追突事故の行政処分!運転免許の点数・罰金まとめ【2021年度版】

★ お気に入りに追加
追突事故と免許の点数・罰金について

もしも追突事故の加害者になってしまった場合、免許の点数が加点(減点※)されます。その際に、下記のような疑問を感じるかもしれません。

  • 追突事故を起こしたら、点数はどれだけ減点されるの?
  • 罰金・反則金はいくら課されるの?「罰金なし」ってことある?
  • 免停になるの?免停にならないケースはあるの?

ここでは、このような「追突事故の行政処分」について免許初心者むけに解説します。

※なお、誤解されがちですが、交通違反に関する点数制度は「累積方式」です。「減点方式」ではありません。「持ち点から減点されて0点になったら免許停止」となるわけではないので注意しましょう。

追突事故加害者の点数・罰金の決定方法

①違反点数の決まり方とは

追突事故加害者の点数・罰金の決定方法についてですが、「追突事故だから」2点加点・4点加点・5点加点になるわけではありません。

追突事故では、以下の2つのファクターが付加されて、点数・罰金が決定されます。

  • 1. 加害者が事故が起こした原因は何か?
  • 2. 被害者に怪我はあるか?

②原因1:前方不注意・後方不注意で点数が加点

追突事故でよく加点される原因となるのは下記の5点です。特に追突事故では「前方不注意」が圧倒的に多いでしょう。

  • 「前方不注意」
  • 「後方不注意(*逆追突の場合)」
  • 「過労運転」
  • 「居眠り運転」
  • 「脇見運転」

これらは道路交通法上では「安全運転義務違反」の行為として処理され、基礎点数「2点」が加算されます。

また、安全運転義務違反の反則金*は下記のとおりです。

車両点数反則金
トラックやバスなど大型の車が追突した場合2点12,000円
普通車が追突した場合2点9,000円
バイクなどの2輪車の追突事故2点7,000円
原付きが追突した場合2点6,000円

*反則金は、いわゆる「罰金」では有りません。「罰金」については別途後述します。

③原因2:ながら運転・携帯電話で点数が加点

運転中にスマホを操作していた、カーナビを操作していたなどの前方不注意による「ながら運転」に関しては、2019年12月1日に道交法が改正され厳罰化されているのでご注意下さい。

違反行為の種別点数
携帯電話使用等(交通の危険)6点
携帯電話使用等(保持)3点

ながらスマホ・ながら運転の反則金や意味の詳細については別途ページで解説を致しますので、ここでは割愛します。

ちなみに、2種類以上の交通違反を同時に犯しても、原則として最も点数が高い交通違反のみが加点の対象となります(*1)。

つまり携帯電話使用等(保持)と安全運転義務違反にあたる行為を同時に行った場合は「3点の基礎点数」が加点されます。

*1 もっとも例外があり,酒気帯び運転などをした場合などは専用の点数が設定されています。詳しくは「交通違反の点数一覧表 警視庁」をご確認ください。

関連記事
ながら運転
ながら運転厳罰化!運転中の携帯電話&スマホの罰金・点数2021年
改正道交法が2019年12月1日に施行されましたが、ながら運転をするとどのような罰則や行政罰が適用されるのか、いくら…[続きを読む]

④追突事故(人身)のケース|免停になる?点数がさらに付加

「相手が怪我をした場合」には、上記の「基礎点数」に「付加点数」がさらに加算されます。

つまり、免停になるかならないかの瀬戸際になるのは、被害者が怪我をした場合、「人身事故扱い」になった場合です。

人身事故扱いとは、被害者が物損事故から人身事故へ切り替えるために、警察に出向いて「病院の診断書」を提出すると、自動的に人身事故扱いの事故となり、その診断書によって、点数と罰金が決定します。

具体的には下記のとおりです。高めの付加点数と高額な罰金を支払う必要があります。

治療期間・日数付加点数罰金
15日未満3点(2点*)12万円~20万円
15日以上 30日未満6点(4点*)15万円~30万円
30日以上 3ヶ月未満9点(6点*)20万円~50万円
3ヶ月以上、又は後遺障害あり13点(9点*)30万円~50万円

※()の中の点数は被害者にも過失があった場合です。追突事故の場合、過失割合は10対0の場合が多いですから3点、6点、9点、13点になるとみたほうが良いでしょう。しかし、時折、追突事故で過失割合が10:0にならない場合もあります。

⑤具体例:免停になるケース・ならないケース

上表を用いて簡単に点数の計算をしてみましょう。

例えば、被害者の治療期間が14日・過失割合は10対0(3点)、かつ加害者が安全運転義務違反(2点)を犯した場合は「2点+3点」で合計5点となります。

この場合、加害者が「前歴なし」「1年以内無事故無違反」の場合は、免停にはならず、5点の加点のみで済みます。

ただ「前歴1」の加害者の場合は、免停60日*となります。さらに1年以内に別の違反で1点加点済みの場合は、免停90日となります。

このあたりの、「免停と前歴の関係」については、下記記事の表が詳しいので併せてご参考ください。

関連記事
あと何点で免停?点数・期間・前歴の仕組みを徹底解説!
今回は免許停止(いわゆる免停)になる点数と前歴との関係、またその期間と短縮するための方法について徹底的に解説します。…[続きを読む]

また、違反者講習を受けることで免停を回避できるケースもあります

関連記事
免停回避!違反者講習の内容とメリット・デメリット
「違反者講習」とは、これを受けることによって免停処分が行われないなどのメリットを得られるものです。 軽微な違反行為を…[続きを読む]

被害者に怪我がない場合の追突事故

被害者にケガがない場合は、罰金なし!

前方不注意で追突したにも関わらず、相手にまったく怪我がなく、車の傷・へこみだけで済んだ場合はどうなるのでしょう?

結論から言うと、人身事故にならず「物損事故」の場合、付加点数は加点されませんし、罰金もありません。また、免停もありません*。

さらに被害者に支払う車の「修理代」も自分が加入している任意保険会社に連絡さえすれば、示談も保険会社が代行してくれます。

*ただし追突事故の物損ではなく、建物を損壊した物損事故等の場合は、刑事処分、行政処分はあります。

加害者が物損事故で点数が加点・刑罰が科せられるケース

ただ例外的に、物損事故でも点数が加点される場合があります。

よくあるのが「駐車場内での当て逃げ」の逆突事故です。隣の車のドアに傷が入ったり、へこみを入れたりして、当て逃げしてしまう事案です。

また、赤切符を切られる以下のような「重大な違反」の場合、バレると物損事故でも点数は加点されます。

  • スピード違反(一般道で30キロ以上、高速道路なら40キロ以上)
  • 信号無視
  • 無免許運転
  • 酒酔い運転
  • 酒気帯び運転

これらの違反の点数や罰金の詳細ですが、基本的には単発で赤切符を切られる時の罰金・点数と同じです。詳しくは下記の記事をあわせてご参照下さい。

関連記事
人身事故と物損事故の「罰金と点数」を完璧に知っておく!【2021年度版】
人身事故と物損事故とでは、行政処分の点数や、刑事責任(刑事罰)、罰金などの考え方が大きく違います。この記事では、交通…[続きを読む]

これらは、ほぼ一発で「免許停止」「免許取り消し」になり、裁判所・検察庁に起訴される可能性もあります。

追突事故の罰金・免停・点数の通知はいつ来る

追突事故を起こした場合の警察からの「通知」がいつ届くかについて解説します。

一般的には通知が届くのは事故から「10日から1ヶ月」と言われています。

ただ、「なぜか来ない」というケースもあり、事情により大幅に遅れて届く場合があるようなのでご注意下さい。

もちろん、届かないからといって「罰金なし」になるわけではありません。

なお、被害者・加害者・警察間のやり取りに行き違いが生じて、そもそも自分が考えている点数や罰金が加点されていない場合があります。こればかりは自分で実際的に確認しないと分かりません。

関連記事
免停の通知が来ない!免停通知が遅いときはどうする?いつ届く?
交通事故や交通違反を重ねて違反点数が一定の基準に達すると、免許停止(いわゆる「免停」)の処分が科されます。 処分が科…[続きを読む]
関連記事
罰金の支払い方法と未払い
交通違反の罰金の支払い方法と未払いの場合の対処方法
交通違反をしたときに支払わなければいけない「罰金」と「反則金」。 ともにお金を支払う義務が発生するという点では同じで…[続きを読む]

追突事故・もらい事故の話し合いのトラブルに注意

ここまで追突事故の加害者の罰金・点数について解説して参りましたが、被害者についても一言言及しておきます。

追突事故の場合、過失割合10対0のもらい事故の場合が多く、加害者が全面的に責任があるケースが多いです。

ただ追突事故の被害に遭われた方が、もしも過失0だった場合、被害者が加入する保険会社は示談の代理交渉をしません

そこで、示談交渉を弁護士に相談し依頼するか、自分で直接加害者と示談交渉をします。

つまり、相手が弁護士をたててきたことで感情的になったり、また、直接示談交渉することで揉めてしまったりするケースがあります。

また、加害者側が被害者側に診断書を取り下げてほしいと伝えて、揉めることもあるので、その点を留意しておく必要があるでしょう。

関連記事
示談に応じない交通事故の加害者や保険会社への対策法とは?
交通事故で相手が示談に応じない!相手がごねる場合の対処法を徹底解説
交通事故に遭った相手(加害者、保険会社)が示談に応じてくれず、示談が長期化してしまうことがあるのをご存知ですか?損害…[続きを読む]
関連記事
The doctor is wrapping a bandage in the hand of a man
人身事故は取り下げ可能?警察に診断書提出せず物損事故にするリスク
交通事故の加害者から被害者に対して、「人身事故の届出を取り下げ、物損事故にしてほしい」と言われることがあります。取り…[続きを読む]
この記事が役に立ったらシェアしてください!