頚椎捻挫で知っておくべき全情報!交通事故で多い後遺症

頸椎捻挫

交通事故、特に追突事故の負傷事故で、一番多い怪我は「むちうち症」です。「むちうち症」という言葉自体はよく聞く言葉なのではないでしょうか。

一般的によくいわれる「むちうち症」は、実は医学的に、正式な名称ではありません。

正式には頚椎捻挫頚椎挫傷といわれています。これ以外にも、傷性頸部症候群という名称がつく場合もあります。

頚椎捻挫は、交通事故後すぐに症状が出ないことも多く、損害賠償のトラブルを招きがちです。

  • 頚椎捻挫の交通事故慰謝料で損しないために知っておくべきポイントは何か?
  • 頚椎捻挫で実際に起きているトラブルにはどういうのがあるのか?
  • 頚椎捻挫でトラブルに巻き込まれないためにはどうすればよいか?

今回は、交通事故の「頚椎捻挫」について知っておくべきことや関連するトラブル事例までご説明します。

頚椎捻挫とは「むちうち症」

まず、「頚椎捻挫」について詳しく学んでいきましょう。

頚椎捻挫の症状も幅広い

では、「頚椎捻挫」とは何を指す言葉なのでしょうか。

頚椎捻挫とは、交通事故などの外部からの衝撃により、首の筋肉や筋・骨を損傷することを指します。むちうち症の名前の由来は、外部からの衝撃をうけたことにより首がムチのようにしなってしまい、首の神経や筋肉などを損傷してしまうことからきているそうです。一般的には、「むちうち症」と言われます。

交通事故による負傷で、一番多い症状・怪我は、頚椎損傷がもっとも多くなっています。「頚椎捻挫」が負傷部位の80パーセント以上を占めています。

頚椎捻挫の症状

頚椎捻挫の症状は、筋肉や神経の損傷度合いによって大きく異なります。多くは、首、肩、背中などに痛みを感じることが多いのですが、日によって痛む場所が変わることもあります。

  • 以前より集中力がなくなった
  • 同じ作業の繰り返しが辛くなった
  • めまいがする

など、頚椎捻挫の症状であるのかはっきりしない症状が出る場合もあります。

他にも、むちうち症の症状としては、頭痛や吐き気・耳鳴り・めまい・手の痺れなどが挙げられます。頚椎の損傷が激しいケースでは、首から下の神経が麻痺し、寝たきり状態になってしまうこともあります。

このように、「頚椎捻挫」と一言で言っても、症状の軽重や現れた方はさまざまです。ちょっと「痛む程度だから大丈夫」と思い、そのまま放置していると大変なことになりかねません。皆さんも気をつけましょう。

頚椎捻挫の原因と治療方法

次に、頚椎捻挫の原因と治療方法について見ていきます。

原因

では、交通事故による頚椎捻挫の原因はどこにあるのでしょうか。

頚椎捻挫は、交通事故などの強い衝撃により、首が前後に大きくしなってしまい、骨や筋肉・神経が損傷することが原因で起こります。

また、首は胴体に比べて細く、突然の強い衝撃に相当弱いということも原因に挙げられます。首は頭を支える重要な身体の部位です。

首には、頭からの指令を各部位へ伝達する重要な神経が首の中にはたくさんあります。そして、交通事故などで大きな衝撃を受けてしまうと、神経などが損傷をうけ、多くの症状を引き起こしてしまうのです。実際のところ、軽度であっても後遺症も残りやすく、完治しないこともあります。

このように、交通事故の強い衝撃により、頚椎捻挫は引き起こされてしまいます。症状によっては、治療に時間がかかることもあるでしょう。

治療方法

では、頚椎捻挫の治療はどのように行うのでしょうか。

病院

まずは、病院での治療になります。

最初はレントゲンなどで状態を確認したあとに、患部を冷やすことからはじめます。ダメージをうけて腫れてしまった筋肉を冷やすことで症状の回復を図ります。実際病院では、冷湿布と痛み止めを処方してもらうことが多いです。基本的には自然治癒を目指すので、首に負担をかけないようにコルセットをつける場合もあります。

頸椎カラーは急性期の数日間のみとして、長期固定による頸椎椎間関節の拘縮や頸椎支持筋の萎縮を防止するようにします。

参考外部サイト:東京医科大学「むち打ち損傷 | 東京医科大学 整形外科 医局

リハビリ

炎症がひいたら、次はリハビリです。

整形外科などで、首の牽引や温熱療法(首を温める)をおこないます。鍼灸院での治療も有効と言われています。軽い頚椎捻挫であれば、症状が出始めてから3ヶ月程度で治癒します。リハビリなどでも症状が改善しない場合は、首まわりだけでなく、全身マッサージも行います。これは首の歪みを直すために行われる整体です。

このように、頚椎捻挫の治療はまずは患部を冷やすことから始まります。ただし、これはレントゲンなどで大きな異常がない場合に限ります。病院の診断を受けることなく、自己判断をするのはやめましょう。

関連記事
"むちうち"の治療に疑問を抱いたときの処方箋
“むちうち”の治療に疑問を抱いたときの処方箋
むちうちの治療には、実際どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、どんな治療が効くのでしょうか?この記事では、むち…

弁護士に任せて治療に専念

また、治療の段階から、交通事故に強い弁護士に相談すると、保険会社との煩わしいやり取りを全部任せることができ、治療に専念することができます。

特に、頚椎捻挫の場合、3カ月ぐらい治療が経つと、保険会社から「治療費打ち切り」が打診されますので、注意をしましょう。

 現在営業中(本日9:30~21:00) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

頚椎捻挫の特徴

では、頚椎捻挫の特徴はあるのでしょうか。

まず、頚椎捻挫でよくあるケースは、負傷後すぐに症状が出ないパターンです。交通事故などで衝撃をうけた直後は、なんの痛みもなくそのまま家へ帰る方も多いです。

しかし、家に帰ってしばらくすると徐々に痛みがはじまり、腫れが出はじめます。

これは、神経の損傷が現れるのに時間がかかるためです。このように、後れて痛みを感じるケースは、頚椎捻挫の一般的なケースです。

交通事故後は痛くなくても病院で診てもらうこと。そして、油断せずに1,2日は様子をみることが大切です。

このように、頚椎捻挫の特徴は、すぐに痛みが出ないことです。

病院に行かない方もいらっしゃいますが、損害賠償額にも影響しますので、必ず病院へ行くようにしてください

治療は止めない

また、痛みなどの自覚症状があるにもかかわらず、病院の検査では異常が出ないこともあります。

客観的な異常が発見されない場合、すぐに通院を止めてしまうケースがありますが、これにも注意が必要です。

通院をやめてしまい、たまに整体に行くというケースでは、保険会社から治療費が下りないことや打ち切られる事があるためです。

痛みがある間は、病院で継続的に診てもらうようにしましょう。

関連記事
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処法
この記事では、保険会社が治療費打ち切りを打診するケースや、その理由、被害者がとるべき対処法を紹介します。打ち切りの連…

頚椎捻挫の治療上の注意点

では、交通事故に遭い、「頚椎捻挫」になった場合、被害者として知っておくべきことはあるのでしょうか。

最初に病院へ行くことが鉄則です

まず、一番大事なことは、交通事故後すぐに病院へ行くことです。

というのも、交通事故による損害賠償を請求するためには、病院で負傷に関する診断書を作成してもらう必要があるからです。

診断書によって、事故と負傷との因果関係を証明することが可能となります。

仮に症状が出ていなかったとしても、病院に行くことに意義がります。

なぜなら、病院でなんの診断もでなかったとしても、後日痛みがでれば、頚椎捻挫と診断されることがあるためです。

また、痛みなどの症状はなくとも、MRIなどの診察で頚椎捻挫が確認されることもありますので、最初に病院で検査を受けるようにしてください。

関連記事
交通事故後、後から首の痛み
後遺症か!?追突・交通事故後から首の痛み!(頭痛・腰痛・むち打ち症)
交通事故の場合、その場では特に外傷もなく症状が出ないことがあります。数日後から痛みが生じることも少なくありません。後…

整骨院・接骨院に行かない

また、最初に整骨院・接骨院に行かないでください。

先にご説明した通り、損害賠償請求には病院の診断書が必要です。しかし、整骨院・接骨院では診断書は作成してもらえません。後から病院にいき、頚椎捻挫との診断がでれば損害賠償を請求することは可能ですが、整骨院・接骨院での治療費は出してもらえない可能性があります。症状が軽いケースでは、整体師によるマッサージなどで済ましてしまうえケースもありますが、最初は必ず病院へいくようにしてください。

関連記事
交通事故で整骨院に通う場合の注意点
交通事故で整骨院に通院する時の注意点|整形外科の併用と医師の許可
むちうちで整骨院に通う場合、正しく通院しないと後の慰謝料請求に影響が出る場合もあります。 この記事では、『治療費は出…

治療期間と症状固定

頚椎捻挫の通院期間ですが、一般的に、軽症のものであれば、1か月程度で回復します。中度のものであれば、3ヶ月程度、重症であれば、6ヵ月程度かかると言われております。

保険会社から治療費打ち切りを言われても、痛みがあるなら病院へ継続すべきです。症状は医師のみが決定できることです。

関連記事
症状固定日
交通事故の症状固定はどう決まる? 後遺障害認定や慰謝料との関係
交通事故でのむちうちや骨折などの負傷が治療してもなかなか治らない場合、医師から「症状固定」と言われます。 症状固定と…

休業補償

最後に、「頚椎捻挫」が原因で労働能力が低下した場合は損害賠償も可能だということです。

事故前と比べて労働能力が低下したと判断できる場合には、休業補償として労働能力低下に対する損害賠償請求ができます。

職業を変えなければいけなくなった場合はもちろん、これまでどおりの量で仕事ができなくなった場合も含みます。

もっとも、実際に請求するためには、通院を続けなければいけません。

「通院を続けるほどの痛みではない」として放置するケースが散見されますが、のちに大きな後遺症につながることもあります。

痛みが続く場合は、通院を続けて、最後まで治療を受けるようにして下さい。

このように、「頚椎捻挫」になってしまった場合は、病院での診断が重要です。軽い症状の場合でも、必ず病院で診断書をもらい、痛みが治まるまで通院を続けるようにしましょう。

頚椎捻挫のトラブル事例

治療費が支払ってもらえないトラブルがある

実は、軽い怪我と思われがちな「頚椎捻挫」ですが、交通事故の中でも事故後のトラブルが多い負傷です。

例えば、「整骨院に通っていたら、治療費を払ってもらえなかった。」「最初は払ってもらえていたのに、途中で支給を打ち切られた」というケースがあります。

基本的には、整骨院・接骨院でも治療費が出ます。しかし、のちに保険会社から「病院ではない」として、治療費を出さないといわれるケースがあります。これは整骨院での治療は、保険が適用される治療と適用されない治療があり、複雑であることも起因しています。

このようなトラブルと避けるためには、病院で「整骨院での治療が必要」という診断書をもらうのがベストです。また、事故後に相手方の保険会社とやりとりをする際に、「整骨院・接骨院でも保証してもらえるのか」について確認しておきましょう。

整骨院・接骨院と被害者・保険会社間で問題が発生することも

整骨院に通うケースでは、整骨院と交通事故被害者との間でトラブルになるケースもありるです。

整骨院の中には、行ってもいない施術をしたとして医療費を水増し請求する医院があり、これがトラブルとなるケースがあるのです。

交通事故の被害者としては、整骨院に通った分の治療費を保険会社に請求しますが、保険会社が整骨院を信用せず治療費を支払わないという結果が生じます。

被害者としては、治療代金分を損することになり、整骨院側とトラブルになってしまうケースがあるんです。

もちろん、このような悪質な整骨院ばかりではありません。誠実に治療を行っている医院がほとんどです。

しかし、一部の悪質な整骨院によって、保険会社からの信用が得られていないことは事実です。整骨院を選ぶときは信用できる医院を選ぶようにしましょう。

弁護士がついている場合は、交通事故の際に被害者の方が選ばれている整骨院を紹介してもらうと良いでしょう。

このように、事故直後に軽い症状だったケースほど、トラブルになりがちです。

必ず病院で診断してもらうこと、整骨院・接骨院での治療では病院のお墨付きをもらうようにすることが大事です。

整骨院に行くと後遺障害認定にも影響がある

整骨院のみに通ってしまうと、整骨院の柔道整復師は、医師ではないので、後遺障害診断書を書くことができます。つまり、後遺障害認定に影響がでるということです。

頚椎捻挫で後遺障害に認定されると、後遺障害14級か後遺障害12級に認定されます。

12級13号に認定された場合の後遺障害慰謝料相場を、以下にまとめました。

自賠責基準任意保険基準弁護士・裁判基準
93万円100万円290万円

後遺障害等級14級の後遺障害慰謝料の各基準の相場は、以下の通りです。

自賠責基準任意保険基準弁護士・裁判基準
32万円40万円110万円

後遺障害認定される、されないでは、後の後遺障害慰謝料の額に大きく影響を与えるので、医師の指示のもとに整骨院に通うようにしましょう。

関連記事
むちうちの慰謝料相場
交通事故むち打ち!慰謝料相場と治療リハビリ通院期間が長いと増額
交通事故でむち打ちの被害に遭った時の注意点をご存知ですか?本記事では、むちうちの慰謝料の相場、増額方法、注意点を解説…

頚椎捻挫は弁護士に相談を

慰謝料額で保険会社ともめることが多いです。

「事故で被害に遭い、頚椎捻挫になった。後遺症が残ったにもかかわらず、慰謝料の価格が低すぎる。」そう思われる方も少なくありません。保険会社の担当者から告げられた慰謝料額に納得できず、憤慨される方もいらっしゃいます。

実は、交通事故の慰謝料算定基準には 3つの基準があります。具体的には、自賠責基準、任意保険会社基準、裁判基準です。任意保険会社の場合、慰謝料額を抑えるため、自賠責基準、あるいは任意保険会社の基準で慰謝料額を提示してきます。仮に、裁判基準を適用してほしい場合は、弁護士を代理人に立てる必要があります。裁判基準は弁護士が介入しないと適用できない基準のためです。

保険会社の提示した損害賠償額・慰謝料額に納得できない場合は、弁護士に相談すると賠償額がアップする可能性があります。納得できない場合は、お近くの弁護士事務所にご相談ください。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
 現在営業中(本日9:30~21:00) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら

あなたへおすすめの記事