後遺障害等級14級9号!むち打ちの慰謝料相場と後遺症認定

むち打ち

後遺障害14級といえば、後遺障害の中でも最も軽い等級というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際に、後遺障害認定を受ける方の約6割は14級に認定されています。そこで「多くの人が認定されているわけだから、14級の獲得は簡単なんだ」と判断してしまいがちです。

しかし実は14級9号の「局部に神経症状を残すもの」は、せっかく後遺障害請求をしても「非該当である」と判定され認定されないケースが多く見られます。妥当な等級付けがされず、納得の行かない結果になってしまいがちなのです。

そこで今回は特に14級9号の後遺障害認定を獲得するための注意点、具体的な事例を見ながら詳しく解説いたします。

後遺障害等級は認定される必要がなぜあるのか|症状固定について

そもそも後遺障害等級認定を受けることがなぜ重要なのでしょうか?

それは交通事故の怪我の治療開始後一定期間が経過すると「症状固定」というこれ以上大きな悪化も改善も予測されない状態になりますが、その結果、保険会社から大事な治療費が打ち切られてしまうことがあります。

症状固定と診断されたあとも被害者としては慢性的な苦痛が続くので、金銭補償が打ち切られてしまうとたまったものではないという訳です。

そこで将来の金銭的な負担の軽減のためにも、必ず正当な後遺障害等級を認定される必要があるので、等級認定に対して妥協はしないようにしましょう。

後遺障害14級9号の認定基準と獲得の難しさ

自賠責保険の後遺障害別等級表において、後遺障害14級9号の認定基準は「局部に神経症状を残すもの」と定められています。

例えば、交通事故の被害にあって、打撲、骨折、切り傷など外傷を受けて、一定期間が過ぎた後に、頭痛や首の痛み・吐き気・めまい・肩こりの不快な自覚症状が続く場合がありますが、それは神経症状の可能性があります。

そしてそのような自覚症状の原因となる疾患は以下のようなものがあります。

  • むち打ち症(頚椎の捻挫)
  • 頚椎・腰椎の椎間板ヘルニア
  • 脳脊髄液減少症
  • 胸郭出口症候群
  • TFCC損傷
  • 坐骨神経痛
  • 半月板損傷

このような疾患になって、その後慢性化した不快な症状は、被害者のクオリティオブライフレベルを大幅にさげてしまうので、金銭的な補償はしっかりと求めていきたいところです。

しかし実は上記のような不快な自覚症状は、レントゲンやMRIなど外形所見にはうつりにくいという傾向があるのです。

むち打ち症が後遺障害として認められにくい理由

特にむち打ち症は末梢神経障害に分類されます。

末梢神経の障害は立証が非常に難しいです。基本的には外傷はありませんから、自覚症状があっても、外からは判断できません。そこで画像データなどの検査を元に判断を行うわけですが、この検査機器も完璧ではありません。

つまり痛みがあっても検査結果に出ないことがあるのです。それが、むち打ちが後遺障害として認められにくい理由です。

「後遺障害等級14級9号」また「後遺障害等級12級13号」の違い

また上記のことと関連した話題ですが、むち打ち症について認定される可能性がある後遺障害等級は、具体的には「後遺障害等級14級9号」また「後遺障害等級12級13号」です。

この認定されうる「後遺障害等級14級9号」また「後遺障害等級12級13号」の大きな違いは

  • 14級が「局部に神経症状を残すもの」
  • 12級が「局部に頑固な神経症状を残すもの」

ということです。

何が頑固かという認定基準は主観的判断も含め諸事情の勘案の結果で決まります。

「頑固な」という点の証明のために、被害者としては、医師のコメントや医療データを提供して主張を行っていくのですが、なかなか決め手にかけることが多く、結果的に14級9号の認定にされてしまうことが多いです。

関連記事
むち打ち症で頚椎カラーを付ける女性
後遺障害等級12級13号!むち打ちの慰謝料と後遺症認定
あなたが、運悪く交通事故に巻き込まれてけがをしてしまい、通院して治療を受けたものの、むち打ち症状(頚椎捻挫)により痛…

自賠責の75万円の基準と弁護士基準の相場の違い

後遺障害14級に認定された場合、自賠責保険から最大75万円(後遺障害慰謝料と逸失利益をあわせた金額)が被害者に支払われます。

しかしこれはあくまで最低限の補償にすぎず、任意保険会社からさらに補償を獲得する必要があります。

この際、任意保険会社に説明されるがまま、示談してしまうと任意保険会社の基準で算定され低額の慰謝料しか獲得できないことが問題となるケースが多いです。

そこで弁護士基準・裁判基準と呼ばれる基準で、慰謝料を請求する必要が出てくるわけです。そのためには、事前に戦略を立てる必要があります。

後遺障害認定されて高額の慰謝料を受け取るための方法とは

上述したように、むち打ち症を代表とする神経症状は後遺障害認定を受けるためにそもそも努力を要する症状であり、さらに12級13号には至らない比較的軽度の14級9号の認定を勝ちうるためには、いかに説得力のある「後遺障害診断書」を医師から取得し、自賠責事務所にそれを提出できるかが鍵となります。

14級9号に認定されるための後遺障害診断書のポイント

過去の判例などから推測すると、影響するポイントは以下の5つです。

  • 事故状況との関連性
  • 受傷当時からの症状の訴えの「一貫性」(症状が一貫して継続しているかを診断書で確認されます)
  • 治療状況と推移(病院での治療を定期的に行なっているか)
  • 検査の実施状況(複数の検査を受けているか)
  • 後遺障害診断書に「改善する可能性がある」との記載がない。

これらが整っていれば、他覚的所見がなくても第14級9号に認定される可能性があります。

通院日数は6ヶ月必要

たまに、神経症状が残っているにも関わらず、我慢して病院に通院しない方もいます。しかしその場合、後ほど後遺障害認定を受けられない可能性が高くなります。

というのも上記の5つのポイントのひとつ「治療状況と推移(病院での治療を定期的に行なっているか)」を満たしていないからです。

一般的には

  • 通院期間6か月以上
  • 通院実日数100日

を満たすことが重要などとは言われていますが、正確に必要な通院日数が定められているわけではありません。無理やり6ヶ月以上通院しても認定されない場合もありますし、3ヶ月程度でも認定されるケースはあります。

このあたりは交通事故・後遺障害に強い弁護士に相談しながら、進めていくことが重要となります。

むち打ちやヘルニアは「証拠の積み重ね」が一番大切

後遺障害14級9号の等級認定においていちばん大切なことは「証拠の積み重ね」、これが何より重要です。

そして、他覚的所見が得られないむち打ち症の場合に重要な証拠となるのが「検査結果」です。

実はむち打ち症の検査には、レントゲン、CT、MRIなどの画像検査以外にも、主に以下のような2つの検査があります。

深部腱反射(DTR)テスト(しんぶけんはんしゃ)

筋肉に対して直接ゴムハンマーなどで刺激を加え、それによる反射の程度を見る検査方法です。

刺激に対して、意識とは関係なくおこる反応を見ることができるので効果的です。

むち打ち症の後遺障害認定において重要視されている検査方法です。

誘発テスト

患者の頭を後ろに傾けて左右に動かし、その時にどの程度の痛みがあるのかを検査する方法です。

痛みやしびれについて自己申告します。

誘発テストには、スパーリングテストとジャクソンテストがあります。

検査は結果より『実施する』ことが大事

何よりも重要なことは、これらの検査を「実施する」ということです。

病院によっては他覚的所見が認められないむち打ち症の場合は、後遺障害認定を諦めるよう暗に促してくることもあります。

これらの検査すら実施していないと、後遺障害の申請を出したとしても「検査するほどではなかった」という印象になってしまいます。

ですから、大前提としてむち打ち症で後遺障害認定をとろうとするのであれば、必ずこれらの検査を受けてその結果を診断書に細かく記載してもらいましょう。

これらの検査結果を積み重ね、それに医師の見解を加えることで後遺障害認定の確率は大きくアップするのです。

後遺障害診断書作成と弁護士アドバイス

上述のように、後遺障害14級9号の認定を勝ち取るためには、説得力がありポイントを押さえた後遺障害診断書を医師に作成してもらうことが必要です。

医師の仕事は、疾病の治癒であって、賠償金を勝ち取ることではないので、上手でわかりやすい依頼をしなければ、ポイントを押さえた後遺障害診断書を書いてもらえない可能性があります。

そういった際、交通事故分野に強い弁護士であれば、過去後遺障害認定を勝ち取った後遺障害認定書のサンプルをたくさん見てきているので、医師にも要点をおさえて上手な依頼をすることができます。初回は無料相談を受け付けている弁護士事務所も少なくないので、相談してみてはいかがでしょうか?

ちなみに下記が後遺障害診断書のフォーマットとなります。

診断書

 

以上が後遺障害14級の認定を受けるために必要なことです。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 )]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]毎日 9:30~20:00
 現在営業中( 本日9:30~20:00 )]
電話する 弁護士詳細情報はこちら

では、実際に認定された場合慰謝料・示談金はいくらぐらい獲得することができるのでしょう。続いては、実際あった具体例を用いて、慰謝料や示談金についてお伝えします。

14級9号の慰謝料金額・示談金の具体的事例

以下に14級9号認定された事例と慰謝料の金額を数例ご紹介致します。

交差点事故の事例

 

被害者は交差点を青信号で直進したところ、赤信号を無視して左方向から直進してきた車と衝突した、車対車の事故です。事故の衝撃はかなりのものだったようで、被害者は頸椎捻挫(いわゆるむち打ち症)、腰椎捻挫、左肩筋挫傷、右足関節捻挫などの傷害を負いました。

治療期間などは、以下のとおりです。

  • むち打ちでの通院日数:187日(全治6ヶ月・半年以上)
  • むち打ちでの通院実日数:106日

この事案は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料については、判例基準が満額は認定されず加害者が主張する金額と判例基準の間をとった金額が認定されています。

具体的には、入通院慰謝料は、108万円の請求に対して、傷害の部位や程度など一切の事情を考慮して80万円が認定されました

後遺障害慰謝料については、むち打ち(頸椎捻挫)後に発生した右頸部から肩にかけての痛みについて「局部に神経症状を残すもの」に該当するとして、後遺症障害14級9号が認定され、判例基準110万円に近い105万円の請求が認められています

これにより、被害者は後遺障害慰謝料について弁護士基準・裁判基準の認定基準から算出された110万円の支払いを求めましたが、加害者側は90万円の金額が相場で適正であると反論しました。最終的な結論としては105万円という金額が認定されました。双方の主張に耳を傾けた結果の示談金が認められました。

後遺障害に強い弁護士が重要

事例については以上となります。ただしこれら一つ一つの事情だけでは、きっと裁判官の心を動かす事はできなかったでしょう。

決して諦める事なくこれらの要素をかき集めて主張する「交通事故に強い弁護士」の力量が大きいです。

事故の被害者となられた皆様が、納得のいく補償が得られよう、交通事故に強い弁護士に相談してみましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人 ベリーベスト法律事務所
弁護士法人 ベリーベスト法律事務所
 現在営業中( 本日9:30~21:00 )]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料となっております。

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3759-2099
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
 現在営業中( 本日9:30~21:00 )]
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!