交通事故の弁護士費用の相場はいくら?安く抑える方法をご紹介!

交通事故弁護士費用

交通事故被害者が慰謝料などについて弁護士依頼するとき、弁護士費用の相場が気になる方も多いでしょう。

特に、弁護士の成功報酬は高額だというイメージが定着しているため、以下のような疑問を感じる人もいらっしゃるかもしれません。

  • 交通事故の示談交渉を弁護士に依頼したい!だけど、金額相場って高いのいくらなの?
  • 交通事故の弁護士費用を安くするにはどうすれば?無理?

そこで今回は、TwitterやYahoo!知恵袋でも話題になりがちの、交通事故事件の弁護士費用の内訳や相場、安く抑えるためのポイント、成功報酬制度などをご紹介します。例えば、相手の保険会社が提示する「示談金・慰謝料に納得行かない」方、むちうちの後遺障害認定でお困りの方などは是非ご参考ください。

交通事故の弁護士費用の相場

①法律相談料

まずは、被害者が弁護士に依頼する前に法律相談料がかかります。

法律相談料とは、弁護士に交通事故の問題を「相談するときにかかる費用」です。

弁護士には、事件を依頼する前提として、最初に法律相談をしなければなりませんが、その際にはこの法律相談料がかかってきます。

法律相談料の相場

法律相談料の相場は、1時間5,000円から1万円程度であることがほとんどです。

しかし、現在では、交通事故案件では、多くの弁護士事務所が無料相談サービスを実施しており、少なくとも初回の相談は「無料」で行っている事務所も多いようです

②着手金

着手金とは、弁護士に事件を依頼する際にかかる「当面の活動費用」です。

事案の成功・不成功にかかわらず後に返還されることはありません。

着手金の相場

着手金の相場は、示談交渉では、10万円~30万円程度になることが多くでしょう。着手金については、過失割合に争いがある、事故の調査が必要といった個別の事情によって幅があるようです。

日本弁護士連合会が2008年に行った調査では、交通事故における着手金の金額は、20万円前後からから30万円前後が2/3を占めているとしています(※)。

また、着手金を「無料」とする弁護士事務所もありますが、着手金を引き下げる代わりに報酬金を引き上げる事務所もあるので、依頼する際には注意が必要です。

【出典】「市民のための弁護士報酬の目安」|日本弁護士連合会

また、訴訟で別途着手金が発生する場合もあります(費用は、前述した旧「弁護士報酬基準」の表が参考になります)。

③成功報酬

交通事故の弁護士費用として着手金と並んで大きいものが、報酬金(成功報酬金)です。

報酬金とは、事件が解決したときに、その「解決内容に応じてかかってくる費用」のことです。

報酬金の相場

報酬金は、弁護士の貢献度が高ければ高いほど高額になることが普通です。

前出の日本弁護士連合会のアンケートによると、報酬金の相場としては50万円前後で、獲得金の10%(1割)を報酬金と設定しているケースが多いようです。

ただし、報酬金は事務所によって算出方法が異なるため、直接、お問い合わせいただくのが一番確実です。

以上のように、着手金と報酬金をあわせて数十万円かかってしまうケースが多いことが分かりますが、「弁護士特約(べんごしとくやく)」を利用すると、一般的には「限度額300万円」まで弁護士費用を保険会社が負担してくれます。

弁護士特約について詳しくは、以下の記事をあわせてご参照ください。

関連記事
弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!
自己負担0円で弁護士依頼できる弁護士特約をご存知ですか?この記事では、弁護士費用特約の使い方やメリット・デメリット、…[続きを読む]

④日当

「日当」とは、弁護士が遠方に出張などする際に、交通費とは別にかかる費用のことです。

日当の相場は1日あたり3万円~5万円程度です。半日であれば1万円程度の事務所もあります。

⑤実費

厳密な意味では弁護士費用に含まれませんが、実費も弁護士費用の一部です。

実費には、印紙を購入する「印紙代」や「交通費」「通信費用」などが含まれます。

弁護士に依頼する際は、弁護士報酬とは別途実費の支払いをする必要があります。

交通事故の弁護士費用相場は旧「弁護士報酬基準」を参考に

交通事故の弁護士費用相場を考えるうえで、2004年に廃止された日本弁護士連合会の「弁護士報酬基準」が参考になります。

この際に、弁護士は報酬を自由に設定できるようになりましたが、未だにこの報酬基準に準じて報酬体系を定めている弁護士事務所も多く存在します。

つまり、被害者が「弁護士費用の相場」を知るうえで、下表の「弁護士報酬基準」は、一定の役に立つと言えるでしょう。
経済的利益相談料着手金*報酬金
300万円以下30分5,000円~1万円の一定額経済的利益の8%経済的利益の16%
300万円を超え3000万以下経済的利益の5% + 9万経済的利益の10% + 18万
3000万円を超え3億円以下経済的利益の3% + 69万経済的利益の6% + 138万
3億円を超える経済的利益の2% + 369万経済的利益の4% + 738万

なお上表の「経済的利益」とは、例えば、裁判の判決や和解で認められた金額のことです。相手に500万円の損害賠償請求をする場合には、500万円の経済的利益となります。

*なお、弁護士報酬基準では、着手金の最低額を10万円としています。

弁護士費用はいくらになる?弁護士費用の計算方法

では、弁護士費用はどのように計算するのでしょうか?

実際に、経済的利益がある2つの事件(訴訟)の弁護士費用について、旧「弁護士報酬基準」を使って計算してみましょう。

500万円の経済的利益がある交通事故の弁護士費用計算

着手金

500万円の経済的利益がある場合、先述した表を参照すると、経済的利益が「300万円を超え3000万円以下」のケースなので、着手金の金額の計算方法は以下の通りです。

500万円 × 5% + 9万円 = 34万円

報酬金

回収できた金額が300万円だった場合には、経済的利益が「300万円以下」のケースとなり、報酬金の額は以下の通りです。

300万円 × 16% = 48万円

3,500万円の経済的利益がある交通事故の弁護士費用計算

着手金

3,500万円の経済的利益がある交通事故の場合は、先述した「3000万円を超え3億円以下のケース」なので、着手金の額の計算式は次の通りです。

3,500万円 × 3% + 69万 = 795,000円

報酬金

3,200万円回収できた場合の報酬金は以下の計算式になります。

3,200万円 × 6% + 138万 = 3,300,000

交通事故の弁護士費用を安く抑える3つの方法

以上からお分かりのように、普通に被害者がむちうち後遺障害認定や慰謝料アップの示談などを、弁護士に依頼しても、弁護士費用が安くなるとは言えません。

そこで、なるべく弁護士費用を安く抑えるためのポイントをご紹介します。

①完全成功報酬の弁護士事務所を利用する

弁護士費用を抑えるためには、完全成功報酬制を採用する事務所を利用するのがおすすめです。完全成功報酬制の事務所であれば、初期費用がまったくかかりません。

ただし、完全成功報酬制を採っていても、報酬の計算方法が事務所によって異なるので、依頼する前にどのような報酬システムなのかよく確認する必要があります。

②弁護士特約を使うと弁護士費用の負担がなくなる

弁護士費用を抑える方法の1つに、交通事故の任意保険や傷害保険に付帯する「弁護士特約の利用」が挙げられます。

弁護士特約を利用すると、一般的には「限度額300万円」まで弁護士費用を保険会社が負担してくれます。

法律相談料も着手金、成功報酬金も、日当や実費もすべて弁護士特約でまかなうことができ、低額な物損事故の場合や後遺障害のない小さな人身事故でも躊躇することなく弁護士に依頼することができます。

しかも、弁護士特約を利用することで、保険の等級が下がることも、保険料が上がることもありません。

自分が加入していなくても、家族が加入している傷害保険などに弁護士特約がついていれば利用できることが多いのも魅力の1つです。

交通事故で弁護士に相談に行く前に、一度ご自分や家族の保険に弁護士特約がついていないか確認すると良いでしょう。

③安いのは「法テラス」

弁護士費用を安い!とするための最後の方法が、法テラスの利用です。法テラスとは、国が設立した法的問題の解決機関です。

法テラスを利用して弁護士に依頼をすると、法テラスがあなたに代わってその依頼した弁護士費用を立替えて支払ってくれます。

ただし、あくまで立替えであり、無料で依頼できるわけではなく、その後、あなたは法テラスに対して分割して返済することになります。

しかし、法テラスは、あくまで「金銭的な余裕がない人」のための扶助制度ですので、利用するためには「一定の資力基準」が設けられています

また、法テラスを利用して示談交渉を依頼できる弁護士は、予め法テラスと契約を結んでいる法律事務所でなければなりません。

実際に相談を予定している法律事務所に電話をし、法テラスの利用が可能かどうかを確認するのが一番確実です。

交通事故と弁護士費用でよくある質問

交通事故の弁護士費用は相手に請求できないの?

交通事故の弁護士費用を相手の保険会社や相手である加害者自身に請求することはできるのでしょうか?

まず、示談では、加害者側の保険会社が認めるかどうかは別にして、弁護士費用を「示談金の額に含めて多めに請求する」ことは可能です。

また、裁判では、損害賠償額の10%程度を弁護士費用として認める傾向にありますが、この10%は、実際に被害者が弁護士に支払う額とは関係はありません。

基本的に「自分で依頼した弁護士の費用は、自分で負担すべき」と考えておいたほうがいいでしょう。

交通事故を弁護士にどのタイミングとで依頼するかで弁護士費用って変わるの?

交通事故問題を弁護士に相談するタイミングによって「弁護士費用が変わってくる」ことがあるので注意が必要です。

加害者側の保険会社から提示を受けた額と実際に回収できた額の差を経済的利益として報酬額を計算する事務所が多いのですが、そのことが、次のような違いをもたらします。

たとえば、加害者側の保険会社から200万円の示談金の提示があったときに、弁護士の介入によって300万円の支払を受けられた場合、差額の100万円が経済的利益になります。

一方、加害者側の保険会社から示談金の提示を受ける前に弁護士に依頼してしまうと、回収できた300万円がまるまる経済的利益ということになってしまいます。

このように、加害者側の保険会社から示談金の提示を受けた後に弁護士に依頼した方が、弁護士費用が安くなることがあるのです。

ただ、早期に弁護士に依頼することで、適切な後遺障害等級認定のための方法についてアドバイスを受けられる、適切な指示で証拠を集めることができるといった大きなメリットがあります。

また、弁護士に依頼することで、示談交渉に対処するストレスから解放されることができ、一概に弁護士に依頼するタイミングが遅い方が得だとは言い切れません。

交通事故でお悩みであれば、まずは弁護士に相談し、示談交渉を依頼すべきかどうか費用を含めて判断しましょう。

まとめ

今回は、TwitterやYahoo!知恵袋でも話題になりがちの、交通事故の示談交渉などの際にかかる弁護士費用の相場、成功報酬制度、法テラスなどについてご紹介しました。

交通事故に遭ったら、まずは交通事故問題に強い弁護士に無料相談をしてアドバイスを受けることが大切です。今回の記事を参考にして、弁護士費用を抑えながら、賢く損害賠償請求をしましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

交通事故の無料相談ができる事務所
【東京都・港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 初回無料相談
  • 土日対応可能
  • 慰謝料無料診断
交通事故 全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
交通事故でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
監修
弁護士相談Cafe編集部
本記事は交通事故弁護士カフェを運営するエファタ株式会社の編集部が執筆・監修を行いました。
この監修者の記事一覧

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!