後遺障害等級12級13号!むち打ちの慰謝料と後遺症認定

むち打ち症で頚椎カラーを付ける女性

あなたが、運悪く交通事故に巻き込まれてけがをしてしまい、通院して治療を受けたものの、むち打ち症状(頚椎捻挫)により痛み、しびれ、麻痺、めまいなど慢性的な体調不良がずっと続いているとします。むち打ちは長く続くのでとてもつらいですよね。

この慢性的な痛みは交通事故の後遺症といえるのですが、交通事故との因果関係が証明された一定の症状に該当すると、後遺症のなかでも特に「後遺障害」と認定されます。

今回は特に後遺障害12級の中でも、認定率が高い「12級13号」について解説致します。

 むち打ちの後遺障害等級認定「12級13号」とは?

むち打ちに適用される後遺障害等級として、12級13号という等級があります。12級13号とは

「局部に頑固な神経症状を残すもの」
また
「検査や画像等の他覚的所見によって証明できるもの」

とされています。

しかし、むち打ちは、画像所見にうつしだされにくい症状であるため、医学的な証明資料を提出することが難しいという非常に悩ましい問題があります。

でも、だからといって希望を捨てる必要はありません。

過去の事例では、被害者が以下のような自覚症状をきちんと整理してアピールし、それを補強する他覚症状とあわせわざで主張することで、むち打ちについいて第12級13号の認定を勝ち取っています。

  • 背部痛で仕事がほとんどできない。
  • 何をしても痛みで同じ姿勢をキープできない。
  • 仰向けで寝ることができない。
  • 鎮静剤なしでは生活ができない。
  • 少し歩くだけで局部がけいれんを起こす。
  • 重い荷物を持つと背中が痛む。
  • これらによって不安定狭心症を併発している。
  • 背部痛で仕事がほとんどできない。
  • 何をしても痛みで同じ姿勢をキープできない。
  • 仰向けで寝ることができない。
  • 鎮静剤なしでは生活ができない。
  • 少し歩くだけで局部がけいれんを起こす。
  • 重い荷物を持つと背中が痛む。
  • これらによって不安定狭心症を併発している。

正しい知識をもって、きちんとアピールすればきちんと認定され、相応の賠償金額を得ることはできます。

「12級13号」の認定を勝ち取るには、事前申請と被害者請求どちらがよい?

後遺障害等級認定を行う方法は主に2つあります。

  • 事前認定
  • 被害者請求

です。被害者の代わりに後遺障害等級の認定申請書類を保険会社が準備し申請を行う事前認定と、被害者自身が自ら行う被害者請求です。

結論から申し上げますと、むち打ちで「12級13号」認定を受けるためには、圧倒的に被害者請求がおすすめです。

事前認定のデメリット

事前認定は、保険会社が手続きを全て代行してくれるので、被害者にとっては書類の準備等の事務負担が軽いというメリットがあります。

しかし、保険会社は被害者の等級認定を行っても、利益はないので、認定申請のための書面準備に、それほど工数をかけてもらうことが期待できないという点があります。

上述したようにむち打ちは画像診断などには写らない場合もあり、自覚症状を上手にアピールする場合も必要になったりします。

等級認定は書面主義といい、認定申請書類の書面上でのみ審査がされます。

この点を踏まえると、被害者側自らが、ベストな証拠を集め書類を作成できる被害者請求のほうが、有利な等級認定結果を得られる可能性が高いことがわかっていただけると思います。

手間や工数はかかりますが、ぜひ積極的に検討されることをおすすめします。

むち打ちの慰謝料の基準

むち打ちの損害賠償金の算定基準には3つあります。

自賠責基準

自賠責法という法令によって設定されている基準です。

自賠責基準は、被害者が受けられる最低限の補償しか与えないので、3つの基準の中でもっとも低い損害賠償額となります。

任意保険基準

加害者の任意保険会社が定めている基準になります。

民間の保険会社がそれぞれ定めているのでばらつきはありますが、保険会社は営利目的で事業を営んでいるため、損害賠償額はなるべく抑えたいという意思がはたらきます。

自賠責基準よりは高い金額になりますが、次にのべる弁護士基準よりは低い金額になることが多いです。

弁護士基準

弁護士基準で算定される金額が、3つの基準の中でもっとも高い金額となります。

弁護士基準は、民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準という書籍に記載されています。この書籍は表紙が赤いため、交通事故案件の弁護士実務では、「赤い本」「赤本」と呼ばれています。

日弁連交通事故相談センター東京支部が、毎年1回交通事故の判例をベースに、交通事故の損害項目ごとの金額基準をまとめて掲載しています。

ほかにも、青い本という類似の書籍もありますが、日本全国の裁判官はこれらの書籍を参照して、損害賠償額を算定しますので、弁護士もこれらをベースに請求額の目安を決めます。

このように、信頼性が司法界でクリアにみとめられているので、通称として弁護士基準や裁判基準とよばれることになったのです。日本では、法律に明記されていない詳細事項や解釈がわかれる事項については、判例(これまでの類似の事件について出した裁判所の判断)を根拠に判断されます。赤い本や青い本はこの大切な判例がまとめた貴重な資料なのです。

むち打ちの慰謝料相場

うえに述べた3つの基準で計算すると、むち打ちの慰謝料は具体的にはいくらになるでしょうか。以下におおまかな基準をお示しします。なお、慰謝料は、精神的な苦痛について金銭で補償するという趣旨で支払われるものです。交通事故の大きさや被害者の体格や属性などによっても異なるので、あくまで目安としてとらえてください。

自賠責基準の慰謝料

自賠責の計算方法は2種類あります。
一つは、

・「実通院日数☓2☓4200円」

です。ここで注意するのは「実通院日数」の定義です。これは単に通院した日数というわけではなく、入院した日数と通院した日数の両方を足したもので計算を行ってください。

そして、もう一つは

・「治療期間☓4200円」

の計算方法があります。こちらの「治療期間」は「事故にあった日から完治(もしくは症状固定)した日」までと定義されています。

そして、上記2つの式で金額が少なくなる方が「自賠責基準での慰謝料」と定められています。

任意保険基準の慰謝料

入院期間と通院期間をあわせて、それぞれの保険会社の基準で計算します。

弁護士基準の慰謝料

赤い本の入通院慰謝料と後遺症慰謝料を参照して解説いたします。

入通院慰謝料の金額

赤い本による交通事故の傷害慰謝料の基準表は、通常傷害に適用される別表Ⅰと、他覚所見のないむち打ちに代表される傷害に適用される別表Ⅱで構成されます。
別表Ⅱを以下に引用します。

赤い本 別表Ⅱ

入院123456
通院356692116135152
1195283106128145160
2366997118138153166
35383109128146159172
46795119136152165176
579105127142158169180
689113133148162173182
797119139152166175183
8103125143156168176184
9109129147158169177185
10113133149159170178186
11117135150160171179187
12119136151161172180188

むち打ちの場合、入院ではなく通院で治療されることが多いと思いますので、通院月数の欄をみていただくと金額がわかります。

例をあげると

  • 通院1ヶ月の場合は19万円
  • 通院3ヶ月の場合は53万円
  • 通院6ヶ月の場合は89万円
  • 通院12ヶ月の場合は119万円

になります(入院と通院の組み合わせである場合は、それぞれ下の表で求めた入院慰謝料と通院慰謝料を足した金額になります。)

ところで、赤い本によれば、別表のほかに以下の要素が個別具体的に考慮されて、基準額が決定されることになります。交通事故の影響は、被害者の属性によって程度が違うことを考慮したうえで、別表を基準としたうえで妥当な補償を決めようという趣旨です。

  • 通院が長期にわたり,かつ不規則である場合には,実通院日数(実際に通院した日数)の3.5倍程度を通院期間の目安とするということがある。
  • 被害者が幼児をもつ母親であったり,仕事等の都合など被害者側の事情で特に入院期間を短縮したと認められる場合には,金額を増加することがある。
  • 入院待機中の期間およびギブス固定中等安静を要する自宅療養期間は,入院期間とみることがある。
  • 傷害の部位・程度によっては,金額を20から30パーセント程度増額する
  • 生死が危ぶまれる状態が継続した場合,麻酔なしでの手術など極度の苦痛を被った場合,手術を繰り返した場合などは,入通院期間の長短にかかわらず,別途増額を考慮する。

後遺障害慰謝料の金額

後遺障害慰謝料の算出はシンプルです。

12級13号に認定を受けた場合は以下となります。

等級弁護士・裁判基準任意保険基準自賠責基準
12級290万円100万円93万円

上記でも解説致しましたが、弁護士基準・裁判基準での慰謝料が高額になっていることが分かります。

頚椎捻挫、腰椎捻挫の判例を見ても、弁護士基準での請求がおすすめ

以上のように高額な慰謝料が期待できる弁護士基準を使って請求することが合理的な選択肢だと考えられます。

過去に第12級13号が認定された事例で、裁判において認定された後遺障害慰謝料の金額を調べてみると、およそ250万円〜350万円の相場範囲となっています。少なくとも自賠責基準(93万円)や任意保険基準よりは確実に高い金額が認定されているといえるでしょう。

通常ひとりの人間が交通事故の被害者になって腰椎捻挫や頚椎捻挫になってさらに神経症状が残ることは、そう何回もあることではありません。

ですから職業として多くの交通事故処理を経験処理してきた弁護士の経験値や知識を賢く利用することがおすすめです。

後遺障害が認められる場合と、入通院慰謝料のみしか認められない場合の金額の差を考えると、この点を踏まえても、後遺障害については腕のよい弁護士に相談することが、一番の効果的な戦略です。

様々な事務所で初回無料相談などを受け付けていますので、まずご自身の状態を弁護士に相談してみて、弁護士に依頼するべきかどうか検討されてみてはいかがでしょう。

情報は多いほどよいものです。一人で抱え込まず、解決の道があると信じて頑張りましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!