後遺障害12級の慰謝料相場と増額方法をわかりやすく解説

★ お気に入りに追加
後遺障害12級

後遺障害12級は、14級と同様に交通事故で多い、むちうち症やヘルニアを代表とする「神経症状」が認定される等級でもあり、比較的身近な後遺障害等級ということができます。

神経症状の場合は、後遺障害14級と後遺障害12級のボーダーラインにいる被害者も多く、14級と12級の認定では、慰謝料や逸失利益など損害賠償額が大きく違ってきてしまいます。

そこで、今回は、後遺障害12級に認定されたら慰謝料や示談金の相場はいくらくらいか、認定されるためには何をすべきかなどを解説致します。

後遺障害12級の代表的な症状

後遺障害12級が認められる主な症状は、以下の通りです。

等級症状
12級1号1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
12級2号1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
12級3号7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
12級4号1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
12級5号鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
12級6号1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
12級7号1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
12級8号長管骨に変形を残すもの
12級9号1手の小指を失ったもの
12級10号1手の人差し指、中指又は薬指の用を廃した場合
12級11号1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
12級12号1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの
12級14号外貌に醜状を残すもの

後遺障害12級の後遺障害慰謝料の相場

後遺障害慰謝料については、自賠責基準、任意保険基準、弁護士・裁判基準の3つの基準があり、自賠責基準、任意保険基準、弁護士・裁判基準の順で高額となっています。

下表からお分かりいただける通り、自賠責基準と弁護士・裁判基準の後遺障害慰謝料は3倍以上の差があります。

後遺障害12級の後遺障慰謝料
自賠責基準任意保険基準(※)弁護士・裁判基準
93万円100万円290万円

※任意保険基準については、一般に公開されていないので、旧任意保険の統一支払基準を参考に記載しています。

自賠責基準は公的な自賠責保険による最低の補償額を定めたものに過ぎません。任意保険基準は、任意保険会社が独自に定めた損害賠償額の基準です。

これに対し、弁護士・裁判基準は、賠償金額を最終的に決定する権限のある裁判所の基準ですから、これが唯一の正しい基準なのです。
自賠責基準の金額だけで満足してしまえば、本来受け取ることができたはずの賠償金を失う結果となります。

正しい金額の後遺障害慰謝料を受け取るためには、弁護士・裁判基準を利用する必要があります。

後遺障害12級の逸失利益

後遺障害慰謝料以外に、後遺障害等級の認定を受けた場合に請求することができるものとして、逸失利益があります。

後遺障害逸失利益は、後遺障害がなければ得られたであろう将来の収入です。後遺障害によって働く力が失われたと考え、その失われた割合が後遺障害の程度に応じて基準化されています(労働能力喪失率)。

逸失利益は、次の計算式によって求めることができます。

逸失利益=年収額×労働能力喪失率×就労可能年数に応じたライプニッツ係数

「就労可能年数に応じたライプニッツ係数」は、国土交通省のサイトで調べることができます。

参考外部サイト:国土交通省「就労可能年数とライプニッツ係数表

そこで次の事例で実際に逸失利益の計算をしてみましょう。

後遺障害12級の労働能力喪失率は、14%です。

後遺障害12級の逸失利益の計算例

事例

被害者の年齢・性別:62歳男性
被害者の年収:400万円
被害者の後遺障害等級:12級

400万円(年収)×14%(労働能力喪失率)× 8.306(年齢62歳のライプニッツ係数)=4,651,360

後遺障害12級に認定されることによって被害者は、約465万円の逸失利益を受け取ることができます。

しかし、もしこの被害者が同一条件で認定が14級だとしたら、逸失利益は1,661,200円です。

適正な等級認定が重要な理由がお分かりいただけるでしょう。

では、後遺障害12級と認定された場合、実際にどれくらの慰謝料を受け取ることができるのでしょうか?

後遺障害12級の慰謝料事例

被害者の事情にも大きく左右されますが、後遺障害12級でどれくらいの後遺障害慰謝料が認められるのか、慰謝料事例として裁判例を2つピックアップします。

後遺障害12級の裁判例-顔面醜状

浦和地裁平成6年7月15日判決

被害者は女子中学生(事故時14歳、症状固定時18歳)。

事故により前額部などに3カ所の線状瘢痕が残り、自賠責保険により顔面醜状(後遺障害12級)の後遺障害と認定されました。

裁判所は次の各事実を指摘しました。

  • 被害者の傷跡は人目につくものである
  • 事故前は明るく積極的な性格、学業成績も優秀、将来は四年制大学への進学と総合職への就職を希望していた
  • ところが、事故後、後遺障害のため自信を失って消極的になり、高校には進学したが、勉学に集中できず成績も低下、大学受験も失敗した
  • 後遺障害は被害者の人格形成及び学業成績に悪影響を及ぼしており、将来の職業、職場の範囲が制限され、収入が減少する蓋然性があるから、労働能力14%の喪失を認める・これら諸般の事情と被害者の性別、年齢、婚姻の有無を後遺障害慰謝料算定にあたって考慮する

こうして裁判所は、入通院慰謝料100万円に加えて、後遺障害慰謝料550万円を認めました。

参考文献:交通事故民事裁判例集27巻4号936頁

後遺障害12級の裁判例-右股関節の痛みと可動域制限

千葉地裁平成20年6月23日判決

被害者は主婦(症状固定時58歳)。
大腿骨頸部骨折の傷害を負い、右股関節の痛みと可動域制限による後遺障害を主張しました。

しかし、自賠責保険は、末梢神経障害(局部に頑固な神経症状を残すもの)で後遺障害12級を認定しただけで、股関節の可動域制限は基準に達していないとして後遺障害と認めませんでした。

これに対して、裁判所は次のとおり判断しました。

  • 右股関節の可動域制限は後遺障害の程度に達しており、後遺障害12級の「1関節の機能に障害を残すもの」に該当する
  • さらに、その後遺障害の程度は、10級の「著しい障害を残すもの」に近いものといえる
  • 将来、人工骨頭置換手術を余儀なくされる可能性もある

これらの事実から、入通院慰謝料280万円に加えて、後遺障害慰謝料550万円を認めました

参考文献:交通事故民事裁判例集41巻3号740頁

どちらの裁判例も判決で後遺障害慰謝料550万円を認めています。550万円という額は、後遺障害12級の弁護士・裁判基準の相場290万円を大きく超え、10級の相場額です。

本来、後遺障害慰謝料の額は、事故態様などによって判断されるため、事故ごとに異なるものですが、裁判では、被害者の年齢、性別、収入や生活状況まで勘案して判断するので相場を超えて適正な後遺障害慰謝料が認められやすいのです。

そのためには、被害者の事情に応じた増額理由を裏付ける事実をすべて拾い上げ、主張・交渉することがカギになります。

後遺障害12級認定のためにすべきこと

では、後遺障害12級の認定を受けるためにはどうすればいいのでしょうか?後遺障害12級の認定を受けるためのポイントを以下にまとめました。

被害者請求をする

適正な後遺障害等の級認定を受けるためには、被害者請求を利用することをお勧めします。

相手側任意保険会社に等級認定手続きを任せてしまう事前認定と比べると、手続の透明性が保たれ、被害者にとって納得しやすい等級が認定される可能性が高くなるからです。

被害者請求であれば、申請の際に提出する書類をすべて被害者側で揃えなければならないため、すべての書類について自身でコントロールすることができます。事前認定では、提出する書類も相手側保険会社に任せてしまうので、どんな資料を提出したのか知る術がありません。

事前認定で期待した等級の認定を受けることができればいいのですが、期待した等級に認定されなかった場合、その理由はハッキリとはわからないままです。

しかし、被害者請求はその分手続きが煩雑になるというデメリットもあります。「申請が煩わしい」そんな時は、弁護士に依頼するといいでしょう。代理申請をしてもらえば、被害者の負担は格段に減少するはずです。

関連記事
被害者請求
後遺障害申請を被害者請求でするメリット・デメリット
交通事故で後遺障害等級の認定を受ける方法には、「被害者請求」と「事前認定」という2つの方法があります。なぜ事前認定よ…

適切な後遺障害診断書を準備する

また、後遺障害等級認定に際して適切な後遺障害診断書を医師に作成してもらうことも重要です。

後遺障害12級では、いろいろな検査が必要になりますし、医学的見地からの意見や診断書作成なども必要です。もし、診てもらった医師が後遺障害診断書の作成に協力的でない、後遺障害について詳しくなさそうだという場合は、交通事故に詳しい弁護士に相談してみるのも一つの方法です。

交通事故に詳しい弁護士であれば、後遺障害診断書作成にあたってのアドバイスや作成後のチェックもお願いすることができます。

関連記事
後遺障害診断書の記入例と書き方のポイント
後遺障害診断書の書き方と医師に作成をお願いする時のポイント
後遺障害診断書がどう作られるのか、何を記述するべきなのかご存知でしょうか?後遺障害診断書は、後遺障害等級認定において…

神経症状で後遺障害12級認定には他覚所見が必要

むちうち症など「神経症状」で後遺障害12級の認定を受けるためには、他覚所見といわれる客観的な資料が必要です。

自賠責保険で神経症状の後遺障害12級の認定を受けるためは、基本的にレントゲンやMRIなどの画像検査が必要となってきますが、画像で原因を特定することが難しいことも事実です。そんな時は、弁護士に相談してみましょう。異議申し立てや裁判までを見据えた提案をしてくれることでしょう。

特に裁判では、画像所見の重要性は認められますが、不可欠のものではなく、神経学的検査も含めた医学的所見を総合的に判断して後遺障害の有無と程度が判断されます。

慰謝料増額のための3つのポイント

後遺障害12級の慰謝料増額のためのポイントは以下の3つです。

弁護士・裁判基準で交渉する

慰謝料を増額するためには、弁護士・裁判基準で交渉することが効果的です。

後遺障害慰謝料の項目でも説明しましたが、弁護士・裁判基準を採用することができれば、他の基準を用いた場合よりも大幅に慰謝料の金額が上がるからです。しかし、実際に被害者が自分で示談交渉をする際に、弁護士・裁判基準を持ち出しても誠実に対応しない保険会社が多く存在することも事実です。

慰謝料を弁護士・裁判基準で交渉するには、弁護士に依頼するのが一番の近道です。

異議申し立て・裁判

もし、期待していた等級の認定を受けられなかったとしても諦める必要はありません。まず自賠責保険に対する異議申し立てという不服申し立ての手続きが認められています。

異議申し立てによって等級が上昇する可能性は決して高くはありませんが、費用もかからず、申立てについて回数制限はありません。なぜ希望の等級が認定されなかったのか原因をしっかりと分析し、新たな医学的証拠を収集して十分な準備をしてから異議申し立てをしましょう。

さらに、自賠責保険共済紛争処理機構というADR(裁判外紛争処理機関)に不服審査を請求することもできます。

また、冒頭でご紹介したように、最終的には、裁判によって慰謝料の増額を期待することができます。

後遺障害に強い弁護士に相談、依頼する

後遺障害認定以外に、示談で保険会社が提示する慰謝料額に納得がいかない場合にも、交渉を弁護士に依頼することがベストな選択です。

示談交渉では、保険会社は、認定された等級に応じて、自社独自の慰謝料額基準を機械的に提示するだけで、被害者の個別の事情をすすんで考慮してくれることは、まずありません。

しかし、弁護士は、事故と被害者、加害者をめぐる様々な事情のうち、慰謝料の増額理由となる事実を漏れなく拾い上げて主張・交渉します。さらに過去の膨大な裁判例と比較し、特に増額が考慮されてしかるべき本件の特殊性を指摘します。こうして保険会社から慰謝料を増額する回答を引き出します。

示談交渉でまとまらなければ、弁護士が訴訟を提起し、増額の理由となる事実の存在を、証拠をもって立証し、裁判所に増額を認めさせます。

慰謝料の大幅な増額を勝ち取るためには、このような緻密な活動が必要です。そのためには、知識と経験が豊富で、交通事故の被害者救済に熱意のある弁護士を選ぶことこそが大切です。

後遺障害12級の慰謝料の自動計算ツール

自分の事故のケースで、後遺障害12級の慰謝料相場を調べたい方は、自動計算ツールをご利用ください。

通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、より詳しく自分の慰謝料相場を弁護士基準で計算することができます。

関連記事
calc_317x207
交通事故慰謝料の自動計算機|弁護士基準の相場を知る
本当の慰謝料はいくら?通院期間や後遺障害等級を入れるだけで、弁護士基準の慰謝料相場を知ることができます。 むち打ちの…

まとめ

今回は、後遺障害12級に認定される症状や後遺障害慰謝料の相場、適正な等級の認定を受けるためにすべきことについて解説しました。

後遺障害12級が認定される症状はさまざまです。むちうちなどの神経症状の場合でも、他覚症状があれば12級が認定されます。

交通事故で12級に該当する後遺障害が残ったら、確実に等級認定を受けることが大切です。

そのためにも、被害者請求手続きを利用して後遺障害の認定の確率を上げ、交通事故に詳しい弁護士に示談交渉を依頼して弁護士・裁判基準を適用して計算してもらうことなどが必要です。

今、交通事故の後遺障害の問題で悩んでいたり、示談交渉の方法で迷っていたりする方は、早いうちに一度、交通事故問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!