物損事故における弁護士特約のメリットとは?

評価損(格落ち損)

弁護士特約というと、「人身事故」の場合でしか利用できないと思っておられる方が多いようですが、実はそんな事はありません。

弁護士特約の契約約款には、「保険金を支払う場合」という項目があり、そこにどのような場合に弁護士特約が使えるのかが書いてあります。

保険会社各社によって表現は違いますが、「身体の障害」「財物の損壊」などといった表現で記載されています。

契約約款上では「人身事故」とか「物損事故」という抽象的な表現はあまりされませんので気がつかないかもしれませんが、ちゃんと確認すれば物損事故でも弁護士特約が使える事が分かります。ぜひこの記事を参考にして弁護士特約を使って弁護士に相談してみてください。

物損事故でも弁護士費用倒れの心配がない

実は物損事故の場合の方が、人身事故よりも弁護士特約のメリットがあるかもしれません

というのも、そもそも物損事故というのは裏を返せば「人が怪我をしていない交通事故」ですから、もともと交通事故の程度としては軽い部類に入ってきます。という事は、その損害額も人身事故に比べ低くなる可能性が高いのです。

いざ弁護士を使ってみると、費用倒れのリスクが発生!

ここで覚えておいてほしいことは、加害者に100万円請求する場合も、10万円請求する場合も、かかる労力はほとんど変わらないという事です。

例えば裁判外で解決するのであれば、100万円を請求する内容証明郵便を出すのと、10万円を請求する内容証明郵便を出すので費用や労力は変わりません。

また相手方と示談交渉をする場合でも、相手方が過失を認めないのであれば、100万円でも10万円でも交渉にかかる労力は同じなのです。

だからこそ、請求額が少なければ少ない分だけ、弁護士に依頼した場合の「弁護士費用倒れ」のリスクが出てくるのです。

また、加害者が任意保険に加入していないいわゆる無保険事故などの場合も考えてみましょう。

相手が修理費の支払いを渋ってきて、その事を弁護士に依頼すると、弁護士費用の方が回収金額よりも高くつくことが多いです。結局、弁護士に依頼できず泣き寝入りしてしまうケースも少なくないのです。

しかし、弁護士特約があれば、保険金の限度額までは弁護士に依頼する費用を心配する必要がないため、たとえ少額な修理費だったとしても弁護士に依頼して加害者から回収する事ができます。

関連記事
交通事故と費用倒れ
自分の交通事故弁護士依頼が得か損かの自己診断!費用倒れ予防
弁護士に依頼して返って損をするケースを「弁護士費用倒れ」と呼んでいます。弁護士依頼が、被害者の利益に繋がらないケース…

弁護士特約は追突事故・もらい事故・当て逃げに威力を発揮する

「弁護士特約なんて加入しなくても、どうせ保険会社の担当者が示談交渉を代行してくれるんだから、わざわざ弁護士特約なんてつけなくてもいいや」なんて思っていませんか?

確かに、交通事故が発生すると、ご自身の任意保険会社が、相手方の任意保険会社と直接示談交渉をしてくれますので、たとえそこに弁護士が介在しなくてもご自身への負担はほとんどないかもしれません。

ただ、保険会社が示談交渉を代行できないケースがあるので注意が必要です。

保険会社が示談交渉を代行できないケース

それは、「追突事故(過失ゼロ)」「もらい事故」「当て逃げ」やなどの場合です。

これらに共通しているのは、「被害者であるあなたに過失がない」という点です。

あなたに過失がない=保険会社は保険金を支払う必要がない」ということになるため、保険会社は「追突事故」「もらい事故」「当て逃げ」の示談交渉を代行する法的権限がありません。これをすると「非弁行為」となってしまいます。

ではどうするのかというと、選択肢は2つ。自分でやるか、弁護士に依頼するかです。

弁護士特約を使って弁護士相談・介入させてみると?

「追突事故(過失ゼロ)」「もらい事故」や「当て逃げ」の際に弁護士特約に加入していれば、悩む事なく弁護士に無料相談をして示談への介入を依頼して、あとは朗報を待つだけです。

けれども弁護士特約に非加入の場合だと、先ほどのように「費用倒れ」のリスクと比較検討して考えなければならないため、場合によっては、面倒な示談交渉をご自身でやらなければならなくなってしまいます

当て逃げ時に開き直って、「そちらにもぶつかり安いところに止めた責任がある」「そちらにも過失がある」と責任を認めない加害者も出てきます。その場合、自己負担で弁護士費用を払ってまで、示談する気にはならず、泣き寝入りするケースがほとんどです。しかし、弁護士特約にはいって入れば、弁護士に無料相談をして面倒な示談交渉に介入をしてもらうことができるのです。

もう一度言いますが、「追突事故(過失ゼロ)」「もらい事故」「当て逃げ」の場合、あなたに過失がなければ保険会社の示談代行は使えませんので、その点を十分ご注意ください。

交通事故に強い弁護士を当サイト等を参考にしながら探し、当て逃げ事故の詳細だけはじめ説明すれば、面倒なことは全て弁護士が解決してくれるのです。

※物損事故は、対応しない法律事務所もあるため、弁護士特約を利用して依頼可能か必ず事前に確認してください。

評価損(格落ち損)請求・修理費請求に威力を発揮する

加害者側が任意保険に加入している場合は、車の修理費は保険からおりますので、その金額に交渉は必要になるものの、概ね支払いには応じてくれるでしょう。

ただ、本当に損害はそれだけでしょうか。

例えば、あなたがベンツやポルシェなどの高級車に乗っていて追突されたとします。完璧に修理したとしても、その車には事故歴、修理歴といったレッテルが貼られてしまうため、実際に売却しようとすると「事故車」扱いの低い評価額となってしまいます。特に高級車の場合は元値が高いだけに、値下がり額も大きくなるはずです。

この評価額の値下がりに対する損害を「評価損(格落ち損)」といいます。この評価損はもともとの車の価値が高い高級車であれば、なおのこと重要な問題となります。過去の判例でも、この評価損を修理費や車の時価を基準に算出し、一定の割合を損害として認めた事例があります。

ただ、ご自身で保険会社と交渉をしたとしても、この評価損を保険会社が認めて支払うケースは極めて稀です。

なぜなら、この評価損は裁判まで起こして初めて認められる可能性があるため、保険会社としては、「物損事故だから被害者が訴訟まで起こしてくる可能性は低いだろう」という予測のもと、そう簡単には妥協しないのです。

そのため請求したとしても、「評価損は新車でなければ対象外ですよ」とか「修理して機能に問題がないなら、評価損は認められないですよ」などといって被害者を諦めさせようとしてきます。

そんな時、あなたが弁護士特約に加入していれば、概ね「限度額の300万円」の範囲で弁護士にすべてを依頼する事が可能でしょうから、保険会社のいい分に屈する事なく、交通事故に強い弁護士に依頼をして闘う事ができるのです。

また、先ほどのような高級車にぶつけられた場合は、その修理費も一般の車に比べて高額になる恐れがありますが、その妥当性をめぐって保険会社が争ってくる可能性があります。

つまり、ディーラーに修理の見積もりを取らせて、その見積書を保険会社に提出するだけですんなり認められる程、物損事故の損害賠償請求は簡単ではないのです。そんな場合にも、弁護士特約は大いに役立つのです。

このように、弁護士に依頼しなければなかなか解決が難しい問題についても、諦めずに請求できるところが、弁護士特約を物損事故において使う大きなメリットなのです。

さらにメリットだけではなくデメリットなど、その他詳しく弁護士特約について知りたい方は、下記記事なども合わせてご参照ください。

関連記事
弁護士費用特約
弁護士費用特約の使い方とメリット、デメリット、注意点を解説!
自己負担0円で弁護士依頼できる弁護士特約をご存知ですか?この記事では、弁護士費用特約のメリットとデメリット、使い方、…

関連記事
物損事故損害賠償
物損事故の損害賠償の範囲!慰謝料は支払われるのか?
この記事では、物損事故の被害にあった場合は、損害賠償請求ができる項目を解説いたします。修理費、時価額(再取得額)、間…

※なお、これらはあくまで一般論であり弁護士特約の詳細な契約内容は保険会社各社によって微妙に異なりますので、加入の際には必ず自動車保険の契約約款で確認しましょう。

交通事故に強い弁護士に無料相談できます

  1. 保険会社が提示した示談金・慰謝料に不満だ
  2. 事故の加害者・保険会社との示談交渉が進まない
  3. 適正な後遺障害等級認定を受けたい

弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。
保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

土日の電話受付対応、弁護士報酬は「後払い」、初回相談料と着手金は完全無料!

全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6329
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
都道府県から交通事故に強い弁護士を探す

あなたへおすすめの記事