安は、次のとおりです。

症状の程度通院頻度
首を動かすと痛む
(生活に支障なし)
週1~3回
痛みで仕事に集中できない週3回以上
頭痛・めまい・吐き気で日常生活が困難毎日(できれば)

当然ですが、症状が重い場合には、通院頻度も増やしたほうが良いです。

とはいえ、仕事や家事が忙しいと、なかなか治療のための時間をとるのも大変です。
怪我していること自体によって、会社や家族に多少なりと負担をかけてしまっていると、尚更「そんなに頻繁に通えない」となるでしょう。

しかし、治療を怠ることは、怪我の回復以外の点でも重大な影響があります。
そのため、むちうちで治療中の方は、「通院頻度」もしっかりと意識する必要があります。

なぜ、むちうち治療は「週何回も通院」しないといけないのか

後遺症が残るリスクが生じる

適切な治療をしなければ、そのことによって後遺症が残るリスクが出てきます。
更に、十分な治療をしなかったことを「被害者の落ち度」とされることも考えられます。

賠償額が減額されるリスクが生じる

損害賠償額との関係でも、通院頻度は重要です。

交通事故でケガをしたときには、毎回の治療費とは別に、治療期間に応じて「入通院慰謝料」を受け取ることができます。
自賠責基準では、以下の計算式で入通院慰謝料を計算します。したがって、通院頻度が2日に1回以下になると、通院期間で計算するよりも金額が下がります。

実通院日数 × 2
治療期間
上記いずれか少ない方の日数 × 4,200円 = 入通院慰謝料

こうした点からも、むちうち治療は通院頻度を意識しながら継続することが重要です。

2.むちうち治療を続けても完治しない場合

たとえば、擦り傷のようなケガであれば、出血がおさまり、すり切れた皮膚が元に戻れば「完治した」ということを、自分の目でも判断できます。

他方、むちうちは目で見て判断しにくい傷病です。治療が長くなると、「病院に通うのが面倒」「会社を休むのが大変」「がまんすれば大丈夫」と、どうしても考えがちです。

しかし、治療は「医師が治療終了」と判断するまで継続することが大切です。

通常、ケガの治療は、「完治=治癒(ちゆ)」か「症状固定」と言われる段階まで続けられます。

むちうち治療の場合、3ヶ月が症状固定までの目安とされます。

痛みが強い場合などは治療期間が長くなりがちですが、こうした段階に至るまで、大変ですが、頑張って治療を続けましょう。

関連記事
保険会社が言う症状固定とは?慰謝料増額で必ず知っておくべき全知識
保険会社が言う症状固定とは?慰謝料増額で必ず知っておくべき全知識
交通事故で受傷し、病院に通院していると、約6ヶ月経過したことに、医師から「症状固定」の診断をされる場合があります。 …

3.むちうちの治療法(整形外科)

ところで、先ほどから「治療」と言っていますが、「どこどのように行う治療なのか」も重要です。

この記事では「整形外科でのむちうち治療」を想定していますが、人によっては「整骨院に通っている」「針治療だけしている」という方もあるでしょう。

そういう方には、まず整形外科に通院することをオススメします

ただ、「整骨院の治療と、整形外科の治療で、どう違うの?」という疑問もあると思いますので、整形外科で行われる一般的なむちうちの治療法を紹介したいと思います。

・患部の固定
頸椎捻挫の急性期治療は、「安静(患部の固定)」が特に重要です。ネックカラーやギプスを装着している人を見かけることがありますが、これも立派な治療です。

・理学療法
電気療法・温熱療法(ホットパックや赤外線)・牽引といった「物理療法」と可動域訓練、筋力強化、平衡機能訓練といった「運動療法」とがあります。

・ブロック注射
神経症状が重篤な場合に用いられる痛みを緩和するための局所麻酔です。痛みによる神経の興奮を抑え血行などの改善をします。

・内服薬や外用薬の処方
痛み止め・湿布薬・ビタミン剤などの処方も平行して行います。

4.自分でも出来るむちうち治療は?

「なかなか痛みがとれない」とお悩みの場合、自分でもできる治療法を探す人は多いです。

そこで、一般的に言われる、即席のむちうち治療方法も紹介します。

ただし、こうした自己判断の治療法は、患部の状態を正しく判断できずに、誤った処置をして逆効果となってしまう人が多いようです。

この治療方法をそのまま実践するのではなく、「こういうことをやったほうがいいですか(効果的ですか)?」と医師に確認をとるなどして、医師の判断に基づいて行いましょう。

頭痛薬などの服用

患部の痛みや頭痛などの症状の多くは、受傷による炎症や神経症状を原因とするものです。ロキソニンなどの市販されている頭痛薬は、鎮静効果があるため、むちうちの症状を緩和させるのに効果がある場合があります。

薬のアレルギーが心配な人はロキソニンではなくカロナールを服用するのも良いでしょう。 また、体温の低下、血流の悪化などが症状の原因となっているときには、葛根湯などの漢方薬が症状を緩和してくれることもあります。

患部を冷やす、温める

患部を冷やしたり温めたりすることで、むちうちの症状が緩和されることもあります。

事故から間もないときには、受傷部位の炎症が原因の場合が多いため、冷やすことが効果的な場合が多いといえます。
他方で、事故から数日経っているときには、血流を改善させるために患部を温めることが有効な場合が多いといわれます。

5.むちうちの治療で悩んだら弁護士に相談を

むちうちは、症状が軽い場合でも後遺症が残ってしまう場合があります。
医師の指示にしたがって、必要な治療をしっかり受けましょう。

むちうち治療が長引いている場合には、途中で治療を止めたくなることもあるかと思います。
しかし、最終的な示談や賠償を見据えた場合、安易な自己判断は禁物です。

むちうちの治療で悩みがあり、このまま治療を継続すべきか等について、示談や賠償等の将来を見据えた判断をしたい場合には、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事

むちうちで後遺障害認定を受ける7つのポイント »
この記事が役に立ったらシェアしてください!