追突事故で慰謝料はいくらもらえるか|計算方法と金額相場

追突事故慰謝料

追突事故に遭うと、むちうちをはじめとしたけがをしてしまう方が非常にたくさんおられます。追突事故でけがをした場合、慰謝料はどのくらいもらえるものなのでしょうか?

世間で誤解されているケースも多いのですが、実は追突事故によって支払われる賠償金は慰謝料だけではありません。慰謝料は「精神的苦痛に対する損害賠償金」であり、追突事故の被害者はそれ以外にも治療費や交通費、休業損害なども請求可能です。

今回は追突事故に遭ったとき、慰謝料を始めとしてどのような賠償金がどのくらい払われるのか、解説していきます。

慰謝料って何?追突事故で払ってもらえる賠償金の種類とは?

「追突事故に遭ったら加害者に『慰謝料』を請求できる」

そう理解している方も多いと思われますが、必ずしも正しくありません。
追突事故で相手に請求できる賠償金には慰謝料以外にもさまざまなものがあります。

慰謝料とは「精神的苦痛に対する賠償金」です。追突事故に遭ったら被害者は大きな恐怖を感じますし、身体が不自由になったりして苦しめられます。そこでそういった精神的苦痛をやわらげるために慰謝料が払われるのです。

追突事故に遭った場合、被害者には精神的苦痛以外にもいろいろな損害が発生します。病院に通ったら治療費も必要ですし、仕事を休んだら休業損害も発生します。そういった別の損害金もすべて加害者に請求可能です。

追突事故(人身事故)の被害者に認められる賠償金には以下のような種類があります。

治療費、交通費

病院でかかる治療費や通院に必要な交通費です。

付添看護費用

入院すると1日6,500円程度の付添看護費用が支払われます。

入院雑費

入院すると1日1,500円程度の入院雑費を請求できます。

休業損害

入通院で仕事を休んだときに請求できる賠償金です。

逸失利益

後遺障害が残って身体が不自由になると、将来にわたって減収が発生すると考えられます。そこでその減収分を「逸失利益」として請求できます。

慰謝料

精神的苦痛に対する損害賠償金です。

追突事故でけがをしたら「上記のすべての賠償金の合計」を請求できます。慰謝料は賠償金の一部に過ぎないと理解して頂けるでしょう。

追突事故の慰謝料はどうやって計算する?3か月・6か月通院の相場の金額

追突事故の慰謝料はどのように計算するのでしょうか?

追突事故の慰謝料には入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があります。
入通院慰謝料はけがをして入通院治療を受けたときに支払われる慰謝料、後遺障害慰謝料は事故で後遺障害が残ったときに支払われる慰謝料です。

入通院慰謝料の相場

入通院慰謝料の相場は以下の通りです。

  • 通院3か月…軽傷の場合には53万円、MRIやレントゲンなどでも異常がある場合には73万円
  • 通院6か月…軽傷の場合には89万円、MRIやレントゲンなどでも異常がある場合には116万円
  • 入院1か月、通院5か月…軽傷の場合には105万円、MRIやレントゲンなどでも異常がある場合には141万円
  • 入院1か月、通院6か月…軽傷の場合には113万円、MRIやレントゲンなどでも異常がある場合には149万円

後遺障害が残った場合の後遺障害慰謝料は、後遺障害の程度によって異なります。むちうちの場合、軽度なケースで110万円万円程度、重症のケースで290万円程度です。

入通院慰謝料の計算式(MRIやレントゲンなどでも異常がある場合)

追突事故でMRIやレントゲンなどでも異常がある場合では、下記の表を使って、慰謝料を計算します。

入通院慰謝料別表Ⅰ(単位万円)

 入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院53101145184217244266284297306314321328334340
1月2877122162199228252274291303311318325332336342
2月5298139177210236260281297308315322329334338344
3月73115154188218244267287302312319326331336340346
4月90130165196226251273292306316323328333338342348
5月105141173204233257278296310320325330335340344350
6月116149181211239262282300314322327332337342346
7月124157188217244266286304316324329334339344
8月132164194222248270290306318326331336341
9月139170199226252274292308320328333338
10月145175203230256276294310322330335
11月150179207234258278296312324332
12月154183211236260280298314326
13月158187213238262282300316
14月162189215240264284302
15月164191217242266286

表の見方を簡単に解説すると、入院した期間と通院した期間を確認して、ぶつかる点の数字を基準にします。たとえば、

  • 3ヶ月通院したら入通院慰謝料は73万円
  • 1ヶ月入院、2ヶ月通院なら入通院慰謝料は98万円
  • 2ヶ月入院、6ヶ月通院なら入通院慰謝料は181万円

となります。

入通院慰謝料の計算方法(軽傷の場合)

追突事故で軽度の打撲や軽度のむちうちのケースでは、下記の表を使って計算します。

自覚症状のみの軽傷のケースにおける入通院慰謝料の金額は、以下の表の通りです。赤で囲った欄を御覧ください。

入通院慰謝料別表Ⅱ(単位万円)

 入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院356692116135152165176186195204211218223228
1月195283106128145160171182190199206212219224229
2月366997118138153166177186194201207213220225230
3月5383109128146159172181190196202208214221226231
4月6795119136152165176185192197203209215222227232
5月79105127142158169180187193198204210216223228233
6月89113133148162173182188194199205211217224229
7月97119139152166175183189195200206212218225
8月103125143156168176184190196201207213219
9月109129147158169177185191197202208214
10月113133149159170178186192198203209
11月117135150160171179187193199204
12月119136151161172180188194200
13月120137152162173181189195
14月121138153163174182190
15月122139154164175183

たとえば、

  • 3ヶ月通院したら入通院慰謝料は53万円
  • 1ヶ月入院、2ヶ月通院なら入通院慰謝料は69万円
  • 2ヶ月入院、6ヶ月通院なら入通院慰謝料は133万円

となります。

関連記事
交通事故慰謝料計算
【表でわかる】交通事故の慰謝料計算方法!具体例で徹底解説!
「交通事故に遭ったら、慰謝料を請求できる」そのように考えている方は、多いのではないでしょうか?この理解は、必ずしも正…

弁護士に依頼すると慰謝料の金額が変わる?

「追突事故の慰謝料は弁護士に依頼すると金額が変わる」と聞いたことがある方もおられるでしょう。

本当に、弁護士に依頼するだけで慰謝料が増額されるのでしょうか?

多くの場合、これは事実です。

追突事故の損害賠償金の計算基準が複数あり、弁護士が示談交渉するときと被害者が示談交渉するときに適用される基準が異なるためです。

弁護士が示談交渉をするときには、もっとも高額な基準である「弁護士基準」が適用されます。上記でご紹介した慰謝料の相場の金額は「弁護士基準」に従ったものです。

一方被害者が自分で示談交渉するときには、低額な「任意保険会社の基準」が適用されます。

各保険会社は自社独自の賠償金計算基準を設定しており、相手が被害者の場合にはその基準を当然のようにあてはめてきます。

自分で示談交渉していたときにはこの低額な基準をあてはめられるので全体的に賠償金が低く抑えられますが、弁護士に依頼すると高額な弁護士基準が適用されるので、それだけで支払われる賠償金額が大きく増額されます。

たとえば通院3か月の場合、任意保険会社基準なら378,000円程度ですが弁護士基準なら53万円または73万円です。
通院6か月なら、任意保険基準では643,000円程度ですが弁護士基準なら89万円または116万円となります。

弁護士基準をあてはめると入通院慰謝料だけでも1.5~1.8倍くらいまで増額されます。後遺障害慰謝料は2~3倍にもなります。

むちうちになって後遺障害が残った場合、慰謝料がさらに増える?

追突事故でむちうちになると、治療を受けても痛みが取れず後遺障害が残るケースもよくあります。その場合、慰謝料が増額される可能性が高いので知識として押さえておきましょう。
追突事故で後遺症が残ったら自賠責保険で「後遺障害認定」を受けられます。

後遺障害認定されると、認定された等級に応じた後遺障害慰謝料が支払われます。

後遺障害慰謝料は、上記で紹介した入通院慰謝料とは「別途」支払われるので、後遺障害認定を受けられるとそれだけで慰謝料が大幅にアップするのです。

たとえば、むちうちで後遺障害が残った場合、認定される後遺障害の等級は12級または14級です。14級の場合には110万円、12級の場合には290万円程度の後遺障害慰謝料が認められます。

後遺障害慰謝料は自賠責保険で正式に後遺障害認定されないと支払われないので、追突事故の被害者にとって後遺障害認定を受けられるかどうか、また何級に認定されるかは重大です。自分一人で手続きを進めると適切に認定されない可能性が高くなるので、確実を期するためには弁護士に依頼しましょう。

関連記事
むちうち
むちうちで後遺障害認定を受ける7つのポイント
交通事故むち打ちの後遺障害等級認定率が低いことをご存知ですか?今回は、むちうちで認められる後遺障害等級と、後遺障害認…

軽い追突事故でけがをしなかった場合、慰謝料は支払われない?

軽い追突事故の場合、被害者がけがをしないケースが多々あります。追突事故が「物損事故」になるケースです。物損事故では加害者に慰謝料請求できないのでしょうか?

確かに物損事故でもお気に入りの車が故障したり傷つけられたりしたら、被害者は大きな精神的苦痛を受けるかもしれません。高級外車が傷つけられたらショックで寝込んでしまう方もおられるでしょう。

しかし裁判所は「車の故障のケースでは慰謝料を認めない」扱いを徹底しています。どんなにお気に入りの車でも、身体や生命を損傷したケースとはレベルが違うと理解しているのです。愛車や特別な車であっても、車が壊れただけなら慰謝料請求できません

ただし物損事故であっても、大切なペットが深く傷ついて後遺症が残った場合や死亡した場合、家に車が突っ込んできて大きな危険が発生した場合、お墓などの特別な場所が破壊された場合などには慰謝料が認められる可能性があります。

関連記事
物損事故損害賠償
物損事故の損害賠償の範囲!慰謝料は支払われるのか?
この記事では、物損事故の被害にあった場合は、損害賠償請求ができる項目を解説いたします。修理費、時価額(再取得額)、間…

追突事故の慰謝料は、いつ支払われるの?

追突事故で慰謝料が発生する場合、いつ支払ってもらえるのでしょうか?

実は追突事故の慰謝料が支払われる時期は非常に遅いです。最短でも保険会社と示談が成立するまでは払ってもらえません。示談が不成立になった場合には調停や訴訟、ADRなどで賠償問題が解決するまで支払いを受けられません。

ただし治療費や休業損害については、追突事故直後の通院中から随時支払ってもらえるケースが多数です。

またあなた自身が加入している自動車保険からの「人身傷害補償保険」や「搭乗者傷害補償保険」などから保険金を支払ってもらえるケースもあるので、事故に遭ったらすぐに保険契約内容を確認してみましょう。

関連記事
交通事故の示談金/慰謝料はいつ振り込まれる?
慰謝料がいつ振り込まれるか、不安に感じている被害者多いです。今回は、慰謝料を含んだ示談金がいつ振り込まれるのか、事故…

むちうちで毎日整骨院に通った場合、通院日数分の慰謝料を払ってもらえるの?

追突事故後、病院ではなく整骨院に通われる方も多数おられます。きちんと手続きをとれば整骨院の治療費や日数分の慰謝料も払ってもらえます。

ただし整骨院は病院とは異なるので、必ず全額の支払いを受けられるとは限りません。整骨院通院の治療費や慰謝料が認められるのは「医学的に整骨院治療が必要なケースのみ」です。そもそも「医師の同意」がなければ整骨院の費用がまったく支払われない可能性もあります。

また医師の同意があっても、不必要に長く通い続けた場合などには慰謝料がカットされるケースもあります。

整骨院に通う場合には、必ず事前に医師の承諾を取り、通院開始後もときおり病院に通って医師の意見を聞きながら通院時期を定めましょう。

関連記事
交通事故で整骨院に通う場合の注意点
交通事故で整骨院に通院する時の注意点|整形外科の併用と医師の許可
むちうちで整骨院に通う場合、正しく通院しないと後の慰謝料請求に影響が出る場合があります。治療費、通院方法といった疑問…

追突事故の慰謝料を増額させるためのポイント

追突事故で慰謝料を増額させるには、きちんと必要な期間治療を続けることが重要です。入通院慰謝料は治療期間に応じて計算されるので、途中で打ち切ると慰謝料が低額になるからです。
また後遺障害が残ったらきちんと後遺障害認定を受けることが必須です。後遺障害が認められたらそれだけで100~300万円程度、慰謝料が増額されます。

さらに過失割合も重要です。どんなに高額な賠償金が認められても過失割合が高くなったら大幅に過失相殺されて、慰謝料が減額されてしまうからです。たとえば500万円の慰謝料が発生しても、過失割合が3割になったら請求できるのは350万円に減額されます。

事故の相手が「被害者が急ブレーキをかけたから追突した」「前方でふらふら運転していた」などと嘘をついてくるケースも少なくないので、しっかり対抗しましょう。
また弁護士基準を適用するために弁護士に示談交渉を依頼するのも必須です。

追突事故に遭ったとき、一人では不安があるものです。お困りの際には交通事故に熱心に取り組んでいる弁護士に相談してみて下さい。

関連記事
交通事故の慰謝料相場と、慰謝料を確実に増額させる方法
交通事故の慰謝料相場と増額方法
交通事故で保険会社から提示された慰謝料の金額が妥当なのかと疑問がありませんか?この記事では、交通事故における慰謝料の…

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事