横からの追突事故、側面衝突の過失割合に納得いかない時の対処法とは

Car crash accident on street

いきなり横からでてきた車に追突された!というケースは交通事故の中でもよくあります。

自分は直進していたのだから過失はないでしょ?と思っても、実際に保険会社から提示される過失割合を見ると自分の過失も見積もられている事があります。

この記事では横から追突された場合の過失割合について、もっておくべき基礎知識についておさらいしておきましょう。

過失割合はどのようにして決まる?

交通事故の過失割合はどのようにして決まるのでしょうか。過失割合は通常は被害者にも過失があった場合に損害全体のうちどれだけ被害者に過失があったかを計算したものです。

そして過失割合は判例タイムズ社が発行している「別冊判例タイムズ:民事交通訴訟における過失相殺率等の認定基準」に載っている通りに行います。

まず交通事故が起きた場所、信号の色などの基本的な状況によって割合を決めて、夜間・スピード違反・わき見運転の程度などの修正要素を個別の事故毎にみる形です。

横から自動車に追突された!といってもそこが交差点なのか直進している道路なのかという事によって過失割合は違ってきます。

横からの追突事故ついて具体的に見てみよう

では具体的に横から追突された場合について、具体的なケースとともにご紹介します。

信号のある交差点

横からの追突事故が信号のある交差点で発生した場合にはどのようになるのかは、交差点進入時の信号の色によります。

自分が青信号を直進中に相手が赤信号で交差点に進入し追突

まず、自分が青信号を直進中であるにも関わらず、相手が赤信号で交差点に進入してきた場合には過失割合は

自分(直進):相手(横から追突)=0:10

となります。

信号のある交差点においては、自動車は信号に従わなければなりません。

これを無視して交差点に進入してくる事は通常予想できないので、被害者のほうに過失があるというのは無理があるという事になります。

自分が青信号で直進、相手も青信号で右折

双方とも青信号で交差点に進入し横から追突された場合はどうでしょうか。

この場合は右折車は直進車を妨げてはいけないのがルールなので、過失割合は

直進車:右折車=2:8

という割合になります。

「直進車優先なのになぜ2割の過失があるの?」と感じるかもしれませんが、交差点においては直進車で前が見えている以上気を付ける必要はある、という考え方なのです。

自分が黄信号で直進、相手も黄信号で右折

双方とも黄信号で交差点に進入し横から追突された場合はどうでしょうか。

「両方とも同じ色なのであれば、青の時と過失割合は変わってはいけない!」と思う方も多いでしょうが、黄色という事は右折車が多少無理に曲がってくる事は想像できます。

ですので直進車優先である事には変わりはないものの、注意自体はしなければいけない場合ではあるので、少し過失割合があがり、

直進車:右折車=4:6

となっております。

信号のない交差点

横からの追突が信号のない交差点で起きた場合には、道路の形態と減速をしたかどうかが判断材料になります。

同じ道幅の場合

信号のない交差点への道路の道幅が同じ場合には左側を走る車を優先する原則から、左側の車が被害者という事になり、

左側の車:右側の車=4:6

の過失割合を割り振ります。

その上で信号のない交差点進入時には減速をしなければならないので、一方のみが減速している場合には2割過失割合が動く形になります。

左側の車が減速した場合には

左側の車:右側の車=2:8

右側の車だけが減速した場合には

 

左側の車:右側の車=6:4
(この場合右側の車が被害者になります)。

一方の道路が明らかに広い場合

信号のない交差点への道路の道幅が違う場合には、一方の道路が明らかに広い場合には、広い道路を走行している車が優先するので、

広い道路側の車:狭い道路側の車=3:7

の過失割合をとなります。

その上で減速のあった車に1割過失割合が動く形になります。

広い道路側の車だけが減速した場合には、

広い道路側の車:狭い道路側の車=2:8

狭い道路側の車だけが減速した場合には、

広い道路側の車:狭い道路側の車=4:6

の過失割合となります。

道路の一方に一旦停止の標識がある場合

一時停止がある場合には一時停止の車は停止する義務があるので停止をせずに交差点に進入した場合には、

一旦停止の道路の車:そうでない車=8:2

の過失割合を割り振ります。

その上で減速した車に1割の過失割合を割り振ります。

一旦停止の道路の車が減速した場合には

一旦停止の道路の車:そうでない車=9:1

となります。

特殊事情による修正要素

「私は確かに黄色で侵入したけど、相手も完全にスマートフォンを触っていて状況を見てなかったような場合でも、過失割合は一緒なの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

もちろん不公平なので、以上のような基本割合に対して、特殊事情を加味して修正をする事になります。

修正要素がある場合には、上記の過失割合を移動させる事になります。

どの類型の交通事故に属するかによって5%~20%程度の修正をします。

修正要素もたくさんの項目があるのですが、ここでは横から追突する場合に考えられる修正要素についてみてみましょう。

わき見運転

たとえば運転中にスマートフォンを見ていたりするようなわき見運転があったような場合にはその人に落ち度があります。

ですので、このような場合には「著しい過失あり」として修正をうけます。

酒酔い運転

運転中はお酒を飲んではいけないのですが、お酒を飲んで運転をしたような場合には、「重過失あり」として修正を受ける事になります。

過失割合の主張はこうして平行線をたどる

横から追突された場合に限らず、過失割合がどれだけになるのかは、交通事故においてはよく問題になります。

「きっちり場合分けされているから、そんなに争いにならないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思います。

自分が交差点に侵入したとき信号の色が何色だったか?修正要素に該当するほどの不注意があったか、といった細かい事情でも保険会社はできる限り自分に有利になるように主張してくるのです。

保険会社を納得させるためには、裁判になったら勝てない…と思わせるくらいに納得させる必要があります。

もしそれができなければ、保険会社としては「裁判を起こしてください」という対応になる可能性が高くなります。

そうなると、交渉は平行線になってしまい、解決に向かいません。

弁護士に相談・依頼したほうがトータルで考えると大きな損害賠償請求額になる

交通事故の損害賠償請求で問題になるのは、過失割合だけではありません。

実は保険会社が提示してくる損害賠償額は、保険会社基準という安く見積もる事ができる損害賠償額であったりします。

弁護士があなたの代理をする時には、損害賠償額は弁護士基準という、高い見積もりで、かつ裁判をした場合に裁判所に認めてもらえる基準で交渉をしてくれます。

「解決してほしい問題は過失割合だけなんだけど…」という場合でも、一緒に損害賠償額も引き上げて交渉してくれるので、非常に楽になります。

もちろん弁護士に依頼をするには、弁護士費用がかかるのですが、差し引いても多くの金額を手にすることができる可能性が高いです。

また、弁護士費用特約に入っていれば、自己負担0円で弁護士依頼ができるので、任意保険に特約が付いていないか確認してみましょう。

関連記事
img_lawyercost0_ver1.0
弁護士費用特約のメリット、デメリット、注意点と使い方を解説!
交通事故被害者には、弁護士費用特約は非常に重要です。弁護士費用特約とは何か?弁護士費用特約で知っておくべきメリットと…

まとめ

このページでは、横から追突した場合の過失割合について、どのようにして決められているか、どのようにして争いに発展する事が多いのかという事を事例をもとにお伝えしてきました。

どうしても一方的に被害にあったという意識から、過失割合に納得のいかない事も多い事故なのですが、実際には被害者にも過失割合がつく事が多くあります。

また過失割合だけに目をとられて、損害賠償の基準やその他の争いや問題に発展する事項について忘れてしまった状態で交渉をしてしまう事もあるので注意が必要なので、なるべく早い段階から弁護士に相談をしておく事でより有利な解決を目指すようにしましょう。

交通事故に強い弁護士が無料相談いたします

保険会社任せの示談で後悔しないために、今すぐ弁護士にご相談ください。治療に専念、慰謝料を増額できる可能性があります。
交通事故に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 保険会社から治療費の打ち切りを迫られている
  2. 過失割合に納得ができない
  3. 適正な等級認定のため後遺障害申請サポートしてほしい
  4. 保険会社との示談交渉が面倒、保険会社の態度が悪い
  5. 保険会社が提示した慰謝料が適正な金額かわからない

交通事故に強い弁護士に相談することで、これらの書類の準備や交渉の負担がほとんどなくなります!弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は安心して治療に専念できます。
1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

弁護士法人ALG&Associates
弁護士法人ALG&Associates
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

土日の電話受付対応。初回相談料・着手金 無料!弁護士報酬は後払いです。

保険会社の対応に疑問を感じた方、今後の流れに不安のある方は全国対応の弁護士法人ALGへ。積極的な知識の研鑽とサポート体制の充実を図っています。
 現在営業中( 本日9:30~20:00 ) ]
お電話でのお問い合わせはこちら
050-3542-6232
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
電話する 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!