追突事故の腰痛が治らない!悪化した場合、被害者はどのように対応すべき?

信号待ちなどしていたら、突然、追突事故にまきこまれてしまうケースも多いです。

その際に、車の擦り傷のみだったので、軽い交通事故かと思いきや、腰痛が治らないという方がいます。

こういった場合、追突事故の被害者は、どのように対応するのが正解なのでしょう。

今回は、追突事故で腰痛になってしまった被害者の対応、悪化した場合と注意点について解説します。

交通事故で腰痛があれば、まず人身扱いにする

よくあるケースですが、交通事故で被害者が初診時に検査を受け、特に問題がなく、湿布だけをもらって帰宅する場合があります。

このような場合、被害者は警察に事故を届けず、「物の損害しかなかった」という形で事故を報告することがあります。

つまり、交通事故を「人身扱いにしない」ことがあり、これが後々デメリットになることがあります

その後、腰痛の痛みが続いて病院に通院しても、物損事故として処理されたままなら、治療費や慰謝料を請求することはできなくなります。

少しでも違和感を感じる場合は、事故を「人身扱い」にすることをおすすめします。

関連記事
人身事故と物損事故の違い
人身切り替えすべき?人身事故と物損事故では大違い!徹底解説
交通事故における人身事故と物損事故の違い、物損事故から人身事故への切り替える方法や切り替えメリットとデメリット、弁護…[続きを読む]

追突事故に腰痛があれば、長期間続く可能性あり

先述したとおり、追突事故で被害者が初診時に検査を受け、レントゲンなどにうつらず、特に問題がない場合があります。

しかし、この後「中腰がつらい」「力が入りにくい」と、どこか不快な感じが続くケースがありますが、すぐ治るかなと思って、病院にしっかり通院しない人がいます。

こうなると、「慰謝料の金額」が大幅に下げられることが考えられます。

一番多いのが腰痛の「自覚症状」しかないので、病院に行きにくいというものです。

こういったケースでも、適正な慰謝料獲得のために、必ず通院が必要です。

なぜなら、慰謝料の金額は「通院日数」と関係が深いからです。

また、軽い追突事故であっても腰痛が何年も治らないケースも実際にあり、その場合は「後遺障害等級認定」を受ける必要もあります。

慰謝料については、下記シュミレーションも併せてご参照ください。

関連記事
calc_317x207
交通事故慰謝料の計算機ツール・シュミレーター【2024年最新おすすめ】
交通事故慰謝料シミュレーター|計算ツール 交通事故の慰謝料を自動計算機であり、シミュレーターできる計算ツールをご紹介…[続きを読む]

追突事故に腰痛の場合、整骨院には注意

軽い追突事故の場合で、軽い腰痛の場合、病院に行くことは大げさで、整骨院にすまそうと考える方も多いようです。

しかし、「病院の」医師の許可なく、整骨院に通院した場合、保険会社は整骨院への通院を認めないことがあります。

必ず一度は、病院の担当医師と腰痛について相談することが重要です。

関連記事
保険会社は整骨院への通院を認めない?ダメな理由はあるか?
保険会社は整骨院や接骨院への通院を認めないってほんと?ダメな理由はあるか?嫌がるのか? 交通事故に遭った際、一部のケ…[続きを読む]

追突事故に腰痛の場合、治療費打ち切りに注意

追突事故で腰痛が発生した場合、保険会社から突然治療費の支払いを打ち切られるケースがあります。

保険会社は「症状固定」という言葉を使って、治療を終了するように求めることがあります。

しかし、このような場合でも治療を諦めてはなりません。

「数ヶ月経過してしまった場合でも、痛みが残っている限りは通院することができる」という制約は存在しません。

特に自覚症状しかない場合、保険会社は治療費の支払いを打ち切ることを強く迫ってくることが多いです。

こうした状況に直面した場合、また、続けて治療するなら自費でいくようにと言われた場合などは、必ず追突事故に精通した弁護士に相談することが重要です。

関連記事
保険会社が治療費打ち切りを一方的に通達してくる理由と対処方法
治療費打ち切りが打診される理由やタイミングや期間などを紹介と、むちうち治療の打ち切り後の治療継続のポイント・自費なの…[続きを読む]

交通事故で腰痛が悪化した場合

追突事故でも、元々存在していた腰痛が悪化するケースがあります。

例えば、ヘルニアの場合では、事故前から既にヘルニアが存在し、事故によって腰痛が悪化したというケースがあります。

このような事実があると、被害者にとって不利な「素因減額」が適用される可能性があります。

こうした問題については、非常に専門的な知識が必要となります。

そのため、弁護士に相談することが必要です。弁護士は適切なアドバイスを提供してくれます。

関連記事
low back pain, strained back, slipped disk, medical abstract concept
椎間板ヘルニアと事故の因果関係|追突事故でヘルニア持ちが腰痛悪化した場合
交通事故の後に頚椎椎間板ヘルニアの症状があらわれたからといって、そのすべてが損害賠償の対象となるわけではありません。…[続きを読む]

まとめ

今回は、追突事故で腰痛がある場合、治らない場合、悪化した場合、被害者はどのように対応すべきかを解説しました。

腰痛がある場合、むちうちやヘルニアなどの神経痛が考えられ、自覚症状しかない場合もあります。

そのため、ご自身だけで対応を行うと、適正な慰謝料を請求できなくなる可能性があります。

必ず追突事故に強い弁護士に相談をしましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は交通事故弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!